【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

【バレンタイン特集】バレンタインで義理チョコをもらわないで済む方法<義理チョコ編>

バレンタインで義理チョコをもらわないで済む方法バレンタインデー目前である。最近は逆チョコといって、男性から女性にチョコをあげる習慣も定着しつつあるが、みなさんは誰かにチョコをあげる予定だろうか? 学生であれば女子はワクワク、男子はソワソワしていたこの時期――。だが大人になると、本命以外の義理チョコは、あげる側ももらう側も「面倒」と感じてしまっている人もいるのではないか。「教えて!goo」でも「義理チョコは貰わないといけないのですか?」という、20代後半の男性から相談が寄せられていた。そこで今回は、職場で配られる義理チョコをもらいたくない場合、男性はどうするのが最善策なのか考えてみたい。

■キッパリと断るしかない!?


ちなみに、上記QAサイトに寄せられた回答を見てみると、「そんな難しく考えないでおいしく食べておけばいいと思います。ただの義理チョコだったら、あげる側だってそんなに、お返しとか深く考えてないです」(daitou_m2さん)という、批判的な意見が殺到していた。

そうした中で、「『お返し面倒だからしないと思うけどそれでももらっちゃっていい?』と一言聞いてそれでもどうぞと言われたらありがたくもらっとけ。その場で食って『あめっ!うめっ!』と笑顔でも見せとけば文句も言われんべ」(ptyfsuさん)と、助言する意見を発見。

ほかにも「断る理由ははっきりと『こういうイベント事は嫌いだから』で良いと思いますよ。それを無理矢理もらってくれとか言うのは相手に対して傲慢であり、エゴだと思います」(marimarimariruさん)と、なかには義理チョコを贈って返すという儀式化に、悩む女子の意見も見られた。

■考えられる回避策は、ほかに何がある?


本命チョコなら、告白イベントとして男性も恋をするいい機会になりそうだが。義理チョコの場合は、相手によっては「お返しが面倒だから」と、もらうのを躊躇してしまう男性がいるのもなんとなく頷ける。

そこでなるべく角が立たない、職場での義理チョコ回避策は何かないだろうか……? 男性心理に詳しく、恋愛コラムを多数執筆するライターの松本ミゾレさんに、様々な策を練っていただいた。

「誰からもチョコをもらいたくないというこだわりがあったり、お返しが面倒に感じた場合は、当日はあまり目立った場所をうろつかず、仕事が終わったらすぐに帰るという選択肢が考えられます」(松本さん)

確かにそそくさと帰ってしまう手はあるかもしれない。だが、職場の場合、自分のデスクにチョコが配られてしまうことも考えられる。

それこそ、お土産などを配る際は、当人が席にいなければ机に置く、というのはよくある光景ではないか。
当日目立たないようにし、すぐに帰社しても、机に義理チョコを置かれてしまう可能性もあるため、残念ながら万全の策とは言えないかもしれない。

■わざと不機嫌オーラを出す手は?


「男性心理としては、バレンタインのチョコはもらえるものなら、もらっておきたいところですが、『義理チョコならいらない』と感じるのも確かですし、いっそ機嫌がすこぶる悪そうな演技でもしておきたいものですね(笑)。そうやってやり過ごしたことのある知人もいます」(松本さん)

確かに自分の雰囲気は、否応なしに相手にも伝わるものだ。しかし、あげる側にしてみれば、「機嫌が悪そう」と感じたら、離席(トイレや会議、ランチ)をしている最中に、上記と同じく、机に義理チョコを置いてしまう可能性がある。

それどころか、バレンタイン以降の評判も落としそうなため、これもできれば、あまりオススメしたくない方法になってしまうかもしれない。

■では、結局のところ最善策は……?


「個人的には義理チョコは『ありがとね』とか言いながら受け取るのですが、『お返しが必要ならいらない』と付け足しています。こうするとお返し目当ての人は、翌年からチョコを渡さなくなりますので。『義理チョコならいらないよ』と、あらかじめ伝えておくのが一番無難だと思います」(松本さん)

なるほど。さらに言えば、チョコはいらないことをあらかじめ伝えるのに加え、相手へのお返しがないことも一緒に伝えられると、無駄な軋轢を生まずに済むのではないか。

義理チョコは単にチョコをあげる・もらうだけでなく、日頃お世話になっている人へのささやかな感謝の気持ちの意味もある。自分のいらない気持ちを優先するだけではなく、感謝の気持ちで渡している人の想いもくれぐれも汲み取りたいものである。

【バレンタイン特集】義理チョコ編のまとめ記事はコチラ >>

■専門家プロフィール:松本ミゾレさん

2011年活動開始。恋愛コラム、各種取材記事などをこなす自称・三文ライター。地方都市在住。ちなみに特技はタイピングと、松前漬けをほぼ無尽蔵に食べ続けること。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

97

BAD

NICE

みんなの反応

249

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック