知人のおばあさん(73歳)が大腸癌の手術を行いました。その結果、腸のすべてに偽粘液腫瘍ができていて、これを取り除くには腸を全部とらなくてはいけなくなってしまうので、癌のところのみ切除したということでした。そしため、余命半年と告げられたそうです。知人も私も偽粘膜腫瘍という言葉を聞いたのははじめてで、ネットで調べてもよくわかりませんでした。偽粘液腫瘍とは癌とは違うのでしょうか。もし癌ではないのに残しておくと死につながるものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これは大腸由来の腫瘍というわけではなく、腹膜に広い範囲にゼラチン様の物質が貯留する特殊な腫瘍のことです。

狭い範囲に存在することもありますが、程度は様々でお腹全体に充満している事もあります。
進行は一般的にゆっくりで、他の臓器に転移することも稀といわれています。

進行してくると、お腹全体にゼラチン様の物質が充満してくるため、お腹の膨満感がでてきます。それにともなって食欲がなくなったり、腸の通過障害がおきてきたりします。
完治させる治療法はありませんが、お腹の膨満感が強くなってきたらできるだけその物質を除去するための手術を行います。
卵巣や虫垂の腫瘍が原因になっている事もありますので、そのような場合は原発巣も切除します。

進行はゆっくりである事が多いので、きちんと経過を診ていただいて適切な時期に外科的な治療を行うということになると思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答えありがとうございます。
偽粘液腫瘍自体は良性の腫瘍なんですね。
今後、どういうことになるかはまだわかりませんが、知人はおばあちゃん子なので、少しでも心の負担が軽くなるように協力していきたいと思います。

お礼日時:2001/08/25 10:36

下記参考URLの「癌性腹膜炎」のところを参照ください。



参考URL:http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp:8080/docs/qrs/im …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきました。

お礼日時:2001/08/27 19:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さ

肺癌 小細胞癌の末期 腎癌に転移あります。肝臓にも、転移しだしたみたいです。肺の腫瘍は、現在は小さくなっておとなしくしてくれているようですが…。あとどれ位生きられますかね…。レスキュードーズのオプソやフェンタニル 疲れます

Aベストアンサー

医師より末期余命三ヶ月と言い渡されていない場合

小細胞肺癌の末期と診断されてから

どれだけ経過しているか分かりませんが

発覚してから一年前後の寿命とみます

現在動ける状態にあれば

やるべきことがあれば早急にやるのが良いです

Q胃粘膜下腫瘍の生検

お伺い致します。1センチの胃粘膜下腫瘍の検査として内視鏡を私立病院で受けました。事前に話はなかったなか、医師は検査のなかで生検を行いました。胃粘膜下腫瘍には生検を行うものでしょうか。これは患者の了解なしに医師判断で行うのでしょうか。

Aベストアンサー

内視鏡検査を受ける前に、問診書に記入にして、
同意書(承諾書)に署名していると思います。

同意書の内容は、
消化器内視鏡学会の指針に準じていると思います。
http://www.jges.net/simin/
例えば……
「内視鏡検査の目的とそれに伴う処置……に同意します」
という内容です。
この「伴う処置」に生検が含まれています。

今回のご質問の件については、
生検をする可能性についての説明がなかったのかどうか、
などなど、わからない点も多くあるので、説明が十分だったのか、
不十分だったのか、わかりません。

Q大腸粘膜下腫瘍について

大腸内視鏡検査を受けてきました。
結果、ポリープなどは見つからず、異常なしとのことなのですが、粘膜下腫瘍(のう胞)疑いありということで、一年後に再検査と言われました。
一年後、変わりがなければ、その後は数年に一度の検査でいいとのことです。
あまりにも、簡単な説明だったので、詳しいことは聞かずに帰宅してしまいましたが、
一年も先の検査で大丈夫なものなのかと心配です。

細胞診の検査などはしなくても、大丈夫なものなのでしょうか。
一年後、悪性になることはないのか不と安です。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

粘膜下腫瘍のほとんどは良性で、そのまま経過しますがまれに悪性化することがありますので念のため注意が必要ですね。

Q大腸内視鏡で見つかった粘膜下腫瘍

昨年11月に近所の胃腸病院での大腸内視鏡検査で虫垂の辺りに粘膜下の腫瘍が見つかりました。(内視鏡は定期的な検診を目的に受けました)大きさは、1cm以下ぐらいとのことでした。4ヶ月後に再度内視鏡の検査を受けましたが、目立つ変化はないようでした。まれではあるが虫垂がんの可能性もゼロではないとのことで、その後CTとMRIで腫瘍のあたりを検査しましたが、異常はみつかりませんでした。虫垂がんではないのではとのことでそれよりも、GISTと呼ばれる腫瘍の可能性の方が高いとのこと、この場合大きさが3cmを超える場合、手術で取った方が良いとのことでした。この病院では、またしばらくしてから内視鏡で大きくなっているかどうかを検査するとのことです。もし、良性か悪性かを知りたければ、腹こう鏡手術で腫瘍を取って見ないと分からないとのことです。必要はないという感じですが、もしどうしても気になるのであれば本人の判断でと言う感じです。
以下が質問です
1.私としては、この腫瘍の原因がとれも気になります。(虫垂がんの可能性も完全にゼロではなさそう)思い切って腹こう鏡手術を受け腫瘍を取ってしまった方が良いのではと考えておりますがそれはやりすぎでしょうか?手術そのものもリスクがゼロではないので手術のリスクと腫瘍があるリスクのどちらをとるかの問題だと思いますが、何かアドバイスいただけませんでしょうか?
2.別のより大きな病院でも診察を受けて見たいため、他の病院への紹介状をお願いしましたが、書いていただくことができませんでした。
紹介状無しで別の病院に行った場合、再度検査をやり直さなければならなくなると思いますが、止む終えないことでしょうか?

昨年11月に近所の胃腸病院での大腸内視鏡検査で虫垂の辺りに粘膜下の腫瘍が見つかりました。(内視鏡は定期的な検診を目的に受けました)大きさは、1cm以下ぐらいとのことでした。4ヶ月後に再度内視鏡の検査を受けましたが、目立つ変化はないようでした。まれではあるが虫垂がんの可能性もゼロではないとのことで、その後CTとMRIで腫瘍のあたりを検査しましたが、異常はみつかりませんでした。虫垂がんではないのではとのことでそれよりも、GISTと呼ばれる腫瘍の可能性の方が高いとのこと、この場合大きさが3cmを...続きを読む

Aベストアンサー

ご存知の通り、虫垂癌は進行性のもので、検査でも診断がでづらいの発見が遅れることが多いものです。
細胞を取って診断すれば確実なのですが、現段階での異常が検査結果に出ていないのであれば、リスクの高い検査をドクターが選択するかは、その診断によってです。前に消化器外科に勤務していましたが、3年間で見たことはありません。癌の場合は早期対応をしたほうがよいとは思いますが、この疾患の場合早期発見が難しいので、その点も踏まえた上で専門外来受診されたほうがよいと思います。

QIPMN(膵管内乳頭粘液性腫瘍)について

先日、70代前半の父がIPMN(膵管内乳頭粘液性腫瘍)と
診断されました。
腫瘍は主膵管にあり、レベル3で、悪性か良性か判断が
つかない状態ですが、細胞の乱れた部分があるので、
すでに癌化が始まっている可能性があるとのことで、
膵頭十二指腸切除術を受けることになりました。
胃下部にもポリープが見つかり、そちらもレベル3だったので、
同時に胃も3分の1摘出するそうです。
膵臓には問題がないので、半分は残せるとのことでした。
インターネットで調べたところ、進行の早い膵臓癌とは異なり、
IPMNは良性が多く、悪性でも進行が遅いことがわかりました。
現在父はなんの症状もなく、元気にしています。
それでも、多くの臓器を摘出する手術を受けたほうがいいの
でしょうか。
医師には「あと何年症状が出ないかは誰にもわからない。
症状が出てからでは手遅れになってしまうので、体力があるうちに
切除するべき。」と言われましたが、手術をしなくてもいいのでは、
と考えてしまいます。
元気とはいえ、70歳を過ぎてから、多くの臓器を摘出し、長期間
(6~8週間と言われています。)入院したら、その後の生活の質が
大きく変わりそうで心配です。
IPMNの治療法や膵頭十二指腸切除術を受けた方のその後の
様子など、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

先日、70代前半の父がIPMN(膵管内乳頭粘液性腫瘍)と
診断されました。
腫瘍は主膵管にあり、レベル3で、悪性か良性か判断が
つかない状態ですが、細胞の乱れた部分があるので、
すでに癌化が始まっている可能性があるとのことで、
膵頭十二指腸切除術を受けることになりました。
胃下部にもポリープが見つかり、そちらもレベル3だったので、
同時に胃も3分の1摘出するそうです。
膵臓には問題がないので、半分は残せるとのことでした。
インターネットで調べたところ、進行の早い膵臓癌とは異なり、
IPMN...続きを読む

Aベストアンサー

(膵臓にのう胞を持っていて経過観察を年単位で受けている親族がおりますので、関心を持っておりますが素人です。 幸い良性の可能性が高いそうで、今は手術をしないで良いそうですが、年配者で心臓や脳の疾患との兼ね合いがあり、手術に関していろいろ迷いがあるのは同様です。)

主膵管型IPMNは約80%が悪性だそうです。
確かに普通の膵臓癌よりは進行が遅いと言っても、結構悪性度は高いようです。
(普通の膵臓がんの進行が異常に早いだけで)IPMNが元となる癌の進行速度が、良く聞く他の臓器のがんに比して進行が遅いと言えないように認識しています。
しかも、ある程度の大きさになってからの進行は、決して遅いわけでもなさそうですし・・・・・・。

いろいろ調べてご存知とは思いますが、解説ページを紹介しておきます。
MyMed マイメド http://mymed.jp/di/myj.html
日本は、この分野の医療が進んでいるようですね。 
たぶん、上述に示されている予後の数値よりも日本の数値の方が良いのでは?と期待しています。

もしも、現在の全身状態が手術に耐えられるのなら、手術をなさった方が安心かと思います。
認知症の初期で、骨折で1ケ月の寝たきり入院をした親戚は、当初は認知症が進行したものの、退院後のリハビリを通じて1年ほどで入院前と同等の生活水準に戻りました。
全身の健康状態は個人差が大きいので、年齢だけでは何とも言えないかと思います。

迷いがあるのでしたら、是非、セカンドオピニオンを得られてはいかがでしょうか?

(膵臓にのう胞を持っていて経過観察を年単位で受けている親族がおりますので、関心を持っておりますが素人です。 幸い良性の可能性が高いそうで、今は手術をしないで良いそうですが、年配者で心臓や脳の疾患との兼ね合いがあり、手術に関していろいろ迷いがあるのは同様です。)

主膵管型IPMNは約80%が悪性だそうです。
確かに普通の膵臓癌よりは進行が遅いと言っても、結構悪性度は高いようです。
(普通の膵臓がんの進行が異常に早いだけで)IPMNが元となる癌の進行速度が、良く聞く他の臓器のがんに比して...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報