【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

最近、新聞でピロリ菌除去の推進記事がありました。義務教育段階でピロリ菌を除去すれば、胃がんを99%防げるというものです。果たしてこんな高確率で胃がんを防げるのでしょうか。胃がんの原因のほとんど100%がピロリ菌なのでしょうか。何か偏った記事の思えて仕方ありません。皆さんはどうお考えでしょうかお聞かせください。よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

医者です。


「日本人の胃がんの原因はほぼ慢性胃炎であり、その原因はほぼピロリ菌である。
 高齢者の胃がん患者でピロリ菌がいない患者がいるが、それは長期間ピロリ菌がいると、胃粘膜が荒廃してやがてピロリ菌が住めなくなって消えてしまうからである。
慢性胃炎があるのはピロリ菌がいた証拠であるので、ピロリ菌がいなくて慢性胃炎もない胃がん患者が本当のピロリ菌と関係ない胃がんであるが、それは0.01%程度である。
したがって高齢者でピロリ菌を除菌しても、ピロリ菌の影響である慢性胃炎が残り、胃がんを完全に防ぐことができないので、若いうちにピロリの除菌をすべきである。」
というのがヘリコバクター・ピロリ学会の主張です。
ただし、欧米ではピロリ菌の陽性率が低いのに胃がん患者が存在すること、日本でもピロリ菌の陽性率が下がっているのに胃がん患者が減らないことなどから、今の日本の胃がんがほとんどピロリ菌によるものだということを疑問視する声もあります。
まあ、やればはっきりするので、実際やってみればいいんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

ピロる菌は梅酒と高カカオ(80%以上)で治ると聞いています。


私は胃だけは自信があります。いつもみぞおちのところがチクチクするときは梅酒で治ります。最近の人はピロル菌はいないとも聞いています。
そんなに神経質にならなくても、癌には、なりません。
癌ができると、血液検査で、アルブミン(正常値4.3~5)が減って、ブロブリンが増えます。インターネットで調べてみてください。
    • good
    • 0

癌は、癌遺伝子が生じた細胞が分裂増殖したものです。


ピロリ菌が癌遺伝子を持っているという研究はありません。

以下の3つのページも参考になります。
①ヘリコバクター・ピロリ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AA …
②国立がん研究センターの予防研究グループ資料
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/287.html
③東京大学 病理学教室-EBウイルスの感染状態 -
http://pathol.umin.ac.jp/fukayama/EBVaGC.htm
------------------------------------
①ウィキペディアには、『1994年 国際がん研究機関 (IARC) が胃がんの病原体であることを発表』とあります。このことからピロリ菌=胃癌の原因とされ、除菌を推奨する製薬会社に利用されているのかも知れません。
なお、『一方、ヘリコバクター・ピロリの除菌が広く行われだした頃から、この治療を行った患者に食道炎や食道がんの発生が多いことが報告されており、本菌は胃に対して悪影響をおよぼす傍ら、食道に対してはむしろ疾患を防御している可能性が議論されている。(胃炎治療のために除菌治療を行った人の一部で逆流性食道炎の発生や、それに伴う食道がんのリスクが増加する可能性が報告されている。しかし、多施設二重盲検無作為コントロール試験による最近の調査ではリスク増加が否定されるなど、この現象についてはまだ一致した見解が得られていない。医学的な重要性から、ヘリコバクター・ピロリの研究は精力的に進められ、1997年にはゲノム解読が完了した。この結果から、胃内定着の機構や発がんのメカニズムについての研究がさらに進められている。)』 という相反する記述もあり、いまだ明らかとはなっていないのが現状です。

②国立がん研究センターの予防研究グループ、ヘリコバクター・ピロリ菌、胃粘膜萎縮と胃がん予防では、
『胃がん予防のために、私たちはどうすればいいのでしょうか。今回の研究で、ヘリコバクター・ピロリ菌感染が胃がんのリスクであることは確認できましたが、感染者の中で実際胃がんを発症する人は一部に過ぎない、というのも事実です。隠れた陽性者も含めると今回の分析対象であった胃がん症例の99%がヘリコバクター・ピロリ菌に感染していたのに対し、胃がんにならなかったグループの感染率も90%と、高いものでした。ヘリコバクター・ピロリ菌は胃がん発生の大きなリスク要因ではありますが、これだけでは十分ではありません。個人の体質や食事をはじめとした環境要因が重なって初めて胃がんに結びつくものと考えられます。』 と結ばれています。

③東京大学 病理学教室では、
『1990年代初頭に,EBウイルス小分子 RNA(EBV encoded small RNA, EBER)を標的としたin situ hybridization (ISH)を用いて種々の腫瘍組織においてウイルスの存在が検索された.その結果,従来想定もされていなかった胃癌との関係が発見され,EBウイルス関連胃癌として注目されるようになった(表).EBウイルス関連胃癌は, EBウイルスに感染した上皮細胞がモノクローナルに増殖した腫瘍で,胃癌全体の10%を占める』

----------------------------

●以上のように、EBウイルスはその遺伝子の挿入により癌遺伝子となり胃癌を起こすとしても、ピロリ菌が直接胃癌を起こすことは明らかとはなっていません。
 事実、前癌病変と言われる慢性胃炎、萎縮性胃炎、また逆流性食道炎からのバレット食道の患者が、ピロリ菌の除菌をしたところで治る訳でもありません。胃癌や食道癌も生じますので、定期的な内視鏡検査が必要とされます。
 従って、除菌を勧める医師もおれば、あまり除菌に積極でない医師もおられるのでしょう。
    • good
    • 0

私は、2年前の街の特定健診で、ピロリ菌が見つかりました。


血液検査で、ABC検診という検査方法を受けました。

ピロリ菌を除去したら、胃がんになる確率は少し減るけれど、胃がんにならないわけではないので、
定期的に、胃カメラでの検査が必要だと言われています。
    • good
    • 1

そうですけども


またどっかで貰うかも知れません。
胃酸が強ければピロリも死ぬそうですけど
多い家系もあるようなので、遺伝なのか感染なのか
そこらへんの原因もハッキリしてませんものね

除去の前に検査ですね。
頭の固い医師は『あなたには居ない!』って決めつけて検査もしてくれませんけど
見つかったら除去で良いのでは
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング