新婚1ヶ月の者です。
主人は、弟と年金生活の母がいます。
その弟なのですが、4月から新しい会社で働いています。
でも、起業したてなのか、福利厚生がきちんとしていません。

年金、国民保険の分も給料時に受け取っているようですが、
支払いをせずに使い込んでいるようです。
(当然民間の保険もかけてません。主人が貸しているお金20万ほども返す様子がありませんし、自動車税も滞納しています)
実家住まいなので、生活に困って使っているのではないと思います。
先日も新しいPCを買ったりしてましたから。

国保はまだしも、年金未加入だと、
もし、障害を負って働けなくなった時、
収入源がないということで、その面倒は、一人の兄弟である、主人に回ってくるのだろうと思います。

仮定の話でそこまで考えても、しょうがないのでしょうが、最近その点が不安でしょうがなくなってきました。
きちんと社会人としての責任を果たして、
保険など、自分のできる手段をとっていたのならまだしも、
それを怠っていたのに、援助したくない!と憤りを感じてしまいます。

主人からは何度か、話してあるようですが、何の進展もありません。嫁からうるさくも言えず、、、と思っていましたが、私からも言った方がいいでしょうか?

それとも年金未加入に、そんなに過敏になることはないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

必要があります。

あなたがおっしゃってることは、ごもっともです。
国保だってそうですよ。万一非情にお金がかかるような病気、怪我にかかったらどうしますか? 縁切りでもしない限り結局身内がカバーすることになるんですよ。

あなたには悪いですが、旦那さんの見積もりも甘いんじゃないですか?

ところで、弟さんの住民票の世帯主はだれですか?

国保の保険料支払い義務者は世帯主になるようですからその点も注意してくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。私も、私たちが負担するんだろうと、
思っているから、大変不安になっています。

弟の世帯主は、義母でした。
でも、義母も年金受給額を超えるローンを抱えて
いるみたいで、息子の分まで支払えないでしょうね。

でも、必要があるということ、言っていただけて
私の感じ方が奇異じゃないという安心感を得ることができました。
これからどうしたら上手く対処できるか、
考えていきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/18 23:12

No1に続き2回目です。


あなたの発言
>もし、障害を負って働けなくなった時、収入源がないということで、その面倒は、一人の兄弟である、主人に回ってくるのだろうと思います。
私の発言
>病気、怪我にかかったらどうしますか? 縁切りでもしない限り結局身内がカバーすることになるんですよ。

法的に負担が回る回らないの問題ではないでしょう。法的には一切負担が回ってくることはありませんが、助けて欲しいとと懇願された場合あなたの夫は実の弟とおいこともあり、人道的に援助しなければならない方向に向くのは自然であり、
且つ母親とも同居しているとなると、母親側からも支援要請があっても不思議ではありません。

そのときに、母、弟と絶縁そ拒否する気がある方なら別として、そうでなければ結局支払うことになってしまうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答ありがとうございました。
おかげさまで、先週、国民年金、保険両方とも手続きがとれました。皆様のアドバイスを参考に主人ともよく話し合いができ、解決しました。
結局、義母にも沢山の借金があり、現在の家を親戚に売ってそのお金で、義母の借金の返済、義弟の保険料滞納分(30万ほど)を支払いました。
相続するはずであった、土地を失ってはしまいましたが、
もとから土地はなかったと思えば、気になりませんし、
なにより、無事加入してくれたということで、
今はすっきり一安心です。回答してくださった皆様、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/18 18:28

 そんなに心配する必要はないと思います。

民法では,配偶者、直系血族、兄弟姉妹は互いに扶養の義務がありますが、兄弟の場合は妻子と違って、判例は「自分の生活を壊さない範囲で、できるだけの援助をする」という考え方になっています。つまり、余裕があれば援助しなければなりませんが、普通の生活状態であれば義務はありません。

参考URL:http://www.din.or.jp/~oyama/hogo/sou01.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なアドバイス、ありがとうございます。
兄弟は「扶助義務」なんですね。
法的義務有無に関わらず、仲の良い家族なので、
困った時には助けたいとは、思っています。
けれど、年金など最低限のことはしていて欲しいのです。
年金・国保の強制加入なんてもちろん、出来ないですよね?任意加入なんでしょうね。l
う~ん、どうしたらいいんだろう。

お礼日時:2001/08/18 23:41

これは私のやり方なのですが、ご主人がどう考えているか、それが1番重要な気がします。

もちろん、年金未加入、保険もないという状態は普通ではありません。
でも、そういう人も、世の中にはいるという現実があります。
ご主人が、そんな弟に対して、強く出てくれる、困っても援助はできないし、保険に入るように説得してくれるこれがベストですが。
ご主人を飛び越えて、兄嫁のあなたが動いて、それで、弟は保険に入るでしょうか?保険にも入らず、ご主人や、おかあさんとの関係が気まずくなることになるのなら、メリットは何もないということになるのでは。
先の心配をしすぎて、ご主人との関係がまずくなるのなら、(きっとうちだったら、私がそうすると、夫婦ケンカになりそうですので)それは、得策ではないのでは。
私だったら、その問題は意見は言いますが、主人に任せて、どうしても心配なら、援助したくても出来にくくするというか、我が家を形の上で、苦しいということをアピールして、予防線を張るくらいでしょうか?
病院代が払えないとき、ほんとに兄弟にまで、くるものか調べられる方法はないのですか?そういう知識をもつのも大事だと思います。
ちなみにうちは、今、年金免除申請で、未納しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々考えてくださって、ありがとうございます。
問題はどうやって、本人の自覚を促すかなんです。
ご指摘どおり、我が家では夫婦喧嘩にもう、なっています。(^^;(唯一のけんかの種)
思ったことを伝え合ってしまうので、
主人に、「ちゃんと言ってるの?」とせっついて、
二人で気まずいモードになったりします。
(私たちがこんなに困惑してることこそ、本人に気づいて欲しいのだけど、、、)
兄弟の関係で、私には入り込めない部分があるでしょうが、
私はもっと、きっちりと話をつけれないのかと、
イライラしてしまいます。
その場に立ち会ってはいませんが、主人の話し方が
甘いのではないでしょうか?
でも、ご指摘の通り、私から直接言うのは、今後の関係を考えても、避けようとは思っています。
病院代を払えない時は、きっとこちらで払うと思います。
どちらも、家族を大切にしていきたいと思っているので。
私も、本当に困っている時に助けるのはあたりまえと、
思っているのですが、最低限するべきことはして欲しい、ということなんです。

お礼日時:2001/08/18 23:31

国保はまだしも・・・とありますが、国保も急いで加入させてください。

今お勤めの会社がじきに福利厚生を充実させ、すぐに社会保険に加入出来るならまだしも、この先いつ社会保険に入るか分からないなら、当然その間は「国民健康保険」加入となります。国保は社会保険の資格を失ったときから起算して、未払い分も払わなければいけません。
4月から新しい会社・・・ということは以前どこかでお勤めをされてたのでは?そこを辞められたのはいつでしょう?その月からの加算になりますので、もう少なくとも数か月分は未納のはず。国保に加入した時点で請求されます。
国保に加入してなければ、例えちょっとした風邪などで病院へ行っても、全額自己負担です。障害をおって・・・と言う以前に、病院へかかることさえ大変になります。

国民年金ですが、極端に収入が少なかったりしてどうしても払えない理由があれば「免除申請」というものをすれば、例えその期間年金料を払わなくても、将来3分の1の額はもらえます。来年からは「半額免除」の制度が出来ると言う話しもあります。免除申請をしていれば、さかのぼって10年前の分まで年金料を納めることが出来ますが、何も申請してないと、過去2年分までしか払えません。
ただこの免除申請も、いまは基準が少し厳しくなってるようですね。きちんと収入があって、しかもご自宅・・・ということであれば、ちょっと無理かも。年金払ってなければ、その分自分がもらえなくなるだけですが、払うべきものは払って、払えないならそれなりの措置を取った方が良いと思います。
民間の保険は、最低限それが出来てから考えられた方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい回答ありがとうございます。
そうですよね。国保がなければ病院へ行くのも大変ですよね。
本人もわかっている筈なんですが。。。
(一度、悪質の風邪をひいたとき、痛い目を見たはず。
だけど、その時、弟の会社の社長は「兄貴の保険証を貸してもらえ」と言ったそうです!!(怒))
年金の免除は無理だと私も思います。
けれど、3月まではアルバイトだったので、、、
収入は少なかったかもしれません。
でもなぁ、、、源泉徴収書とかもらってなさそう。。。
(そのアルバイト先は倒産してしまっています)
何よりも本人が、まず、加入の意思を示してからということですけれど。。。

お礼日時:2001/08/18 23:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外移住した場合の年金や保険について教えてください。

海外移住した場合、国によっても異なると思いますが、年金、保険などどうしてらっしゃいますか?
日本で支払った厚生年金などの受取は可能ですか?
特に、フランス、アメリカ永住のケースについて教えていただければと思います。
漠然としていて申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカ永住者です。

まず公的年金についてですが、アメリカは日本の年金制度との相互乗り入れ制度を2004年から始めたところです。
ですので、25年に満たない年金もアメリカでSSNの加入・支払いをすることで合算での支給が可能になりました。
詳しくは以下をご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20050207mk21.htm

また保険制度ですが、日本に居住していない人に関しては(住民票の有無で判断)日本の国民保険に加入することができません。
ですので、海外在住になった段階でまず日本の保険制度とは関係なくなります。
(日本に住民票をおいての長期出張などはこれに含まれません)
#1の方が書いているのは、日本の保険に入っていて海外で治療を受けた時にその治療が日本の保険適用内の時だけです。
日本で行われない、または日本では必要と看做されない治療については支払ってもらえません。
また日本の保険基準に従っての支払いになるので、当然のことながら治療費が高いアメリカの治療は(たとえ適用内であっても)戻っても1/10位です。

通常アメリカでは勤めている会社で扱っている保険か自分で任意で保険に入ります。
特にアメリカは保険料も医療費も高いので、この会社で入れる保険会社については転職の際の大きな決め手になります。
保険の加入は喫煙慣習・飲酒慣習・がん家系かなどの細かい調査があって保険料が決められます。
このような形で保険に入らなければ医療は実際は受けられないと思ってください。
永住者に関しては、もし万が一医療保険がない状態で医療的治療が行われた時はアメリカ市民と同じようにMedicaid。(低所得者用保険制度)が適用されます
ただしその州によって、永住権をとってから何年後から適用というように決められています。

もし他にわからないことがあったら、再度書き込んでください。

アメリカ永住者です。

まず公的年金についてですが、アメリカは日本の年金制度との相互乗り入れ制度を2004年から始めたところです。
ですので、25年に満たない年金もアメリカでSSNの加入・支払いをすることで合算での支給が可能になりました。
詳しくは以下をご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20050207mk21.htm

また保険制度ですが、日本に居住していない人に関しては(住民票の有無で判断)日本の国民保険に加入することができません。
ですので、海外在住になった段階でまず日...続きを読む

Q夫の死後、住宅ローンの返済(保険未加入の場合)

タイトルには「夫」と書きましたが、実際、亡くなったのは父です。
娘二人は嫁いで家を出ています。
父は生前、「自分が死んだらローンは払わなくてもいいようになっている。」
と言っていたので、母も安心していたのですが、実際、銀行に問い合わせてみると、
「お宅は保険に入っていないので、今月末までに残金を一括返済して欲しい。」と言われ、先週の日曜日に初七日がすんだばかりのなのに、こんな事で騒然としています。
納得できない思いですが、保険に入っていないのは父の勘違いだとして仕方ないとしても、
母は、今までどおり、「毎月、払っていくことはできないのか」と、訪ねましたが、
「今月末に全額払うとしても延滞金が2~3万かかる。」ような事を言われました。
母は現在勤めておらず、新たなローンを組む事はできません。
母は、お墓の資金を回せばなんとか、払えるかもしれないと言っていますが、
銀行の言うように、残金を一括で返済するしか方法がないのでしょうか・・・

Aベストアンサー

実は同じようなケースで内も一時混乱しました。
というのもいまや銀行ローンでは団信に入るのは
必須条件ですが、昔、特に住公では団信はあくまでも
オプション扱いに過ぎない時代があったようなのです。
一方、保証協会の保証は半強制的。
本人に何かあれば保証協会が肩代わりするとされますが、
肩代わりされた後も保証協会に対する債務は消えるわけではありません。
何かあっても住公が傷を負うことがないというだけ。

今となっては想像するしかないのですが、
うちの父の場合も多分これを勘違いしたみたい。
『自分に何があっても大丈夫。』とopty422さんのお父さんと同じことを日頃言ってましたね。

勘違いで団信に入ってなかったのは残念で悔やみきれませんが、
本来返済しなくてはいけないお金。
しかも、長年にわたり団信料を毎年払ってなかった
のですからその分は家計にプラスだったはず。
そう割り切ってこれからのことを考えねばなりません。

そこでお伺いしたいのは、そのまま家に住み続けたい
ということが前提でいいのですよね。
住公のホームページをご参照いただければ分かるのですが
本人が団信に入ってない場合、債務はその家を
相続した人に引き継がれます。
一括して返してと言われたのは、延滞してたからでしょう。
強制的に契約を解除され、家を出て行けなんてことには
ならないと思います。
第一、そんなことしたらこのご時世、住公にも損が出て、
公共金融機関としての責任も問いただされます。
住公としても誰かに債務を引き継いでもらって、返済を
してもらったほうがいいのです。

返済についても、事情を説明すれば期間を延ばしたり
毎月の返済額を減らしたり相談に乗ってもらえるはずですよ。

遺族年金なんかも入ってくるでしょうから、
そのあたりを活用すればなんとかなるのではないでしょうか。
とにかく住公に相談してみたほうが良いと思いますよ。

(銀行は住公の代理店として窓口業務を代行してるに過ぎません。)

参考URL:http://www.jyukou.go.jp/index.html

実は同じようなケースで内も一時混乱しました。
というのもいまや銀行ローンでは団信に入るのは
必須条件ですが、昔、特に住公では団信はあくまでも
オプション扱いに過ぎない時代があったようなのです。
一方、保証協会の保証は半強制的。
本人に何かあれば保証協会が肩代わりするとされますが、
肩代わりされた後も保証協会に対する債務は消えるわけではありません。
何かあっても住公が傷を負うことがないというだけ。

今となっては想像するしかないのですが、
うちの父の場合も多分これを勘違いし...続きを読む

Q国民年金について(海外移住者です。)

日本にいる間は厚生年金に加入しており、昨年末退職しました。
退職後急遽海外移住になり、国民年金も未払いの状態です。
今度一時帰国した際に支払おうと思っているのですがそれで大丈夫でしょうか。
海外に移住した場合でも任意で国民年金に加入できると伺いましたが市役所でも手続きができますか。
今後も加入しようかと思うのですが、一時帰国した際にそのことを伝えればよいですか。
また支払い方法もその時伺えばいいですか。
年払いすると少し安くなるそうですが、それは一時帰国し手続きした月からの年払いなのか、退職後からの年払いができるのか、なにかありますか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

海外在住(海外へ転出されてるのですよね)の期間は任意加入となります、すなわち任意加入申し込みをされた月のぶんからしか払えません。
手続きされたぶんからしか払えませんから注意してください。

Q健康保険加入手続きと年金1号へ変更手続き

12月末で退職し主人の扶養家族となったのですが、失業保険を受給するので、扶養から外れる手続きを主人の社会保険事務所へ依頼しています。(4月20日から受給開始)
ところが、まだ社会保険事務所からの連絡がないので、問い合わせしたところ、書類を送り忘れていたそうです。
また、記載ミスもあったので手元に届くのはまだ時間がかかるようです。
そこで、次の2つが不安なので、よろしくお願いします。

1.扶養資格喪失から約1ヶ月程時間がたちそうですが、大丈夫でしょうか?私の認識だと14日以内だと思うの  ですが。
2.資格喪失は4月1日となっているそうですが、正しいでしょうか?

Aベストアンサー

>1.扶養資格喪失から約1ヶ月程時間がたちそうですが、大丈夫でしょうか?
遡って取り消すことは可能なので問題有りません。
ただ今はたぶん国民健康保険を入手していないと思いますが、こちらも遡って加入になります。
厄介なのはその間に健康保険を使用していた場合で、この場合は一度社会保険の健康保険にその間の治療費の健康保険負担分を支払い、今度は国民健康保険からその分を受け取るという手続が必要になります。

>2.資格喪失は4月1日となっているそうですが、正しいでしょうか?
受給に関わる期日次第です。待機期間が3ヶ月ありその後の受給で有れば4/1で問題ないでしょう。

まあ、資格喪失日が4/20でも4/1でも国民健康保険料の負担は同額なのでどちらでもよい話ではあります。
(4/1~4/20の間に健康保険を使用していれば1で書いた面倒な手続きが必要ですが)

では。

Q海外移住の際の手続き(年金・税金)

こんにちは。
国際結婚により、海外(北欧)に移住する者です。
日本を離れる際の手続き(年金・税金・雇用/健康保険等)
を確かめたいのですが。
(婚姻届とVISAの手続きは出しました。)

皆さん専門家(弁護士?社労士?)とかにお願いしてるのでしょうか。
websiteなどを調べているのですが、個別になっていて
情報もれがないか心配です。

年金は国民年金を払い続けられるらしいですが。。
経験者の方いたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

国際結婚されて海外に移住される場合ですと、恐らく、日本の企業は退職されて移住されるのではないかと思います。
この場合は、会社経由で加入している社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険等)は、退職手続きの一環で脱退する事になります。

一般に、退職後に、加入する社会保険には、国民健康保険や国民年金保険等がありますが。。。

1.国民健康保険は、日本国内に住民登録がないと加入継続はできません。 

   参照)外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係について」:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/hoken/index.html の「2.国民健康保険(市町村、組合)中の 2番目の” ・ ” 」 

  また、住民登録を継続して、国民健康保険に加入していると、海外で医療を受けた時には、医療費の還付金をもらえます。
  還付金は、日本で医療を受けた場合の医療費に換算された金額から自己負担分を引かれた部分になります。
  従って、経験からすると、日本より、医療費が高額な国の場合はあまり効果は期待できないです。  
  手続きは、加入している区・市役所で聞いてください。

2.国民年金保険は、住民登録に海外への転出届けを出すと脱退する事になりますが、日本国籍を保持していれば、海外在住でも任意加入が出来ます。

  参照<2-1> 外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係について」:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/hoken/index.html の「3.国民年金 中の 3番目の” ・ ” 」 
  参照<2-2> 社会保険庁サイトの「 国民年金の被保険者 」:http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kokumin/01.html中の【任意加入制度】の3.

  加入期間が25年以上あれば、海外在住でも、受給できるとのことです。
  国民年金保険の任意加入手続きは、区・市役所で、簡単にできますよ。
  保険料の支払は、銀行口座からの自動引落も出来ます。

>「国際結婚により、海外(北欧)に移住する者です。」。。。との事であれば、
夫君の国の国籍を取られるようですと、現在、日本は2重国籍を認められていないので、国民年金の任意加入が継続出来なくなる可能性もありそうですね。 

日本と外国間の社会保障協定:http://www.sia.go.jp/seido/kyotei/index.htm があります。
北欧では、スウェーデンと交渉中のようですが、協定国が年々増えているようですので、時々チェックされると良いと思います。

税金は、1月1日付けで住民登録が日本国内にあれば、課税されます。
今年度分の所得が給与であれば、所得税や住民税等は、給与から天引きされていると思います。

但し、住民税は前年度分を今年度に払っているので、年の途中で退職された場合は、前年度分の残額(今年度に支払う分)は納付書で、本人が直接支払うことになり、今年度分(2009年1月1日~住民登録を海外へ転出する日までの分)は翌年4~5月頃?に納付書が送られてきます。
納付書は、住民登録のあった住所に送られてくるので、ご実家等へ転送されるように、日本郵便に転送届けを提出しておくと良いと思います。
住民税も銀行引落が出来ます。

それから、手続きについては、国民健康保険、国民年金保険、住民税等については、区・市役所へ住民登録の転出届を出す時に、半日ないしは1日あれば、必要な手続きは出来ると思います。
時間的余裕がなければ、専門家に依頼するのも良いと思いますが、手続きなどは、ご本人が行い、行動記録や提出書類等の控え書を保管しておくと良いと思います。
海外に居ると、日本への問い合わせなどすると時に、時間帯が異なるので、難儀する事がありますので、手続きや制度の内容を出来るだけ、ご自身で把握しておいた方が、後々役に立つことがあるのでは。。。と思います。
経験上の老婆心ながらですが。。。
       
      

国際結婚されて海外に移住される場合ですと、恐らく、日本の企業は退職されて移住されるのではないかと思います。
この場合は、会社経由で加入している社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険等)は、退職手続きの一環で脱退する事になります。

一般に、退職後に、加入する社会保険には、国民健康保険や国民年金保険等がありますが。。。

1.国民健康保険は、日本国内に住民登録がないと加入継続はできません。 

   参照)外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係につい...続きを読む

Q主人の小遣いとその内訳・・・

主人の小遣いについて悩んでおります。。。
体験談をお聞かせいただけるとありがたいですm(_ _)m

月収
夫 26万
私 3~5万
小学生の子供2人あり

今現在夫の小遣いとして3万円渡しています。
タバコ代は月5千円ぐらいかかっていると思います。
ギャンブルはしません。
散髪代は家計費より出しています。
昼食代は月半分ぐらいはお弁当を持たせています。
飲み代は小遣いで!

世間一般にみてこの額はいかがですか?

最初のうちは飲み会のお金も家計費から捻出していたのですが
毎週のように会社の飲み会で5千円いる。。。3千円いる。。。
と言って来るので“今後は小遣いで行って下さい”と言ったのですが
主人は腑に落ちないようです。
挙句の果てに今日“X-BOX(TVゲーム)が故障したから修理代出して”
と言ってきました。
我が家には主人のゲーム機が3種類もあり、私としては教育上好ましいと思わないので処分して欲しいと常日頃から主人には伝えてます。

そのゲーム機の修理代まで出せと言って来る主人に怒り心頭中ですo(`ω´*)o

世間の皆様はどう思います?

なんだか話が乱れてしまいましたがご意見お聞かせ願いますm(_ _)m

主人の小遣いについて悩んでおります。。。
体験談をお聞かせいただけるとありがたいですm(_ _)m

月収
夫 26万
私 3~5万
小学生の子供2人あり

今現在夫の小遣いとして3万円渡しています。
タバコ代は月5千円ぐらいかかっていると思います。
ギャンブルはしません。
散髪代は家計費より出しています。
昼食代は月半分ぐらいはお弁当を持たせています。
飲み代は小遣いで!

世間一般にみてこの額はいかがですか?

最初のうちは飲み会のお金も家計費から捻出していたのですが
毎週の...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。
ゲーム機の修理代ですか。そのまま出してあげるのも悔しいですよね。(私にとっては人事ですが)
ボーナスが出たらね。とか待たせてしまえばよいのでは。
小遣いから修理代を貯金させたらどうですか。

一人の子供を大学まで出すまでに、今からでも一人3万円以上の貯金が必要なはず。小学生ならばもっと高額な貯金が必要ですよ。
高卒で諦めさせるつもりでしょうか。大企業は大学院卒が当たり前ですよ。あなたの子供が大きくなったとき学歴の扱いがどうなっているかは分りませんが、一ヶ月いくら貯金が必要なのか旦那さんは本当に分ってますか。
ありとキリギリスの世界ですよ。富めるものは良い教育を受けて、贅沢な暮らしをする。貧しいものはレベルの低い教育を受けて、それなりの生活を送る。刹那主義の方には付き合いきれませんね。

Q海外移住(オーストラリア)と国民年金

日本で3年、国民年金を払ってきましたが、オーストラリアの永住権が取れたので、行こうと考えています。

最近、日本とオーストラリアとの間で年金の条約が結ばれたと聞きました。年金を1本化する…という趣旨らしいのですが…。今後も日本の年金を払い続けたとしたら、満期に達した場合、海外にいても、受給できると聞きました(合っていますか?)。

でも、オーストラリアでも60歳か65歳から、政府の方から収入に応じて老齢年金というような形で生活費が出ると聞いています。この場合はどちらか一方からしかもらえないのでしょうか。

分かりにくければ、ご連絡ください。分かる範囲内で書きますので。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

〉今後も日本の年金を払い続けたとしたら、満期に達した場合、海外にいても、受給できると聞きました(合っていますか?)。
「満期」という用語はないんですが……。

もともと、外国に居住する人は国民年金に任意加入することができ、保険料納付済み月数に応じて年金が受け取れることになっています。
社会保障協定は関係ないです。

社会保障協定は、二重加入を防止するためのものです。

オーストラリアとの協定は、まだ発効していないから説明がないですが、共通部分のQ&Aは参考になるのでは?
http://www.sia.go.jp/seido/kyotei/index.htm

Q国民年金→厚生年金→国民年金

主人の会社で扶養として国民年金を支払っておりました。
私が仕事を始め、その仕事の都合で社会保険(厚生年金)を数ヶ月払いました。
多忙だったため、主人の会社や役所へ扶養を抜ける手続きを怠ったまま再び厚生年金を抜け国民年金になったのですが何か手続きは必要でしょうか?

Aベストアンサー

あなたが、厚生年金になった時点で、3号(年金の夫の扶養)ははずれています。再度3号希望であれば、夫の会社へ届けが必要です。
届がされないと、1号被保険者(国民年金)となり、単独で国民年金保険料を払わねばなりません。

Q年金からの介護保険料自動搾取を防ぐために海外移住は有効か

介護保険料が所得に連動せず低年金者も同額で奪われることを知りました。
下記HPから、生活保護水準以下の人からも自動的に年金から奪う
とんでもない厚労省のやり口にびっくりしました。
「自治体窓口から見た介護保険料の仕組みと問題点
日下部雅喜(堺市職員・介護保険料一揆に連帯する木っ端役人の会)」

そこで、高齢者の骨までしゃぶった上で
保険適用以前に早く死なせようとする日本という国家から逃れて
所得に連動させずに一律に奪われるこのような税が無い
近場の東南アジアか大洋州国家に移住または帰化することで
日本の介護保険という名前の税を避けることができるかお尋ねします。
英語は得意です。

Aベストアンサー

>移住または帰化することで日本の介護保険という名前の税を避ける…

帰化は日本国民でなくなるのですから当然のこととして、1年以上の予定で海外転居届を出せば税法上の「非居住者」となり、介護保険に限らず所得税はじめあらゆる税が課税されなくなります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2012.htm

ただし、自動車税や固定資産税などは、それらの所有権を残したままにするなら課税されますので、納税管理人の選定が必要となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1923.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q現在共働きをしています。主人が子供6歳、2歳を扶養しています。私は主人

現在共働きをしています。主人が子供6歳、2歳を扶養しています。私は主人とは別に厚生年金に加入しています。
主人が近々転職を考えています。無職になることも考えられます。子供の扶養はどちらの親にするのが一番いいのでしょうか?税金の面で得なのはどちらでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

>子供の扶養はどちらの親にするのが一番いいのでしょうか?税金の面で得なのはどちらでしょうか
年収(所得)の多いほうです。
ただ、所得が違っても所得税の税率が同じ範囲ならどちらでも同じですが…。


人気Q&Aランキング