痔になりやすい生活習慣とは?

昨年の医療費が10万超えたので、
医療費控除の確定申告をしようとレシートを良く見ていたら、皮膚科でかかったレシートには全て金額の後ろに
”非”が書いてあります。

ちなみにアトピーやカポジー水痘症や主婦性湿疹等の
治療に通ったもので、薬局のレシートには
非とはのっていません。

過去ロゴを見るとレシートに「非」と入っている
治療(コンタクトレンズの購入等)医療費控除には入らないとなっていますが、この場合はやはり控除の対象には
ならないのでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

レシートの実物を拝見することも出来ませんし、過去ログのこともわかりませんが、それは、消費税が「非」課税である、と言うことではないでしょうか。

健康保険でかかった医療費については、消費税が非課税になっているからだと思われます。それに伴う医薬品の購入も、大体「非」課税なのですが、それぞれの医院・薬局において、課税・非課税品目の多寡により、レシートの印字項目が違います。
今は、税込み表示のものも多くなっているので、却って紛らわしいのですが、医院の皮膚科にかかられたのでしょうから、「医師等による診療等を受けるためのもの」として医療費控除の対象になることは、まず間違いないと思われます。細かいことを言えば、医師の指示によるものであっても、アトピー用の自然食品等の購入費用など、対象にならないものもありますので、各種の相談会場に行かれるのも、一つの方法かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。すごく参考になりました。レシートも病院名と日付の金額以外書いていないすっごくシンプルなレシートで、スーパーでももっとましだろう・・という感じでした。とにかくありがとうございます。やっと寝れます。

お礼日時:2005/03/06 01:27

あっ、過去ログ見つけました、これですよね↓


http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=474587

う~ん、この場合の「非」は不可解ですが、私は消費税非課税という意味で「非」と書かれた病院のレシートを何度も見たことがありますので、普通はそちらだと思います。

過去ログにも書いてありますが、いずれにしても、その支払った医療費の内容により判断すべきものですので、治療にかかるものであれば大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そう!その過去ログをみて
このサイトにたどり着きました。わかり易い説明ありがとうございます。

お礼日時:2005/03/06 01:35

内税、外税、非課税とありますが、その非課税の非という意味で印字されているだけではないでしょうか?法令改正か何かで印字が義務付けられたような記憶がかすかに・・・。

(>_<)忘れた!ゴメンなさい!

でも実際に診療を受けた病名からすると保険内請求の対象ですので大丈夫。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。やっと寝れそうです。(^o^)!

お礼日時:2005/03/06 01:37

それは、おそらく消費税の非課税である旨を示していると思いますので、要するに保険診療という事ですので、医療費控除の対象になると思います。



むしろ”課”という感じで書かれているものがあれば、それは消費税の課税対象、すなわち自由診療によるものですので、そちらの方が内容によっては医療費控除の対象とならないものが含まれている可能性があると思います。

ですから、過去ログの意味が良くわかりませんが、私が書いたような意味であれば、保険診療である事を示しているようなものですので、むしろ医療費控除の対象となる事に太鼓判を押しているようなものですので、ご心配されなくても大丈夫だと思います。

参考までに、基本的にコンタクトレンズの購入費用自体が医療費控除の対象となりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。これでやっと作業がすすみます。自身をもって医療費控除を出せそうです。

お礼日時:2005/03/06 01:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療費のレシートの非って何?

病院からのレシートに「非」って書いてあるものがあります。
インフルエンザの予防接種のときと、コンタクトを作ったときの眼科での診療のときのものです。
これは、どちらも医療費として認められないと思うのですが、出してもわからないのなら出してしまいたいなあ・・・。と思っています。
でも、「非」って書いてあるとばれてしまうのかなあ?
教えてください!!

Aベストアンサー

>レシートを見る限りでは、何の診療かはわからないのです。
>で、「非」ってことだけが打ってあるだけなのです。
>だから、出してもわからないだろうな・・って思ったのですが。
>いかがでしょうか?

わかりますよ。というか、申告のときの医療費を書く袋がありますが、医療費の内訳やら、治療内容・医療品名、支払った医療費などの、詳細を書かされますのでわかります(笑)
それと照らしあわせて"非"の文字をみつけたら、これはなんだとなるでしょうね。

確定申告はお早めに。もう2月の頭にやってしまいました(2/15からは事業者で、個人は早くてもかまわないそうです)

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q切手代は非課税なんですか?

切手代等郵便代を税込処理としてきましたが、これは間違いですか?もう長いこと私が担当する前の方からそうしていました。担当の上司もずっと同じですが、今日起票した伝票を見て切手代は非課税じゃ・・・と言ってきました。あんたは今まで何ををみてたんだ?と言いたくなりました。事務処理を外部委託するようになってからも、委託先からは何も言われないし、会計監査の際も特に指摘は無かったので疑問に思わず処理していました。
確か、消費税の制度が導入された当時、60円の切手に消費税が2円係っていたように記憶しています。一円切手なんてのがありましたが、当時と今とでは違うのですか?

Aベストアンサー

切手やはがきについては、郵便局や切手売りさばき所における譲渡については非課税となります。

切手・はがきについては使用時(郵便物に貼付した時)に消費税がかかるのであって、郵便局等での購入時には消費税は非課税となります。

例えば、80円切手は84円で買うわけでも、逆算して76円の切手を80円で買っている訳ではありません。
ただ消費税相当額が額面に含まれているだけです。

しかしながら、経理上は、一々貼ったときに消費税を計上していたのでは、面倒なので、継続適用を前提に、購入時に課税扱いしても差し支えない旨を規定していますが、あくまでも購入時は非課税です。
(消費税基本通達11-3-7、下記サイトを参考にされて下さい)

逆に言えば、上記の場所以外、例えば金券ショップなどでは、売買時点で課税対象となります。

結論が後になりましたが、sagamitoさんの今までの処理方法で間違いはありませんので、大丈夫ですよ!

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/11/03.htm

切手やはがきについては、郵便局や切手売りさばき所における譲渡については非課税となります。

切手・はがきについては使用時(郵便物に貼付した時)に消費税がかかるのであって、郵便局等での購入時には消費税は非課税となります。

例えば、80円切手は84円で買うわけでも、逆算して76円の切手を80円で買っている訳ではありません。
ただ消費税相当額が額面に含まれているだけです。

しかしながら、経理上は、一々貼ったときに消費税を計上していたのでは、面倒なので、継続適用を前提に、購...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Q医療費の確定申告・消費税も申告可能ですか?

医療費控除の確定申告をします。その際、

(1)病院に支払ったお金の中の「消費税分」も申告可能でしょうか?

(2)医療分業のため、病院で作成した処方箋にて薬局で薬を購入しました。
この際、スーパーやコンビニ等でくれる、普通のレシートしかもらっていません。
このレシートだけでも申告可能でしょうか。

どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

(1)病院に支払ったお金の中の「消費税分」も申告可能でしょうか?

 通常医療費は非課税ですから,消費税はかからないと思うんですが。
 もしかかっているとしましたら,保険適用外のもの(差額ベット代とかですね。認められるケースもありますが)で,医療費控除の対象外のものが含まれている可能性もありますね(保険適用外=対象外ではないですよ。念のため)。

http://www.mykomon.jp/shohizei/KYOI-5W2BG8.htm

(2)医療分業のため、病院で作成した処方箋にて薬局で薬を購入しました。
この際、スーパーやコンビニ等でくれる、普通のレシートしかもらっていません。
このレシートだけでも申告可能でしょうか。

 可能ですよ。例えば,処方箋ではなく自分で薬局で風邪薬を買ったとしても,控除の対象になりますし,その際は大抵レシートですね。
 3回申告しましたが,いつもレシートも混じったものを提出しています。不都合は1度もなかったですよ。
 極端な例では,レシートも要らない場合もありますから。通院に要した電車代ですね。これはレシートもありませんから,申告で認めてもらえます。

参考URL:http://www.mykomon.jp/shohizei/KYOI-5W2BG8.htm

 こんにちは。

(1)病院に支払ったお金の中の「消費税分」も申告可能でしょうか?

 通常医療費は非課税ですから,消費税はかからないと思うんですが。
 もしかかっているとしましたら,保険適用外のもの(差額ベット代とかですね。認められるケースもありますが)で,医療費控除の対象外のものが含まれている可能性もありますね(保険適用外=対象外ではないですよ。念のため)。

http://www.mykomon.jp/shohizei/KYOI-5W2BG8.htm

(2)医療分業のため、病院で作成した処方箋にて薬局で薬を購入しま...続きを読む

QCD、ADとは何の略でしょうか

通帳を記帳して、ふと思ったのですが・・。
入金にはADと記帳され、出金にはCDと記帳されます。
他の銀行の通帳では、入出金とも「ATM」と記載されたりもします。
ATMなら、わかるのですが、「CD」「AD」とは、何の略でしょうか?

Aベストアンサー

●私は、「昭和40年代から、銀行の、キャッシュカードの、ユーザー??」なのですが、

皆さん方が、おっしゃるとおり、
「CD」は、「Cash Dispenser」(現金自動支払機)

「AD」は、「Automatic Depository」(現金自動預金機)

の、意味です。

「ATM」は、皆様方も、ご存知のとおり、「Automated Teller Machine」(現金自動預け入れ・引き出し兼用機、自動取引機)
の、意味です。

「ATM」は、昭和54年(1979年)くらいから、次第に普及し始めました。

「CD」は、大阪万国博の、少し前から、「旧住友銀行」に、設置されたのが、最初だと、思います。(カード専用の、支払機)
(最初のころの、「CD」は、ちょうど、「ダイヤル電話と、同じ、ダイヤルが、テンキーの、代わりに、あった??」ようです。)

「AD」(「預け入れ」と、「記帳」が、できる機械)は、現在は、ほとんど、見かけませんが、ずっと昔、
「旧協和銀行」「旧住友銀行」「旧三井銀行」と、「第四銀行」(新潟市中央区)・・・などに、ありました。

●私は、「昭和40年代から、銀行の、キャッシュカードの、ユーザー??」なのですが、

皆さん方が、おっしゃるとおり、
「CD」は、「Cash Dispenser」(現金自動支払機)

「AD」は、「Automatic Depository」(現金自動預金機)

の、意味です。

「ATM」は、皆様方も、ご存知のとおり、「Automated Teller Machine」(現金自動預け入れ・引き出し兼用機、自動取引機)
の、意味です。

「ATM」は、昭和54年(1979年)...続きを読む


人気Q&Aランキング