色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

えっ!交尾した後に死んでしまう生物がいるって本当?

えっ!交尾した後に死んでしまう生物がいるって本当?昆虫や魚などの生物の交尾は、小学校の理科の授業などで学んだことがあるのではないでしょうか?教えて!gooではそんな生物の交尾について質問が寄せられました。

交尾した直後に死ぬ生物

相談者は交尾した直後に死ぬ生物にはどういったものがあるのか、また交尾した直後に死ぬ生物の共通点や特徴、そしてなぜ交尾の直後に死ぬのかという理由について知りたいそうです。

■交尾した直後に食べられてしまう!?

交尾直後に食べられてしまう生物としてカマキリやクモ類があると回答しているのはNagatoshiさん。その理由としてこのように回答しています。

「オスよりもメスのほうが大きい生物(昆虫が多い)は交尾の直後と言うよりも。交尾をしている最中から頭を食べられたりしています。理由はやはり、新しく生まれてくる生物の栄養(卵の栄養)になると言う考え方です。メスなどは産卵した後に死んでしまい、生まれてくる子どものえさとなる例もあります。自然の神秘ですかね?」(Nagatoshiさん)

kazuchuさんも、同様の回答をしてくれました。

「カマキリのオスが挙げられます。交尾終了後、メスは頭からオスを食べてしまうのです。理由は出産までに消費する栄養を補給するためです」(kazuchuさん)

交尾の直後に食べられてしまうのは無念のような気もしますが、子どもの栄養補給のためと考えれば、生きるために必要な自然の摂理なのかもしれません。

■体力を使い果たしてしまうから?

「魚類が多いんじゃないですかね。シャケもそうだし」と回答するのはy45uさん。その共通点として、「一回の交尾や射精でできる子どもの数が多ければ多いほどオスへの負荷は大きいものと思います。エネルギー保存の法則がここでも生きているような」と回答しています。

子どもや卵の数が多ければ多いほど、負担がかかってしまい体力を使い果たしてしまうという意見です。

■子孫を残す事が最終目標

「交尾後に死んでしまうのはその後生き延びることにそれほどの意味がないということです」と回答するのはTakaP-Zさん。その理由としてこう付け加えています。

「交尾をし、子孫を残すことが生物における最大かつ最終の目標だと言うことです。したがって、死んでいくものの殆どがその子どもの何らかの助けになっている。シャケはその命を削ってまで外敵の少ない河川上流へ上り、カマキリはその体を栄養に変える。涙…」(TakaP-Zさん)

子孫を残すことが生物にとっての最終目標であり、その人生を全うして死を迎えるという意見です。子孫を残すために大切な行為である交尾。生態により、さまざまな仕組みと理由があるようです。


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

34

BAD

NICE

みんなの反応

70

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

このコラムのQ&A

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック