『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

便座カバーがノロウイルスの温床に!冬場の便座、注意点

便座カバーがノロウイルスの温床に!冬場の便座、注意点冬場、公衆トイレなどに入り、便座が冷たくドキッとした経験、お持ちの方はいないだろうか。家のトイレであれば、便座カバーを装着したり、暖房機能を装備する等の防寒対策ができる。やはり冬場は暖かい便座が一番……と思う一方で、カバーや暖房機能で温度を上げたりすると、冬とはいえ、菌が増殖する環境を作り出していないか心配にならないだろうか。そこで今回、洗剤ベンチャー「きれい研究所」の社長である茂木和哉さんに、冬のトイレは雑菌が繁殖しないのか伺ってみた。その結果、便座カバーがノロウイルスの温床になるなど衝撃的な情報も飛び出したので紹介していきたい。

■トイレの暖房対策が菌を繁殖させることも


まずは、冬場の便座の環境がどうなっているのか聞いた。

「夏場ほどではないのですが冬場でも、温度、水分、栄養分の環境条件によっては、菌が繁殖します。例えば、トイレ内、便座に暖房を入れたりすると、菌にとっては増殖しやすい『温度』環境となります。よって、暖房を入れている場合は、他2つの『水分』と『栄養分』が揃わないようにしなければなりません」(茂木さん)

やはり便座の温度が上がると、雑菌が繁殖する可能性が高まるらしい。対策案はないのだろうか。

「重要なのが、こまめな掃除です。特に尿や便は、菌にとって栄養分と水分を兼ね備えていますので、飛び跳ねは放置せず、すぐに残さず落とすことが大切です。便や尿以外にも意識し、手が触れるところはこまめに掃除をします。 例えば、便座、トイレレバー、温水洗浄便座のリモコンなどです」(茂木さん)

掃除の際は便器や便座ばかりに目がいってしまい、レバー、温水洗浄便座のリモコンにまで気が回らない人もいることだろう。だからこそ手が触れるところは普段から清潔に保つよう、気をつけたいところである。

■冬場は便座カバーを使わない方がベター?


寒い冬場は、トイレに便座カバーを付けている家庭が多いだろう。これもやはり菌の繁殖を活性化させてしまう行為なのだろうか。

「便座カバーを付けると、こまめに掃除ができなくなります。尿や便が付着すると洗濯するまで雑菌が繁殖し続ける環境となるので、できれば使わない方がよいです。もし使うのであれば、毎日洗濯するようにしてください。手拭きタオルも忘れずに毎日洗濯してください」(茂木さん)

さすがに毎日洗濯するというのは面倒な場合もあるだろう。菌の繁殖を防ぎたいのであれば、便座カバーを使わないというのも一つの手だ。

■便座カバーがノロウイルスの温床に!?


最後に、冬場のトイレで特に気をつけるべき点について、茂木さんは次のように続けた。

「冬場はノロウイルスが活発化する季節です。地域で流行り始めたら、トイレ掃除の後は、塩素系漂白剤の希釈液で除菌しましょう。ノロウイルスは、アルコールでは除菌できません。流行期だけは、便座カバーを使わないことを強くお薦めします」(茂木さん)

ノロウイルスが今年も全国的に猛威を振るっているようだ。子どものいる家庭ではなおさら、このアドバイスを聞いておいて損はないだろう。

今回はトイレの雑菌について、冬場に特化し聞いてみたが、いかがだっただろう。通年で該当する話もあり、普段からトイレを清潔に保つ習慣を身に付けておくことが、目には見えない雑菌の増殖を未然に防ぐコツといえそうだ。こまめなトイレ掃除を季節問わず心掛けたいものである。

「教えて!goo」では、「ご自宅のトイレは暖房便座機能がありますか?」ということで、みんなの意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:茂木 和哉
きれい研究所株式会社、代表取締役社長。「なまはげ」、「サムライ」をはじめとした、各種洗剤の製造・販売新商品企画開発を行う。製品受託製造(OEM)工業薬品(洗剤原料)、それに関連する機材の販売除菌剤および殺菌剤を販売。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

242

BAD

NICE

みんなの反応

770

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック