プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

x^4+2mx^2+2m+3=0が異なる4つの解を持つときの定数mの範囲を求めたいです。
が、解き方がよく分かりません。。
グラフを書いて求めるのですか?
それとも例えばx^2をαなどと置いて計算で求めるのでしょうか?
どうすればいいのか分からず困っているので、回答よろしくお願いします!!

A 回答 (3件)

>(1)が相異なる2実根を持つには


>D=m^2-(2m+3)=(m-3)(m+1)>0⇒m<-1 or m>3
>t=x^2ですからxは4つの相異なる実根を持つことにな
>りますね。

上記は、x^2が実数解を持つ条件です。
xが実数解をもつためには、x^2が正の実数解をもつ
必要があります。

よって、上記条件プラス
軸>0
y切片>0
を追加します。考えてみてください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
やはり軸とy切片の条件がいりますよね!!
答え出ました^-^
どうもありがとうございました☆

お礼日時:2004/10/03 22:27

Josquinさんご指摘のようにx^2=tとおきます。

すると与式は 
 t^2+2mt+2m+3=0 (1)
とtに関する2次方程式になります。ここで判別式を利用します。判別式は2次方程式ax^2+2bx+c=0でD=b^2-acとしたものです(←詳しいことは数学のテキスト参照)。
・D>0・・・相異なる2実根
・D=0・・・重根
・D<0・・・相異なる2虚根
(1)が相異なる2実根を持つには
D=m^2-(2m+3)=(m-3)(m+1)>0⇒m<-1 or m>3
t=x^2ですからxは4つの相異なる実根を持つことになりますね。
tが相異なる2虚根を持つ条件は
D=m^2-(2m+3)=(m-3)(m+1)<0⇒-1<m<3
この場合xは4つの虚数解をもつことになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2004/10/03 22:25

解というのは実数解ですか?


実数解だとすると、x^2をαなどと置いてください。
そのαが相異なる2つの正の解を持てば、xは異なる4つの実数解を持つことになります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます!
実数解かどうかは書いてないんです(>_<)
もし実数解でない場合はどうすればよいのでしょうか?

お礼日時:2004/10/03 17:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング