高校の部活で硬式テニスをやってるんですが、スライスのバックハンドを打つと、ほとんどドロップショット気味になってしまいます。
そのせいでストローク練習があまり続きません。
どうすれば真っ直ぐに打ち返せるか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おそらく、ラケットを切りすぎるのだと思います。


どのようなテイクバック~フォロースルーをしているのか分かりませんので微妙な回答になってしまいますが・・・
バックのスライスというのは、高いところへテイクバックしそのままインパクトし押し出すようなイメージでフォロースルーをすれば打てます。
ストレートに打つ場合押し出すイメージで。
クロスに打つ場合は振り切るイメージで。
そんな感じでいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

切りすぎていたみたいです。
今までは切らないとスライスの意味が無いと思って、薄いグリップで、上からボールを切る感じで打っていました。
でも、グリップを少し厚くして、レベルスイング気味に押し出すようにすると、いい感じになりました。
有難うございます。もう少し練習します。

お礼日時:2001/08/28 22:34

1.最初に試していただきたいのが、手首だけを返す方法です。

まずボールをヒットする直前は、ラケットは立てたままです。そしてヒットしますが、相手に向いていた手の甲を、ヒットした直後に上に向けます。つまり、親指が上であったのをバック方面に寝かし、小指を相手方面に向けることです。この時に大切なことが、曲げていた腕の肘を、打つ方向に、伸ばして打つことです。もし、この方法でボールが野球のファウルのように上に上がってしまうようなら、ラケットのグリップをバックハンド用に持ち替えているかチェックをしてください。
2.次に試していただきたいのが、手首を全く使わずに固定して打つ方法です。まず、バックハンドに構える時に、後ろに引いたラケットのフォアハンド面は上に向いています。手の甲は、上を向いています。ボールが来たら、腕の肘から「本のページをめくる」ように、手首は固定したまま、腕の肘を中心にラケットを扇状に振ります。ボールをヒットしたら、手首と肘の力を抜いて、軽く下方にラケットを落とします。結果として「パンチ・ショット」風になります。J.マッケンローが得意とする打ち方です。
3.最後に、手首と肘の両方を使う方法です。手首も肘も胸から上の位置に構えて下さい。ラケットも高い位置で寝ています。つまりラケット、手首、肘が地面と平行にして、バックの状態を作ります。そして、ボールのヒットの仕方は、「カット」をするようにしてください。手首は返し、肘は上から下へ落ちて伸ばします。M.ナブラチロワ風のバックハンドです。

以上、どれかの方法を試していただければ、あなたに合った打ち方が見つかるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく今日試してみました。

2.が、オレに合ってるみたいです。
1.は、ヒットさせにくかったので。
3.では、カットしすぎてボールが上がってしまいました。
これからは「2」の方法で練習したいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2001/08/28 22:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSONYのサイバーショットの命名理由 or 意味

CYBERを辞書で調べると「コンピュータ・ネットワークの[に関する・を利用{りよう}した]」となっています。
これからするとCyber Shotは意味がわかりません。
どなたか、SONYがデジカメにCyber Shotと命名した理由をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

下記サイトにこの回答が載っていますよ。

そのサイバーショットの名前の由来は宣伝担当のスタッフの思いつきでした。

ソニー初となるデジタルカメラ(サイバーショットの事)の開発の際、本体の方は完成に近づいていましたが、肝心の製品名が決まっていませんでした。毎日いろいろと議論している中で、宣伝担当のスタッフの「どう、サイバーショットって?」という1本の電話で製品名が決まりました。

現在は、別の解釈も付け加えられています。

「サイバーショット」の「サイバー(Cyber)」から「Cybernetics(サイバネティックス)(人工頭脳学。人間と機械の領域を融合させようとする研究)」を連想して、既存の境界領域を超えた新しいジャンルを作るという意気込みを表しています。

Q強いストロークへのバックハンドスライスの対応

10数年ぶりにテニスを再開し半年になります。
ラケットは、昔使っていた厚さ19mmのブリジストンの薄型ラケットで、ドライブのコントロールが自在なのが気に入っています。
処で、以前得意にしていたバックハンドスライスが、最近相手のフラット系の低い強いストロークに打ち負け、リタ-ンが左に流されてしまうことが多くなりました。腰を落として対応しても万全ではありません。
歳のせいで、筋力が落ちていますが、厚ラケには替えたくありません。
グリップ、打点、ラケット面、フォロースルー等で、対応御指導頂ければ幸甚です。

Aベストアンサー

相手のフラット系の強打に対して、バックハンドスライスで対応したいが、自分からみて左側にリターンが流れる
というお悩みだと解釈いたしました。

バックハンドのスライスで左に流れる原因には、1.ボールの右底から側面をこすっている。2.上から下へのチョップ気味になって、ボールをラケット面に乗せた後、いまく前に押せていない。3.サイドスライ気味に、ラケットを横に引いている。などが考えられますが、今までのご経験からすると、スイングフォーム的にはおそらくなんの問題もないのではないでしょうか?

想像で、モノを申しあげますが、グリップはやや薄目に握られて、打点は身体の真横あたり、ボールに入る動作は、左足体重から先に上体が廻り右足に体重をのせて、左手は後ろに残り、最後に体幹がほどける・・・。というような、フォームではないでしょうか?

バックハンドスライスは、バックハンドスピンに比べ、随分時間的な余裕があります。極論すれば、体の真横よりも後ろ側
でもボールをヒットすることができます。スピン系ならば、厚い握りで、体の随分前でボールを捉えることが必要で、テイクバックやボールをヒットするための準備も、はやめはやめになります。チェンジオブペースで、スライスを混ぜることはしますが、
基本、若者は相手のフラット系の早くて重くて低い弾道のボールを、潰してスピンをかけて返球しています。

10数年前のフレーム厚が19mmは、かなり難しいラケットだと思いますが、ここ数年で20mm前後のラケットでも
一般人が操作できるようになってきました。厚ラケは嫌だ!というお気持ち、十分わかります。
但し、筋力や反射神経が衰えた分を、ラケット剛性や、ストリングに助けてもらうと考えてはどうでしょうか?

10年前と今のラケットでは、各段の差があります。

一度、信頼のおけるショップで、ご自分のプレイスタイルを説明し、適切なラケットを選んでもらってを試打をされてはどうでしょうか?フレーム厚21mm均一などであれば、今お持ちのものとそれほど、形状も変わらないと思います。ラケット面は、95~98インチくらいが適当でしょうか。
また、ストリングも随分いろいろのものがでていて、食いつきがよくて、思い通りにボールを運べるものを選ばれてはいかがでしょうか?

53才の若造ですが、ポリガットをロールで購入し毎月、バチンバチンと切っています。

ご検討をお祈りします。

相手のフラット系の強打に対して、バックハンドスライスで対応したいが、自分からみて左側にリターンが流れる
というお悩みだと解釈いたしました。

バックハンドのスライスで左に流れる原因には、1.ボールの右底から側面をこすっている。2.上から下へのチョップ気味になって、ボールをラケット面に乗せた後、いまく前に押せていない。3.サイドスライ気味に、ラケットを横に引いている。などが考えられますが、今までのご経験からすると、スイングフォーム的にはおそらくなんの問題もないのではないでしょう...続きを読む

Q◆お酒【ストレート】【ショット】の違いetc...

◆お酒【ストレート】【ショット】の違いetc...


◆お酒を割らずにそのままを注文する時に【ストレートで】や【ショットで】と言いますが、この二つに違いはあるのでしょうか?どんなお酒の原液(?)を頼む場合に、この二つのどちらの言葉を使ったらいいのでしょうか?


◆また、ウィスキーを注文する時は【ストレートで】【ロックで】などと言っていますが、なぜショットでとは言わないのでしょうか?(私だけ?)


◆また、お酒の場でお水を【おひや】以外の言い方はありますか?

◆みなさんは、お会計を他の言い方で何と言ってますか?


質問が多くてすみませんが、ご教授下さいm(__)m宜しくお願いします☆

Aベストアンサー

ストレート・ロック・水割りは飲み方
ボトル・ショットは瓶1本かグラス1杯の量の事で
ショットというと飲み方がわからない気が致します。
私の勘違いなら申し訳ありません。

ウイスキーやブランデーなどをロックやストレートで飲むときに
飲む水やアルコール度数の低い飲み物の事を【チェイサー】
(キツイお酒を飲んだ後に追いかけるもの)と言っています。

ショットバーのような店だとお会計の時には【チェック】と言っています。
なじみの店で場が盛り上がっているようなら他に水をささないように店員さんの
目をみて指や手で×を2回作ると店員さんはうなずいてお会計してくれます。

Q片手バックハンドのストロークとスライスについて

私はテニスを始めて12年の中上級レベルの週1プレーヤーです。

最近になって、苦手だった片手バックハンドのストロークとスライスのスウィングがようやく判ってきました。
素振りの段階では、100%正しく振れています。あと、球出しで打つときもイメージ通りに打てて、壁打ちでは、球出しで打つほどではないにしても、70%以上の確率で正しく打てています。

しかし、生きたボールを打つ段階になると正しく打てる確率がかなり低くなります。ロングラリーだと50%弱、ゲーム中だと10%くらいに低下します。

生きたボールを打つ段階になると成功率が低くなるのは、ボールを追いかけるのに忙しくて、注意すべきチェックポイントを忘れてしまっているという点があるかと思います。例えば、ストロークを打つ時にはボールの上半分を狙うこと(自分にとってはかなり重要ポイント)を忘れて振っているなどなど・・・。

しかし、原因はそれだけではないと思います。言葉ではうまく説明できないのですが、ストロークにしてもスライスにしても、向かってくるボールの適切な迎え方が出来ていない気がするのです。素振りの段階ではボールを迎える必要がないので、素振りだけは満点なのです。

こんな状況を打開できるアドバイスをよろしくお願い致します。

私はテニスを始めて12年の中上級レベルの週1プレーヤーです。

最近になって、苦手だった片手バックハンドのストロークとスライスのスウィングがようやく判ってきました。
素振りの段階では、100%正しく振れています。あと、球出しで打つときもイメージ通りに打てて、壁打ちでは、球出しで打つほどではないにしても、70%以上の確率で正しく打てています。

しかし、生きたボールを打つ段階になると正しく打てる確率がかなり低くなります。ロングラリーだと50%弱、ゲーム中だと10%くらいに低下します。

生きたボ...続きを読む

Aベストアンサー

相手からのボールがバウンドした時点でテイクバックが終わっていることが原則です。
つまり、バウンドした時点で、軸足(右利きなら左足)が決まっていて、この時にテイクバックは終わっているということです。
後は右足をどの程度踏み込むか、ですね。

下半身が決まっていれば、その時点でテイクバックは終わっているわけですから、後はどのタイミングで振り始めるかだけです。

ということは、できるだけ早い段階で、相手のショットの見極めが必要ということです。

自分のフォアに来るのかバックに来るのか。
球種は、スピン、フラット、スライス?
飛んでくるショットの弾道は高いのか低いのか。
ショットのスピードは?

これらのことから、どこにバウンドするのか、その後のボールの跳ね方や伸び方はどうかを瞬時に判断します。
それに対して、自分はどこに移動して、どのタイミングでボールを捉えようとするかを考えて移動開始です。
で、移動中にテイクバックを開始して、最終的に軸足を決めた時点でテイクバックは終了している。

相手のショットが遅ければ遅いほど、時間がありますから見極めからテイクバックまでも楽ですが、どこにどのようなショットを打たれるのか分からない状況になればなるほど見極めに時間がかかり、結果としてテイクバックも不十分になってしまうのです。

球出しから実戦への段階で、また相手のショットが速くなるほど、どんどんテイクバックが遅くなるのですね。

極端なイメージとしては、バックだ、と判断したらすぐにテイクバック開始でも良いくらいです。
特に、片手バックであれば、スライスでなければ、打点は前にとらなければなりませんから、テイクバックの遅れ、振り遅れは致命的です。

いかに早く相手のショットを見極めて、いかに早くテイクバックを完了させるか、が重要だと思います。

相手からのボールがバウンドした時点でテイクバックが終わっていることが原則です。
つまり、バウンドした時点で、軸足(右利きなら左足)が決まっていて、この時にテイクバックは終わっているということです。
後は右足をどの程度踏み込むか、ですね。

下半身が決まっていれば、その時点でテイクバックは終わっているわけですから、後はどのタイミングで振り始めるかだけです。

ということは、できるだけ早い段階で、相手のショットの見極めが必要ということです。

自分のフォアに来るのかバックに来るのか。
...続きを読む

Qショットバーのお酒についてアドバイス下さい。

よろしくお願いします。
今日、ショットバーに1人で行こうと思うのですが、バー自体始めてでどのようにお酒を頼めばいいのかわかりません。
 恥のかかないマニュアル的なオーダーの仕方をアドバイスいただけませんか?
 希望のお酒はそんなにアルコールがきつくなく、ちょっと甘いようなけどくどくない味のお酒を飲みたいと思います。そのようなお酒の名前を何種類か教えていただけないでしょうか?
 行ってからバーテンダーに任せようとは思うのですが、まったく知識がなかったらちょっと恥ずかしいので・・。

Aベストアンサー

バーテンダーのmoominx2です。
皆さんおっしゃる通りバーテンダーにお任せ下さい。
その際の注意点をいくつか挙げておきますね。

1、あまり忙しい(そうな)時に話しかけない
ドリンクオーダーが入っている最中は、一刻も早くオーダーを出すことに集中していますので、お仕事の邪魔をしないように注意してくださいね。
2~3杯同時に作るぐらいのことはどのバーテンダーでもできますので、このぐらいなら話しかけても問題はないでしょう。
気難しい人でなければ・・・
ですから、Barデビューは週末を避けた方がいいですね。

2、ステア、シェイクの最中は決して話しかけてはいけません。
ステア、シェイクの最中はいわば「真剣勝負」の最中です。
この最中だけは、どんなにお店が暇そうでも話しかけないように。

3、「私のイメージで」と言う注文の仕方をしない。
バーテンダーがオーダーの際、最もムカつく注文のされ方です。
私の場合は「初対面の方はイメージできません」と断ってました。

4、「何かオリジナルを作ってください」は慣れてきてから。
バーテンダーはお客様の好みを覚えていきます。
何が好きで、何が嫌いなのかがわからないとオリジナルは作れません。
また、オリジナルカクテルを出すことを嫌うバーテンダーもいますので、会話の中から探っていくことをお勧めいたします。

5、バーテンダーを「バーテン」と呼ばない。
注文する際の注意点とは違いますが、バーテンダーは「バー+テンダー」という名前に誇りを持っています。
口にこそ出しませんが、「バーテン」と呼ばれていい気持ちはしませんね。

注意することはこんなところでしょうか?
付け焼刃の知識をひけらかすと笑い話の種にされますから、知ったかぶりはしないで下さいね。
それでは良いBarライフを^^

バーテンダーのmoominx2です。
皆さんおっしゃる通りバーテンダーにお任せ下さい。
その際の注意点をいくつか挙げておきますね。

1、あまり忙しい(そうな)時に話しかけない
ドリンクオーダーが入っている最中は、一刻も早くオーダーを出すことに集中していますので、お仕事の邪魔をしないように注意してくださいね。
2~3杯同時に作るぐらいのことはどのバーテンダーでもできますので、このぐらいなら話しかけても問題はないでしょう。
気難しい人でなければ・・・
ですから、Barデビューは週末を避...続きを読む

Q片手バックハンドのストロークとスライスについて

私はテニスの中上級者で、片手バックハンドです。
バックハンドで打つと決めてラケットを後ろに引いている時は、既にストロークで打つかスライスで打つかの判断を済ませており、ストロークならストロークの握りで、スライスならスライスの握りでラケットを後ろに引いているのが普通です。要するに、ラケットを後ろに引こうとした時にはストロークで打つかスライスで打つかの判断は済ませています。

私が質問したいのは、ラケットを後ろに引き切った瞬間に、ストロークの握りからスライスの握りへ、もしくはスライスの握りからストロークの握りへ変換するということは、やっていいのか?ということです。
素振りでやってみると可能なのですが、こういうことは、片手バックハンドのプレイヤーはやっていいことなのでしょうか?

ご回答のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワンバウンドを打つストロークの球種としてフラット、ドライブ、スピンそしてスライスですね。
球種の切り替えは素振りではできるはずですが、現実的にラリーの中では出来ないと思います。(試すことは自由)

ご質問の内容を纏めると、何の球種かを決め、ラケットをテイクバックした後に球種を変更しグリップチェンジをする・ですね。
テイクバックの位置はスライスは高く、ドライブ・スピンは下げることが基本。ループスイングであれば一旦高い位置をどの球種も通過しますが、止めている時間の余裕はありません。

唯一、ドライブ・スピンのテイクバックの途中でスライスへの変更は可能とは思うのですが、逆は時間が間に合わないはず。

何より、あまり意味が無いと思いますよ。プレーヤーが相手の球種を判断するのは、テイクバックが高いままならスライス。下がればドライブかスピン。テイクバックが上がったままならスライスしか打てません。

プロでよくやるのは、スライスショットと見せかけてドロップショット。テイクバックの位置はほぼ同じで
深いショットと浅いショットを打ち分けます。

例えば私がシングルスで試合をする時は、球種よりコースを読むことに注力すると思いますよ。
コースさえ判れば、相手の球種が変わっても苦にはなりません。

ワンバウンドを打つストロークの球種としてフラット、ドライブ、スピンそしてスライスですね。
球種の切り替えは素振りではできるはずですが、現実的にラリーの中では出来ないと思います。(試すことは自由)

ご質問の内容を纏めると、何の球種かを決め、ラケットをテイクバックした後に球種を変更しグリップチェンジをする・ですね。
テイクバックの位置はスライスは高く、ドライブ・スピンは下げることが基本。ループスイングであれば一旦高い位置をどの球種も通過しますが、止めている時間の余裕はありません...続きを読む

Q「ツー・ショット」の言葉の意味は?

テレビのワイドショー等の番組でよく使われる言葉で、「ツー・ショット」というのがありますが、意味がわかりません。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

もとはテレビや映画で男女が二人でいる場面を指す和製英語です。転じて画面以外でも普通の男女が二人でいることを指すようになりました。最近はさらに意味がひろがっているかも?

Qソフトテニスをしている人に質問です!! バックハンドストロークとフォアハンドストロークのこつを教えて

ソフトテニスをしている人に質問です!!

バックハンドストロークとフォアハンドストロークのこつを教えてください!!

Aベストアンサー

質問が大雑把すぎる。

コツといったって『これさえしっかりやるばアナタも打てる!』
というほど、ストロークは簡単ではありません。
また、学ぶべき順序もあります。
アナタの実力のほども分かりません。

お力になれるのであれば協力しようかと思いますが、答えようがありません…。

Qショットガン サリーの意味とは

ショットガン サリー とは
英語の俗語(あまり品がよくない??)らしいのですが
どなたか意味を知ってる方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もしかしたら「ショットガンマリッジ(shotgun marriage)」のことでしょうか。
日本で言うところの「できちゃった結婚」「授かり婚」のことだそうです。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=shotgun&dtype=1&stype=1&dname=1ss

全然違いましたらすみません。

Qバックハンドシングルハンドストローク

バックハンドのシングルハンドストロークについてです。
これまで20年間硬式テニスをしてきましたが、この5年くらい大きなブランクがありました。
バックハンド以外のショットの感覚は戻ってきたのですが、バックハンドの感覚が戻りません。
ブランクの5年間も少しはプレーしていましたが、この時は9割スライスを打っていました。
なので、ダブルハンドのフラットやスピンの感覚が完全に抜け切り、しかもシングルハンドのスライスを多用していたせいか、左手が先行してラケット面が上を向気安くなってしまいました。
グリップを厚くして面を下に向けるという手段もありますが、フォアハンドのグリップがイースタンフォアなので、リターンの時にグリップを少し握りかえる必要が出るので考えものです。
そこで、バックハンドを完全にシングルハンドにしてしまうことを考えています。
力が入りにくい、高い玉が打ちにくいなどの欠点、リーチが広い、器用に色々なショットを打ちやすい、という長所があると思います。
私がメインでプレーしているところはカーペットコートのインドアテニススクールなので、割合シングルハンドの短所である高いバウンドの玉はきにくい場所です。
見た目もかっこよい(私的には)ですし・・・。
お手本はイワン・レンドル、ステファン・エドバーグを考えています。
バックハンドをシングルハンドで打っている方や、シングルハンドバックハンドとダブルハンドバックハンドの違いに詳しい方などから、シングルハンドバックハンドの長所、短所、お手本プレーヤー(ピオリーンやサバチーニのような厚いグリップにするつもりはないです)等々、色々聞かせて頂けると助かります。
よろしくお願いいたします。

バックハンドのシングルハンドストロークについてです。
これまで20年間硬式テニスをしてきましたが、この5年くらい大きなブランクがありました。
バックハンド以外のショットの感覚は戻ってきたのですが、バックハンドの感覚が戻りません。
ブランクの5年間も少しはプレーしていましたが、この時は9割スライスを打っていました。
なので、ダブルハンドのフラットやスピンの感覚が完全に抜け切り、しかもシングルハンドのスライスを多用していたせいか、左手が先行してラケット面が上を向気安くなってしまいました...続きを読む

Aベストアンサー

おっさんです。他の回答の方と全然違うので・・・ちと正しいかどうか
怖いっす。

バックハンドは、両方打ちますが・・・どちらか一方って決まっている
のは、跳ねない球の処理っす。これは片手が楽っす。ジョコビッチ、錦織
さんクラスでもそう打つんだから、あながち間違いない感覚だと思うっす。
高い球はどちらも苦手っす。子供のころからダブルバックの方は、肘をたたん
でハイボレーみたいに処理できるのでうらやましいっす。逆クロスにドライブ
打つんなら、圧倒的に両手が楽っす。片手はどうしても身体の前でさばくの
が基本なので、ちょっと遅らせてっていうのは難しいし、身体の向きを
逆クロに固定させると読まれるっす。

ところで、ここからが回答っていうより疑問なんですが・・・シングルの
バックハンドって、イースタンで打とうとしてません?まあ、打てないことは
ないっすが・・やりにくいっすよ。私の場合、ボレー対ストロークで後者の
立場だったら、打ちこまれると面を移動するだけで精いっぱいなので、その
ままのグリップでフォア、バックを打っちゃうことがありますが・・・通常
の打ちあいなら、ラケットを引きながらグリップチェンジするって大昔に
習った基本がなかなか抜けないので・・・頻繁にグリップチェンジするっす。
それだけじゃあなくって、フォアもバックも何通りか打ちたい球筋によって
グリップを変えるっす。私の知り合いで、地区のシードを持っているそこそこ
のレベルの人っすが・・・グリップの持つ位置・・つまり長さまで変えて
打つ人もいるっす。なるほどっていうご質問がほとんどだったんですが・・
「リターンの時にグリップを少し握りかえる必要が出るので考えものです。」
の意味が全然わからなったんです。だってグリップチェンジするのが普通
だから・・・。時速200kmのサーブをリターンするならまだしも・・・・。

片手でバック打つならグリップチェンジは必須ですが・・・慣れたら
そんなにしんどい動作ではないっす。私の場合は、ダブルバックでも、右手
はコンチネンタルで握るのでクリップチェンジしてるっす。良い球がたくさん
でる方にかけてみるのがベストっす。質問者さんが女性なら、マッチョな女性?
でないかぎり、片手のバックはやめた方が良いと思いますよ。片手と両手じゃあ、
負荷が違いますので・・。

ご参考になれば。

おっさんです。他の回答の方と全然違うので・・・ちと正しいかどうか
怖いっす。

バックハンドは、両方打ちますが・・・どちらか一方って決まっている
のは、跳ねない球の処理っす。これは片手が楽っす。ジョコビッチ、錦織
さんクラスでもそう打つんだから、あながち間違いない感覚だと思うっす。
高い球はどちらも苦手っす。子供のころからダブルバックの方は、肘をたたん
でハイボレーみたいに処理できるのでうらやましいっす。逆クロスにドライブ
打つんなら、圧倒的に両手が楽っす。片手はどうしても身体の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報