まだまだ電気の知識が初心者なので、教えてください。
1、絶縁抵抗測定とはなんですか?
2、使用方法ですが、どんな時に使用し、何ボルトではかればよいのですか?
3、絶縁抵抗が0の時にかんがえられることはなんですか?
説明不十分ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.絶縁抵抗測定とは絶縁抵抗測定器(通称メガー)で、測定するもので、主に電路と対地間で測定します。

その基準値は電気設備に係る技術基準で以下のように規定されいます。
 ・使用電圧が300V以下で、対地間電圧が150V以下の電路:0.1MΩ
 ・使用電圧が300V以下で上記以外の電路:0.2MΩ
 ・使用電圧が300Vを超える低圧電路:0.4MΩ

2.メガーの測定電圧を規定しているものは特にありませんが、内線規定で以下のように推奨しています。
 ・100V電路 : 125V
 ・200V電路 : 250V
 ・400V電路 : 500V
これは、昔(といっても、私の会社も3年前まではそうでしたが)は低圧回路は500Vメガーで、高圧回路は1000Vメガーで測定していました。
しかし、100Vや200Vの回路に対地間とはいえその数倍の直流を印加した場合にインバーター等の半導体機器の損傷や雷ガード付OA用コンセントのショックアブソーバー機能などにより、正常にもかかわらず放電されることにより、あたかも不良かのような値が測定されてしまう(500Vメガーで、0.2MΩだが125Vメガーではinf)事が頻発したので、現在年次点検の際は、前述した通り、当該回路の使用電圧に近い電圧で測定しています。したがって、回路によっていちいち測定電圧を変える為、測定器は4レンジ(125V,250V,500V,1000V)のものを使用しています。

3.絶縁抵抗値が0MΩであれば、対地間では完全地絡、線間では短絡であると考えられ基本的にはいずれの場合もブレーカトリップとなると考えます。しかし、その値がメガーによるものであれば、0MΩと表示されても幾分かのインピーダンスがあると思われますので、遮断には至らない場合もあります。
ご質問の”絶縁が0”と言うのがどういう回路かにより説明が異なってきますので、宜しければもう一度投稿していただければ再回答致します。
    • good
    • 31
この回答へのお礼

大変わかりやすく、ありがとうございます。またよろしくお願いします

お礼日時:2005/01/30 20:20

下のURLを参照すると感じはつかめるかと思います。


http://www.measure-system.co.jp/b/b-05-03.html

1、絶縁抵抗測定とはなんですか?
 電気抵抗を高電圧で測定しています。これは電気が通ってはいけない,つまり「絶縁」されているかを確認するためのものです。

2、使用方法ですが、どんな時に使用し、何ボルトではかればよいのですか?
 通常,500Vか1000Vを使います。高い電圧ですが,容量がないので,それほど危険ではありません。感電すると痛いらしいですが・・。

3、絶縁抵抗が0の時にかんがえられることはなんですか?
 電線と電線の間であれば,ショート(短絡)している。大地(アース)間であれば,漏電(地絡)していると考えられます。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

HPまでつけていただきありがとうございました

お礼日時:2005/01/30 20:21

1、通電部と筐体(アース)との間の絶縁の確認をします。


2、電圧は忘れましたが専用の測定器があります。電流計程度の大きさです。稼動中のモノにではなく、製造後にチェックします。
3、通電部とつながってしまっていて、絶縁されていません。
    • good
    • 8

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絶縁抵抗測定について

絶縁抵抗値を電源と電流計を使って測定したいと考えています。
測定対象が短絡している場合もあるので、電流制限の抵抗値を
電源の出力に対し直列に入れようと考えています。

例えば電流制限抵抗として1kΩの抵抗を直列に入れた場合、500Vの
電圧を印加して、1mAの電流が流れていれば算出した抵抗値は500kΩ、
よって絶縁抵抗値は500kΩ-1kΩで499kΩになるかと思います。
この時は電流制限抵抗1kΩでの電圧降下はそれほど気にしなくても
良いような気がします。

仮に500Vを印加して100mAの電流が流れた時、算出した抵抗値は
5kΩで絶縁抵抗値は5kΩ-1kΩで4kΩになると思います。
ただこの場合、電流制限抵抗1kΩでの電圧降下が100Vになるため、
実際に絶縁抵抗を測りたい測定箇所へは400Vしか印加されていな
いという事になり、400V印加時の絶縁抵抗値となるのでしょうか?

それとも、電圧を印加した時点では絶縁抵抗が高く、500Vに近い
電圧が測定箇所に加わり、その結果絶縁抵抗値が下がって電流が
流れてるので、500Vを印加した時の絶縁抵抗値と考えていいので
しょうか?

初歩的な質問ですが、ご教授のほどよろしくお願いいたします。

また実際の絶縁抵抗測定器には電流制限抵抗のような物は付いている
のかについても、お教え下さい。

絶縁抵抗値を電源と電流計を使って測定したいと考えています。
測定対象が短絡している場合もあるので、電流制限の抵抗値を
電源の出力に対し直列に入れようと考えています。

例えば電流制限抵抗として1kΩの抵抗を直列に入れた場合、500Vの
電圧を印加して、1mAの電流が流れていれば算出した抵抗値は500kΩ、
よって絶縁抵抗値は500kΩ-1kΩで499kΩになるかと思います。
この時は電流制限抵抗1kΩでの電圧降下はそれほど気にしなくても
良いような気がします。

仮に500Vを印加して100mAの電流が流れた時、算出した...続きを読む

Aベストアンサー

>実際に絶縁抵抗を測りたい測定箇所へは400Vしか印加されていないという事になり、400V印加時の絶縁抵抗値となるのでしょうか?
●はい、400Vです。

>また実際の絶縁抵抗測定器には電流制限抵抗のような物は付いているのかについても、お教え下さい。
●実際の絶縁抵抗計は、制限抵抗ではなく、定電圧装置とお考えください。
もちろん、この装置の中には制限抵抗に相当する部分もありますが、あくまでも被測定対象の電圧を一定にするものということです。
被測定対象が内部短絡(あるいは導体)であった場合は、内部抵抗にて電流は抑制されます。
等価的には、可変抵抗と電圧計の組合せということになりましょうか。

また、電流計は非常に精密なモノとなります。被測定対象は絶縁物ですから、流れる電流も非常に小さいです。

Q(絶縁抵抗計)メガーの使い方を教えてください 分電盤の絶縁測定では一次側、二次側のブレーカー(親ブレ

(絶縁抵抗計)メガーの使い方を教えてください

分電盤の絶縁測定では一次側、二次側のブレーカー(親ブレーカー?子ブレーカー?)両方とも切って測るのでしょうか?
会社の先輩と一緒に測定したのですが良く分かりませんでした……

Aベストアンサー

全回路一括しての絶縁測定なら親ブレーカーのみオフ、子ブレーカーは全部オン。

各分岐回路の絶縁測定なら親ブレーカはオンでもオフでもどうでもよく、子ブレーカーを一つずつオフにして測定。

Qブレッドボード > 絶縁抵抗の意味

ブレッドボードの内部端子のスペックに「絶縁抵抗 : 1000MΩ以上」とありました。

絶縁抵抗で検索してみると「直流電圧を印加すると、ごくわずかの電流が流れる > この電流と印加電圧の比を絶縁抵抗としている」という説明がありました。
http://www.jeea.or.jp/course/contents/02105/


絶縁抵抗の意味としては、「与えられた印加電圧に対して、どれくらいの電流が流れるかの目安を与える」という解釈であっていますでしょうか?

Aベストアンサー

絶縁抵抗の解釈としてはその通りです。

ブレッドボードとしては、高インピーダンス回路の実験にも使えるという意味で絶縁抵抗をスペックに含めているのだと思います。
たとえば、インピーダンスが1MΩを超えるような回路も、誤差を生じることなく実験可能と理解してください。

Q新築現場での電気工事による絶縁抵抗測定

電気工事士をしているものですが、新築現場による、絶縁抵抗測定の際、
漏電の原因として、考えられるものとして、
家具屋さんが誤ってビスで電線に打ってしまっている場合がありますが、
他に漏電の原因として、あげられるものをできるだけ多く知りたいと思います。どなたか、ご存じでしたら、どうか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

単純ですが、3芯ケーブルの1線をアースとして使用していた場合、勘違いでアースを非接地極と接続したとか。
特に単相200Vの場合は、100Vの時と色を変えたりもするので、複数人で作業した場合は、共通の認識を持っているかを確認した方が良いです。

Q絶縁抵抗計の電流

画像を見てください。

使用時と同じように水を入れます。空気は電気を通さなかったため、絶縁は落ちませんが、水を入れて計測すると絶縁は、下がってしまうはずです。ヒーターから漏れた電気が、水を通して水槽に伝わり、水槽から筐体を通して、電気が漏れた状態です。~

http://kitchen23.blog85.fc2.com/blog-entry-181.html

(上のwebページを下の方にスクロールしてください。)

この画像のように絶縁抵抗計で電圧をかけた場合、

(1)電流はE端子から水槽をはさんで、水に流れ、ヒーターの傷口から侵入し、L端子から絶縁抵抗計内に戻り、電流計を通り絶縁抵抗計内の電源に戻るのでしょうか。

(2) 「絶縁抵抗=かけた電圧÷絶縁抵抗計に戻って来た電流」 だと思うので(誤っていたら訂正をお願いします) (1)の場合、ヒーターの傷口が大きければ、電流が多く流れて絶縁抵抗が小さくなるのでしょうか?

以上、ネットで色々調べてみましたが、よくわからなかったので質問しました。よろしく御願いします。

Aベストアンサー

(1)
この方法で絶縁測定を行えば、水槽の絶縁能力を測定する事になります。
なぜなら、メガーの電流はヒーターから漏れて、水を伝い水槽の内側に拡散するからです。
ただこの方法では、外側テストリードの電極が小さすぎて局部的になってしまい、その地点だけの絶縁抵抗なので、正確な測定とは言えません。
正確な測定を行うのなら、外側にも導電帯で広い面積を覆う必要があります。
他の水を溜めた水槽に今の水槽をいれるとか、水槽の外面をアルミ箔で覆うとかした外側の導電帯に電極をつける必要があります。
その為、この測定に限らず空気絶縁を測定する場合も外側を導電帯で覆った上で、水で浸す前と後を比較する必要があります。
という事で、正確な方法とは言えないが絶縁測定は出来るという事になります。
ちなみに、高圧活線工事に使用するのゴム手・ゴム長の耐圧試験は同様な方法で、保護具の中に水を貯めた状態で水槽に浮かべ、保護具内側に電極を入れ、水槽の水溶液との間に電圧を掛けます。

(2)
これは少しだけ違います。
絶縁抵抗測定というのは、コンデンサに電圧を掛けている事と同じです。
コンデンサとは、導体と導体との間に絶縁体がある状態のものです。
絶縁抵抗測定は、導線と大地、導線と導線の間に掛けるので、その間に絶縁被覆があり、正にコンデンサです。
その為、最初は通電状態で徐々に蓄電され、十分安定すると蓄電が終わり電流が流れなくなります。
この時の電流値を元に抵抗に表したものが絶縁抵抗値なので、数値が安定していなければなりません。

 >(1)の場合、ヒーターの傷口が大きければ、
 >電流が多く流れて絶縁抵抗が小さくなるのでしょうか?
今回の測定では、大きな絶縁抵抗の材質は水槽なので、ヒーターの傷口程度で抵抗値の違いに変化はないと思います。

(1)
この方法で絶縁測定を行えば、水槽の絶縁能力を測定する事になります。
なぜなら、メガーの電流はヒーターから漏れて、水を伝い水槽の内側に拡散するからです。
ただこの方法では、外側テストリードの電極が小さすぎて局部的になってしまい、その地点だけの絶縁抵抗なので、正確な測定とは言えません。
正確な測定を行うのなら、外側にも導電帯で広い面積を覆う必要があります。
他の水を溜めた水槽に今の水槽をいれるとか、水槽の外面をアルミ箔で覆うとかした外側の導電帯に電極をつける必要があります。...続きを読む

Q【電気の法令の不思議】 電気工事を行う営業所には「絶縁抵抗計」、「接地抵抗計」、「回路計(テスター)

【電気の法令の不思議】


電気工事を行う営業所には「絶縁抵抗計」、「接地抵抗計」、「回路計(テスター)」の3つの測定器を備えて置かなければ営業出来ないことになっているが、

「絶縁抵抗測定」、「接地抵抗測定」、「導通試験」の竣工検査を行うのは電気店ではなく電力会社が行うとされている。

電気店の営業所は「絶縁抵抗計」、「接地抵抗計」、「回路計(テスター)」でテストすることがないのに常備させる意味ってないのでは?

これって業界団体協会の押し売りですか?

電気店の職人が「絶縁抵抗計」、「接地抵抗計」、「回路計(テスター)」の3つを現場で使うことってあります?

買っても埃を被って眠ってるだけになるのでは?

Aベストアンサー

電力会社が竣工検査で「絶縁抵抗測定」「接地抵抗測定」等を行う前に
電気施工業者・工事担当者が「絶縁抵抗測定」「接地抵抗測定」「導通試験」等、必要な試験・点検を行い「竣工調査票」にチェックを入れ電力会社に提出する
さらに日常行われている電気工事が、法に順じて施行されているかを点検・試験するためにも、必要な計測器である
そのために電気工事業者は営業所ごとに「絶縁抵抗計」「接地抵抗計」「回路計」の常備を、電気工事業法で規定されている

「接地抵抗計」は接地工事や検査・点検等で使用するので、それほど使用頻度は多くないが
「絶縁抵抗計(メガー)」や「クランプメーター」は一般の電気工事でも使用頻度が高いので、工事車両に常備し
カード型のテスターは、常にポケット等に携帯して作業をします

Q絶縁抵抗の値について

素人です、教えて頂きたいのですが。

メガーで漏電の有無を計る際に、絶縁抵抗値が良く出てきますが

初歩的な質問で申し訳ありません

(1) 絶縁抵抗値が大きいほど、漏電している可能性が高いのでしょうか ?

(2) 1MΩと10MΩはどちらが絶縁抵抗値が高いのでしようか ?

Aベストアンサー

漏電というのは本来電気が流れてはいけないところに電気が流れることですので
  絶縁抵抗値が大きいと電気が流れにくい(例えば∞Ω)
  絶縁抵抗値が小さいと電気が流れやすい(例えば0Ω)
ということですよね。

1MΩと10MΩでは、当然10MΩのほうが漏電しにくいと言えます。
ですが、モノによってはどちらも同じってこともあります。

6600Vの電圧が掛かるケーブルの絶縁が10MΩと1MΩのモノでは、どちらも確実に危険なレベルで漏電します。

このように絶縁抵抗値は対象によって許容できる値が決まっています。

125/250Vの電圧を掛けて絶縁抵抗を測定する場合は最大200MΩまで
500/1000Vの電圧を掛けて絶縁抵抗を測定する場合は最大2000MΩまで
など計測可能な抵抗値の上限が変わります。(測定器の機種によっても変わることがあります:例は横河M&I社の製品)

Q電路と大地間の絶縁抵抗について

こんにちは
電路と大地間の測定において①を短絡させ②の線を大地へ接続しスイッチをいれると
②の線から③に電流がながれ・・・その後どうやって絶縁抵抗値をえられるのでしょうか?
②から③へ電流を流すと大地にきえてしまうようなきがするんですが、この方法で漏電を
どのように調べているのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です。

>> 電路接触があれば、③→太地→機器接地線→電路接触部分→電路
> 機器接地線から大地にながれた漏電した電流が戻るってことでしょうか?
機器接地線から大地にながれた漏電した電流が、③→②→①に戻る、
ということになります。

> --------------それとも
> 絶縁抵抗計のスイッチを入れ電流を流す→②→③→負荷の機器接地線(接地極?)→電路接触部分→電路→① 

前者と後者は方向が違うだけで、経路は同じです。
この経路を形成するのが、「電路が負荷機器の筐体に接触している(漏電)」です。
漏電が無ければこの経路は形成されません(切断されます)。

> 絶縁抵抗計で電流の差異がければ、漏れがないということでしょうか?
電流の際ではなく、電流が流れなければ、ということです。
電流方向は、交流なので、一方向だけを検出する意味はありません。

要は、
①-②-③(太地)-負荷の機器接地線-負荷筐体と電路接触部分-電路-①という閉経路の有無を検査しています。
このうち、「負荷筐体と電路接触部分」があれば、漏電の原因(異常)です。
「負荷筐体と電路接触部分」が無ければ、
漏電電流の経路が無いので正常となり、絶縁抵抗計にも電流は流れません。

No.1です。

>> 電路接触があれば、③→太地→機器接地線→電路接触部分→電路
> 機器接地線から大地にながれた漏電した電流が戻るってことでしょうか?
機器接地線から大地にながれた漏電した電流が、③→②→①に戻る、
ということになります。

> --------------それとも
> 絶縁抵抗計のスイッチを入れ電流を流す→②→③→負荷の機器接地線(接地極?)→電路接触部分→電路→① 

前者と後者は方向が違うだけで、経路は同じです。
この経路を形成するのが、「電路が負荷機器の筐体に接触している(漏電)」です。
漏電が無ければこ...続きを読む

Q絶縁抵抗値について

電気の絶縁抵抗について質問です。

電路の絶縁抵抗について

三相3線式200Vの絶縁抵抗値は0.2MΩ以上ですよね?

法令では使用電圧が300V以下で対地電圧が150V以上の場合の絶縁抵抗値が0.2MΩ以上、150V以下の場合は0.1MΩ以上となっています。

三相3線式200Vの場合、使用電圧が200Vで対地電圧が115.6Vなので0.1MΩ以上ではないですか?

Aベストアンサー

>使用電圧が200Vで対地電圧が115.6Vなので…

ここが違います。
三相ですから 3本の電線があるわけですが、3本それぞれで対地電圧は違います。

・△結線および動力専用 V結線の場合、0V、200V、200V。
・灯動兼用 V結線の場合、100V、100V、173 (√3÷2×200) V。
・非接地式電路 (商用電源ではないが) の場合、200V、200V、200V。

いずれの方式にしても、少なくとも 1本は 150Vを超えますので、0.2MΩが良否の判断基準になります。

Q絶縁測定

配線遮断器とモーターまでの途中にスイッチがあり、スイッチが開になっていたら測定にならないと思うのですが?

途中の線が破損していたら電流値が下がることで分かるのでしょうか?

絶縁測定を理解していません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

動力モーターなどで電磁開閉器を使用している場合、ブレーカーを遮断すると電磁開閉器は開放されている
ブレーカーの二次側で測定しても、モーターに電気的につながっていないので回路の絶縁抵抗測定ができない

電灯回路に照明器具が付いていない(引掛けシーリングのみなど)場合
スイッチを切っていると、スイッチと照明器具間の電線(帰り線)は測定できない部分になるが
照明器具がついていると、スイッチが切れていても照明器具を経由して帰り線の測定ができる
基本的にはスイッチはすべて入った状態で測定します

100V回路の接地側も絶縁抵抗測定します
1Pのブレーカーの中性端子は、1Pのブレーカーを落とし中性端子の開放レバーを開放して測定します


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報