話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

同性愛、不倫、ポルノ、全部OKだった平安時代の性事情

同性愛、不倫、ポルノ、全部OKだった平安時代の性事情『源氏物語』をはじめとする平安文学を読むと、平安貴族は複数の女性に夜這いをかけたりのびのびと恋愛を謳歌していた様子が伺える。平安時代の性事情はどんなものだったのか、歴史研究者である総合研究大学院大学・国文学研究資料館 准教授 西村慎太郎先生に聞いた。

■平安時代は今より自由?


西村先生は「平安時代の人の結婚制度は妻問婚という、男性が女性の家に通うものでした。性的な倫理観も現代とはかなり違います」と前置きしつつ教えてくれた。

「平安時代の医学書で『医心方』にある『房内編』では、中国の古典を引用してすでに有名な四十八手の原型となる三十九手が紹介されています。そのうち2点は女性2人対男性1人の体位です。また、平安後期の貴族藤原頼長が記した日記『台記』には『彼氏とやってよかった』なんて記述もあります。『源氏物語』の作者として有名な紫式部の日記にも同性愛的な表現がありますから、現代の我々が考えるよりも性を自由に楽しんでいたのではないでしょうか」(西村先生)

藤原頼長や紫式部は実は同性愛者だったということだろうか。

「二人とも異性のパートナーと子どもを設けているので同性愛者というよりも、両性愛者と推測されます。また当時同性愛という発想があったかどうか……。好きならば性別は問わないという自由な発想だったのでは?」(西村先生)

また、庶民の間でも歌垣という男女が自由に楽しむイベントや祭りの場で同様に楽しむ機会があったのではないかとのことだ。

想像以上に平安時代は性に関して自由だったようだ。

■平安時代に不倫はなかった?


また西村先生によると「そもそも『不倫』という概念もなかった可能性があります」とのこと。

「『不倫』が既婚の男性・女性が配偶者以外と恋愛関係になることを指すようになったのは最近のことです。中国の古典『漢書』などでは、『不倫』を『同じでない』という意味で使っています」(西村先生)

「不倫」という言葉の意味が昔と今では違うとは驚いた。

「今ほど糾弾するようなこともなかったかもしれません。夫を取られた女性が『後妻打ち』と呼ばれる仕返しをする習わしもあったようですが、それも取られてしまった妻の気持ちを鎮めるための習わしであって、いわゆる不倫自体を悪と見なしてはいないのではないでしょうか」(西村先生)

■平安後期に人気だったポルノ本の著者は意外な人物


ポルノ表現のある本も流布していたようだ。

「平安後期に後白河法皇が作った『小柴垣草紙』という本があります。実話を元に作った話として斎宮(高貴な身分の巫女、未婚の皇女が就任する)が滝口の武士とHしちゃう描写があります。平清盛の娘が高倉天皇に嫁ぐ際、この草紙を結婚の際に叔母から貰い受けたという記述もあります」(西村先生)

身分の高い人がポルノ本を作っていたのも驚きだ。想像以上に平安時代は性でもおおらかで懐の深い時代だったのかもしれない。

なお、「教えて!goo」では、「きらびやかなイメージの平安時代、でも匂いは……」という記事も公開しているのであわせて楽しんでほしい。

●専門家プロフィール:西村 慎太郎

総合研究大学院大学・国文学研究資料館 准教授。NPO法人歴史資料継承機構代表理事。専門は、日本近世史。朝廷に仕えた地下官人についての研究。また近世の公家家職、内侍所についての研究。近年では地域にのこる歴史資料の保全から地域貢献のあり方を考えている。

吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

514

BAD

NICE

みんなの反応

1365

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

更新情報をチェック