【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

固定資産税の土地・建物の課税価格と都市計画税の土地・建物の課税価格は合算しているんですか?
例えば、固定資産税の課税価格1000万円と都市計画税の課税価格1200万円を合算して2200万円ですか?
無知なので教えて下さい!

質問者からの補足コメント

  • そしたら、固定資産税の課税価格と都市計画税の課税価格は何なんですか?
    もし両方の課税価格を合算しなかったら、資産額が変わってしまいます!
    僕は固定資産税の課税価格と都市計画税の課税価格を合算して資産額を求めていました!

      補足日時:2020/05/25 09:26
  • じゃあ改めて質問です!
    この場合の課税価格は幾らですか?

    「固定資産税の土地・建物の課税価格と都市計」の補足画像2
      補足日時:2020/05/25 10:25

A 回答 (8件)

都市計画税は固定資産税評価で計算です。


だから市街化区域に建っていて、減税措置がないなら固定資産税評価と評価は同じになります。

住宅に関して言えば、新築から5~7年は評価額を抑えることによって固定資産税は減税されているのです。
現在は軽減措置を受けているので実際の評価額はもっとします。

何度も書きますが、相続税は固定資産税評価ではなく、路線価で評価されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

なるほど!

お礼日時:2020/05/25 12:51

あくまでも固定資産税評価だと家の評価は29,753,334円です。


家は建てた時から価値が下がり、20年で半値になります。
建てた金額で評価されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

都市計画税の評価額は29753334円は何なんですか?
その都市計画税の評価額は29753334円は資産額には含め無いですか?
すいません何回も!

お礼日時:2020/05/25 12:18

住宅に関しては軽減措置がありますから、評価方法が違うのです。


土地は都市計画税評価が固定資産税評価の2倍になってますから、優遇制度で軽減措置を受けていることは分かります。
分かるのは家の評価額は29,753,334円ということです。
https://www.sumai-fun.com/money/property-tax-red …

とりあえず都市計画税の評価を見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません、これが最後の質問です!
都市計画税の評価額も見ました!
家の都市計画税の評価額は29753344円でした!
家の固定資産税の評価額は29753344円でした!
だから家の総価格は59506688円じゃ無いって事ですね?(僕は今までこの価格で資産を求めていました!)

お礼日時:2020/05/25 11:52

固定資産税・都市計画税の通知書から逆算して、不動産の資産額を求めたいわけですね。


そうであれば、都市計画税は都市計画区域内の不動産にしか課税されませんので無視してください。固定資産税のほうですべての不動産は網羅されます。

そして、それぞれの物件のところに記載されている「価格」の欄を見てください。この「価格」が固定資産税評価額といわれるものです。(「課税標準」の欄ではありません。課税標準とは課税価額のことで、これに税率を掛けることによって税額が求まります)
※添付の図面では税額と課税標準の部分だけしか記載されていません。それぞれの不動産ごとの「価格」に対して、特例などの条件が個々に付いて課税標準が求まりますので、単純に「価格」を逆算することはできません。

上記の「価格」を土地と家屋とに分けてすべて足し合わせると、固定資産税評価額の合計がそれぞれ出ます。
土地については、一般に固定資産税評価額は時価(実際に取引される価格)の7割程度されていますので、土地の資産額(時価)としては、合計額を0.7で割算します。
家屋については、築年数によって大きく違ってきますので、ちょっと難しいです。新築なら一般に固定資産税評価額は時価の5~6割程度されていますので、建物の資産額(時価)としては、0.5~0.6で割算します。木造で築20年以上ならほぼ価値はありません。
上記の土地と建物の時価を合算すれば、不動産の合計資産額が求まります。(ただし、不動産のうち賃貸に出しているものがある場合などは、上記の計算のように単純ではありません)

参考:
https://www.tax.metro.tokyo.lg.jp/shisan/kotei_t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you

なるほどー!

お礼日時:2020/05/25 11:52

固定資産税は所有している土地家屋すべて、都市計画税は市街化区域にある土地家屋が対象になるという違いがあるだけです。


すべての土地家屋が市街化区域にあるなら、評価対象は同じになりますから、合算してしまえば2倍になってしまいます。

ちなみに相続税の評価は路線価で行いますから、固定資産税の評価とも違ってきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!

お礼日時:2020/05/25 10:25

税金は合算ですが。

評価は合算しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!

お礼日時:2020/05/25 10:25

土地や建物は税金の種類によって評価額が違います。


合算はしません。
見る人によって価値が違うので評価が変わるという話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

母親は固定資産税の課税価格と都市計画税の課税価格を合算すると言っています!

お礼日時:2020/05/25 09:18

原則として固定資産税課税標準額の1.4%と、都市計画税課税標準額の0.3%の、合計額が固定資産税となります


両評価額を合算したりはしません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!

お礼日時:2020/05/25 09:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング