【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

都心の3階建て戸建購入を検討中です。
歳をとると3階建てはきついと聞きますが、慣れではないかなともかんじています。実際のところはどうでしょう?

gooドクター

A 回答 (6件)

膝の痛みは 慣れで治らない 慣れで克服出来るのなら 医者要らない

    • good
    • 4

> 歳をとると3階建てはきついと聞きますが、慣れではないかなともかんじています。



具体的に何歳くらいを想定するか・・・何歳くらいまでその家で生活することを想定するかだと思います。
足腰の衰え具合は個人差が大きいですが、80歳、90歳で1階から3階まで30段からの階段を日に何度か(安全に)上り下りできるかという話になると「普通に大大丈夫でしょう」と言える人はまずいないと思います。

ちなみに当方は還暦を少し過ぎたところですが、6年前に自宅の2階屋の建て替えをする際、将来的にエレベーターを設置したくなった際のことを考慮した間取りと構造にしました。
今は普通に1階、2階の行き来をしていますが、それでも天候の具合などから膝の古傷が少し傷む際は億劫に感じますし少々しんどいです。

それと建て替え後に訪ねて来た80歳を過ぎた義母は「階段が大変だから」と2階を見に行かずじまいでした。

あと、ご近所の道路から玄関まで4~5段の階段があるお宅はスロープに改修されました。車椅子を使われているわけではありませんが、階段が大変だからとおっしゃっていました。気持ちはよくわかります。。。

参考まで。
    • good
    • 3

間取りや仕様次第ですしh


平屋でも結局、寝たきりなって、孤独死は避けられません。
介護施設へ入る間の家だと思えば気楽です、
    • good
    • 0

慣れ?


筋力あって間接に問題なければ誰でも何歳でも問題はないですが、
古いエレベーターの無い公団では高齢化で上階から一階に引っ越す人
齢70を前に手摺の無かった古い家の階段に手摺を付けるお宅
階段でなくとも浴室にガイドバーを付けたり

皆が皆、シニア世界記録アスリートなわけではない
むしろアスリートだったが故に間接を痛めて可動域が減る後遺症に

後悔先に立たず
    • good
    • 3

上り下りに関しては慣れだと思います。


知人が都心の三階建てに住んでいます。
結構お金かかりますよ。
でも都心は三階建てまあまああるので、ホームメーカーさんの展示ハウスまたは住んでいるお宅に訪問などしてみると良いと思います。

都心は三階建て結構ありますよね。一階がガレージ付だと二階三階とフルに使う方が多い(知人)ですが、ガレージとかにしないのであれば、三階は納戸や子供部屋にする人も多いです。屋上を作り洗濯物を干したりするならまたその上をあがる必要がありますが。

頑丈に作らないと地震とかで揺れやすいとか、外壁や屋根の補修などの時に結構お金がかかるので、最初からいい素材、屋根なら塗り直さなくていい瓦、外壁はタイルなどにすると初期費用はかかるけど維持費はあまりかからないようです。

私は実家が広い平屋だったので、嫁いで二階というのがなかなか慣れませんでしたね。
    • good
    • 1

ライフスタイルとして、3階建てにする必要性があるかどうかです。


息子・娘夫婦の2世帯とか孫がいるとかなら別ですが・・・
普通はエレベーターを付けますが、それが付いているかどうかです。
都心だったら高いですよ。6000~8000、3階建てだったら億を超えるかも知れません。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング