【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

ジェネリックは安いけど大丈夫?知っておきたいメリット・デメリット

ジェネリックって安いけど大丈夫? 知っておくべきデメリットは持病やアレルギーなどで、長年同じ薬を服用しているという人はいないか。使用期限や飲み合わせなど、薬については何かと気になることも多い。先日来、「教えて!goo ウォッチ」では、「薬剤師が教える!飲みにくい顆粒薬のスムーズな飲み方」「薬剤師に聞いてみた!使用期限を過ぎた薬を飲むとどうなるの?」「とっても危険!!薬とお酒の組み合わせ」という記事をリリースしてきた。顆粒薬をスムーズに飲む方法や、薬は使用期限を守らないと、成分の経時変化で副作用を起こす恐れがあること、お酒で飲むのは、薬やアルコールを解毒する肝臓がダメージを受けることになるので好ましくないことなどを専門家から教わった。

しかし、突如医者から同じ効能だという別の名前の薬を処方されたら、少し不安ではないだろうか。慣れ親しんだ薬の効果に変化があれば、生活に影響が出てしまうかもしれない。そこで今回は「ジェネリック医薬品」について、薬剤師のちょこさんにお聞きした。

■ジェネリックの安さは、主に開発費にあった


ジェネリック医薬品について認識済みという人もいると思うが、改めてどのような薬なのか確かめた。

「先発医薬品の特許が切れた後に、同じ有効成分を使って違うメーカーで作った薬のことです。悪いものを使っているわけではなく、莫大な開発費をかけずに中身をマネして作ることができるので値段が安くなります。発売時につけられる値段は、以前は先発品の7割でしたが、最近は5割まで下がっています」(ちょこさん)

値段が安いのは開発費がかからないというのが大きな理由だが、ばらつきがあるようだ。

「2年に1度行われる薬価改定で値段が下がり、先発品の2~3割の値段になるものも珍しくないです。ただし、添加物の内容や製造の方法まで先発品と同一の『オーソライズドジェネリック』や、先発品より飲みやすくするなどの付加価値をつけた『アドバンストジェネリック』だと、少し値段が高めになります」(ちょこさん)

値段が下がるのは助かるし、より飲みやすくなっていればなおさら嬉しい。しかし、必ずジェネリックが存在するわけではない。

■ジェネリックの発売は先発品の10年後


先発品が出てから、ジェネリック医薬品が発売される期間にはどのようなステップがあるのだろうか。

「薬の特許が切れる時期は20年後です。しかし、臨床試験などで発売になるまでに10年ほどかかっていますので、先発品が世に出てからだいたい10年後にジェネリック医薬品が発売されることになります。ただ、特許期間が延びたり、発売が早まったりと一律ではありません」(ちょこさん)

新薬は開発してもすぐに世に出るわけではなく、臨床試験や審査に長い年月をかけているという。ところで、気になる効き目の点で、ジェネリック医薬品は遜色ないのだろうか。

「製造メーカーが違うので、商品名、見た目、添加物などが異なります。しかし、有効成分の同等性はきちんと試験されています」(ちょこさん)

有効成分が同じであれば、安いジェネリックを選べるのはありがたいことである。

■ジェネリックにするかどうかは、患者自身が決める?


安さが魅力のジェネリックであるが、処方箋の記載内容によって選択できたり、できなかったりするという。

「先発品の薬剤名が書かれた処方箋でも、『ジェネリックへの変更不可』となっていなければ、患者さんの希望に合わせてジェネリックに変更できます。逆に最初からジェネリックと書かれていた場合は、患者さんの希望だけで先発品にすることはできません」(ちょこさん)

処方箋に選択可否が書かれているので、こちらはあらかじめ医者に確認をとったほうがよさそうだ。金額以外にもメリット、デメリットがないか、さらに聞いた。

「メリットは、国の医療費も削減できることです。デメリットには、商品名や見た目が変わるので飲み間違いの危険性が増すことがあげられます。まれに、先発品から変更になった添加物が合わずにアレルギー反応を起こす人もいますので注意が必要です」(ちょこさん)

ちょこさんの話では、添加物のアレルギーについては、先発品、ジェネリック品のどちらでも起こり得るとのことだ。

価格が安くなるとはいえ、薬であることには変わらない。用法用量を守ること、薬の変更などにより少しでも異状を感じたときは医者に相談するなど、先発品と同様に適切な使用を心がけよう。

「教えて!goo」では、「薬についてあなたが気になっていることは?」ということでみんなの意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:薬剤師ちょこ
5年間田舎の病院で薬剤師として働き、その後、再度田舎の総合病院の門前薬局で勤務し7年目となる。ブログ「薬局あるある。」を運営。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

57

BAD

NICE

みんなの反応

135

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて1!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック