ペーパークロマトグラフィーでほうれん草の葉緑素の分離を行いました。
Rf値を計算し同定しようと思いましたが、肝心の基本値がわかりません。
展開液は 石油エーテル:アセトン:水(4:1:1)の上澄み液です。つまり有機溶媒混合液の水飽和液ですね。学生の頃の実験ノートをみながら追試したのですが、今回の実験で得られたRf値は 0.99 0.84 0.60 0.49の4種類でした。
どの文献を調べれば同定できるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> そのとおりなんです。


> 実は中学生の娘にみせてやろうとおもって
> 学生時代のノートを引っ張り出し、
> ろ紙と溶媒だけ求めて家庭で追試してみたのです。

 既に kawakawa 教授の方から充分な回答もありますが,何かこちらまで楽しくなってきたので,回答してしまいます(お父さん,ガンバレ!)。


> トルエン100%を展開液にしたデータは、
> 後から調べてみるとたくさんあったのですが
> (高校生物でよくやる実験らしい)

 まづ,高校の生物の先生が作られた『高校生物』のインターネット公開授業(↓)がありますので,御覧下さい。この中の「第2部 生体内の化学反応」の「第4章 同化=炭酸同化と窒素同化」の中に「第3項 光合成色素と色光」として「緑葉のペーパークロマトグラフィ法」の記述があります。

 ここには,カロテン(だいだい色),キサントフィル(黄色),クロロフィルa(青緑色),クロロフィルb(黄緑色)とあります。また,カロテン(1.0~0.9),キサントフィル(~0.8~),クロロフィルa(0.6),クロロフィルb(0.4)とあります。 

 aiueda さんの各スポットの色と Rf 値をこれらと比較されれば,一応同定できるのではないでしょうか。ちなみに,Rf 値だけから判断すると,カロテン,キサントフィル,クロロフィルa,クロロフィルbの順番のようですね。
 

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~hispider/biology/t …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

明快な回答ありがとうございます。
殆どわかっている結果に 同定の根拠を示したかったのです。
中学生レベルでは これで充分だと思います。

最後に、私は理科好きな母です(笑)
ミカヅキモなどを見せてやろう といった年もあります。

お礼日時:2001/08/17 22:44

Rf値はきちんとした溶媒組成、スポットの大きさ、展開槽の飽和度、展開時の温度等の要因によって、変動してしまいます。


ですから、標準品なしできちんと同定を行なうのには危険が伴いますネ。
個々のRf値を文献から求めるのもよいのですが、パターンとしてスポット全体を眺めるということも忘れないで下さいネ。
文献としては、『薄層クロマトグラフィー 基礎と応用』だったと思いますが、古い本があり、それにはかなり多くのデータが載っていたと思います(記憶があやふやですが)。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのとおりなんです。
実は中学生の娘にみせてやろうとおもって 学生時代のノートを引っ張り出し、ろ紙と溶媒だけ求めて家庭で追試してみたのです。トルエン100%を展開液にしたデータは、後から調べてみるとたくさんあったのですが(高校生物でよくやる実験らしい) 後悔してもあとの祭りです。温度や試験管内の飽和度で変動することも知ってはいたのですけど、答えを知っているからといって展開したものをこれはキサントフィルだ、カロチンだと言い切ってよいものかどうか悩んでおりました。 パターンは万人の知るところでしょうか?

お礼日時:2001/08/12 20:08

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「2波長クロマトスキャナー島津」
「ロシアの植物学者」の実験は「ペークロ」かどうか分かりませんが・・・。

http://www.nifty.ne.jp/forum/fhonyaku/members/sc …
(文科系のための科学講座)

⇒実験自体はやはり20世紀初頭で、オリジナルを探すのは難しいのではないでしょうか?
「ペークロ」・「葉緑素」関連の成書で探した方がはやいかもしれませんね?

あるいは「食品化学(分析)」等でしょうか?

専門家の回答を待ちたいですね!

ご参考まで。

参考URL:http://www.kanazawa-med.ac.jp/~mri-bm/CS9000.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHTML→PHP フォームの値の受け渡しができません

PHPをはじめたばかりの初心者です。
ネットでいろいろ調べましたがわからず困っています。
お助けくださいm(_ _)m

<内容>
フォームの入力内容をPHP側で参照できません。
具体的には、
<form method="post" action="test.php">
<select name="BirthDay" size="1">
<option value="1">1月生まれ</option>
<option value="2">2月生まれ</option>
<option value="3">3月生まれ</option>
</select>
<input type="submit" value="決定">
</form>
で飛ばした値を、
print($BirthDay);
で表示させようとしています。
しかし、$BirthDayには何も入ってきません。
ただ、できないのはローカル環境だけで、
実際、他のサーバーにアップしてやると正常に
動作します。
ローカル環境は
Win2000SP4+PHP4.4.1+Apache1.3.34
です。
httpd.confを見直しましたがわかりませんでした。
ぜひアドバイスをお願いしますm(_ _)m

PHPをはじめたばかりの初心者です。
ネットでいろいろ調べましたがわからず困っています。
お助けくださいm(_ _)m

<内容>
フォームの入力内容をPHP側で参照できません。
具体的には、
<form method="post" action="test.php">
<select name="BirthDay" size="1">
<option value="1">1月生まれ</option>
<option value="2">2月生まれ</option>
<option value="3">3月生まれ</option>
</select>
<input type="submit" value="決定">
</form>
で飛ばした値を、
print($BirthDay);
で表示させようと...続きを読む

Aベストアンサー

そういうときは

$_POST[BirthDay] で受け取ります
GETの場合は
$_GET[]です

Q植物の同定に必要な費用はいくら。大学、植物園などで同定はしてくれるのでしょうか。その時の費用はいくらでしょうか

植物図鑑、ウエブ検索サイトなどでわからない植物を大学や植物園、博物館などで、同定をしてくれるのでしょうか?
標本は作りました。写真も多数あります。
・どの様に依頼すればよいのか
・その時の費用はいくらか。具体的な金額を

Aベストアンサー

大変厳しいことを言うようですが,数が多数あるのでしたら全くあなたの要望にはお応えしないと思います。それらの施設に勤務する職員は全て公務員かそれに準ずる身分です。当然貴方の私的な要望にお応えする事は公務員として許されません。ご要望に応えることは違法なのです。ご自分で調べても2~3点同定できないものがあったのなら調べて答えていただけると思います。啓蒙や教育は使命の1つですから…当然無料で…

例外として,特定の地域の植物であるのなら研究と言うことで調べる場合があります。しかし,貴方の手元に戻るものは現物ではなく植物リストのみの可能性もあります。

Qhtmlからphpへの値の受け渡しについて

いつも助けてもらってます。
今回も宜しくお願い致します。

現在、複数のhtmlページから一つのphpを呼び出しているのですが、
phpのselect文の中で各ページの持つ定数(変数?)を使用したいと考えています。

phpのselect文
SELECT
*
FROM
ITEM
WHERE
ITEM_DIV = 各ページの定数(文字列)


各ページの定数は、必ず同じ物です(ダイエット、食品etc..)
グーグルなどで調べた結果、
POSTやSESSION、FORMで出来そうな感じだったのですが、

渡すものがいつも決まっていて、かつ一つなので
もっと簡単に渡せるんじゃないかな?と考えて投稿させてもらいました。

宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

php側で、どのhtmlからリンクされたかが分かればいいと思いますので、
サーバ環境変数の $_SERVER['HTTP_REFERER'] で可能かと思います。

参考URL:http://lib.stwing.jp/archives/2005/09/php_server.html

QRf値について

 Rf値が物質によって変わるのはなぜですか?吸着性のためとよくありますが、具体的に教えて下さい。

Aベストアンサー

Rf値というのは、よく光合成色素をペーパークロマトグラフィーで展開して原点から色素がどのくらい離れたかを計る値ですよね。主な光合成色素には、カロテン・キサントフィル・クロロフィルa、b、c、d・フィコシアニン・フィコエリトリンがあり、これらは多くの炭素原子を持った分子構造をしているため、水に溶けにくいのです。そのため展開するときは水を使わず、トルエンやアセトンを使います。これらの薬品は有機溶媒として使われます。まぁ、そんなことはどうでもいいとして、物質が溶けるからにはその度合いが出てきますね。時間がかかるが溶ける物や短時間で溶ける物という具合に。幸いこれらの有機溶媒は揮発性(気体になりやすい)なので常に上へ上へと昇っていくので光合成色素もそれに溶けて上へ上へと登るわけです。勿論時間内に溶ける度合いがあるので、それぞれには差が生じます。ちょうど10人かけっこをして、足の速い人は1位に、遅い人はビリになるのと同じですね。10人全員が同じ速さなんてことはありえませんから。まぁ、そんなわけでRf値が物質によって変わるんですよ。吸着性って言うのは展開液(トルエンやアセトン)に溶ける度合いでしょうかねぇ。ちなみにRf値が大きいほどよく溶けることを表わしています。長々と書きましたが、参考になったでしょうか?

Rf値というのは、よく光合成色素をペーパークロマトグラフィーで展開して原点から色素がどのくらい離れたかを計る値ですよね。主な光合成色素には、カロテン・キサントフィル・クロロフィルa、b、c、d・フィコシアニン・フィコエリトリンがあり、これらは多くの炭素原子を持った分子構造をしているため、水に溶けにくいのです。そのため展開するときは水を使わず、トルエンやアセトンを使います。これらの薬品は有機溶媒として使われます。まぁ、そんなことはどうでもいいとして、物質が溶けるからにはその...続きを読む

Qhtmlファイルからphpファイルへの値の受け渡し

表を使った問い合わせフォームを作成したのですが、データを受け渡す方法がわかりません!!

初めの問い合わせページは以下のようにhtmlファイルで記述しました。

この場合、次のページにデータを引き渡すphpファイルには、どうのような記述をしたら良いのでしょうか?

<form method="post" action="info.php">
<table class="table margin01" width="592" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0">

<tr>
<td width="190" align="left" bgcolor="#FFF09D">お名前 <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td><input name="name" type="text" class="form01" id="name" /><br />
入力例:山田 太郎
</td>
</tr>

<tr>
<td align="left" bgcolor="#FFF09D">メールアドレス <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td><input name="mail" type="text" class="form01" id="mail" /><br />
入力例:●●●●●●@yamada.co.jp
</td>
</tr>

<tr>
<td align="left" bgcolor="#FFF09D">メールアドレス(確認) <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td><input name="mail2" type="text" class="form01" id="mail2" /></td>
</tr>

<tr>
<td align="left" bgcolor="#FFF09D">お問い合せ内容 <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td>
<select name="list" id="list">
<option>お問い合せ内容をお選びください</option>
<option>事業内容について</option>
<option>求人について </option>
<option>その他</option>
</select>
</td>
</tr>

<tr>
<td align="left" bgcolor="#FFF09D">内容 <span class="tabletext1">※必須</span></td>
<td><textarea name="content" id="内容" cols="45" rows="5"></textarea></td>
</tr>

</table>

<p align="center" class="margin01">
<input type="reset" value="クリア" />
<input type="submit" value="送信内容を確認する" />
</p>
<input type="hidden" name="test" value="cloud" />
</form>

表を使った問い合わせフォームを作成したのですが、データを受け渡す方法がわかりません!!

初めの問い合わせページは以下のようにhtmlファイルで記述しました。

この場合、次のページにデータを引き渡すphpファイルには、どうのような記述をしたら良いのでしょうか?

<form method="post" action="info.php">
<table class="table margin01" width="592" border="0" cellpadding="0" cellspacing="0">

<tr>
<td width="190" align="left" bgcolor="#FFF09D">お名前 <span class="tabletext1"...続きを読む

Aベストアンサー

ここが参考になりますかね。


http://www.phppro.jp/school/phpschool/vol6/1


postの処理をどう判定するのかどうか書いてあります。

若干異なるのは、質問者さんは次の画面で入力チェックを行いたいと言う事ですが、
参考サイトは遷移前で入力チェックを行っています。
入力するたびに次画面に遷移してエラーであれば戻ると言うのは
あまりよろしくないかと思いますが…。

Qニューロンの同定: 染色せずに可能? 染色しても活動?

昆虫の神経系について勉強しております。
ニューロンの同定するには蛍光色素で染色する方法がとられているようですが、私が勉強して参りました限りでは、神経節へ半ば適当に電極を挿入し、活動電位を確認し、染色するという方法のようです。すなわち、
1.はじめは、ある程度は形態的にあ範囲を絞っているが、ニュールンレベルでは確定的でなく、電極を挿す
2.刺激をしたり、活動電位を測定したりして、望みのニューロンを探し出す。
3.電極から染色液を注入しニューロンを染色する
となり、始めから同定されているわけではないのですね。
なんとか始めからニューロンを特定同定することはできないのでしょうか。すなわち、染色せずに形態的にニューロンを探し出すことはできないのでしょうか。

Aベストアンサー

A.1
普通、プロモーターを用いた強制発現の場合、ランダムインサーションによるトランスジェニック動物になります。従って、匂い分子受容体の発現には通常影響を与えません。ただ、万が一匂い分子受容体をコードする遺伝子領域に入ってしまえば、匂い分子受容体の発現に以上を来す可能性はあります。また挿入するプロモーター付き遺伝子がどこに入るか?によって異常な発現パターンを示す可能性もあります。
 これを防ぐために、GFPを目的の遺伝子下流にノックインする方法もあります。この方法だと最初から挿入する部位が決まっているのですが、手間暇(お金も)かかります。ノックインするさい、マウスだとIRES配列を入れておくことで、GFP蛋白と標的蛋白を分離して発現させることができ、標的蛋白の活性を阻害しにくくなります。

A.2
うまくプロモーターが働けば、細胞体がマーキングされ、蛍光顕微鏡等で観察可能です。ただし、まわりを照らすほど明るいものではありません。

A.3
プロモーターを使って、単純にGFPを発現させても、細胞体は観察できるでしょうが、軸索末端のように細胞体から離れた場所まで十分にGFPが行き渡らないことがあります。そのような場合、GFPにtauというタンパク質をfusionさせることがあります。tauは細胞骨格タンパク質の一種で軸索を能動的に輸送されることが知られています。このようなテクニックを用いて軸索末端まで観察することができます。軸索機能についてですが、若干の機能障害が出ることが報告されています。

下に伊藤さんの研究室のweb siteをリンクしておきます。参考になるかと思います。

参考URL:http://jfly.iam.u-tokyo.ac.jp/lab/staining2.html

A.1
普通、プロモーターを用いた強制発現の場合、ランダムインサーションによるトランスジェニック動物になります。従って、匂い分子受容体の発現には通常影響を与えません。ただ、万が一匂い分子受容体をコードする遺伝子領域に入ってしまえば、匂い分子受容体の発現に以上を来す可能性はあります。また挿入するプロモーター付き遺伝子がどこに入るか?によって異常な発現パターンを示す可能性もあります。
 これを防ぐために、GFPを目的の遺伝子下流にノックインする方法もあります。この方法だと最初から...続きを読む

QHTML データ受け渡し

HTMLのデータ受け渡しをしたいのですが

例えば

・担当者_HTML

担当者選択
A        ←Aを選択(Aという値を年齢_HTMLに転送)


・年齢_HTML

年齢選択
20代     ←20代を選択(20代という値とBという値を実行ファイルに渡したい)
30代

Aベストアンサー

これだけのデーターだとすると、自作自演。

このような事をしたいと思うということは、この手の事をしていないと、この発想をしない。

とりあえず、候補を挙げておくが。

基本的なところから

http://reference.ascii.jp/html/form

ServerSideScriptを使う。POSTなのかGETなのかがポイント。

次にGETの応用

URL#HTML Object Element Name(ID)

これにイベント属性との組み合わせ。

JavaScriptなどを使った、ClientSideScriptで選択した結果を処理し、最後にFORMで送信。

ASPXやJSPなどを使えば、バインドしたHTMLタグを使える、

やり方は、さまざまあるので、基本的な事をまなんでから、何ができそうだから、何を使ってやる場合。などと、再度質問してください。

QRf値について

学校で色素の実験を行ったのですが(薄層クロマトです)、結果として同じ色素が異なるRf値を持つような結果が出ました。
これは一体どのような意味をもつのでしょうか、
その色素の構造式などは関係ありますか?

Aベストアンサー

クロロフィルとか葉緑素のやつですか?
それなら似た色素で、構造式の部分の違いで上がり方が違った気がします。
クロロフィルの仲間で、Mgを含まないものと含むもの、そんな感じだったと思います。

話が違ったとしてもその類ですかね。。。

Q値の受け渡しについて

JavaScriptを使用しa.htmlからb.htmlへ
値の受け渡しについて分らない事があります。

やりたいことはa.html内にある
<a href="b.html">あああ</a>の「あああ」の値を
b.html内にある<INPUT>に入れたいのです。

現在記述しているコードを下記記しますので
何方かご教授お願いします。

■a.html
<html>
<a href="b.html" onclick="this.href=this.href+'?'+encodeURIComponent(this.innerHTML)">あああ</a>
</html>
■b.html
<html>
<script type="text/javascript">
query = decodeURIComponent( location.search.slice(1,1000) );
document.getElementById('in_name').value = query;
</script>
<form>
<INPUT type="text" id="in_name" name="in_name" value="">
</form>
</html>

JavaScriptを使用しa.htmlからb.htmlへ
値の受け渡しについて分らない事があります。

やりたいことはa.html内にある
<a href="b.html">あああ</a>の「あああ」の値を
b.html内にある<INPUT>に入れたいのです。

現在記述しているコードを下記記しますので
何方かご教授お願いします。

■a.html
<html>
<a href="b.html" onclick="this.href=this.href+'?'+encodeURIComponent(this.innerHTML)">あああ</a>
</html>
■b.html
<html>
<script type="text/javascript">
query = decodeURIComponent(...続きを読む

Aベストアンサー

document.getElementById('in_name').value = query;



window.onload=function(){
document.getElementById('in_name').value = query;
}

としてください

Q生物のRf値についてなのですが、

生物のRf値についてなのですが、

学校の授業で[Rf値についてまとめてレポートに書け]と言われたのですが、

ネットで調べても一行ぐらいの説明文でしか出てきません。

これだけじゃレポートにまとめられないので

どなたか詳しく説明していただけませんか?

Aベストアンサー

Rf値自体は、原理なので、単純ですが、

Rf値の概念が生まれた歴史は、
クロマトグラフィー分析の歴史といっても過言ではないです。

クロマトグラフィーは分析化学の分野において、
大変重要な分析ツールです。今ではなくてはならないと思います。

GC、LC,TLC,PCなどで分離して、検出方法を変化させるだけで、
あらゆるものが分離して計測できるのですから

Rf値は物質を分離するという基本概念だと思います。

そのような観点から、レポートとしてまとめるのいかがでしょう?

参考までに、なかなか、
良いと思ったクロマトグラフィーの歴史のURLを載せておきます。

参考URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~ytsumura/buns0017.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報