話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

立ち食いが人気の理由を専門家に聞いてみた!

立ち食いが人気の理由を専門家に聞いてみた!立ち食いの起源は諸説あるが、江戸時代から始まった文化と言われている。さっと立ち寄り、寿司をつまむことが、江戸の人々にとって粋なことだった。近代でも立ち食いの文化は発展し続けている。昨今は、イタリアンやフレンチなどを扱うおしゃれな立ち食い店も増え、女性客も気軽に入いれると人気を博している。

飲食の各ジャンルが今注目するこの立ち食いというスタイル。「立ち食い=おじさん」というイメージはもはや古い。立ち食い戦国時代に至った背景をビジネスフードアドバイザーの岩本留里子さんに伺った。

■立ち食い店増加は、ライフスタイルの変化と不況によるもの


「立ち食い店の普及には、ライフスタイルの変化とデフレや消費不況などの理由があります。共働き夫婦に加え、また独身の増加に伴い、家族そろって食事をすることが減りました。さらに不景気の中、美味しいものは食べたいけど食費は押さえたいというニーズが増えてきているのです」(岩本さん)

結婚後も共働きするという世帯が当たり前になり、子どもをもたないという選択をする家庭や単身者も多くなった。多様な選択を自由にできる時代になったからこそ、立ち食い店は我々の生活スタイルにマッチするという。

■高級フレンチ、割烹をリーズナブルに


「また、立ち食いにすることで、フレンチや割烹についた敷居の高いイメージを払拭する効果があります。気軽に高級なものを気取らず気軽に安く食べられることから、若年層やサラリーマン、女性客にも人気が広まっています」(岩本さん)

一人でコンビニのお弁当を食べるのは寂しいという人にも、立ち食い店のニーズがあるとのこと。敷居の高い料理を気軽に、安く食べられるのも立ち食いのメリットである。消費者にはメリット満載だが、店側はどうだろう。続けて岩本さんに伺ってみた。

■立ち食い店は仕入れをこだわっている


「立ち食いスタイルですと小さいスペースで営業でき、人件費も節減できますので、その分を原価に回せます。こだわりの食材を安く提供することも可能になります。また小規模で始められるので、若い料理人が自分のお店を構えやすいというメリットもあります」(岩本さん)

料理にお金をかけられる分、高級フレンチや和食店と同様の食材を使用できるとのこと。さらに人件費も抑えられることから、お客さんにもリーズナブルな価格で本格的な料理を提供できるのだ。

■こんなときは、立ち食い店を利用しよう


「一人~少人数で飲みたい時、隣になった人とコミュニケーションを楽しみたい時、リーズナブルに飲みたい時におすすめです。逆に大人数でわいわいしたい時や、ゆっくり飲みたい時は、立ち食い店じゃない方が良いかもしれません」(岩本さん)

立ち食い店を利用する時は、多くても四名までがおすすめだと岩本さんは教えてくれた。おいしい料理とお酒を、周囲と財布を気にせず楽しみたい方に立ち食いはぴったりだ。

「教えて!goo」では、「あなたが行ったことのある立ち食いのお店は?」ということで、みんなの意見を募集中だ。

●専門家プロフィール:岩本 留里子
ビジネスフードアドバイザー 代表。
飲食業界での現場経験は15年に及ぶ。現在は飲食分野を得意とした経営コンサルタント・接客研修・店長教育・メニューアドバイザーとして活躍経営専門誌の「飲食店経営」(商業界)などで執筆。(株)ジャパン・フードコーディネーター・スクールにて講師を務める。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

0

BAD

NICE

みんなの反応

1

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック