話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

仕事から逃げる人の心理

仕事から逃げる人の心理やるべき仕事を後まわしにしたり、他人に任せて逃げたりする人が周りにいるという人はいないだろうか。「教えて!goo」に「仕事からとにかく逃げまくる人の心理」を問う投稿が寄せられた。これに対し、「分析することもないでしょう。仕事に自信がない。給料が安いと思っている。人生そのものがおもしろくない。他の仕事をしたがっている。仕事、人間関係がおもしろくない。趣味がない、家庭がよくない等ありますね」(katyanさん)という回答があった。仕事から逃げてしまう人の心理とはどんなものなのか、心理学者の内藤誼人先生に話を聞いた。

■ごく当然の心理


「仕事が嫌いだから、逃げるのです。有名な理論の一つに『接近・回避の法則』というものがあります。人間は好きなものには近づいていくが、嫌いなものからは遠ざかっていくという、ごく当たり前の法則です。たとえば、外まわりには意気揚々と出かけていくのに、帰社後に何もしないのであれば、『デスクワークが嫌いなんだな』と判断できるわけです」(内藤先生)

あまりにも当たり前で拍子抜けする話だ。だが、仕事には責任がある。「嫌いだからやらない」という社員を放っておくわけにはいかない。

■改善の鍵になるのは


「『この仕事はつまらなそうに見えるけど、こうやると楽しいよね』とか『あなたの仕事がクライアントに喜ばれているんだよ』などと伝え、本人に仕事を好きになってもらうことです。上司の腕の見せどころといったところでしょう」(内藤先生)

内藤先生によると、やりたくない仕事から逃げてしまうのは生理反応なのだという。だが、くしゃみやあくびと異なるのは、周囲の力で対処可能なこと。仕事から逃げようとする人を見つけたら、あの手この手でサポートしてみたらどうだろうか。

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「3割しか話さないのになぜかうまくいくビジネス英会話のルール」(ジャパンタイムズ)、「ヤバい出世学」(大和書房)他、著書多数。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

関連記事

この記事についてどう思う?

みんなの反応

260

BAD

NICE

みんなの反応

556

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック