所有する車を売却しようと考えております。

出来るだけ高く売却するための賢い進め方を教えて
下さい。

また、年間・月間を通して高く売却できる可能性の
ある時期はありますでしょうか?

車は15年製トヨタ・アルファードV最上級グレードの
フルオプション車で、購入価格は税抜き約450万です。

何卒よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 おすすめは、まずいろいろな買取業者に見積もりをとってもらいます。

 次にその中で一番高い価格を最低価格として、ヤフオクに出品します。 見積もり金額より高値が付けば、あなたのボーナスです。
 人気車種や、レアな車種は高値がつきやすいです。
 高く売れると良いですね。
    • good
    • 0

買取店をやっています。


#2、3さんとは逆で出来れば洗車、室内清掃をされた方がいいと思います。大事にされている車だと感じる方が査定があがります。また、雨の日は小傷があるものとして査定します。また、修理や不具合個所がある場合は正直におっしゃられた方が好感度アップです。うちの場合大概他社よりも言い値段を付けますが、隠されると、意地でもサービス価格は出したくなくなり他社より少し上の値段から一切上げません。
おっしゃられている車は人気車なのでどこもそれなりの値段を出してくれると思います。
ただし、ネットの査定は会社によって実勢に近い値段を言う所と、はるか上の値段を言う所がありますので注意してください。
    • good
    • 0

下取りではなく「買い取り」ですよね。



友人がアップルの所長だったのでよく話を聞きましたが・・・

1.査定前洗車はしない方が良い→洗車キズが目立つため

2.雨の日は有利→雨で汚れても関係なし&キズが目立たない

3.ナビやオーディオはほとんど関係なし(社外ナビなら外して別に売った方がトク)

4.改造車も場合によっては高額(探している人がいる場合がある、若者は購入してからお金がかからないようにチューンしている車の方が売りやすいとのこと)

あとはオークションの相場があるのでそれを上回るのは「新車下取り」のときくらいしかないとのこと。

いろいろな買い取り店に行くといいですが、結構、しつこいところもあるので気の弱いところを見せると「売れないと返れない」状況になってしまうこともあります。
    • good
    • 0

コツというほどのものではないかもしれませんが



・雨の日に査定に行く
多少の汚れ、傷が隠れます。

・車内の荷物を全てどけておく。
どのように使われていたか分からなくなります。
スキー道具みたいなものがあると査定が下がる場合があります。

・フルノーマルで持っていく
ディーラーオプションであれば問題ありませんが、社外マフラーや
純正外エアクリーナー、ダウンサス、純正外ホイールなどは査定を下げます。

・車輌点検簿および、オイル交換などの整備履歴
きちんとした距離、期間で交換、整備されている記録があれば査定が上がります。

このくらいでしょうか。
    • good
    • 0

下取り査定ですが、たいがいの所(中古車引取業)は外見重視します。

車を一周しキズが無いか、修理した箇所がないか見ます。なので見積りを依頼する時必ず洗車後に見てもらった方が良いですね。大切に乗っている証しになります。
アルファードが市場で人気があり、すぐに店側も売却出来るようなら高く買い取ってくれるはず。
査定額が出て売りますかと聞かれます。即答は控えた方が良いのでは、査定を出した会社は、一応リストに載せ、お客さんにこのような車があると説明しますので、経験上1ヵ月で査定価格より10万円アップしました。
billymartinさんが売却後、再度トヨタの車を購入する予定でしたら、ディーラーの方がいい値段を出すと思います。売り時は、決算期か半期決算月です。たいがい3月と9月です。ディーラーの決算期は新車を売りたくて、下取りも甘くなります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性が運転して、賢く見える車・美人に見える車

昔は、女性が運転すると、その女性の知能指数が10高く見える車とか、美人に見える車とかがあったそうですね。

現在販売されている国産車には、こんな車はあるのでしょうか?

また輸入車ではどうでしょうか?

Aベストアンサー

軽自動車ですと、ダイハツ・コペン、ミツビシ・アイ、今年に入って生産中止になってしまいましたが、スズキ・ツインがおすすめですね。ミツビシ・アイ以外は2人乗りになってしまいますが、これで、街中を流れにのって走っていれば相当「クルマ通」かつ「知的」に見えます。
コペンはれっきとした「スポーツカー」ですし、アイはデザインや内部のメカニズムのレイアウトが「近未来的」、ツインはコンパクトで横に2人乗りの「バイク」感覚にあふれています。
これ以外の車種でも、UFOキャッチャーの景品をどーんと置いたり、変な装飾をせず、こぎれいに乗っていれば、ヤンキーぽかったり、所帯じみて見えず、知的には見えます。
ほかにはボディカラーで「緑色」系統のもおすすめです。一般には「不人気色」とみられていて、実際下取・買取の価格が安くなってしまうデメリットはありますが、内装色がベージュ系との組み合わせだととても上品にみえますし、着るものとのコーディネートに悩む必要がありません。緑以外にも同じ「アースカラー」の範疇の「茶色」のクルマも好みに合えばおすすめします。
ちょっと維持費もかかるし、程度のいいクルマは決して安くないのですが、メルセデスベンツの3~4世代前のモデルに乗るのも、クルマ好きならおすすめします。おすすめは現在「Eクラス」と呼ばれているモデルの4代前(1976年~85年に生産、日本国内で販売)か3代前(1986年~1994年)のもの。程度の良いものを買って、定期的なメンテナンスを欠かさなければ、ドライブ途中で走行不能になるようなトラブルはおこりません。この「旧いベンツ」のおすすめポイントは「お金に余裕のある趣味人のおじいさんが乗っていたクルマを孫が引き継いで乗っている、あるいは形見として大事に使っている」という雰囲気を演出できる(ホント)ことです。そのためには「ノーマル・・・外観などを改造していない」のに乗らないとダメです。ちなみに私は4代前のモデルに乗っていたことがありますが、乗り心地もよく、買った当時で15年前のクルマでしたが現代のクルマと遜色なく走り、とてもよかったです。
以下、各モデルのデザインがわかりやすいURLの紹介です。
ダイハツ・コペン
www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/copen
ミツビシ・アイ
http://mitsubishi-i.jp/
スズキ・ツイン
http://www.suzuki.co.jp/release/a/a030122b.htm
4代前のメルセデスベンツ「Eクラス」
http://www.guest-g.co.jp/pc/
3代前のメルセデスベンツ「Eクラス」
http://w124.hp.infoseek.co.jp/
以上ご参考まで。では。

軽自動車ですと、ダイハツ・コペン、ミツビシ・アイ、今年に入って生産中止になってしまいましたが、スズキ・ツインがおすすめですね。ミツビシ・アイ以外は2人乗りになってしまいますが、これで、街中を流れにのって走っていれば相当「クルマ通」かつ「知的」に見えます。
コペンはれっきとした「スポーツカー」ですし、アイはデザインや内部のメカニズムのレイアウトが「近未来的」、ツインはコンパクトで横に2人乗りの「バイク」感覚にあふれています。
これ以外の車種でも、UFOキャッチャーの景品をど...続きを読む

Qアルファードを買いたいのですが次期アルファードの情報がまったくありません

今乗っている車(アバロン)がついに10年目をむかえ、そろそろ新車の購入を検討しています。
検討の結果 アルファードがいいということになりましたが、アルファードは次期モデルが発売されるとのことで・・・
TOYOTAは次期発売の2ヶ月前に新規製造を中止することになっていて、今発売されているアルファードは2月25日に新規製造が停止するとこになっています。しかし、次期の情報が全くなく次期を選んだらいいのか今のを買った方がいいのか全く解りません。
何か次期についての情報を持っている方がいらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

2008年4月 FMC ネッツ店向けは「ヴェルファイア」のようですね.限界値引は43万円ですね.

  http://www.junku.com/

  http://www3.zero.ad.jp/baiky/nebiki100.html
  http://home1.catvmics.ne.jp/~kaz-hiro/kurumaotoku.html#

Qトヨタ アルファード マイナーチェンジ後の旧型アルファード値引き額?

トヨタ アルファードを新車検討中なんですけど・・・・

ここで質問です!
今年4月にマイナーチェンジしたみたいなんですけど
旧型アルファードは結構値引きしてもらえるのでしょうか?
60万引きぐらい・・・もっと・・・
新型で大体37万引きってネットにのってました。????

旧型の値引き額によっては新型も検討してみたいとおもって
おります。
個人的なご意見で構いませんので、どちらが得か損か
ご意見頂けたら幸です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

umikozoですm(__)m

新型車発売後1ヶ月以内に
旧型車は在庫処分します
モノによっては県外のディーラー同士の
取引もするようです

万が一残っていても(限り無く不可能に近いと思いますが)
NO.2様が仰られているように
オプションや車体色やグレードの制限がありますし
ディーラーでは無くとこかの販売店の在庫と考えられます

新車の値引き価格もその”36万円”って限界値ですからね
そのまま適用されるとは思わない方が良いです
”ツテがある””オプションを沢山買った”
”ディーラーとの長い付き合いがある”などの
諸条件が重なって出てくる金額です

QトヨタのアルファードGとアルファードVの違いは何でしょうか?

トヨタのアルファードの購入を考えています。
7人乗りの 3000cc、4WD です。
HPなどで調べてみると 同じアルファードにも「G」と「V」がありました。
察するに販売系列会社によって違うようですが、
それだけなのでしょうか?
一昔前の「グロリア」と「セドリック」のように、微妙に形状が違っていたりするのでしょうか?

「エンブレムが違う」程度の場合、
GかVかどちらを買えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

トヨペット店だとアルファードGで
ネッツ店だとアルファードVですね。

ネットでフロント部分も見ましたが
ラジエータ部の処理がちょっと違う程度で
車としては同じものでしょう。

自分の家から近いほうだとか、競合させて安いほうから買うとかってレベルでいいんじゃないですか?

アルファードG
http://toyota.jp/alphardg/

アルファードV
http://toyota.jp/alphardv/

Q高級車と安価車の違いがわかったのですがこれを利用して安価なのに高そうな車は作れませんか?

最近気づいたのですが、高級車と、普通車(いわゆる比較的安価な車)は、見てすぐわかる事に気づき、なにが違うのだろうとずっと観察していたのですがある事に気づきました。ヘッドライト、ブレーキランプや内装など細かい部分は除きます。

それは高級車のほうはなんか重い感じがするんです。加えて普通車のほうはなんか軽い感じがするんです。車体自体の重量がです。
計ったわけでもないのに見ただけでなぜか高級車のほうが重たい感じがするんです。

同じドアでもなんか中に詰まってる感じがするんです。もちろん閉じた時のバフッという音も重たいです。
車体全体にもなにか詰まっている(体積密度が濃い)感じがします。

カッティングが綺麗なのはもちろんですが(普通車のほうはカットがなめらかで流線型の丸みを帯びている場合が多い。対して最近の日本の高級車は鋭く角ばっている事が多い)

これらを利用して重たそうな作りにして(実際重くする)、カッティングを角ばらせれば安価でも高級車さながらの雰囲気の車が作れないでしょうか?
もちろんエンジンのパワーにもよりますが、多少重くしても平気な位のエンジンパワーを普通車でも持っていると思いますが。あとブレーキの強化ぐらいですか。ご意見お待ちしています。

最近気づいたのですが、高級車と、普通車(いわゆる比較的安価な車)は、見てすぐわかる事に気づき、なにが違うのだろうとずっと観察していたのですがある事に気づきました。ヘッドライト、ブレーキランプや内装など細かい部分は除きます。

それは高級車のほうはなんか重い感じがするんです。加えて普通車のほうはなんか軽い感じがするんです。車体自体の重量がです。
計ったわけでもないのに見ただけでなぜか高級車のほうが重たい感じがするんです。

同じドアでもなんか中に詰まってる感じがするんです。...続きを読む

Aベストアンサー

>要するに中はスカスカでも張りぼてだけしっかりしてればみたいな。
>そうするとほんとに中国車のようなイメージになってきてしまいました。
残念ながら、中がスカスカになればなるほど、衝突などの
日本の安全基準に対してその基準を満たさないボディに
なっていきます。
(要は衝突時に悪い意味でつぶれやすくなる)
今の日本車はスカスカにならないようにボディの中の要らない
隙間をなくし、搭乗者がいる部分は広くしていき、ボディの
なかには補強になる部材をいれ、ボディの剛性をあげつつ、
いかに衝撃を効率よく吸収し分散させ、搭乗者を守るか
それに重きが置かれています。
かつて、ベンツが車体を丈夫にするために、鉄板を厚くして
角張ったデザインのボディを作っていたころは、本当に丈夫過ぎて
例えば高速道路で事故が起きて国産車ならボディの形が
残らないような大きな衝突事故をおこしても、原型をとどめて
いるということがありましたが、逆にその衝突時の衝撃が搭乗者に
加わり、死亡に至ったことがありました。
今の日本車は、フロントと後部はつぶれても搭乗者の部分を守り
サイドからの衝撃にはできるだけ搭乗者のいる部分を守るように、
そういう設計になっています。

中国のメーカーの車を、あれだけ安いのに仕入れて大々的に
日本で売ろうとするディーラーが現れないのは
色々な輸出入の法律や関税などにひっかかることもあろうかと
思いますが、その理由のひとつはこの安全基準です。
日本の定める安全基準は、世界一厳しいと言われており、
かつてはアメリカの車メーカーがこれを「貿易障害だ」と
いったほどの厳しさです。
これは日本の車メーカーにも当然適用されるので、
スカスカのめったやたらつぶれやすいだけの車を
作らないのにはこれらの安全基準を満たすためです。

>でもカッティングだけもの凄い秀逸なものにして塗装さえ
>しっかりすればこの見た目でこの価格というような驚きの
>ある車ができるのではないかと思います。
先日より「カッティング」という言葉しか出てきませんが
カッティングだけでつまり鋼板をカットするだけで
ボディはあの形ができるわけではありません。
日本車は車重を押さえるために、ボディの鋼板を薄くしています。
その代わりに、形成をするプレスに高度な技術が必要となります。
そのデザインの段階で、丸みを帯びた形にボディの剛性を出す
秘訣があります。
つまり、丸い紙の筒を想像してください。
筒の円筒方向には力が加わっても、少々では全体がつぶれることは
ありません。しかし、横からの力には非常に弱くなります。
なので、今の日本車では横方向にはプレスで複雑な丸みをつくり
その部分に補強のための部材をいれ、ボディ剛性を上げています。

>たとえばワゴンRとかmira、マーチみたいなのはもっとかっこよく出来る余地があると思うんですよね
ワゴンR・miraは軽乗用車、マーチは小型乗用車です。
これらの車はすでにその排気量クラスのボディ規格の限界近くまで
大きくしています。

そういう車を求めている購買層が、車に何を求めているかが
重要であり、エンジンパワーとボディの大きさが釣合っていないと
必ず運転や普段の扱いに支障が出てきます。

かつて、バブル時代に設計された車に、デザイン重視にするあまり
ボディの大きさは一クラス上の排気量と同じ扱いになるが
エンジンの排気量は一クラス下のまま、という車がありました。
私の知人にその系統の車のオーナーがいましたが
実際のエンジン排気量が一クラス下なのにボディが大きいだけで
税金は一クラス上の金額で取られて「損をした」と嘆いていました。

ボディの格好だけで車の価値が決まるわけではないですし、
その価値や基準も乗る人によってさまざまです。

中には、ご質問者のように見かけだけを重視する人も
いらっしゃることでしょうが、車メーカーにとっては
そういう購買層に対応した車種を開発・販売するには
それだけのメリットがあるだけの販売数を確保できる
見通しが必要です。
現在では、そういう購買層はメーカーにとっては
メリットがないと思えるほどしかないのだと思います。

ちなみに、ご質問者のように大きいボディがいいという人の
ために、ボディ改造をして、ちゃんとした改造車検を
通せるようにしてくれる業者もあるようですが
そのためにはもう一台車が買えるほどの費用がかかります。

>要するに中はスカスカでも張りぼてだけしっかりしてればみたいな。
>そうするとほんとに中国車のようなイメージになってきてしまいました。
残念ながら、中がスカスカになればなるほど、衝突などの
日本の安全基準に対してその基準を満たさないボディに
なっていきます。
(要は衝突時に悪い意味でつぶれやすくなる)
今の日本車はスカスカにならないようにボディの中の要らない
隙間をなくし、搭乗者がいる部分は広くしていき、ボディの
なかには補強になる部材をいれ、ボディの剛性をあげつつ、
いか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報