ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

小4の男の子をもつ親です。 担任、児童相談所より 個別学級(特殊学級) を勧められています。
親の眼からは 言うことを聞かない子供とは思いますが、
他の特殊学級の生徒ほどの障害(自閉症、ダウン症等)があるとは思えません。
30年前の特殊学級とは違う と言われましたが、
実際 他の特殊学級の生徒さんは明らかにそのような感じです。
最近 よその子に誤って怪我をさせた。と先生から報告があり、
その方に謝りに行ったら 1年の時からいじめを受けていたと 叱られました。
注意散漫なところがありますし、今のクラスの仲間と協調できないところがあります。
しかし 子供同士 公園とかで楽しく遊ぶこともあります。
同じようなお子さんお持ちの方 経験談をお聞かせ下さい。
特別級に入れた方が子供のためなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

学級目標」に関するQ&A: こんにちわ。 これから、学級目標を決めていきます。 学級目標にする言葉を教えて欲しいです。 なるべく

検査 視覚」に関するQ&A: 視覚検査では、どこからどこまで見えないと悪いのですか? 下の写真で教えてくださいm(__)m メガネ

病院 自閉症」に関するQ&A: コミュニケーションが得意な、高機能自閉症もしくはそれ以外の発達障害はありえますか? 転院前の病院で高

5歳 発達障害」に関するQ&A: 5歳児の息子が発達障害って言われました。 保育園に通う5歳の息子 確かに他の園児よりも、喋るのが遅か

車 志望動機」に関するQ&A: 車屋 登録事務 志望動機m(__)m 志望動機で悩んでいます。 全国展開している自動車販売店の登録事

イオン 面接」に関するQ&A: イオンに入っているレアールパスコベーカリーズというパン屋さんに明日面接に行きます。 1週間前にイオン

家庭科 レポート」に関するQ&A: 家庭科の授業で、LGBTについてレポートのようなものを書きます。 皆さんのLGBTに対する考えを教え

始業式 いつ」に関するQ&A: 関東のほうの小学校の春休みはいつまでですか? 関西は4/6に入学式で4/7が始業式です。 違いがあり

知的障害 テスト」に関するQ&A: 小5の子供について。 先日、思うところもあり、発達診断テストを受けました。結果、軽度知的障害と診断さ

仕事 自閉症」に関するQ&A: 自閉症じゃ仕事出来ませんか?ガクッ…(__)

A 回答 (77件中1~10件)

障害を持ってるかどうかは、選んでそうなったわけではないですが、


偏見や差別をするしないは、選んで そうできるわけで。

自分も、障害を持ったり、障害がある子をもつことは
誰にでもありうることです。

そのとき、偏見を持つ人は、自分自身の偏見で自分を苦しめるでしょう。

また、犯罪を起こす割合が低いから安心、高いから怖い、ではなく、
障害があってもなくても同じで、

起こさないように どう育てよう ということでいいのではないでしょうか。

お幸せを祈ります。
    • good
    • 10

犯罪加害者のことが出ていますが


本などに、
発達障害がある子供が加害者になる割合も
障害がない子より多い、という記述はまだ見たことがありません(むしろ少ないというのは見かけます)

また、私も、児童精神科の先生に尋ねたことがあります
「なぜ発達障害がある子が犯罪を起こしやすいというの?ナンセンスだし、そうでないと言うコメントが必要ならいつでも言ってください」といわれました

障害がない子が、障害がある子を加害することは?
少ないんでしょうか?
    • good
    • 9

知的障害教育の専門の者です。


「特別学級」=「特殊学級」は、「特別支援学級」と名称が変わります。
読んで字の如く、「特別な支援を必要とする子どものための学級」です。
決して「特殊な子どもが入る学級」ではありません。
あなたのお子様が、“特別な支援を必要としている”“特別な支援があった方が豊かに生活できる”と感じられるのであれば、特別支援学級に入れてあげるべきでしょう。
「親の目」「親の希望」よりも、一番に“お子さん自身の願い”を感じ取って下さい。

この回答への補足

専門の方からのご助言ありがとうございます。
当地域では以前から個別支援学級と言っています。
私がなぜ意図的に特殊学級と言う言葉を使ったかは、他の方のお礼にてお話しておきました。

断言できるのですが、
親がカッコ悪いからとの理由で子供の特殊学級を拒む親はいません。

校長も以前特殊学級を受け持ったらしいのですが、
生徒がその後どのような進路をたどったかは、ご存知ありませんでした。
ましてボダーラインの生徒が特殊に行って将来ためになったかとか、普通級で苦労しても将来良かったとかがわからないようです。
(回答いただいた当事者の方野中には普通級で良かったと言う方がいました)

ご助言ありがとうございました。

補足日時:2005/04/21 23:38
    • good
    • 9
この回答へのお礼

youlovemomo様 
ご専門の方からのアドバイスありがとうございました。

申し訳ありませんが、この場をお借りしてお詫び申し上げます。
締め切りに際しお礼の意味でのポイント発行の制度がありますが
ここでご回答していただいた方(苦言も含め)皆様のご意見 役に立ち、とてもありがたく思いました。
私の立場から甲乙つけることはできません。
どうかポイント不発行の失礼お許しください。

ある方のご指摘のとおり 親としての自覚も足りなかった旨 反省する機会もなりました。
何度も回答をお寄せいただいた方、当事者の方、心温まる思いです。 本当にありがとうございました。

私たち一家が幸せに過ごす事が回答していただいた方への恩返しだと思っています。

お礼日時:2005/04/22 00:30

初めまして。


質問内容と、だんだん違って来ているようなので、参加させていただきました。
ここは、日記の場ではございません。
確かに、お気持ちも分からなくは無いのですが。

>締め切らない方が 皆様の目にとまる機会も多いと思い勝手ながら保留させて頂いています。

目にとまったらどうなんでしょか?
私には、目にとまる回数分、お子様が可愛そうとしか思えません。
先の方まで読ませていただきましたが、
あなたにとって「子供」は何ですか?
確かに「愛情」があるのかもしれませんが、
私には見えません。
きついかも知れませんが、「同情して欲しい」
内容ばかりが続いていませんか?
学校での思いは、彼が体験している事で、貴方では無いです。
世の中、貴方だけ心配事があるわけでもなく、
この場も貴方だけの物でもないのです。
締め切りをしてあげてください。
お子様のために。

この回答への補足

わかりました。
意図から違ってきてしまっているようにも感じます。
締め切らせていただきます。
私は子供を見せものにするつもりで目にとまって欲しいと思っているわけではありません。
watasigamamayo様は、ご経験者と言うことですが、
私は同じような立場で苦しんでいる親子が他にもいてその方たちの参考になればと思うからです。
同情とかは要りませんよ。子供の進路を決めるにあたって、先人の方のご経験が聞きたかったのです。
また 日記のようになってしまったのは、上記の理由の他に、アドバイスしていただいた方への結果のご報告をしたかったからです。
事実 受診結果を知りたかったご回答者の方もいらっしゃいました。
その方もご経験者でした、興味本位ではなくご自分の参考になさりたかったのだと思います。

補足日時:2005/04/21 23:19
    • good
    • 6

こんばんわ。

久しぶりに発言させて頂きます。

そうです。色んな方がいて、色んな考え方があるんですよね。
「うちの子は障害児です」ってカミングアウトした所で周りの皆が決して優しくなってくれはしない事、数年前に身を持って分かった私です。

「子供が子供なら親も親」
グサッときますね。

でもこうやって見られるのが現実で、私達障害児の親はこれと戦っていかなくてはいけないんです。
悲しくって悔しくってたまりませんが、でも仕方が無い。

私の子はとても軽い障害(ADD&LD)の為、「障害児学級でもお客さん」なのです。クラスでダントツに「優秀」ですから。
半年ほど前、うちの子がもうちょっと障害の重い子をいじめる事件が起こった時、その子のお母さんに
「S君(うちの子)は障害なんてないのにどうしてこのクラスにいるんですか」
と言われたと担任に聞き、ショックを受けました。
障害児を充分理解しているだろう方からでも、「ええっ?」という言葉が出るんですね。
何も無い子なら普通学級にいますよ。できれば普通学級にいたいに決まってるじゃないですか、ねえ~。
でもその方もつい言ってしまっただけでもう忘れてるかもしれない…。

だから私も忘れなければいけないと思います(実際は忘れられません、かなりショックでしたので)。

たくましく成長しますね、親も。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご助言ありがとうございます。
>「子供が子供なら親も親」
>グサッときますね。

ハンデのある人に向かってその様な事を言う人こそ間違ってると思います。
まったく気にしません。

>「S君(うちの子)は障害なんてないのにどうしてこのクラスにいるんですか」
>と言われたと担任に聞き、ショックを受けました。

本来なら最も理解してて良い親御さんにそう言われてしまったのですか?
偏見やむなしですね。。。

最近こんなことを感じます。
仕事でも何でも私たちは自分をごまかして生きています。
社会保険庁職員しかり、三菱自動車しかり。。。。。
間違っている事をに間違っていると言える権利があるのは、純粋な事しかできない知的障害を持った方だけのような気がします。

お礼日時:2005/04/21 12:37

63,67,68です。



高機能自閉(知能の遅れが顕著でない)、アスペルガー(言葉の遅れが目立たない)、広汎性発達障害(発達にばらつきがある)。。。いろいろ呼び方がありますが、
要は、能力のばらつきが大きくて、

刻々変化する状況判断などが難しいので、
物体(いつまでも変わらない形がある)に安心を覚える、ということだと私は理解してます。

うちの子と同じような、診断名ですね。うちも、自閉症専門の施設に行くと、「能力が高い」
「自閉症ではない というところから、一段階だけ、自閉症側にある感じ」といわれています。

だから、「しつけが悪い子」といわれてしまうんです、

ようちえんの先生に、「私は自閉症児を見たことがあるけど、明らかに違います」と自信を持って言われました。
「しつけが甘い、そうとしか見えない」と、(アスペを始めてみた、学校の)先生に言われるとへこみます。。。
「だって自閉症の人は、目をあわさないんでしょう?●●クンは合うじゃないですか。」と。

いわゆる自閉症のチェックリストにもあまり当てはまらないです。できる部分が 突出してあるから、それを基準に見られてしまう、、、

(うーん、うちのしたの子は、
「扱いやすいね、こんなおりこうさんいるのね」、といわれます。同じ親からうまれて、同じ育て方、
上の子のほうに 何倍も 時間と手間を割いて教えてるのに。。。それを下の子は、さっと まねて見せます
。もって生まれたものが違うんです!といいたいですが、わかってもらいにくいでしょうね。

手がかかると、つい、先生も、親を恨みたくなるのでしょう、しょうがないです。
でもいくら年が離れていても、上の子が持ってないものを 普通の子達は、持ってるんです。心の視力のようなものではないかと私は思っていますが。)


アスペルガーは、性格、特質であって、障害とまではいう必要ない
という人もいるようです。

先日読んだ本で、
「自閉症の人は、自分の世界に生きている。
高機能自閉の人は、私たちの世界に生きている、
。。。ただし、自分独特のやり方で。」というようなことが書いてありました。
うちの子は、まさにそういう感じです。

もともと、繊細で、傷つきやすい子供さんじゃないですか?それで、たくましい子達が、技をかけるまねをしたり、ちょっとからかったりする、のに、わけがわからず、傷ついたりはするんだけど、
逆に、こだわって、追求し、しつこく真似して再現するものだから、よほど目立ってしまう。うちのはそういう感じです。

先日先生が、うちのこのいたずら(ほかのこのまね、しつこいので、最初に始めた子より目立ってしまう)を注意するつもりで、「先生は そういう子、嫌いだな」といったようです。それでうちのは、この世の終わりみたいに泣いたそうです。私としては、「間違いは間違いで、怒るのはもっともです。でも、行動だけ指摘してあげてください、人格とごっちゃにする(●●くんがきらい)と本人には 本当の意図(それをやめなさい)が通じません、言葉通りに、嫌われたとしか思いません、
そして「嫌われたことを(本人がそうかいしゃくしてるだけですが) 」何年も覚えています。」ということを言いたいのですが、「それは、先生に求めるのは、酷」と主人は言います。こういうところが、難しい子なんでしょうね。

何か 先生などに、要望があるときは、
まず、日ごろ良くして頂いているお礼、

こうしてもらってて、本当に助かります、
というのを、たくさん言ったあとで、
(改善していただければもっといいと思うのですが)という部分を、小出しに伝えるのが良いそうです。
それも、こういう方法をすることで、(先生、子供)お互いにメリットがあるかも、という風に言うといいそうです、
あくまで協力者、お互いに、一緒にやっていきましょう、ということを強調したほうがいいようです。

対立的だったり、不満が 先に出ると、(ああ、またか)という顔をされ、手紙もよんでもらえなかったこともありました。。。要は、子供のためによければいいわけだから。対立は遠回りでした。。。

アスペルガーの子が、普通学級から 特殊にいったり、
ある小さな出来事がきっかけで、荒れてしまい、学校に行けなくなった「僕のこと、もっとわかって!アスペルガー症候群(農文協)」、あるいは、本人は独特の苦労をしながら大学にいっているなど、など、そういう体験を書いた本は結構あります。

ADHDなのか、自閉症であるか、そのいくつかを併せ持ってるのか、どうかも大事ですが、

それらの いろんな障害関係の本に書いてある接し方のヒントが、自分の子に役立つヒントになるなら、
それを取り入れてみていいと思います、

ただし、発達テストなどを受けた場合は、自分の子のどこが どれくらい弱いのか、
逆にどこが得意なのか、それをじっくり聞いたほうがいいかもしれません。
うちの子は、視覚で見せると のみこみがいいです。
言葉でいえないときに、「ごめんなさい」と自分で書いた紙を持ってきたりしてましたし、記憶が視覚的です。だから くどくど言うより、
紙に書いてみせるアプローチが有効、というのがわかるから 

発達検査の 内容 を聞かれることを奨めます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
学校の先生に対して、そのような形で取りあえず接しようと思います。
昨日、担任の先生は養護学校に出張だったそうです。
何で今頃 という感じもします。
さらに息子は児相、病院と休む日も多いので、何でその日に行けなかったのかとも疑問に思います。

>手がかかると、つい、先生も、親を恨みたくなるのでしょう、しょうがないです。

今の制度では、限界がありますね。
私はそのような方は人を教える資格がないと思うのですが、ご助言のとおり、上手く取り繕いたいと思います。
情熱的な先生は公立校にはいない。とあきらめています。(極論 ごめんなさい)

いろいろな方からご助言いただきましたが、
病名が確定しても、症状は多岐です。
じっくり見つめてやりたいと思います。

発達テストの件  明日、児童相談所なので聞いてきます。
幾度もありがとうございました。

お礼日時:2005/04/13 12:59

>大学病院の診断は、知的障害の少ない小児自閉症の典型だといわれました



やはりそうでしたか。正直お書きになっている内容から感じてはいましたが・・・。
医師の世界は同じ医師会の場合は特にその傾向が強いようですが、横のつながりが強いと聞きます。違った診断名が下ることを避けたい気持ちも理解できます。児童相談所の医師はその気持ちが心の片隅にあったのかもしれませんね。
幼少時にADHDの診断を下され、その後LDや自閉症の診断を下される場合もありますので、今後の経過を見ていく必要がありますね。

>1時間以上待たされて、悪戯してたので怒られたので、スネていたのではと思います

ということですが、平均的な発達を遂げている場合、小学5年生ではまずこのような状況にはならないと思います。
個人差があるとはいえ、これは発達段階で言えば幼稚園から小学校低学年の子供の行動です。
今5年の健常児の息子もそうですが、ADDであろう長男が同じ年頃だった頃でさえ1時間以上病院で待たされても、そもそも叱られる程の行動はとりません。
そわそわして座り方がだらしなくなったりはしますし、あまり長くなると私の肩にもたれて眠りますが。
すねるとかいう以前の問題だと思います。
『場が読めない』症状がやはり多少あるように思います。

>医師が「担任の先生は優しい?何組」と話しかけても答えられず、そこからずっと黙ってしまいました

仰る通り質問内容が内容だけに判断材料にするには難しい質問ですね。
又ご本人の中で「特殊級」に拒否感がある場合は「言いたくない」という気持ちも働くでしょうし。
ただ、もし拒否感がなく発達が正常ならば、例え片言であろうと子供なりの言葉をつなげて『分かりにくい状況である』ことを相手に伝えるはずです。

>うちの子はアスベルガーの症状である始めての事や、土地に不安を感じる事がないので、キャンプにもトライしようと思います。(私は少々きついのですが)

きついですか?でもこれからもっときついことはたくさんありますよ!覚悟してください(笑)
とはいえ自閉症ならば良くなることばかりに目を向けるのは非常に疲れると思いますので、無理せずお子様と質問者様のペースでゆっくり取り組まれると良いのではないかと思います。
私の先の回答はちょっと重荷でしたね。ごめんなさい。

ところで、お子様の場合知的障害の『少ない(←無いわけではない)』自閉症ですからアスベではありません。
大方の自閉症児には多少の知的発達の遅れがあるものです。
児童相談所の医師が仰っていた「平均もしくはそれ以上に行くことはことは難しい」という判断と同等の診断であると思います。
又特定の事柄(お子様の場合は持ち物)に対するこだわりがあるのも医師の言う通りの症状であります。

私が言うまでもありませんが、自閉症児はさまざまな度合いの子ども達がいますので、オウム返しがあるとかそのような事柄だけで判断することは出来ません。
まだ心のどこかに不安や不信感があるようなら、是非お子様と同じ年頃の子供達と触れ合う機会を多く作り、そしてその子供達の行動を観察してみてください。
違いが見えてくると思います。

>引継ぎは十分にするとあれだけ言っておいて、
基本的な申し送りもできていないことに、驚き、落胆を感じました

新学期早々のことだけに何とも情けない話ですよね。
でも逆に言えば新学期早々だからこその落ち度かな?とも思えます。
まだまだこれからですから、あせらずゆっくりいきましょ。

特殊学級や養護学校の教員は採用する自治体により異なりますので質問者様の学校がどのようになっているかは分かりませんが、養護の資格を持たない一般教諭が特殊学級をうけもつ事は決して珍しいことではないということはご存知でしょうか。
一括採用の場合、養護学校と普通学校間の移動もあります。
又教員側が特別希望していなくても、個人的な理由(転居等)により一時的に養護学校に配属になることもあります。
また息子が通う学校では非常に評判の悪い教員が受け持った年もありました。

今後もおそらく、必ずしもその方面に明るい素晴らしい教員が受け持ってくれるとは限らないことを理解しておく方が良いです。
であるがゆえに、誰よりも力になってもらえるのが学校に積極的に関わっておられる他の保護者の方々なんですよ。
個人の力にも限界がありますから。

こちらに参加されている先生方は素晴らしい方が多いですが、過去の経験からも既にお分かりだと思いますが、今の学校には『無難にこなす教師』は多いものの『素晴らしい教師』とまで言える方は殆どおられない。

今後も色んな教師がつくでしょう。申し送りはあるにせよ、新しい教師にはまた一から覚えていただかなければならいない場面もあるかもしれません。
腹の立つこともあるかもしれません。
家庭と学校のやり方の違いが生じる場合もあると思います。
落胆せず希望があれば遠慮なくどんどん担当教師に伝えていけばよいと思います。

また私事で恐縮ですが、注意欠陥の長男は6年生までほぼ毎日おねしょしていました。
5泊6日の長期合宿があったのですが、事前にわざわざ学校に出向き「就寝前に十分な配慮をお願いします」とお願いし「わかりました!ご心配なく。」と元気なお返事を頂き安心していたのですが、実際は何の配慮もして頂いてなかったということを知りました。
学校からプリントまで配布され、子供の健康状態を記入したり、夜尿の有無や希望の対処方を詳しく書かされたのは全く無駄に終ったという経験があります。
しかし私は落胆などしません。「やはりな・・・」としか思いませんでした。

『こちらが期待するほどのものを学校が持っているわけではない』
保護者としてはこの事を頭に入れておくことも、教師や学校を信頼するのと同じくらい大切なことではないかと思っています。

しかし特殊に入られたからには、どんどん不満や希望を伝えていっていいと思います。
そんな中で1日でも早くお子様が安心して学校に通えるようになられることを心からお祈りしています。
    • good
    • 4

とりあえずお子さんが学校に楽しくいけているようで少し安心しました。


まだこれからも色々お考えにならなければならないことは多いでしょうが、それは子どもを持つものなら皆一緒ですよね。
皆さんへの丁寧なお返事を読ませていただきながら、kotofuki様が今回のことを通して、大変お悩みになり、つらいお気持ちになることも多かったでしょうが、お子さんのことをじっくりとお考えになり、向き合われたことの、意味は大きいのではないかなと思いました。
もしただ甘やかされているだけと思って、奥様に不信感を持ちながら、積極的に関わらずあと2年をお過ごしだったら、結果はあまりよくないのではと感じました。
一つだけ、苦言を呈させていただいてよいですか?
>こちらの力加減で態度を変える学校もある
という校長先生を転勤させたと言うあたりですが、
そのような親なら学校は気を使うでしょうね。
でもそのような力で圧するやり方では相手は心からの思いやりを持ってお子さんを見てくれなくなることもあるのではと思います。
これは学校だけでなく奥様に対しても同じです。

北風と太陽ではないですが、お互い信じようとすること、お子さんが可愛くてご心配なのはよ~く分かっていますが、結果を求めて強く出るより時間をかけて話し、思いを伝えて周りの方に共感を持ってもらうのは大事な気がします。

以前うちの子どもと同じ園のお母様が、障害のあるご自分のお子さんに、お友達が優しくしてくれたと涙をこぼしてお話されました。
うちの子にも「困っていたら優しくしてあげようね。一人でいたら声をかけてあげようね」
などと話しました。
うまく言えませんが、優しさは優しさからしか生まれないような気がしたので。。すみません。
kotofuki様のお子さんへの熱い思い、ここの皆さんの心を動かしたように、お子さんの周りの方の心も動かすことでしょう。
お子さんが温かい環境にいられますように。

この回答への補足

ありがとうございます。
もう新学期です。
昨日 もう行きたくないと 早速言い出しました。
通級から戻ると他の子(自閉症)が自分も持ち物を触っていたそうで、トランスになってしまったそうです。
自分のものを触られるのを極端に嫌がります。医師によると症状の一種だそうです。
引継ぎは十分にするとあれだけ言っておいて、
基本的な申し送りもできていないことに、驚き、落胆を感じました。

補足日時:2005/04/12 08:09
    • good
    • 1

4月8日の大学病院での受診結果はいかがでしたか。


児童相談所で医師の診断が行われた為、もう行かれなかったのでしょうか?

>今のところ、特別学級に行って、学校が楽しいといっています

まだまだこれからでしょうが、それでもスタートが良い感じなようで少し安心しました。

>「みんなは4階だけど、僕は2階だから良かったよ。」

うちにも同じ学年の息子がいます。
自分の息子の姿に重ね合わせて想像しただけでも泣けてきます。
親のことを思っての精一杯の言葉か・・・。
しかしもし本心からそう思っているならば、小5としては精神面の発達が多少遅れているようにも思います。
特殊がどうのということではなく、自分の置かれている現状が客観視できていないのではないかと感じるからです。
まだ始まったばかりで何とも言えませんが、今後も本当に楽しいようであれば特殊学級に行かれて正解だったのかもしれませんね。
子供が楽しい時って、背伸びせず等身大でいられる時ですから。
お書きの通り、担任の上手い導きがあったのは確かでしょうけれど。

私も息子にはトムクルーズや黒柳さんのようになって欲しいなど微塵も思っていません。
また、子供が本来持っている隠れた力を見つけ出してやることが親の仕事だと思っている点も質問者様と同じだと感じます。
うちの長男も『予測能力』が極めて低かったです。だからこそ失敗するのです。
持続力はありますか?うちのような注意欠陥の子供は色々なことに瞬間的に興味が逸らされますので、この点が一番悩みの種でした。

とにかく家庭で色々な事にチャレンジさせました。
ダメになったものは数知れませんが(笑)、その中のいくつかは実を結んだように思っています。
とにかく日常の中でなるべく『頭を使う遊び』を一緒に楽しみました。
例えばゲームがお好きなようならテトリス、ソリティア、フリーセルなどもいいですね。
また将棋、オセロ、五目並べ、立体四目並べ、パズル(簡単なお絵かきロジック・ナンプレなど)、マジックスネーク、折り紙などはかなり役に立ったように思います。
折り紙は親の方が意外とはまりますよ。ちょっとだけ難しい恐竜の折り紙を今5年の息子も楽しんでいます。
最初は「興味ないかな?」と思えてもとにかく作って並べているうちに子供も興味を示すかもしれませんよ。
下にHP貼っておきます。余談ですが、個人的には川畑文昭さんの恐竜の折り紙が気に入っています。「なかなか良く出来ているな~」と感心します。
もう5年生なので習い事はどうかと思いますが、うちは1年から珠算を教えました。これは行動面ではなく学習面でいまだに大いに役立っています。
あとはお習字を今でも続けています。集中力をつけたかったのと、学校以外で様々な年齢の方と行動を共にする機会を与えたかったからです。
それと2つの事に同時に注意を払うことは出来ていますか?注意欠陥の場合はこれが極めて苦手です。
左手と右手の両方に神経を分散させなければならない楽器なども試す価値はあると思います。

何にしてもそうですが、まずは親が楽しんで見せることが大切ですね。
お父さんが楽しむ!です。
続きそうにないときは子供の成長がそれに見合っていない場合が多いので、その時はあっさりやめましょ。

結果が出るか出ないか・・・そこがまた楽しみでもあります。

それと公園が併設されたキャンプ場などでの野外活動もおすすめです。各サイトに流しの付いていないようなキャンプ場がいいです。少し離れたところからポリタンクで水を運んだりするのはしんどいですが、蛇口をひねれば勝手に水が出るのが当り前と思っている子供にとっては凄いカルチャーショックなんですよ。使う量も配慮しないとすぐまた水を汲みに行かなければならない。しんどいのはいや・・・だから考えてチョロチョロ使うようになる。
テントを張るにも向きやポールの幅を考えたりしますし、親子で料理も楽しいですし。
公園では、はじめて会う子供達とどのように関わるかも見れます。
悪いことをしたら、落ち着いてゆっくりしっかり叱り(諭し)ます。

考えざるを得ない、生活の中でもなるべくそういう機会を作るんです。
そして何をするにも『考える時間』を与えてあげてください。
『考えるクセ』をつけること。
多動性や衝動性にも良い影響が出るかもしれません。

よくADHDなどは「病気じゃないから治らない」と言われますが、実際のところ確実な原因や予後はわかっていないんです。「中枢神経の伝達に問題があるだろう」という程度です。

時間はかかるでしょうが、親の取り組み次第で、きっと何かが変わってくると信じています。

それとお子さんが『あまりなついていない』とのことですが、関わり方次第であっという間にそんな壁は取っ払うことが出来ます。
ただしその前に夫婦関係の修復も必要不可欠です。
お子さんを前に夫婦揃って「今まで悪かったね。でもお父さんとお母さんはこれから仲良く力を合わせて頑張るから、お前も一緒に頑張っていこうな」と宣言してみてください。お子さんはそれだけでも嬉しいはずですよ。
後は今までのことは水に流して、お子さんの肌に触れる時間をなるべく増やすようにしてみましょ。
毎日抱きしめて、一緒に笑うんです。
今からでも大丈夫ですよ!

参考URL:http://origamist.sakura.ne.jp/index.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大学病院の診断は、知的障害の少ない小児自閉症の典型だといわれました。
(自相では病名はつかないと言われていました)
本を紹介していただいて読んでみましたが、うちの子とは違っていると思いますので、再診の際、言おうと思います。
むしろ私たち親のほうが、その病名にぴったり当てはまっていて吃驚したくらいです。
普段の状況のこちらの言い方でかなり違った診断になるのではと危惧しております。
私としては言葉の受け答えもでき(オウム返しはしない)表情があり、場の雰囲気もわかる。 と思っていますが、
家内はまるっきりできないと言っていました。
1時間以上待たされて、悪戯してたので怒られたので、スネていたのではと思います。
医師が「担任の先生は優しい?何組」と話しかけても答えられず、そこからずっと黙ってしまいました。
特別級は3.4組いわれ一緒の部屋です。担任も2人でどのような形で受け持つか親でも把握していません。
こんな状況でこの一般的な質問は不適切ではないかと言うべきでしたが、
診察の手法なのかと黙っていました。
しかし これからいかに対応していこうかと考える機会になりました。
診断名がついてもつかなくても、本人の状態に代わりがありません。

まず親が楽しんで見せるということ とても参考になりました。
うちの子はアスベルガーの症状である始めての事や、土地に不安を感じる事がないので、キャンプにもトライしようと思います。(私は少々きついのですが)
ありがとうございます。
ぜひ親が楽しんでいる姿見せてあげようと思います。

お礼日時:2005/04/12 15:20

#67です。



きれいごとという言葉を非難したつもりではなかったのですが、(私は、きれいごとでも ぜんぜんいいから、参考になるものがあれば参考にしたいと思うほうです)
今読み返すと かなり、きつい感じで すみませんでした。
それにもかかわらず、丁寧なコメントを頂き、恐縮です。

あと、わかりづらかったですね、すみません。。。

うちの子は、軽いようですが 障害ありで、特殊学級に入れています。
「ついていけるくらい軽いのなら、ぜひ普通学級に!」と希望し、(しつつも、40分の一ではきっと無理、というのも どこかでわかっていました。子供も、ご飯も食べれなくなり、だんだん病気がちになって苦しそうでしたので。)

同時に、特殊学級も 地域の行くべき学級を見たのですが、うちの子にあっていないようだ、と感じていましたので。
しかし、普通(幼稚園でしたが)では 世話好きの女の子にお世話してもらうか、いじめられるのみ、対等な関係はありませんでした。障害ゆえ、まだ発達が追いついていないため、の行動も、「反抗的」ということで、しつけが甘いといわれました。計算や、読み書きがすごくできるのに、かさを閉じれない子、ズボンの前と後ろが、わからない子、縄跳びやじゃんけんができない子、がいるということが、先生方にも わからなかったようです。

いくつか特殊学級を見せていただき、
学校全体がよい、ここにぜひお世話になりたい。と思うところが みつかったので 遠くて通えないので、引越し、特殊学級に入れています。本人はとても落ち着きました。
からかわれることもあるようですが、

「からかう人は、
よく知らないからそうするのよ、
ばかにするのは、かっこ悪いことだ、と 教えてもらってないんじゃないかな。あなたが、教えてやったら良いよ。」
というと、半分くらいは納得してるようです。

障害がなくとも、大人の世界でも、陰湿なことは結構ありますから、
「全員とまったくうまくいく」ことって難しいのでしょうね。(私はあまり、交渉ごとや立ち回りがうまくありません。ここぞというときは 主人に、にこやかに、でもしっかりといってもらうつもりでいます。)

親や周りの期待以上に 本人が 落ち着いてきたので、
また、教育相談を受けるつもりです。
「最終目標は普通学級!」ではなく、そのときどきで、彼に最もあった方法を見つけたいからです。

補助輪を はずせるのか、まだ不安定だから、はずさないほうがいいか、という感じです。

負担が大きすぎるのか、
逆に、本人の成長の意思よりも、環境がゆったりしすぎてないか、
見直しは たまに、してもいいと思っています。

そう理屈どおり こちらの希望通り行くのかどうか、
不明ですが。。。

皆さんの笑顔が増えますよう。。。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます
modama様のご意見 説得力があると存じましたが、うちと同じようなご経験をお持ちだったのですね。
ついていけるぐらい軽いのなら普通級で。というのも私の今までの考えとまったく同じです。
また 特殊学級になじめるか不安でした。
でも今のところ、特別学級に行って、学校が楽しいといっています。

>最終目標は普通学級!ではなく、

そうですね。私は早く人並みに戻って欲しいと思っていましたが、考え違いをしていたのかもしれません。

私もこれ以上に学校のカルキュラムに目を通すことにします。
同じような状況の中で、特殊級に行っている方、結構いらっしゃるのですね。
何かしら行動を取りたいと考えております。
ありがとうございました。
またご縁がありましたら、情報交換等させて頂きたく存じます。

お礼日時:2005/04/08 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4  5  6  7  8 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学校入学で支援学級にと言われました。

春から小学校に入学する6歳の息子の事なんですが、
昨年末に入学前診断を受けひっかかり、
市の方で再テストを受けました。
WISCというテストです。

結果は2歳遅れとの事で支援学級に在籍し、入学後通常学級で授業を受けつつ、
息子がついていけないようなら、支援学級でその科目を受けましょうとの事でした。

確かに息子は6歳にしては知らない事が多すぎるとは思います。
私が何もかもやってあげていたり、
一緒にいる大人が世話を焼きすぎてしまっていたからだと。

私はこの結果を受けて
テスト内容と同じ事を家でやってみました。
結果、息子はやり方を知らなかっただけですんなりできたし、
1番ダメだった足し算引き算も
今では得意になり問題を出すこちらが悩む程です。

他にひらがなの読み書きは出来ますし、
カタカナも読みは完璧で書きが少しです。

テストから約1ヶ月で、ほぼテストの内容をクリアできるようになりました。

それでも、やはり支援学級に入れなければいけないのでしょうか。
もう1度、市でテスト受けさせるべきでしょうか?

明らかにこの1ヶ月で大きく成長しました。

大人に構ってもらえる事が当たり前になってしまっている息子にとっては
みんなと一緒に生活、行動をしていく事をしっかり学べる通常学級にいた方が
、支援学級で1対1で見てもらうよりはいいのではないかなと思っています。

今からでも支援学級にはいかないと変更をお願いしても大丈夫なのでしょうか。

ちなみに、市の専門職の方からも
病院で検査をとか、病気の事は一切言われませんでした。


同じような経験をされた方、
学校関係の方
助言を頂けたら幸いです。

春から小学校に入学する6歳の息子の事なんですが、
昨年末に入学前診断を受けひっかかり、
市の方で再テストを受けました。
WISCというテストです。

結果は2歳遅れとの事で支援学級に在籍し、入学後通常学級で授業を受けつつ、
息子がついていけないようなら、支援学級でその科目を受けましょうとの事でした。

確かに息子は6歳にしては知らない事が多すぎるとは思います。
私が何もかもやってあげていたり、
一緒にいる大人が世話を焼きすぎてしまっていたからだと。

私はこの結果を受けて
テスト内容と同じ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。


修学相談で支援学級の判定がでたけれど、

お母さまと一緒に勉強して伸びたのですね。

お子さんも関心を持って頑張っている姿をみて、

支援学級でよいのかと迷っておられるのでしょうか。



さて、そういったご相談を受けて、専門の医師や相談では、


支援学級に入級するか否かは、保護者の希望(決定権は保護者にある)によりますが、

支援学級をお勧めすることが多いかもしれません。

支援学級の生徒数や構成にもよりますが、

初めて取り組んだ検査で2歳遅れ。

それは、検査者と1対1で課題に取り組んだ検査ですね。

教室に入ると、集団の中で、先生の話を聞いて勉強しなくてはなりません。

その環境で、お母さまが家で教えた結果と同じように

学習の定着がはかれるかどうか。

入学していろんなルールを覚えて、学習もして。。。

支援学級であれば、集団の学習よりも丁寧に学習をみてもらえます。

段々授業が難しくなった時、

通常学級で担任の先生の手がどこまで行き届くのか。

市町によれば通常学級でも支援員さんがつく場合もあります。

通常学級から主要な教科を通級で個別指導してもらう場合もあります。

今は、交流学級といって、支援学級在籍でも、通常学級で一緒に活動したりします。


WISC は一般的に1年以内に何度も受ける検査ではありません。

検査の結果は、本人理解の一助にすぎません。

数値的なこと、2歳遅れということだけでなく、

どういったお子さんの状態がそういった結果に結びついたのか、

お母さまのおっしゃるような経験不足によるものか

能力の偏りがあるのか

全体的な遅れか


お子さんの状態をわかって

お子さんが過ごしやすい環境をいかにつくるか。

学びの場をどう整えるのか。

そこから、

集団指導が本人の学力向上に役立つか、

小集団、個別指導が本人の学力向上や学習の定着につながるか。


判定を聞くだけでなく、お住まいの地区の発達センターや


教育センターにご相談されてみてもよいかもしれません。


また、支援学校でも相談できる場合もあります。


就学相談等では受診や専門の相談を勧められず、

保護者の方がお子さんの状態がわからずにおられることも少なくありません。


まだ小さいので今後の成長を見積もって専門の機関を勧められなかったのかもしれません。

お母さまがお子さんの状態をはっきりとわからない状態なら、

診断どうこうではなく、専門の医者や機関に相談し、

状態の理解とお子さんの支援について確認し、

入学後の学校生活についても

学校と相談していくほうがよいと思います。

一度支援学級に入級しても教育相談を受け、学年が変わるときに通常学級に変更するお子さんもいます。

また、その逆もあります。

お子さんにお目にかかったこともなく、

普段のご様子もわかりませんが、

どこかに相談したり、支援学級の見学、通常学級で支援員さんがつくか、通級できるかなど色々情報を集めて

決めらた方がよいのではないでしょうか。


通常学級で学習についていけなくなったり、

学校がおもしろくなくて行き渋ったり

また、支援学級でも担任の力量が乏しかったり、

構成によって落ち着いて学習できなかったりなど

色々な相談があります。


通常ならよいとか支援学級ならよいと一概にいえないところがあります。


今からだとあまり時間もありませんが、

お母さまが情報を集めて、

その時点で納得できる決定ができるとよいかと思います。

お子さんの成長や環境など変化があることですので一番よいことというのは難しいですが、
その時に考えられる範囲で

ベターな選択ができるよう応援しています。


なにか参考になれば。。。

こんにちは。


修学相談で支援学級の判定がでたけれど、

お母さまと一緒に勉強して伸びたのですね。

お子さんも関心を持って頑張っている姿をみて、

支援学級でよいのかと迷っておられるのでしょうか。



さて、そういったご相談を受けて、専門の医師や相談では、


支援学級に入級するか否かは、保護者の希望(決定権は保護者にある)によりますが、

支援学級をお勧めすることが多いかもしれません。

支援学級の生徒数や構成にもよりますが、

初めて取り組んだ検査で2歳遅れ。

それは、検査者と1対1で課題...続きを読む

Q4年生から特別支援級へ

3年生の息子は、軽い発達遅滞があり、
現在は週に一度情緒学級に通級しています。

担任の先生に、4年生かは、特別支援のある学校に
転校を勧められました。

現在のクラスでもクラスメートも先生も理解があり
そこそこ居心地が良いようですが、
やはり「お世話してもらう」感じの場面が多く
本人も甘えが多少あるようです。

先生も特別支援級に去年行った子は、
いままで指示される側だったのに、
支援級では、イキイキしているといいます。

私としては、今のままでもいいのかな、と思う反面
学年が進むにつれ同級生もいつまでも無邪気で優しいというわけには行かない場面も出てきたり、
いじめがでてきたり、学習面や体育、社会見学の時など、身につかないことが増えて可能性を潰してしまうのかな、と転校を考えたり。

障害手帳も出ないような軽度なので
いずれ社会に出ることを考えると
今、支援学級に入れてしまうことが少し躊躇されたり
複雑な気持ちです。
支援が届きすぎて、一般のシビアな感覚がわからない人になったりするのでしょうか?

そこでご意見をいただきたいのですが、
途中から支援学級に行かれたお子さんの様子、
行かないことを選択したお子さんの様子、

ご経験の方がいらっしゃったら
アドバイスおねがいいたします。

3年生の息子は、軽い発達遅滞があり、
現在は週に一度情緒学級に通級しています。

担任の先生に、4年生かは、特別支援のある学校に
転校を勧められました。

現在のクラスでもクラスメートも先生も理解があり
そこそこ居心地が良いようですが、
やはり「お世話してもらう」感じの場面が多く
本人も甘えが多少あるようです。

先生も特別支援級に去年行った子は、
いままで指示される側だったのに、
支援級では、イキイキしているといいます。

私としては、今のままでもいいのかな、と思う反面
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。子供の一生にかかわる問題、本当に苦しい選択ですね。

さて、
>途中から支援学級に行かれたお子さんの様子、
行かないことを選択したお子さんの様子

とありますが、私は『選択できる』間は普通学級でも良いのではないか?と考えています。又、ひとくちに支援学級といっても、担当教諭のかかわり方や相性の問題もあります。
本当に個人差のあることで、他人がアドバイスすることは不可能かと思われます。
下記HPの掲示板(BBS)に後悔された方のも掲載されていますので参考になさればどうでしょうか。

学年途中で支援学級に変わった子供がいます。
小学校時分から誰の目にも明らかでしたが、結局中1まで普通学級で通しきりました。
思春期とも重なり、中1になってからいじめなどの『被害者』ではなく、異性へのストーカー行為や嫌がらせなどの『加害者』的立場をとるようになりました。それまで温かく見守ってきた友人達も徐々にいなくなり、一人でいることが多くなりました。保護者からも「何とかならないか?」との声が多くあがるようになりました。
翌年転籍しました。

我が家にも注意欠陥の疑いを持ちつづけている息子がいます。小学校時分は不注意で周りの方に大変迷惑をかけました。4年生の時本人と話し合いをし、病院に行かないこと(私は内心行くべきではないかと思いましたが・・・)、自分で努力することを本人自らが決めました。

それ以前は、周りの保護者から「出来の悪い子」「約束を守らない子」と噂されていましたし、仲間はずれにされ、1年近く独りぼっちになった時期も当然ありましたよ。
仕方ないんですよ、一般社会で共生するということは、そういうことなんですから・・・。

差別もあるし劣等感も感じるでしょう。社会からそういったものを根絶することは不可能です。
人間なんて勝手なもので、自分が有利な時は比較したがるくせに、ちょっとでも不利だと感じると競争を避けたがるし、挙句は偏った平等意識を高めます。
上には上がいるのに・・・でもそんな愚かな存在が人間なんですよ。

息子は今現在、問題があるどころか周りの教員や友人達から信頼され、他の保護者からは「すごく変わったねぇ。なんか別人みたいだね。」と言われました。取り様によっては非常に無礼なこの言葉を私はとても嬉しく受け止めました。
学業面も優秀で、学区内のトップ校を目指して毎日頑張っています。
努力してきましたよ・・・親子共々。投げ出したいほど苦しい日々もありましたけど。子供自身も、頑張り続けた自分に誇りを感じているようです。

本人の学力(伸びる可能性)、他者への暴力行為等の有無や授業を受ける権利の侵害などで判断し、支援学級に行くか行かないかを選択できる『余地』が残されていたからこそ今ここにいると痛感しています。
そのどれか一つが欠けていたなら私は病院に行き、担任に相談したと思います。
「本人の言動が原因で周りからはじかれる心配」は判断材料ではありませんでした。

いじめは障害にかかわらず起こるでしょう。
勉強は1番でも体育でビリの子供もいるでしょう。
社会見学などで、まともに話を聞いていない子供など山のようにいるでしょう。
障害が無くても勉強の出来ない子供はいるでしょう。
障害が無くても得意なことが一つも無い子供もいるでしょう。

>いじめがでてきたり、学習面や体育、社会見学の時など、身につかないことが増えて可能性を潰してしまうのかな、と転校を考えたり

という気持ちと、

>支援が届きすぎて、一般のシビアな感覚がわからない人になったりするのでしょうか?

という気持ちが非常に矛盾していて、迷われているお気持ちが伝わってきます。
障害があるとどうしても被害者意識が強くなりがちですが、うちの息子の場合もそうですが逆の場合も存在します。
学校においても『相互理解』という点が非常に希薄であり、どうしても障害者よりの発想が多いように感じます。

>現在のクラスでもクラスメートも先生も理解があり
そこそこ居心地が良いようですが、
やはり「お世話してもらう」感じの場面が多く
本人も甘えが多少あるようです

道徳の時間などを利用して「この子のためにも極力手伝わないようにして下さい」と話すことも出来ますが、もしそうした場合、どの程度授業についていけるでしょうか?
普通学級のままで尚且つ自主性を重んじるということはそいうことなのです。
それを親として不憫だと感じるか?
お子さんが飛び込めるか?
そうすることで状況がよくなることが望めるか?
です。

どちらにしても、一つを得るためには別の何かを犠牲にしなくてはならないこと、良い面ばかりではないこと、期待しすぎないことが肝心です。

私などが言うまでもありませんが、障害を持つ子供の発達で大切なのは、その時その時の1歩が確実に地面に接しているかどうかではないかと思います。

参考URL:http://zenkokuren.com/index.html

こんにちは。子供の一生にかかわる問題、本当に苦しい選択ですね。

さて、
>途中から支援学級に行かれたお子さんの様子、
行かないことを選択したお子さんの様子

とありますが、私は『選択できる』間は普通学級でも良いのではないか?と考えています。又、ひとくちに支援学級といっても、担当教諭のかかわり方や相性の問題もあります。
本当に個人差のあることで、他人がアドバイスすることは不可能かと思われます。
下記HPの掲示板(BBS)に後悔された方のも掲載されていますので参考になされば...続きを読む

Q発達障害のボーダーにいる息子が普通級に行った場合

発達障害のボーダーな子に対して学校・周りの親御さんはどのぐらいの理解があるのでしょうか?

年中の息子は軽度な広汎性発達障害のボーダーラインにいます。

発達検査など受けてきましたが知的な遅れがなく自閉症的要素を全て持ち合わせてないので診断はいまのところおりてません。

現在は療育に週1回通っています。
保育園の先生はいちおう理解あって息子への対応の仕方を本当によくしてくれています。

息子が苦手とする部分は

こだわりからの切り替えの難しさ(自分の思うようにやりたいため少しでも違うとやり直しをしたりするので時間がかかります)
物事への集中力のバラつき(好きな事・やりたい事に対しては集中力がありますが苦手な事・したくない事だと落ち着きがなく多動傾向があります)
運動面の不器用さ
疑問が出た時の答えが得られないと切り替えが難しい

などなどに対したまに癇癪を起こします。
いちおう成長とともにだいぶ減って落ち着いてきました。

人間関係のコミニュケーション力などはあり相手の気持ちも理解でるので友達とのトラブルはないです。
危害を与えることもなく優しくマイペースな子です。

知的な遅れはなく生活面・言葉はしっかりしてます。

勉強面は得意なようで数字・ひらがな・カタカナ・ABCは全て読めます。
最近は漢字も少し覚え・片方が一ケタなら足し算・引き算もできます。
14日日曜日と分かれば30日は?と聞くと頭の中で曜日を数え計算ができます。

私個人としては4歳でここまで頭を使えるのはすごいって思います。

なのでできることなら普通級で勉強を学ばせてあげたいと思ってます。

本人ももちろん保育園の隣にある小学校へ行くつもりでいて楽しみにしてるわけです。

息子は一見誰が見ても普通の子だと思うんです。
親の私も未だになぜ療育に通ってるのか分からなくなることがあります。
それでも上記にあげたような苦手な面が出るとそうだったと思い出すわけです。
そして対応の仕方があるわけなんですが普通の人から見たら、我がまま・躾が悪い・と誤解を受ける子だと思います。

就学の際、普通級で行くならもちろん就学相談を受け学校側とよく話して私も協力して任せるわけですが・・・
中には集団の輪を乱すと迷惑がる親もいると思うんです。
掲示板を見ててもやはりはっきりと迷惑・障害級へ行ってほしいなどの意見は多いです。

でも息子が障害級に行くのは違うと思います。
本人も疑問に思うと思います。
その中間があれば一番いいなと思うのですが今のところ公立の学校でできる事は通級に行かせることぐらいだと思います。
障害に理解のある有名私立学校や海外にでも行ければいいですがそんなお金はないわけで・・・
私が小さい頃は息子のようなタイプの子はもちろん普通にいたわけで迷惑と感じた事もなく少し変わってるなと思った程度でした。
でも今の時代は周り・教育者・医者・親達が神経質になってるように思います。
プラスの面もありますがマイナス面もあるように思います。

息子はきっと大人になってしまえば個性の一つで済まされる程度なんだと思います。
お医者さんからも普通級を進められました。

実際通って本人によほど負担がかかるのであれば他も考えるつもりですが・・・・。

療育に行ってる場所でも狭い地域で同じような同年代の子供が10人もいます。

なので学校側も受け入れ態勢はできてるのかなと期待もしますが色々な情報を見てると現実はそうでもなさそうです。

迷惑と感じる方は実際に学校に行ってるのは子供だけどやはり自分の子供がいるクラスにマイペースな子がいると迷惑だからいないでほしいと思うのでしょうか?

同じようなお子様を持つ方の経験談・また周りの親御さん達からの素直なお話を聞きたいです。

発達障害のボーダーな子に対して学校・周りの親御さんはどのぐらいの理解があるのでしょうか?

年中の息子は軽度な広汎性発達障害のボーダーラインにいます。

発達検査など受けてきましたが知的な遅れがなく自閉症的要素を全て持ち合わせてないので診断はいまのところおりてません。

現在は療育に週1回通っています。
保育園の先生はいちおう理解あって息子への対応の仕方を本当によくしてくれています。

息子が苦手とする部分は

こだわりからの切り替えの難しさ(自分の思うようにやりたいため...続きを読む

Aベストアンサー

僕は今、小学校6年です。
父が医者と言う事もあるのですが、発達障害に関しては、色々勉強しました。
父の影響もあり、将来医者を目指しているんです。

僕のクラスにも、そんな感じの子が居ます。
でも、言われなければ分からないくらいですよ。
そんな、普通の子と変わりませんし。
あなたのお子さんも、軽度のようなので、あんまり気にせず普通学級に通ったほうが、いいんじゃないかなぁって思います。
実際に入ってみてお子さんがつらいようなら、障害学級に行かれたらいいと思います。
もう少しして、小学校に入ることになったらお子さんの気持ちを聞いてあげるのも、いいかも知れません。

それと、4歳でそこまでの計算などができるのは、すごいです。
普通もう少したったころから、できるようになるお子さんが多いです。
1年生の勉強なんて、2+3=5ですよ。
勉強面は、問題ないじゃないですか。
お母様は心配かもしれませんが、僕たち子供から見れば普通の子なんですから。

色々と書き込みましたが、これは僕たち子供から見た感じです。
参考までに・・・・
お母様も色々と大変かと思いますが、がんばっていただけたらと思います。
応援しています。

僕は今、小学校6年です。
父が医者と言う事もあるのですが、発達障害に関しては、色々勉強しました。
父の影響もあり、将来医者を目指しているんです。

僕のクラスにも、そんな感じの子が居ます。
でも、言われなければ分からないくらいですよ。
そんな、普通の子と変わりませんし。
あなたのお子さんも、軽度のようなので、あんまり気にせず普通学級に通ったほうが、いいんじゃないかなぁって思います。
実際に入ってみてお子さんがつらいようなら、障害学級に行かれたらいいと思います。
もう少しし...続きを読む

Q発達障害の子がクラスにいるのですが…

今年5年生になった娘のクラスに発達障害の子供(男の子)が転校してきました。最初は学校からは何の説明もなく、私も他の親も子の事を知りませんでした(その時は発達障害が何かもよく分からなかった)。
ところがその子が転校してきてから数日もたたないうちに、我が子も含め子供達の様子がおかしいことに気がつきました。最初に気がついたのは娘が手の指を痛そうにして帰ってきた時でした。青アザがで来ていたのでどうしたのか聞いたのですが、なかなか答えず…。しつこく聞くと、休み時間に教室でオルガンを弾いていた時、両手の指の上にオルガンのフタを勢いよく落とされたという事が判明。やったのはその発達障害の転校生。娘の話を鵜呑みにするわけにもいかず、学校に電話して先生に事実確認をしました。先生が「そうだったんですか。知りませんでした。よく我慢しましたね、偉いですね。」と言った事にとても驚きましたが、今年赴任してきたばかりの顔も知らない先生なのでそこはグっと堪え我慢して最後まで話を聞きました。そしたらその子が発達障害であるという事が判明。暴力に対する理解力も怪しいという話だった。
なぜそういう子が入ってくる前に学校側の説明がなかったのか腹立たしく思いましたが、幸い大きな怪我ではなかったので その時はちょっと様子を見ようと思いました。そして私はその日の夜に、当然相手の親から詫びの電話があるものだと思い電話を待ちました。侘びがあれば許してあげようと考えていたのです。ところが電話が来ない。全く来ない。もしかして先生はこの事を相手に言ってないのではないかと思い、学校に直接話をしに行った。すると先生は「お話しました」と言う。ただ個人情報の関係で、うちの電話番号を教えられなかったと言うのだ。個人情報と言われてしまうと、こちらはもう何も言えない。結局その時も仕方がないのかと諦めました。そしてその翌月に学校でその子の親と会う機会がありお話をしたのですが、話していて愕然としました。その子の親は「何も聞いてないので知らない」と言ったのだ。私は先生に対して凄く腹が立っていたが、よくよく考えるとその子の親からも詫びはなかった。そしてその子の親の口から出てきた言葉は「うちの子は暴力ばかりではない。頭がいいし、優しい所もいっぱいある。家では暴力を振るったことがない。」という言葉。本当に驚いた。
実際、その次点で学校ではいろんな問題が起きていたようですけどね。暴れるのはほぼ毎日。人を殴ったり、けったり、ホチキスや画鋲・鉛筆を後ろから人に刺してみたり…他にも色々。どうもストレスがたまったり、気に入らない事が起きたり起きそうな時に暴れるようです。
学校で先生は子供達に「●●君は病気だから仕方がない」「少しの事で保健室へ行ってはいけない」「親が心配するから学校での事は家で話してはいけない」と言う指導をしていたという事も判明。中には反発する子もいたようですが、担任に怒られるので結局今みんな我慢していたようです。(今でも我慢しています)
まぁ他にもいっぱいあるのですが、収まりきらないのでカットします。

こういうケースって結構あるのでしょうか。
みんな我慢しなくてはいけないのでしょうか。
学校とも何度も話し合いましたが、まともに取り合ってはくれないし、教育委員会に言った人もいるようですが、全く進展ナシです。
発達障害の子供達を支援したいという学校の気持ちも分からなくはないし、国のそういう方針も、すべてが悪いとは言いません。
ただ、その為に他の子供達がみんな我慢をして生活をしなければならないというのはどうなんでしょう。確かに支援が必要な子もいるでしょう。しかし、毎日誰かが怪我をしているのにそれでも我慢しながら支援をし続けなければいけないというのはおかしいと思うのです。親が常識のあるしっかりした人なら協力したいという気持ちも沸いてきますし、何とかみんなでうまくやっていく方法を探したいのですが、お話しても「みんなに酷いことばかりを言われる」というような事しか言わず、全く話になりません。自分の子供が悪い事をしてるのを見ても止めないでそれ以上暴れないように優しい言葉をかけるだけ(起こったり注意をするともっと大変な事になるんですって)。挙句の果てには「周りにストレスが多すぎるから息子がこうなる」というような事を言うのです。
どうも根は優しい方なので(たぶん)悪気なく言っているようなのですが、だからこそなおさら腹が立つというか…
まぁそれは私個人の感情なので、聞いても堪えていますが。
娘だけではなく、他の子供達の事も心配です。
親に言えない子供の心のケアは一体誰がするのでしょう…
もしだれか同じような経験をされている方等がいたら、意見を聞かせて頂きたいです。解決法の参考に出来ればと思っています。宜しくお願い致します。

今年5年生になった娘のクラスに発達障害の子供(男の子)が転校してきました。最初は学校からは何の説明もなく、私も他の親も子の事を知りませんでした(その時は発達障害が何かもよく分からなかった)。
ところがその子が転校してきてから数日もたたないうちに、我が子も含め子供達の様子がおかしいことに気がつきました。最初に気がついたのは娘が手の指を痛そうにして帰ってきた時でした。青アザがで来ていたのでどうしたのか聞いたのですが、なかなか答えず…。しつこく聞くと、休み時間に教室でオルガンを弾...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧なお返事をありがとうございました。
私を含め、教員というのは、基本的に医学に関しては無知ですし、素人です。
私も知っている範囲・経験の範囲で書きますが、他の回答者さんでお医者さんもいらっしゃるようですし、
もし相反する部分があったら、お医者さんの意見の方を信用してくださいね。

やっぱり、アスペ君だったんですね。
昔は「問題児」と言われ怒られてばかりだっただけの子も、
今は、「どこまでは指導できて」「どこからは、障害だから仕方がない、と割り切るか」という線引きができるようになりました。
でもその分、今回のご質問のように、「周りはそれで納得させられてしまう」という不満があることも事実ですね。

そして、すでに勉強会は開かれていたとのこと。
質問者さんも、最初は歩み寄ろうとしていたけれど、もう限界、という段階なのですね・・・。

そうですね。
親御さんが、勉強会に参加したがらない、というのは、わかる気もします・・・。
「私たちは歩み寄りたいのよ」と、誰か一人が言ったとしても、お母さんは、怖いのでしょうね。
針のむしろにされるのではないか。謝って回るたびに、息子の、そして自分の存在価値が否定されていく・・・というような。

頭がいい、というのは、アスペルガーの子ではよくあることです。
算数や、理論的なこと、暗記などがずば抜けて得意だったりします。
その反面、抽象的なことや、他人の気持ちを想像することがひどく苦手だったりと、アンバランスなのです。
そのアンバランスさが、つまり、「病気」というか、「障害」なのですよ。
アニメの絵というのも、一見想像力を要するようですが、ただのまねっこなら、
コツさえわかれば、「順序だてて」描くことができますし。

やはり、相手に危害を加えるということは、ひどければ、他の子の教育を受ける権利を奪っていることにもなります。
例えば、
教員が、罰として、「廊下にたってなさい!」ということは、「その子が授業を受ける権利を奪っている」という観点からできないのですが、
ある子が、教室で騒いだり、けんかをしたりして、他の子たちが「授業を受ける権利を奪っている」とみなされる場合には、
「他の子たちの授業を受ける権利を守るために」教室から連れ出し、別室で指導するなどの措置が許されています。

これと同じようなことが、今回は使えると思います。

アスペ君が他の子に危害を加えるなら、アスペ君の「教育を受ける権利」も守らなければいけないが、
同時に、「他の子の安全」「他の子たちが授業を受ける権利」だって学校としては守るべきではないのか、
という面を強く前に出して学校側と話されるといいと思います。

つまり、アスペ君にも、他の子たちにも、「安全で」「落ち着いて授業を受ける」権利を満たすためには、離すしかないのではないか、と。
そしてそれには、学校側から親を説得してもらうしかない、と。

アスペ君には、今ついている副担任が、別室で見るとか、親に特別支援を見学してもらうだとか、学校からプッシュしてくれないか、とお願いしてみましょう。
その際、アスペ君のお母さんに、質問者さんから?特別支援をさりげなく話してみたときに、反応が悪かったこと、ここはひとつ、
学校から上手に話をしてみてくれないか・・・ともっていきましょう。

担任じゃなくてもいいのですよ。
保健室の先生、特別支援教室の先生、教頭先生、学年主任、など、話しやすそうな人にお願いしましょう。

もちろん、
アスペ君のお母さんも、とても苦しんでいるのだと思います。
何も考えていないようで、でも、今までたくさん苦しんで、周りから「ダメだダメだ」と言われ続け、
どうしたらいいかわからなくなってしまったのかもしれませんね。
もう、お母さんでさえ投げてしまっているとか・・・。
実際、いますよ。
私の知っているお母さんで、「私はもう知らない。教育係は父親だ」という人が。
最初は、なんて冷たいんだと思いましたが、そうではなくて、母親だからと子どもが小さいころから言われ続けて、もう限界にきてしまったのでしょうね。
そう思うと、そのお母さんもかわいそうですが・・・。

娘さん、自家中毒ですか。大変でしたね。
ちょっと担任の言葉はひどいですね・・・・。
なんでも、はっきり言うタイプの先生なんでしょうか。
まぁ、担任の先生とも、まだまだ長いお付き合いですし、少々のことには目をつぶってやってください。
ちょっと気に食わない物の言い草があっても、「知らないんだな」とサラッとかわしましょう。

丁寧なお返事をありがとうございました。
私を含め、教員というのは、基本的に医学に関しては無知ですし、素人です。
私も知っている範囲・経験の範囲で書きますが、他の回答者さんでお医者さんもいらっしゃるようですし、
もし相反する部分があったら、お医者さんの意見の方を信用してくださいね。

やっぱり、アスペ君だったんですね。
昔は「問題児」と言われ怒られてばかりだっただけの子も、
今は、「どこまでは指導できて」「どこからは、障害だから仕方がない、と割り切るか」という線引きができる...続きを読む

Q特別支援学級へ勧められました。年長の子供についての相談です。宜しく御願いします。小学校への入学

特別支援学級へ勧められました。

年長の子供についての相談です。宜しく御願いします。
小学校への入学で特別支援学級を勧められ悩んでます。知的なテストを受けました。障害とかはありませんでした。ですが物事を理解するのが遅い。今これをやるとなった時に頭の中で理解するのに時間がかかる。体の芯がしっかりしてないのか45分の授業を座って聞き続ける事への不安とゆーことです。
今日、教育委員会から知的学級への入級願いを保育園の先生から渡されホントにショックでショックで、どうしたら良いのか、それと、失礼な言い方ですが、そのような教室に通わせるとゆーのが恥ずかしいと思ってしまったりします。
自分自身が考え方を変えれる人間にならないとと自分に怒ったり、皆様なら、どう思われますか?
素直に受け入れること出来ますか?

Aベストアンサー

#5です。お礼ありがとうございます。

>わたしの見栄なのかな。なんなのかな。ごめんなさい。やはり、皆と同じなクラスで通わせたいです。

いえ。それが「普通」です。就学指導で「支援学級に」と言われて、すっと納得されるのは「それまでに障がいの診断が降りていた子」や「育てにくいと保護者が感じていた子」だけですから。

「通常学級に」と希望されてもいいとは思いますよ。
ただ、一つだけデメリットは「支援担当の教員」がつかないという事です。
「支援学級に在籍する子が、1~3人」いれば、その学校には「支援学級の担任」として教員が「加配」されます。4月の時点で「支援学級在籍者が0人」ならば「加配はなし」です。

また、年度途中で「やはり支援学級に」となっても「教員」が手配できません。

ご参考までに。

Q子供の友達の親に言ってしまいました。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、ひどいときはその子が嫌いな子は家に入れるなと言う始末、うちは5時までが遊び時間と決めていたのでその子にも言っていたのですが、私は5時半までだからと何回言っても聞いてくれずそれどころか延長するように言ってきます。(最終的に追い出しましたけど・・・)

毎回だめと注意し厳しく言ったのですがなかなか帰ってくれず約束守れないなら出入り禁止にしようと考えたのですが娘が一番気に入っているお友達だったのでそれもできずどうかと迷いましたが、親に時間のことだけは手紙を書いてお願いしてみました。すると怒られたらしく時間を守ってくれるようになりました。しばらくは良かったのですが、最近まただんだんと時間がきても帰らなくなり延長をしてと毎回行ってくるのでもう聞き流して時間がきたら帰らしてました。

親に毎回言うのも嫌だし毎日そうしていたのですが、この前子供に今日は用事があるから遊べないと伝えてといった日があって娘が学校の帰りに言ったらしいのですが「私も一緒に行くから大丈夫!」と何回断ってもだめだったそうです。たまになら許せますが毎回です。

子供も少しあきれた様子でもう嫌だといっていました。でもさすがに来ないと思っていたのですが、けろっとした顔で遊びに来てました。「今日は遊べないって言ってなかった?」と聞くと「うん、聞いたけど私も一緒に行くから大丈夫」というのです。

一緒には連れて行けないので帰るよう促したのですが「何で?」と帰ってくれる様子もなく注意しても聞くどころか笑っていてうちの娘のほうがごめんなさいと泣いて私に謝っていました。たぶんなめているんだろうとも思いましたが次からは約束守るように言ってその日は公園で遊ばせるようにしました。

おかげで予定も狂ってしまいイライラしました。子供の言うことで腹を立てるのも大人げないのですが、今までのこともありどうしても我慢できず親に電話しその日のことを説明し用事があるときは来ないようにお願いしました。

ところが違う意味にとられたのかその子が親から2学期始まるまでおうちに遊びに行くのも呼ぶのも禁止にされたそうです。そこまで言ったつもりはないのですが相手もいい気がしなかったのでしょう、結果的に娘に寂しい思いをさせてしまいました。自業自得ですが我慢してれば良かったのにと反省しています。注意しても聞かない子にはどう接したらいいんでしょうか?またどう我慢してますか。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、...続きを読む

Aベストアンサー

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で大きなトラブルになってしまいました。

それ以降、私も反省し、遊ばせるときにはなるべく親同士も一緒に顔を合わせることにしました。
子供の友達と、そのママを家に一緒に呼ぶのです。
うちはマンション住まいなのですが、ドタバタとするような時は
『下の人に迷惑だからドンドンしないでね~!』と注意します。
するとだいたいの親が『こらっ○○!気をつけなさいよ~!』と怒ります。
そうして最近では価値観が合うママとは、子供だけ預かって遊ばせたりもするようになりました。

ちなみにその子は親が一緒に遊ぶ時間を作れないので、少し可哀相かもしれませんが
放課後、休日に遊ぶことを3年生になるまで禁止しました。
もちろん、学校内で遊ぶのは構わないし、私もその子に会えば普通に接します。
ちなみに3年生までと区切りをつけたのは、ある程度の分別がつくようになるまでの期間を子供に明確に説明したかったためです。
息子もさすがに懲りたようで、約束はきちんと守っています。

私がこのくらいの年齢の頃はもっと自由に遊んでいた記憶があって、
自分の息子にも同じ感覚でいたかったのですが、時代の流れでしょうかそれがとても難しいことなのだと思い知らされました。
時には娘さんに寂しい思いをさせてでも、親がトラブルを回避してあげるべきだと思います。

質問者さんは電話して正解だったと思いますよ。
相手の親もきっと今までの行動から察して厳しく言ったのではないかと推測しますが、
万が一相手が気分を害してしまっていたとしても、いっそのこときっぱり割り切ってしまいませんか?
親同士の価値観が違うのだ、と。
ここで我慢しているとそのうちもっと大きなトラブルになる可能性が高いと思います。

息子の学校では、女の子は2年生の終わり頃には仲良しグループを作りはじめ、
3年生になるとグループ同士の対立なんかもたびたび起こっているようです。
もし可能であれば、娘さんに今からでも他のお友達と仲良くするように
言葉が悪いかも知れませんが誘導してあげるのもひとつの手かとも思います。

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で...続きを読む

Q発達障害とおぼしき子供がクラスにいます

小2の子供のクラスに、どうみても特別なケアが必要と思われる子供がいます。私は時々ボランティアで学校へ行っていますが、見ている限りその子の様子は以下の通りです。
自分の席に座っていられない、どこかへ行ってしまって戻ってこない、授業中は自分の席にいても全く関係のないことをやっていて、気が向いた時に的外れなことを言う、朝登校しても先生にやってもらわないとランドセルから必要なものを出せない等々で、その子には常にサポートの先生がついています。
でも、時々サポートの先生がいらっしゃらないこともあり、我が子によるとそういう時は担任の先生がその子の「捜索」へ行ってしまい、授業が中断されてしまうそうです。
これからどんどん授業内容も複雑で難しいものになっていくのに、授業が途中で中断されてしまって集中できないなんて、子供達にとっても先生にとっても不幸です。
親御さんは「うちの子供は少し変わっていますので、よろしく」という態度で、お子さんの問題を認識していないのか(認識したくないのか)よくわかりません。参観日などで我が子をみていれば、全く授業に参加できていないことはわかると思うのですが、この方は、我が子が授業中にどこかへ行ってしまっても、平気です。
こういう場合、学校は当然問題を認識していると思うのですが、子供を普通学級から特殊学級へ移す、もしくは必要なケアを受けさせるべく親に強く指導するということはしないのでしょうか?
最近、担任の先生はお疲れのご様子ですし、子供達は、落ち着いて授業を受けられないせいか集中力に欠けるようになったと思います。
なんとかして欲しい、というこの思いは、誰に伝えればよいのでしょうか?担任の先生に申し上げるのは、なんか違うような気がするんです。

小2の子供のクラスに、どうみても特別なケアが必要と思われる子供がいます。私は時々ボランティアで学校へ行っていますが、見ている限りその子の様子は以下の通りです。
自分の席に座っていられない、どこかへ行ってしまって戻ってこない、授業中は自分の席にいても全く関係のないことをやっていて、気が向いた時に的外れなことを言う、朝登校しても先生にやってもらわないとランドセルから必要なものを出せない等々で、その子には常にサポートの先生がついています。
でも、時々サポートの先生がいらっしゃら...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。教員です。
通常学級の子ども達とも、特別支援学級の子ども達とも、日々関わっています。

>時々サポートの先生がいらっしゃらないこともあり、我が子によるとそういう時は担任の先生がその子の「捜索」へ行ってしまい、
これは、ごくごく真っ当な対応だと思います。
その子は、担任の指導が気に入らなかったり、逆切れしたりして出て行ってしまう、のではなくて、
突然、フラフラ~っとどこかへ行ってしまうのですよね?

その場合、担任が一番心配するのは「事故」だと思うのです。
次に、「いたずら」。

校外へ出て、車にぶつかったらどうしよう、とか、
授業中の他のクラスへ入らないだろうか、とか、
中庭のホースや、給食室などなど・・・触ってはいけないものを触って大変なことにならないだろうか、とか。

逆切れして出て行った児童なら、ある程度放っておいても、校内のどこかで時間を潰していたりするものです。
(構って欲しい、という気持ちが裏にある児童は特に)
授業を続けて、休み時間になってから探しに行き、見つけたら話し合えば間に合うものです。
子ども自身にとっても、ちょうど、頭を冷やす時間にもなりますし。

ところが、これが自閉症等の発達障害の児童の場合、冗談ではなく、車にぶつかるかもしれません。
だから、担任も、すぐに捜索にいかざるを得ないのではないでしょうか。

とはいうものの、教室内にいてくれずに、授業が中断されるのでは、他の子が教育を受ける権利まで侵害していますよね、他の回答者様のおっしゃるとおり。

その子のお母さんが「平気」そうなのは、きっと、「慣れている」のだと思います。よい意味でも、悪い意味でも。
例えが悪いかもしれませんが、「赤ちゃん」がフラフラっとどこかへ行ってしまっても、誰も驚いたり叱ったりしませんよね?
赤ちゃんはじっとしているということがわからないし、叱っても通じないからですよね。
でも、できないことがたくさんあっても、我が子がかわいい、ことにはかわりありませんよね。

程度にこそ違いはあれ、同じようなものです。
その子が、フラフラっと出てしまうことは、お母さんにとっては「当たり前」の事実であり、
それでも、「我が子がかわいい」ことにはかわりない、のだと思います。
また、担任よりもずっとその子に慣れているので(当たり前ですね、親なんですから)、
大体どこへ行くかだとか、どういう対応をすればいいかだとかが瞬間的にわかって、不安がないのかもしれません。

だから、そのお母さんが「悪気がある」と思うよりも、「慣れているんだな。でももうちょっと気を使ってくれてもいいのにな」そのくらいに思う程度にとどめておいた方が良いと思います。

担任へ、まずは、いなくなった子を捜索することに理解を示した上で、それでもやはり、授業が続かないのは困るので、なんとかしてもらいたい、と話を持っていくと良いと思います。
サポートする先生がいない日(曜日が決まっているのでしょうか)には、管理職の先生などでローテーションを組んで欲しい、と要望すると良いと思います。
それでもだめなら、曜日が前もって分かっていれば、有志の保護者で対応させていただきたい、と提案するのも良いと思います。

何度か担任と話し合いを持った後、しばらく様子を見て、何も変わった様子がなければ、
改めて、学年主任→教務→教頭→校長→教育委員会
と勧めればよいのです。

担任をとばして、いきなり管理職に話を持っていかれたら、私なら、身構えますね。
話し合いによって築けるはずであった信頼関係などどこへやら、保身に入るかもしれません。

なお、学校側から、強制的に特別支援教室へ移すことはできません。(余談ですが、現在では普通学級→通常学級、特殊学級→特別支援学級、と名前が変わっています)
勧めることはもちろんあります。でも、難色を示される親御さんが多いのも事実です。

親に指導する、というのも現実的ではありません。
「教員」は、「児童」の「先生」ですが、「親」の「先生」ではありません。
教育サービス、という言葉もある昨今ですが、親にへつらう、というのも意味がありません。

教員と保護者は、大人対大人であり、対等であり、お互いの協力のもと、共に子どもを育てていく、のが望ましいと思っています。
まぁ、あんまりにもひどい親御さんには、近所のおばちゃんが説教するくらいな感じで、「親に指導する」先輩教員もいますけどね・・・(苦笑)

あと、同時進行で、お子さんへは、
・その子が教室をうろうろしたり、出て行っても、気にしてはいけないこと。(もちろん、気になるでしょうけど)自分のやるべきことをやること。
・その子にはその子の理由があるのだから、悪く言ってはいけないこと。
を折にふれてお話なさると良いかと思います。

こんばんは。教員です。
通常学級の子ども達とも、特別支援学級の子ども達とも、日々関わっています。

>時々サポートの先生がいらっしゃらないこともあり、我が子によるとそういう時は担任の先生がその子の「捜索」へ行ってしまい、
これは、ごくごく真っ当な対応だと思います。
その子は、担任の指導が気に入らなかったり、逆切れしたりして出て行ってしまう、のではなくて、
突然、フラフラ~っとどこかへ行ってしまうのですよね?

その場合、担任が一番心配するのは「事故」だと思うのです。
次に...続きを読む

Q知能指数が境界領域の子供にとって

小学三年生の息子について相談させて頂きます。
長文、乱文お許しください。

子供は三歳の頃、自閉傾向の少ない広汎性発達障害と診断されました。
療育を就学するまで受けてきました。

入学前にうけた知能検査ではIQ78と知的障害はないけれども
通常の80には届かない境界領域との結果が出て主治医からは普通学級にするか
特別支援学級にするかは親御さんの気持ち次第と言われました。

夫婦で悩んでいたのですが、通っていた幼稚園は設定保育の団体行動を
重んじる園だったのですが、そこの園長先生から「うちの園で和を乱したり
外での飛び出しなども皆無だったのですから普通級で問題ないと思います」
との言葉に肩を押して頂き、今までは特に問題が表面化する事なく
普通学級でやってきました。

ただ、中学年に入った三年生の一学期、子供が登校渋りをするようになりました。
その頃から、軽いいじめのような行為を受け始めたのと同時にクラスの女の子に対して
攻撃的な行動が出ました。
学校はその都度真摯に対応はしていただきましたが、親の私からすると大学を出た
ばかりの担任の先生の後手後手感には歯がゆい思いも拭えないでいます。

息子の特徴は
  ・言葉による説明(起承転結や時系列に沿った話し方)が苦手
  ・授業を妨害するような言動、多動はない
  ・刺激にすぐ反応して今するべき事が飛んでしまう
  ・手先が不器用、運動や楽器も不得意で本人にも苦手感がある
  ・お友達と遊んだり、家に大人のお客様が来ることも大好きで社交的
  ・一年前に受けた検査でもIQは78

特別支援級を考えるようになったきっかけはクラスの女の子への他害行為が大きく、
今までされる事はあってもこちらが相手にお詫びするような事態になった事は無かったので
本人が相当学校でいろいろな圧に耐え、それの限界が近いSOSなのではないかと
親としてはそう想像せざるを得ない状況になったからです。

そこでお伺いしたいのですが、学年途中年度途中で支援級に変わらせた場合
子供への話の持って行き方はどうしたら挫折感の少なく伝える事ができるでしょうか?
(息子には診断名は告知はしていません)

また、担任の先生にはクラス全体に対して息子の転級をどのように伝えていくよう
お願いしたらいいでしょうか?主人はこの転級がいじめに繋がらないか心配をしています。
支援級にいた事が後に進学や就職など将来マイナスに働くことなどあるのでしょうか?

まだまだ勉強不足で分からない事が多く何か気をつけるべき点、ご意見など
なんでもいいのでお聞かせ頂ければ幸いです。
長文を最後まで読んでくださりありがとうございました。
内容に気を悪くされる方がいらっしゃったらお詫び致します。

小学三年生の息子について相談させて頂きます。
長文、乱文お許しください。

子供は三歳の頃、自閉傾向の少ない広汎性発達障害と診断されました。
療育を就学するまで受けてきました。

入学前にうけた知能検査ではIQ78と知的障害はないけれども
通常の80には届かない境界領域との結果が出て主治医からは普通学級にするか
特別支援学級にするかは親御さんの気持ち次第と言われました。

夫婦で悩んでいたのですが、通っていた幼稚園は設定保育の団体行動を
重んじる園だったのですが、そこの園長先生から「うちの...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

私は、最近の、「通常学級でちょっと問題があれば、なんでもかんでも特別支援学級へ」
という風潮に危惧しています。

IQ78というのは、こちらの地域では、特別支援学級へは入れない数値です。
ケースバイケースではありますが、一応基準は、IQ70です。

手が出る、
これは、発達障害の子だけではありませんが、
頻度や程度はどのくらいでしょうか?

担任の目線で言うと、
普通の落ち着いた通常学級でも、たたいたたたかれたのけんかなんて、日常茶飯事です。

「先生、○○君がたたいた」
「先生、○○ちゃんが悪口言った」

といったような、教室で話し合ってお互いの理解不足や勘違いを埋めれば解決できる、
そういうレベルなら、ほぼ毎日から2・3日に1回。(同じ子ではありません)

加害児童の親御さんに電話して、家でも注意してもらうレベルなら、週1回から月1回。

加害児童の親御さんに電話して、被害児童の親御さんに謝ってもらったり、
学校まで来てもらい厳重注意、というレベルなら、月1回から3か月に1回。

子どもですから、できないことがあって当然ですし、
できないことをできるようにしていくのが教育です。

3年生になって3か月のうち、同じ子が3回も4回も学校から呼び出しがあって、
被害児童のお宅へ頭を下げに行っている、というレベルなのであれば、
特別支援学級をお考えになるのも分かりますが、そこまでなのでしょうか?

>親の私からすると大学を出た
>ばかりの担任の先生の後手後手感には歯がゆい思いも拭えないでいます。
社会人としても1年目なのですから、保護者の側から「○○してください」と先手先手を打ってお願いするくらいでちょうど良いと思います。

>学年途中年度途中で支援級に変わらせた場合
>子供への話の持って行き方はどうしたら挫折感の少なく伝える事ができるでしょうか?

細かいことを言うと、「籍」というのは、年度途中で変えることはできません。
特別支援学級から通常学級へ、またその逆の場合も、
医療機関の診断、保護者の意向、学校の判断、校内の会議、市の会議などを経て、
十分に時間をかけて検討された後に(およそ12月から1月までに)、4月からの移籍になります。

ただ、どちらに籍があっても、「交流」という形で、籍のない学級で学習することは可能です。
よくあるのは、年度途中で特別支援へ入るという話になった場合、
籍はまだ通常学級だけれど、子どもは朝から帰りまで特別支援級で過ごすという形です。
ただ、特別支援学級に余裕がない場合もあります。
(問題の多い子がたくさんいるとか、人数的に余裕がないとか、子ども同士の相性とか)
そうなると、いくら保護者が希望しても、○曜日の○時間目だけ特別支援で勉強する、というように、1日のうちの何時間かだけ、というような通級形式をとることもあります。

いずれにせよ、特別支援で勉強するということが学校との話し合いで決定したら、
お子さんには、

・人数が少ない環境の方が、お子さんの思いをくんでもらえる
・通常学級ではみんなに合わせないといけないことでも、個々のペースに合わせてもらえる
・勉強も、学年関係なく、自分の苦手なところからやってもらえる
・友達とトラブルになったときも、しっかり解決してもらえる

そんな風に話をしたらどうでしょうか。
今通常学級でうまくいっていないことが、うまくいくようになるんだよ、と。
そして、特別支援でうまくいくようになったら、また通常学級に戻ることだってできるんだよ、とも。

診断名は伝えなくていいと思いますが、
あなたは○○が苦手だよね、と意識させるのはいいと思います。

>担任の先生にはクラス全体に対して息子の転級をどのように伝えていくよう
お願いしたらいいでしょうか?
素直に、今困っていることを伝え、
特別支援学級も考えているので、「特別支援コーディネーター」の先生や、特別支援学級の先生、スクールカウンセラーなどと話がしたい、と伝えてください。

学校には、「特別支援コーディネータ」という「教員の係」があります。
通常学級と特別支援学級のどちらにしようか迷うような場合、まさに今のお子さんのような場合に、二つの学級をつなげるための「相談係」です。
これは、毎年同じ先生とは限りませんが、大体そういう分野が得意な人が係になっています。

それから、スクールカウンセラーというのは、教員ではなく、そういう分野の専門家です。
医師と教員の間と考えてもらえばいいでしょうか。
カウンセラーは、毎日いつでもというわけにはいかず、
日程を調整する必要がありますが、相談するととても有意義だと思いますよ。

特別支援学級の担任には、特別支援学級の様子や、
今のお子さんの様子は支援級に入るくらいの段階なのかどうなのか、
というのを聞いてみるといいでしょうね。

いろいろな立場の人間がいますが、
担任にそういう人たちの名前を告げて相談したい、と言えば、
後は、担任が学年主任に相談して、どのように段取りをつけるかはお任せしてよいと思います。

特別支援学級に入ります、来月からよろしく、ではなく、
まずは、いろいろな立場の方に相談する方がいいと思いますよ。

>主人はこの転級がいじめに繋がらないか心配をしています。
>支援級にいた事が後に進学や就職など将来マイナスに働くことなどあるのでしょうか?

いじめというのは、通常学級にいても起こりますから、
そこは、特支でも通常学級でも、割合的には変わらないと思います。

進学や就職ですが、
お子さんが15歳、18歳になったとき、どのような進路をとっていてほしいか、
ということを明確に考えてみてください。

小学校で特別支援学級にいた場合、
中学校から通常学級に戻る、という子もいます。

しかし、小学校の特別支援学級で、お子さんのレベルに合わせてゆっくり教えてもらっていた学習を、
中学校に入った時に取り戻せるか、という問題もあります。

中学校も特別支援学級を続ける、という子もいます。
ただ、高校からは、特別支援学級はないと思った方がいいです。

高校への進学を希望するなら、
小中は特別支援学級でもいいのですが、
それを見据えて勉強をしないといけません。

在籍は特別支援でもいいのです。
けれど、勉強は、その学年の勉強をしっかりさせたい、
そういうことを、毎年毎年、支援級の担任に伝えておかないといけません。

就職については、障害者枠というのもあります。
けれど、限られた職種ですし、第一そこまで、つまり手帳をとるほど重度ではないですよね?

だとすれば、
高校や就職を一般の子どもたちと同じようにさせたいと思うのであれば、
学級はどこでもいいのです。
ただし、勉強だけは、学年で学ぶべきこと(特に国算理社英)をちゃんとやらせてもらえるのかどうか、
そこだけは確認した方がいいと思います。

特別支援学級は、いろいろな学年の子が入り混じっています。
また、当たり前ですが、手のかかる子もたくさんいます。
通常学級ではできるけれど、特別支援学級ではできないことも結構あります。
(例えば、集団行動や、高学年の理科の実験、社会などの校外学習、大勢の人前での発表、同じ年ごろの子とのグループ学習など)

もちろん、特別支援学級が必要な子はいますし、
学習面よりも、「他人に危害を加えない」という、できなくては困る生活面を
優先された方がよいとは思います。

けれど、特別支援学級に入ることですべてが解決するわけではなく、
特別支援学級での教育、という方法の一つを選択したにすぎません。

特別支援に入った後の学習や生活について、いろいろな人に相談をして、
特別支援に入ることでのメリットデメリットをよく相談されるとよいと思います。

教員です。

私は、最近の、「通常学級でちょっと問題があれば、なんでもかんでも特別支援学級へ」
という風潮に危惧しています。

IQ78というのは、こちらの地域では、特別支援学級へは入れない数値です。
ケースバイケースではありますが、一応基準は、IQ70です。

手が出る、
これは、発達障害の子だけではありませんが、
頻度や程度はどのくらいでしょうか?

担任の目線で言うと、
普通の落ち着いた通常学級でも、たたいたたたかれたのけんかなんて、日常茶飯事です。

「先生、○○君がたたいた」
「...続きを読む

Q小学校の教諭と口論になりました(長文です)

はじめて質問させていただきます。
私には6歳の息子がおり、今年小学校1年生になりました。毎日学校へ行くのを楽しみにしており
担任の先生も熱心で好感の持てる方ではありました。
しかし、本日用事で学校へ行き、先生と話をした後帰宅しようとすると
別の生活指導教師に呼び止められ、「ちょっとちょっと」と腕を引っ張られ下駄箱まで連れていかれました。
何の事か分からず聞いていると、どうやら息子の上靴に関しての事のようでした。
学校では指定の上履きはありませんが、白いバレエシューズのようなものを用意して下さいと、入学説明会の時にいただいた用紙にも書いてありましたが、同時に「わざわざ新しい物に買い換える必要はないので、保育園や幼稚園で使用していたものを持って来て下さって構いません」との説明をされていました。
息子の通っていた保育園では、上履きに指定はなく、各自好きな物を履いていってよいという事で、それぞれがお気に入りの靴を履いている状態でした。

しかし、息子だけ色のついたシューズを履いていたので、これはどういう事かと物凄い口調で言われ、あまりに腹が立ったので「入学説明会の時にも、保育園で使用していた靴で良いと聞いています」と言い返しました。すると「そんなんどの先生が言うたんよ」「うちではこの靴で決まってる」と、もう話にならない状態で、あげくには、私が「この靴は保育園から履かせていたものです」と言っても全く信じてもらえず「じゃあ保育園の先生の名前は?」とまで言われ、あまりに悔しくて泣きながら帰宅してしまいました。

その後主人が帰ってきて、泣き腫らした顔で私がいるので問い詰められ、学校であった出来事を話し、主人が学校に電話、そのまま出向いていきました。
帰ってきて話を聞くと、その生活教諭が私が帰った後職員室で、入学説明会で説明を担当した先生は誰か調べており、直接本人に聞いたところ、上記のように保育園で使っていた上履きをそのまま持ってきていただいて構わないと説明したと回答したので、私に対し本当に申し訳ない事をしたと思って謝りに行こうと思っていました、と説明されたようです。
学校側の説明によると、保育園も白のバレエシューズで統一されてると思い込んでいたため、色のついたシューズを履いてくる児童が出るとは思わなかった・・・というのが理由だったそうです。
また、指導教諭の対応については、自分の息子にだけ良い靴を履かせて規則を守らない親、というような認識で少なからずいたと謝罪があったそうです。

明日にでも、校長先生始めその生活指導教諭が自宅に謝罪に来るといっているそうなのですが、私は正直会いたくないし謝ってもほしくありません。
ですが、息子があと6年間この学校へ通うと思うと、今後どう学校側と接していけばよいのか分からずここで相談させていただきました。

息子の担任の先生に関しては、とても熱心で些細な事でも電話をくださり良い印象だったのですが
ここまで指導教諭が激怒するほどの事なのに、入学してから今日までの1月半、なぜ一言でも言ってくれなかったのかと不信感でいっぱいです。
主人が学校へ話し合いに行った時も、一言も話さずおどおどしているだけだったようです。
「この靴はちょっと色がついているので・・・」というような一言でもあれば、すぐに買い換えていたと思います。今の靴を履かせているのは、今年の初めに買ったばかりでまだキレイで、学校側もそのままの靴でいいといってくれてるし・・・というような思いから息子に持たせていました。

今日のところは、私が感情的になっているので自宅訪問はやめてほしいと主人が言ったため学校側も諦めてくれたようですが、明日が来るのが憂鬱で仕方がありません。
何かアドバイスでもいただけると嬉しいです。
分かりにくい上に、長文で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

はじめて質問させていただきます。
私には6歳の息子がおり、今年小学校1年生になりました。毎日学校へ行くのを楽しみにしており
担任の先生も熱心で好感の持てる方ではありました。
しかし、本日用事で学校へ行き、先生と話をした後帰宅しようとすると
別の生活指導教師に呼び止められ、「ちょっとちょっと」と腕を引っ張られ下駄箱まで連れていかれました。
何の事か分からず聞いていると、どうやら息子の上靴に関しての事のようでした。
学校では指定の上履きはありませんが、白いバレエシューズのようなもの...続きを読む

Aベストアンサー

要点を整理してみます。

1.学校側の入学式の説明
 指定の上履きはない。
 白いバレーシューズのようなもの。
 わざわざ新しい物に買い換える必要はないので、保育園や幼稚園で使用していたものを持って来て下さって構いません。


 これについて、学校側の返事としては、

>保育園も白のバレエシューズで統一されてると思い込んでいたため、色のついたシューズを履いてくる児童が出るとは思わなかった。

 とのことですね。学校側の認識が不足していた( 情報不足 )ということです。つまり、小学校通学圏にある保育園あるいは幼稚園でどのような上履きを使っているのかぐらい調べておきましょう、と校長や生活指導教諭に言ってあげても良いでしょう。
 お子様が通っていた保育園が否定されたような状態でしょうから。


上履きを白系統にする(学校側はそうしたい)のは、下履きと区別するためではないかと思いますが、そのあたりの説明はなかったのでしょうか。


2.担任の対応
 入学してから1ヶ月半、お子様の上履きについて何らの連絡(アドバイス)はなかった。


これについては、保護者会などで疑問点を述べてはいかがでしょうか。
私の疑問点は、なぜ、生活指導教諭がお子様の氏名を特定できたのか?です。生活指導から担任へ問い合わせがあったはずで、その時点で知らせてくれればこのような事態をふせぐことができたはずという思いが、ご質問者にあるはずです。


3.生活指導教諭の態度
 「ちょっとちょっと」と腕を引っ張り、ご質問者を下駄箱まで連れて行った。
 お子様だけ色のついたシューズを履いていたので、それについて詰問してきた。
 「そんなんどの先生が言うたんよ」「うちではこの靴で決まってる」「じゃあ保育園の先生の名前は?」との発言があった。


要するにご質問者を、まるで容疑者のように扱ったということでしょう。
生活指導教諭という立場上、保身がはたらいていることは間違いないでしょう。他の保護者から、お子様の色の付いた上履きについてクレームがあったのかもしれません。放置すればまだ注意しないのかと、他の保護者から言われるはずですから。


ご質問者にすれば、こんな生活指導教諭は他へ移動してもらいたいのでしょうが、現実には不可能です。
お詫びに来たときに、
「今度の件で、◯◯先生というかたがどのような方かよーくわかりました」
と、その生活指導教諭に言ってあげてください。


>今日のところは、私が感情的になっているので自宅訪問はやめてほしいと主人が言ったため学校側も諦めてくれたようですが、明日が来るのが憂鬱で仕方がありません。
何かアドバイスでもいただけると嬉しいです。


お詫びに来るというのですから、受け入れましょう。
それで当面はうまく行くでしょう。

要点を整理してみます。

1.学校側の入学式の説明
 指定の上履きはない。
 白いバレーシューズのようなもの。
 わざわざ新しい物に買い換える必要はないので、保育園や幼稚園で使用していたものを持って来て下さって構いません。


 これについて、学校側の返事としては、

>保育園も白のバレエシューズで統一されてると思い込んでいたため、色のついたシューズを履いてくる児童が出るとは思わなかった。

 とのことですね。学校側の認識が不足していた( 情報不足 )ということです。つまり、小学校通学圏に...続きを読む

Q軽度の発達障害、公文は有効ですか?

小学一年生の子供ですが、軽度の発達障害と診断されております。
日常生活で問題はほとんどないのですが、小学校に入り、やはり算数の理解、漢字の覚えなどに苦労しております。

公文は個人のスピードに合わせて進んでくれるので、理解の遅い子供には合っているように思えるのですが・・・

実は上の子(健常者)でも公文に行かせていたのですが、まじめタイプの上の子は、先生に言われるまま、ずっと計算を続けていて、小1なのに、3時から夜8時まで休み無くずっと計算させられていたり、理解のないまま分数の計算をはじめさせられて(やり方のみ教わって、分数が何なのかも知らないまま)、私の方が恐ろしくなって辞めさせました。
その先生のやり方なのかもしれませんが、どうも成績がいい子を出したいために、文句も言わず出来る子にやらせるだけやらせているような気がしました。

上の子が行っていた教室はもうやめて、近くの別の教室に行かせようかと思っておりますが、他の教室も、上記のように、出来る子には理解のないまま解法のみ教えてとにかくやらせる、という方式でしょうか?

公文ドリルなどで、私が下の子に教えると、ワガママを言ったりかんしゃくを起こして、全く勉強にならないのですが、先生の前ではとても良い子になるので、頑張ってやれるとは思うのですが、上の子同様、無理に頑張らせられるような気がします。

よろしくお願いします。

小学一年生の子供ですが、軽度の発達障害と診断されております。
日常生活で問題はほとんどないのですが、小学校に入り、やはり算数の理解、漢字の覚えなどに苦労しております。

公文は個人のスピードに合わせて進んでくれるので、理解の遅い子供には合っているように思えるのですが・・・

実は上の子(健常者)でも公文に行かせていたのですが、まじめタイプの上の子は、先生に言われるまま、ずっと計算を続けていて、小1なのに、3時から夜8時まで休み無くずっと計算させられていたり、理解のないまま分数の計...続きを読む

Aベストアンサー

公文を否定するつもりはありませんが
質問者さんがおっしゃっているように、「繰り返し作業」の感は否めません。

計算を練習し、速度も上がるのでテストの成績もよくなり、一見「学力」が
向上したように感じるのですが、計算処理の能力という一部が向上したに過ぎません。

本来の考える力が備わらず、小学校でいい点数を取っていたけれども
中学校に入って全くついていけなくなった子をたくさん知っています。
(自分はできると思い込んでしまうのかもしれません)

そこで本題ですが、
小学校1年生であれば、学校・家庭の支援で十分な気がします。
お母さんがお子さんのことを考えるあまり焦っておられるように感じます。

他の子と同じように、と考えてしまうとお母さんもつい熱が入り、
お子さんに無理強いしてしまい、結果お子さんもイライラしてしまうものです。

発達障害は、他の子と比較するのではなく、その子のペースでゆっくりと構えて
指導する必要があります。
学習時間も量も、お子さんにあわせていく必要がありますし、そのためには
お母さん自身が「発達障害」を学んでいかなければなりません。

勉強を何とかしなければ!という気持ちはわかりますが安易な選択はせず
専門機関や学校とも相談され、焦らず、じっくりと取り組まれてみてはどうでしょうか。

公文を否定するつもりはありませんが
質問者さんがおっしゃっているように、「繰り返し作業」の感は否めません。

計算を練習し、速度も上がるのでテストの成績もよくなり、一見「学力」が
向上したように感じるのですが、計算処理の能力という一部が向上したに過ぎません。

本来の考える力が備わらず、小学校でいい点数を取っていたけれども
中学校に入って全くついていけなくなった子をたくさん知っています。
(自分はできると思い込んでしまうのかもしれません)

そこで本題ですが、
小学校1年生であれば、...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング