母が長年うつ病で精神科の先生もがんばってくださっているのですが、なかなかぴったり来る薬にたどり着けなくて試行錯誤&悪戦苦闘の日々を送っています。
処方された薬は副作用のこともあるので必ず医薬品検索しているのですが、抗うつ薬の三環系と四環系はなにが違うのでしょうか?専門家の方に教えていただきたいのですが。
それと4週間処方された薬が5日くらいで全く逢わないことが判明すると、ものすごい量が余ってしまいます。捨てるのには抵抗があるのですがなにか処分する良い方法は無いでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

80歳なんですね、お母さん。

・・・ところで、もう肺炎や気管支拡張症は完治されましたか?
完治して、”うつ”が現在の主訴であるならば、私なりの回答をさせて頂きます。
まず、シンメトレルですが、現在は?飲ませてますか?この薬200mgは多いですね、ちょっと・・・(お年を考えても、危ないです)幻覚や眩暈(めまい)不眠が出てきちゃいますよ。
折角、不眠を解消したく服用するのであれば、服用の投薬量をもっと調整すべきです。
「過去に小さいが梗塞を起こした影がある。」との事でシンメトレルを投与するのは私も賛成です(この薬は脳梗塞後遺症に伴う意欲、自発性低下の改善に有効だからです。)しかし、副作用で精神不安が出てくる事がありますので、”うつ病”の影響の精神不安なのか、シンメトレル服用の副作用なのか・・・これが問題なのです。服用量が多くなるとそれだけ副作用が心配になって来ますので、1
日100~150mgを朝、晩の2回、または朝、昼、晩の3回で分服するとよいでしょう。(お母さんの様子を見ながら。)
そして、坑うつ剤ですが、アモキサン10mgでしたね。これは、前回にお話しました”三環系”の薬ですが、私なら(患者さんを見ていないので・・・何とも言えませんが)同じ三環系の薬で”プロチアデン”と云うのがあります。
この薬は同じくうつ病、うつ状態に対して有効なんですが、中でも初老期、老年期うつ病に対して特に有効な薬です。これを1日に75~150mgの間で2~3回で分服してみて下さい。残る問題の”睡眠”ですが、”ベンザリン”をお勧めします。これは神経系に作用する薬でいわゆる”睡眠薬です(でも、これは中間型といって、睡眠導入剤なので、依存性が極めて弱い、つまり”くせ”になりずらい薬です。)これを、1日5~10mgを就寝の30分程前に飲ませて上げて下さい。副作用として”ふらつき”がある事が考えられますので、(シンメトレルも同等なので)その時は主治医と相談の上、どちらかの薬の量を調整してみてはいかがでしょうか?このベンザリンは睡眠がなされるまでの”補助的な”薬で、睡眠に入った頃には自発性の睡眠で過ぎて行きますので、目覚めは悪くなくすっきりとしているそうです。
・・・と色々と書いてしまいましたが、セレクトの3項目はどれもあてはまらなかったです。すみません。
しいて云えば・・・そうですね・・・その項目以外に服用している薬にもよりますし、現在の状況にも変わってきますので、一概にはお答えすることが出来ません。
私も、時間が有りましたら、お答えしたく思っています。
このような答えで申し訳ありませんでした。

失礼致しました。

この回答への補足

再び丁寧なお返事ありがとうございます。
気管支拡張症や肺炎は一応完治しています。もちろん痰が絡んだ咳が出たときは即痰をゆるめる薬、風邪になったら抗生物質、と3種の薬は常備してあり私が管理していますが、安定してきたので内科の先生もうつ病に眼を向けてくださったようです。

精神科の先生のファーストチョイスがシンメトレルなのは、おそらく母の症状で1番問題が大きいのが記憶力の低下で、主訴が「頭が馬鹿になって働かない、いつもボーッとしてる。おでこのあたりが痺ている。考え事をしようとすると頭の中が堅くなって締め付けられるように痛む。」で、精神不安はそれほど強く無いので「うつ病より梗塞の後遺症による意欲低下が大きい。」と判断されたからだと思います。又、シンチグラムの検査結果でも「特に血流が悪いところは無いが前頭葉の左脳側に少し流れが遅い部分がある、これはうつ病が原因と思われる。」と出ているので血流を良くする事を治療のメインに据えられたのだろうと思います。(しかも低血圧体質)確かにシンメトレルを飲み始めて「頭が少し働くようになってきた気がする。」と本人も言っていますし50mgから始めて様子を見ながら200gmまで増量したのですが、増量したほうが状態は良くなり、7月上旬より常時服用していますが今のところシンメトレルによる副作用は出ていないように見えます。
でも不安になってきたので様子を見ながらちょっと減らしてみます。

アモキサン10mgを飲み始めてから本人の話では「頭が少しずつ働くようになった。」と申しますし、こちらから見ていても声が大きくなり、表情や動きにも少し張りが出てきた感じがします。ただうまく言えないのですがなんとなく収まりが悪く、上滑りしている感じがするのです。うつ状態が長かったので良くなったことに違和感があるだけで考えすぎかもしれませんが・・・・・
プロチアデンは試したことがありませんが次回の診察の時先生に相談してみます。
できれば睡眠導入剤無しで、心が落ち着いて朝までぐっすりが希望ですが難しいのでしょうか?
睡眠導入剤を使うと途中でトイレに起きたときに全く頭が働かないために難儀するようです。
サプリメントの成長ホルモンは「人は入眠して少し経つと成長ホルモンを出すが、加齢にともない出が悪くなるので眠りが浅くなる。」と聞いて、逆手を取ってみようと取り寄せ飲ませてみたところ、「よく眠れるし寝起きも気持ちよい。」と言うので少々不安は抱えつつ飲ませてしまいます。やはりまずいでしょうか?

お忙しいでしょうに患者でない者にまで心配りしてくださってありがとうございます。
母は長年「自分の物でない頭」を抱え苦しんでいます。その間に友人達も年老い、いつも暗い母と付き合うのは耐えられなくなって疎遠になってしまいました。
介護している一人娘は我が儘で、「一人でご飯も食べられる、トイレも行ける上等じゃない。」と理性では解っていても、いざ目の前で訳の分からない母と対峙すると、やり場の無い苛立ちや言いようのない不安に襲われかんしゃくを起こして当たります。しかも心の中に罪悪感があるのでその度に深く反省しては勝手に疲れて外出してしまいます。
80歳は重い年齢です。召されるまで後何年あるのでしょうか。車椅子になってもいいから母が自分の物と感じられる頭を取り戻し、テレビドラマに見入り、時にはお芝居に行きデパートをひやかし、可笑しいことには声を上げて笑える。そんな日々を過ごさせてあげたいのです。
ごめんなさい、つい愚痴を書き連ねてしまいました。

教えてgooを見るとうつ病で悩んでいる人ってものすごく多いんですよね、それを読んで私は少し気が楽になりました。
こののやりとりがもしかしたら他のうつ病の方にヒントになるかもしれません。

補足日時:2001/09/11 12:28
    • good
    • 0

三環系と四環系の違いについてですが。


三環の名前は3つのベンゼン環(など)からできていることから付いた名前です。
三環系抗うつ剤は5つの薬がひとつになったものである。1、セロトニン再取り込み阻害 2、ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)再取り込み阻害 3、αエピネフリンアンタゴニスト 4、抗ヒスタミン薬 5、抗アセチルコリン/抗ムスカリン薬 の5つで、3,4,5は副作用の元である。シナプス間のセロトニンとノルエピネフリンの濃度を高めることによってうつ状態を改善させます。
四環系抗うつ剤とは三環系抗うつ剤にもう一つ環の加わったものです。三環系に比べて薬効が高いことと副作用が弱いことが特徴ですが四環系独特の副作用があります。それは眠気。ただ、うつ病は自然治癒するもので、寝ていれば治るという見方もできます。だから簡単に副作用とわりきることはできません。「寝て治す抗うつ剤」テトラミドなどはまさにそれにあてはまります。また、第二世代抗うつ剤の代表と言えるルジオミールは覚醒に作用するノルエピネフリンに選択的(完全にではありません)に作用するなど、SSRI系第三世代抗うつ剤の薬理作用を一部先取りして開発されたすぐれた薬といえます。
また、服用しなくなったお薬は普通の燃えるゴミに出してもかまいませんが、出来れば通院の時に担当医に話をして処分して頂いて構いませんよ。
(ただし、病院では一般の燃えるゴミに捨ててますが・・・。)

この回答への補足

早速丁寧なお返事ありがとうございます。
4環系は眠くなるがうつ病は寝ていれば自然治癒する。にとても思い当たるふしがあって今日まで悩んでいました。
御親切に乗じて申し訳ありませんが、よろしかったら見解をお聞かせください。

母は気管支拡張症の持病から肺炎を何度も起こし、その間にうつ病になりました。
内科の先生は当然肺の方をメインに治療し、うつ病はおざなりにされたわけではありませんが、決して良い状態にはならないまま10年経過し80歳になってしまいました。
昨年、担当の先生が変わり初めてうつ病が表舞台に登場、CT、MRI, シンチグラム、と検査もしていただき最初の処方はデプロメールでした。初めて効く薬に出会えたか!と喜んだのですが、しばらく経つと効かなくなり増量、又しばらく経つと効かなくなり増量、を繰り返し、とうとう今年の7月から精神科にもお世話になることになりました。

精神科の先生の最初の処方は、シンメトレル、「過去に小さいが梗塞を起こした影がある。」と言われ驚きましたが、シンメトレルを200mgまで増量したあたりではっきり効果を感じ、もう少し増やせば正常になれるかもしれない、の処で「老齢なのでこれ以上は×」となりました。
 2番目の処方は、シンメトレル+テトラミド10mgを半錠、介護側が不安になるほどぐっすり眠れ本人も気分は良いのですが、飲んでしばらくすると足元がふらつき、ろれつが回らなくなる上、日中もボーッとしたままなので3日で止めました。
 3番目は、シンメトレル+ルジオミール10mg、夜飲んで翌朝は悲惨でしたが、3時くらいからは久々に頭の働きが快調になり、「これは薬が強すぎただけだな。」と考えて半錠にしてみました。翌朝はまあまあでしたが夕方からうつ状態悪化、「これは薬が少なくて夜まで持たなかったのだろう。」と思い朝夜半錠づつにして様子を見ることにしました。しかし数日経過したあたりから、まるで呆けてしまったようなひどい記憶欠如が起き始め先生に連絡、中止。
 8月28日に診察を受け4番目の処方はシンメトレル+アモキサン10mg、本人も見ている側も良さそうな感じがするのですがまったく眠れないのです。日が進むにつれ眠れないための疲労感が目立ち始め、日中も今ひとつ収まりが悪い感じ、あまりにつらそうなので昨夜はとうとうサプリメントの成長ホルモンを飲ませてしまいました。ぐっすり眠れて日中も快調な状態に持っていきたいのですが、
(1)夜、テトラミドをほんの少しだけ加えてみる。
(2)ルジオミールを朝だけ半錠にして2週間くらい試してみる。
(3)成長ホルモンで寝られるならそれで良い。
Mamomamo320119さんなら何番をセレクトなさいますか?

補足日時:2001/09/10 09:25
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生理痛の鎮痛剤、市販薬と病院の処方薬の違いは?

生理痛の鎮痛剤についてですが、今まであまり鎮痛剤を使ったことがなく、痛くても自然に治まるのを待っている状態でしたが、
最近仕事中など、痛いと辛い場合があるので、鎮痛剤を使おうかと思ってます。

その場合、市販の薬と婦人科で処方される薬、どちらがいいのでしょうか?
まず、違いがよくわかりません。
個人的なイメージでは、全ての薬においてそうなんですが、市販薬はきつい印象があります。
婦人科で処方してもらうほうが安心な気もするのですが、どうなのでしょうか?
成分的に大差はないのでしょうか?

ちなみに婦人科で定期的に検査はしているので、生理痛は治療が必要な病気のせいではありません。
主治医からも投薬の指示は特に出ていないので、飲む飲まないは私の意志だけの問題です。

今までは鎮痛剤を敬遠してたんですが、痛いのを無理しているのも逆に良くないとも聞き、使ってみたいと思ってます。

お詳しい方見えましたら、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療関係勤務の男です。失礼します。

全ての薬においてそうなんですが、市販薬はきつい印象があります>これは、他の方も書かれている様に、反対で、病院での処方の薬が強いです。
市販の薬は、誰が飲んでも副作用の少ない物が原則(でないと副作用で死亡したら補償問題に成りますので)
鎮痛剤には色々な系統が有りますが、胃に負担が来ますので空腹時は避け出来るだけ、何か胃に入った状態の方が一般的には良い。

成分的には、「鎮痛効果の有る薬」ですが、同系統も有れば違う系統も有ると思います。

尚、質問者様にアレルギーや、過去に体質に合わ無かった薬があれば、必ず医師にお伝え下さい。

Q高プロラクチン血症の薬の処方

妻が高プロラクチン血症で、排卵がうまくいっていません。
結婚して引っ越す前は、総合病院で薬を処方されていたらしいのですが、近所の婦人科や、産婦人科でも処方してくれるものでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の妻も同じ症状で、現在不妊治療中です。
お子さんを授かるために、早めに専門医を受診される事をお勧めします。
ジネコ とかのHPがいろいろ参考になります。

おたがいがんばりましょう!

Q漢方薬を処方してもらったのですが

漢方薬のあるドラッグストアで胃の調子が悪いので処方薬を作ってもらいました。

萎縮性の慢性胃炎で10年ぐらい前から続いてます、病院に行って通ってたけど治らないので行かなくなってしまいました。

最初にカウンセリングを受けてダイエットが原因でなったとか、眠りが浅いとか体質とか40分ぐらい話をしました。

それで煎じ薬を作ってもらったのですが逍遙散(しょうようさん)というのでした。

家に帰ってよく見たら婦人病の薬だとか書いていて効能・効果は冷え性、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症で胃の事は何も書いてません。

電話して問い合わせたら漢方はいろいろな所を治したら胃にも効いてくるのだ、成分にヒャクジュツ、ブクリョウ、カンゾウというのが入っていてそれは胃に効くとか専門的な事を言われてごまかされたような気がします。

とりあえず、煎じて飲みましたがまずかったです。
すぐにはないでしょうかあまり効果なさそうです。

しかも漢方薬は1ヵ月単位でしか売れないと言われて1か月分買いました、18000円もしました、こんなものでしょうか?

漢方薬のあるドラッグストアで胃の調子が悪いので処方薬を作ってもらいました。

萎縮性の慢性胃炎で10年ぐらい前から続いてます、病院に行って通ってたけど治らないので行かなくなってしまいました。

最初にカウンセリングを受けてダイエットが原因でなったとか、眠りが浅いとか体質とか40分ぐらい話をしました。

それで煎じ薬を作ってもらったのですが逍遙散(しょうようさん)というのでした。

家に帰ってよく見たら婦人病の薬だとか書いていて効能・効果は冷え性、虚弱体質、月経不順、月経困難、...続きを読む

Aベストアンサー

 
私も、漢方薬(煎じ薬)を処方してもらったことがあります。
そこの場合は2週間単位で、9000円位でしたから、値段の相場としてはそんなもんじゃないかと思います。(煎じ薬の場合)

カウンセリングに40分ぐらいかけて処方してもらったのだったら、いちおう信用できるところなのではないかと思います。が、もう少し期間を狭めて様子を見ながら処方してもらいたい気がします。1ヶ月単位じゃないと売れない、という頑ななのはあまり聞いたことないのですが…。

胃に症状があるので胃薬を、というのは西洋医学的な考え方なのだそうで、漢方ではその人のあらゆる体質を考慮して、最終的なお薬を決めるそうです。
質問者さんの場合、お話しの中で胃の不調の原因のもとを婦人科系の弱りからきていると判断されたのかもしれません。

私の場合は、そんなにマズい薬ではなかったですが、うちの母が間違えてそれを口にしてしまった時、「うわ、にがっ!」と言ってましたから、どうしようもない程マズくて飲めない!と感じる場合は、合ってない可能性もあるので、もう一度相談された方が良いかもしれません。…でも生薬だから、まずくない薬の方がめずらしいのではと思います、基本的には(^^;

【なるほどなっとく漢方薬】(一般的な基礎知識)
http://www.tsumura.co.jp/kampo/nattoku/

加味逍遥散について(中医学)
http://www.lun-lun.com/syoho.files/kamisyou.htm
http://www.sm-sun.com/family/syoho001/kamisyou.htm
 

参考URL:http://www.tsumura.co.jp/kampo/nattoku/,http://www.lun-lun.com/syoho.files/kamisyou.htm

 
私も、漢方薬(煎じ薬)を処方してもらったことがあります。
そこの場合は2週間単位で、9000円位でしたから、値段の相場としてはそんなもんじゃないかと思います。(煎じ薬の場合)

カウンセリングに40分ぐらいかけて処方してもらったのだったら、いちおう信用できるところなのではないかと思います。が、もう少し期間を狭めて様子を見ながら処方してもらいたい気がします。1ヶ月単位じゃないと売れない、という頑ななのはあまり聞いたことないのですが…。

胃に症状があるので胃薬を、というのは...続きを読む

Q院外処方の薬を病院が制限することはあるのでしょうか。

薬についての質問です。

院内処方も院外処方もしているA病院があります。以前から病院よりB薬という薬を院外処方で処方され、薬局Cで受け取り服用してきました。

ところがA病院(医師もその病院の薬局も)が「B薬はA病院では採用中止になったので院内処方も院外処方もしない。同じ効果のD薬に変更する。」と一方的に言ってきました。B薬は錠剤で飲みやすくD薬は大きいカプセルで飲みにくいのです。A病院が院内処方をしなくなるのは理解できますが、C薬局にはB薬があるわけですから、院外処方まで規制するのは納得がいきません。

病院が院外処方をする薬局を指定することは違法であると思いますが、上記のように院外処方の薬を病院が指定することはあるのでしょうか?

ある病気について効く薬があって、処方箋薬局にも置いてある。けれども病院の方針(医学的・治療的な理由ではありません)でその薬は処方しない、ということは許されるのでしょうか。医者の「私はその薬は処方しない」という治療方針によるものではなく、院内で薬を採用する・しない、と同じく「病院の取り決めでその薬は院外処方しない」ということを決めることができるのでしょうか。

一種の独占禁止法違反なのではないでしょうか?

薬についての質問です。

院内処方も院外処方もしているA病院があります。以前から病院よりB薬という薬を院外処方で処方され、薬局Cで受け取り服用してきました。

ところがA病院(医師もその病院の薬局も)が「B薬はA病院では採用中止になったので院内処方も院外処方もしない。同じ効果のD薬に変更する。」と一方的に言ってきました。B薬は錠剤で飲みやすくD薬は大きいカプセルで飲みにくいのです。A病院が院内処方をしなくなるのは理解できますが、C薬局にはB薬があるわけですから、院外処方ま...続きを読む

Aベストアンサー

このケースの場合は、心情的には問題がありますが、
法的には医師の裁量権の範囲内でしょう。

全く間違った薬を処方しているわけではなく、あなたに
効果の望める薬を処方しているわけなので、そこには
何ら医学的な矛盾はありません。

ただ、一般的には院外処方が普及するにつれ、自分の病院に
置いてない薬を院外薬局で処方しようとする医師は増えています
ので、この場合はちょっと理由が想像できません。

Q処方された薬について、よくわかりません。

処方された薬について、よくわかりません。

少し前に、肺血栓塞栓症と診断され、へパリン?で血栓を溶かす治療をして、下大静脈フィルターをいれました。
他に病気はありません。

ワーファリンと、パラミジンを処方されているのですが、何故パラミジンを飲むのか分かりません。
痛風などはないです。
入院治療を受けた総合病院の主治医に質問しましたら、ワーファリンの効き目を強くする相乗効果があります、と説明されました。
その後、通っている、かかりつけ医は、私だったらこのような処方はしません、と言っていました。
医師によって、意見が違うようなのです。
医療関係者方にお聞きしたいのですが、このパラミジンの処方について、一般的なお考えを教えて下さい。

Aベストアンサー

私もパラミジンは併用しません。パラミジンはワーファリンの代謝酵素を阻害する事でワーファリン投与量を少なくしますが、この代謝酵素はワーファリンのみならず他の薬剤も代謝しますから何がおこるかわからないという怖さが潜在的にあります。それに、胃を悪くする確率がワーファリン単独より高くなります。
ただ、6錠以上とか必要なら患者さんに選択させています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報