【OCN】1GBプレゼントCP中!

参考文献は、ただ参考にしただけで、その内容を本文に用いていないもので、引用文献は、直接引用はもちろん間接引用で用いた物を書く。間接引用は、文献の内容を自分なりにいいかえたりまとめたりしてかいたもの。で
間違いないでしょうか…?
参考と間接引用の違いがわからないです…

A 回答 (3件)

No.2です。

おっと・・・間接引用というのもしません。ある論文が参考にしている文献を参考文献にする場合は,その元の文献を参考文献にし,それを参考にしている文献に何も意義あることが書いてない限りそれは参考文献にはしません。つまり,孫引きで孫引き側の方がまともなら孫の方を参考文献にするってことです。
    • good
    • 0

文系の方のご質問でしょうね。

さっぱりわかりません。
 もしかして理系でしたら,引用と参考には違いはありません。ある主張を論文でやるときに,自分の研究の位置づけや結果や考察で参考や比較対象等にしたものはすべて参考文献です。その文献から文章を引用する必要も無いし,たいていは引用すらしません。引用したとしてもそれは参考文献からの引用です。理系(というのはわかり易く言っているだけですが)の論文に「引用文献リスト」というのはありません。すべて「参考文献リスト」です。また脚注に出典を書くことも原則として(古い文献以外では)しません。
    • good
    • 0

> 間接引用は、文献の内容を自分なりにいいかえたりまとめたりしてかいたもの。


で良いです。
これも、参考にした、と言います。
つまり、直接引用も間接引用も、その対象は「参考文献」です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング