ネットが遅くてイライラしてない!?

コロナ感染拡大により、日本に帰国し、アメリカの大学のSummer Classを日本で受けています。

コロナ感染が拡大してる中、私の大学では、Onlineクラスを設置せずに対面クラスだけで秋学期を行うと発表しました。

そもその秋学期が終わる12月14日までの間に、感染が止まり、状況が好転することは考えられないため、もし大学に8/24のクラス開始に合わせて戻ったとしても、感染悪化、オンラインクラス への移行は目に見えています。もし、大学がハイブリットという形で、試験のみを対面で行ったとしても、アメリカに滞在することが危険であることは変わりがないと思います。そうなると、再度帰国、そして2週間の隔離、春にまた戻る。といった大変な費用がかかります。

そのため、休学することを考えています。しかし、5ヶ月以上アメリカ国外に滞在するとF-1ビザは、失われます。
2021の春学期にアメリカに戻るためにF-1ビザを再申請する必要がありますが、ビザはこのコロナの状況で発行されるのでしょうか?

大学のInternational Officeに確認をしたところ
You should be able to get a visa, but I cannot promise.
このような頼りない返信しかいただけませんでした。

また、2021年の春には、Arizona State University に転校しようとしています。なぜならこの大学は、生徒がオンラインクラスに移行するかどうかを自分で選択できるからです。少なくとも春にコロナが治っている気はしないので、春は、オンラインで受講したいためです。

ニューヨークの大学への転校手続きを行っているエージェントに、ビザの再取得が無事に行えるかどうかについては確認中です。

留学ドットコムが、2020/3/24に公開した記事によりますと、
"最近になって、取得に面接が必要なアメリカへのビザ(学生ビザや就労ビザ)の発行停止が発表されました。このような感染防止のための人民移動の抑制は、留学生に多大な影響を与えています。"
とのことでした。

つまり、私のF-1ビザが失効した後に、再取得することができないということなのでしょうか?
また、最新のF-1ビザの情報を持っている方がいれば、状況が変化したかどうかを教えてただきたいです。
https://www.ausbiznet.com/us/column/21921#outlin …

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    先ほどの記事では、面接が必要な新規ビザの取得ができないと書かれていましたが、

    こちらの記事には、
    特定の非移民ビザの発給を一時停止するこの大統領令に含まれていない非移民ビザ保持者(E1、E2、E3、TN、F1=学生)は該当しない。
    なお現時点で上記に該当するビザの面接を予約されている者で、まだビザが発給されていない場合、近々、面接がキャンセルされてしまう可能性が考えられるので注意が必要だ。
    と書かれていました。
    https://www.nyseikatsu.com/ny-news/07/2020/29932/

    F1は該当していないので、現時点では、F-1の面接を受けれて、審査に通るとF-1を取得できるということでよろしいでしょうか?

    また、私の計画に危険性がある場合はアドバイスをいただけたら幸いです。

      補足日時:2020/07/22 03:28

A 回答 (4件)

こんにちは。


ビザ発行については、一番確実な、アメリカ大使館のHPで確認しましょう。対応も変化していくので、一番早く情報が得られるのは、大使館のHPです。
日本のアメリカ大使館・総領事館で3月から停止していたビザ面接の業務は、7/16から、大阪と福岡の領事館のみ再開した、とあります。
https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
非常に参考になりました。

今後も定期的に確認します。

お礼日時:2020/07/23 16:06

こちらに詳しく記載してあります。


最低でも対面のクラスを1つでも取らないとビザの維持が出来ない、また将来F1ビザ発給再開の目処も立っていません。

https://www.nytimes.com/2020/07/07/us/student-vi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。
トランプの作った対面クラスを1つ取らないとビザを維持できないルールは、廃止されたと思います。
また、F1ビザは、配給再開の前に、配給停止がされてないと思っているのですが、私の勉強不足でしたら申し訳ありません。

お礼日時:2020/07/22 03:59

非移民ビザの年内の発行停止措置は、米国内での雇用を守るためで対象となるのはHやLのような就労ビザです。


Fビザは就労目的ではないので、現時点で発給停止措置の対象ではありません。が、面接のときに感染状況がどうなっているかはわからないし、来年早々には政権が変わる可能性があるので、そうなるとポリシーがガラッと変わることもあり得ます。現時点では、その時になってみなければわからない、としかいいようがありません。

https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。調べてわかる情報はここまでかと思われます。
そこから先は、アメリカが面接に対して、どのように対応するかなので、感染のリスクと、ビザを取得できないリスクを天秤にかけ、前者を選ぼうと思います。

お礼日時:2020/07/22 03:48

ダメみたい

    • good
    • 0
この回答へのお礼

面接が受けれなくなるだろうと考えられているとのことでしょうか?

お礼日時:2020/07/22 03:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング