人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

新説大集合!豆腐の数え方「丁」の由来

新説大集合!豆腐の数え方「丁」の由来豆腐は1丁、2丁と数えますが、なぜこのように数えると思いますか?数え方の由来や理由について質問するアンケートが教えて!gooに寄せられました。

豆腐は何故『丁』と数えるのか…あなたの新説・仮説・珍説お聞かせ下さい

質問者が読んだ新聞記事では、豆腐が「丁」と呼ばれる理由が今一つはっきりしなかったそうです。日本豆腐協会ですら、解明できないその歴史に一石投じようと、「丁」と数える理由の新説・仮説・珍説、「丁」に代わる単位について、募集しています。

■字の形や意味から考える


親戚が豆腐屋というsayapamaさんは、「『丁』は、偶数を表します。大きく作ったお豆腐を、真ん中から半分に切ることから、『丁』と数えるようになった」と回答しています。

「『丁』の2画のうち1画目の横棒は出来上がったばかりの新鮮なお豆腐の表面だと思ってください。そして2画目の縦棒はお豆腐の表面に包丁を入れた様子です。大きな大きなお豆腐が程よい大きさに小分けにされているところを表しているんですね〜」(rakutenyoiさん)のように、「丁」の形に注目した人も。

mort1759さんは、河川の水際で作られていた点に着目して「『水際』が『汀』となり文政年間には豆腐屋を『汀屋(みぎわや)』と呼ばれる地域も多く、1汀・2汀…と数えられていたのです。しかし『四角四面の豆腐屋の娘、色は白いが水くさい』などと揶揄され、サンズイが無くなった」と説明してくれました。

字の形や意味、よく似た別の字をイメージして考える人が多くいました。

■鉄砲との関わりから考える


gohara_goharaさんは、「鳩に豆鉄砲」のことわざから「鉄砲と豆は切っても切り離せないのです。一方、豆腐の原材料が大豆であることは、言うまでもありません。豆に関するものを数えるときは『丁』を使おう」と決めたと考えています。

鉄砲と豆腐、どちらも「丁」と数えますが、このように考えると関連があるように思えますね。

■豆腐の新しい数え方を考えるとしたら?


別の数え方についてnoname#95653さんは「順位を付ける時にはよく、甲・乙・丙・丁と付けますが、これでは4番目になってしまいます。やはり、豆腐の効用は1番ですので、『1甲・2甲』と数えたいものです」と提案。なるほど、現在の数え方は豆腐好きの方にはちょっと屈辱的なのかも?

また、mort1759さんは、「豆腐1腐・2腐…と数えてみたいです。冷蔵庫を開けて「今日は腐切れか」、また足が速いので「二腐禁止」、硬い豆腐は「金底の腐」などと呼んでみたいです」と、将棋好きらしいおもしろい数え方を考えました。

私たちの生活になじみの深い豆腐、その数え方について多くの意見が寄せられていました。「丁」と数える理由がはっきりしないからこそ、いろいろ考える楽しみもあるのかもしれません。


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

13

BAD

NICE

みんなの反応

31

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

このQ&Aを見た人はこちらのQ&Aも見ています

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック