話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

やめてお義母さん!我が子に変な呼び方を強要する義母との付き合い方

やめてお義母さん!我が子に変な呼び方を強要する義母との付き合い方子育てにまつわる親子関係には悩みがつきものだが、親族の振る舞いも悩みを深める原因になりうるようだ。「教えて!goo」「義母が孫に自分のことを『おかあちゃま』と呼ばせたがる……」と吐露する母親も苦しむひとり。

まだ言葉を話せない娘に、義母が自分のことを「おかあちゃま」と呼ばせようとするのだそう。母でもなく、また一般的でもない呼び名を強いる義母に、質問者は「意味がわからないし、とても恥ずかしい」と感じている。もっとも呼び名だけでなく、こういった振る舞いにはどのように対処すればよいのだろうか。答えは非常にシンプルだった。

■自分は正しく呼ぶように教えよう


「義母様がおかあちゃまと教えようが構わず、家ではおばあちゃんと義母様のことを呼べばいいと思います。子どもはお母さんの真似をしておばあちゃんと呼ぶでしょう」(mothersquirrelさん)

「幼稚園に行くようになると、自分が、何かおかしいことを祖母から言わされている、と気がつくようになります」(kurikuricyanさん)

多かった意見が「義母のことは気にせず、自分は正しい呼び方を教える」というものだった。まだ言葉を話せない年齢だけに不安もあるが、言語の発達と共に思考力もついてくる。さらに幼稚園や保育園という「社会」に混じることで、子どもにも疑問が生まれ、次第に正しされていくのだという。

kurikuricyanさんは、そのうちに子どもが上手に呼び分けて、お小遣いをせしめるくらいにはなっていくと笑っている。母親の不安感も理解できるが、目くじらを立て過ぎないことも大切といえそうだ。

■呼ばせている側にも面倒が起きることも


「小さなうちは良かったですが、成長とともにきちんとした呼び名を教えないと、世間的に問題があると気が付きました」(takaokeikoさん)

独身ということもあり、甥や姪に自分を「ねえねえ」と呼ばせていたkurikuricyanさんは、保育園へ子どもたちを迎えに行ったときに面倒なことになったそうだ。関係性をうまく説明できないため、先生には「すみません、叔母です」と言い直して許可をもらわなくてはならなかった。これも「社会」というくくりの中で起きる不都合だ。

結局のところ、家族や親族といった閉じた世界での常識と、それ以外の広い世界での常識が擦り合う瞬間に「正されていく」ということは多いらしい。焦りから妙な軋轢を生まないよう、まずは広い心で構えつつ、自分は子どもと常識的な付き合いをしたいものだ。親族の振る舞いにみなさんも頭を悩ましたことはあるだろうか?

(松本塩梅)

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

135

BAD

NICE

みんなの反応

340

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック