母が居酒屋を経営しています。(個人事業者)
昨年?の税制改正で、売り上げが1000万円以上ある場合に消費税を納めることに変更になり、うちも超えているので納めることになると思っています。
(平成15年の売り上げも平成16年の売り上げも1500万程度です)
申告は先日終えました。(町の税理士さんに100%頼みました)
さて質問ですが、
いつになったら「納付書」が送れれてきて、いつまでが納付期限なのでしょうか?(一般的に)
まだ送られてきていません。

もしかして1年間違えてますか?(平成17年の売り上げからで18年に納付?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

平成15年分の売上高が1,500万円程度なのでしたら、平成17年分から


消費税課税事業者になります。申告と納付は平成18年3月31日が期限
になっています。

ちなみに、お母様は居酒屋を経営されているとのことですが、平成
17年分、18年分ともに簡易課税制度を選択することもできます。
平成17年分から選択適用をしたい場合には、今年中に管轄の税務署
に届出書を提出する必要がありますので、顧問税理士さんとよく
相談されることをおすすめします。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/pamph/syouhi/1684/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
17年分から対象になり、16年分は支払わなくてよいということですね。
これはラッキー!!
ん十万が余りました。

お礼日時:2005/04/12 17:00

>売り上げが1000万円以上ある場合に消費税を納めることに変更になり、


>うちも超えているので納めることになると思っています。

勝手に補足させてください。

消費税は、個人事業は「その年の2年前の課税売上の金額」
によってその年分の消費税を納税するかどうかが決まります。
今までは3000万円がボーダーラインだったのが
平成16年4月1日以後開始課税期間からは1000万円に下がりました。

お母様の場合、平成16年4月1日以後に開始する課税期間は
平成17年1月1日から12月31日まで、ということになります。
ここで消費税がかかるかどうかの判定が、先ほど上に
記載させていただいた「2年前の課税売上の金額」にかかってきます。
この場合、「平成15年1月1日から12月31日の売上」が判定基準となり、
その金額が1000万円を超えているためgrooveさんの仰るとおり、
「平成17年分から消費税課税事業者」ということになります。

なお、簡易課税選択の場合は今年中に届け出ないと適用が
受けられなくなります。
確定申告をお願いしている税理士さんに、
「簡易課税の届出とかいらないんですか?」と確認してください。
できれば10月までには確認なさった方がよろしいかと存じます。
12月に入ると結構バタバタするし、余裕を持った方が安心でしょう。

このあたりも含めて一度税理士さんとよくお話したほうが
よろしいかもしれませんね。
大丈夫、プロなんですからしっかり教えてくださるはずですよ。
だって、それが仕事なんですから。
    • good
    • 0

>申告は先日終えました。

(町の税理士さんに…

本当に消費税の申告もしたのですか。
既に回答が出ていますが、法改正以前からの課税事業者でない限り、17年内の納税はありません。その税理士さんは、おそらく所得税の申告をしただけかと思います。

来年以降のためにも言っておきますと、所得税も消費税も自主申告納税が基本です。自分で計算して自分で納めるのです。
申告時期が近づくと、税務署から申告に必要な手引きと用紙が送られてきます。その中に納付書も入っていますから、申告書を提出したあと、納付書に自分で計算した金額を書き込み、所得税は 3/15、消費税は 3/31までに、税務署か金融機関で納めます。
税務署が申告書をチェックして、あらためて納付書を送ってくるのではありません。

また、過年度に振替納税の手続きをしたことがあるなら、納付書は入って来ず、預金口座から自動引き落としされます。

申告納税額に疑義があるときは、税務署から電話などでの連絡があります。場合によっては修正申告を出すことにもなりますが、いずれにしてもその前に一度は、自主納税しなければなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
僕の勘違いのようですね。
でもイイ方の勘違い。喜んでいます。(笑)
これからはもっと自主的にやるようにします。

お礼日時:2005/04/12 17:02

その税理士さんから納付書をもらってませんか?


もしかしたら、自動振替で銀行から引き落とされてるとか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
納付書はもらっていません。自動振替もありません。

お礼日時:2005/04/12 16:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q改ざんは修正や訂正という意味とのことですが、追記は含まれますか

記録は、定義では「達成した結果を記述した、または実施した活動の証拠を
提供する文書」とあって、証拠となる文書なので改ざんはしていけない
と言われています。
改ざんを辞書で引くと、訂正とか修正とかの意味であると書いてあります。
そうすると追記するのは、許されると言うことになりますが、
証拠となる文書が追記により変化しますので、記録としての証拠能力がなくなるように思えます。
改ざんには、追記も含めて解釈したほうが筋が通るように思うのですがいかがなものでしょうか?

Aベストアンサー

たしか.公図に鉛筆で書き込んで.公文書偽造行使で処罰された判例があったかとおもいます。
つまり.「追記」は偽造・変造(私は両者の区別がつかない)等に該当するから.「かいざん」に含まれるとおもいます。

Q平成22年税制改正により、相続税に関する小規模宅地等の特例が見直されま

平成22年税制改正により、相続税に関する小規模宅地等の特例が見直されました。

http://www.ht-tax.or.jp/taxtopics/2010/02/08.html

例えば上記URL等によれば、この改正が適用される時期について、「上記の改正は、平成22年4月1日以後の相続又は遺贈により取得する、小規模宅地等に係る相続税について適用されます。」とあります。

これについての質問です。

例えば、下記のケースでは、この改正後の内容が適用されることになるのでしょうか? それとも、改正前の内容が適用されることになるのでしょうか?

「平成21年9月1日に死亡した父の小規模宅地について、平成22年5月1日に遺産分割協議書を作成し、平成22年6月1日に相続税確定申告を済ませ、平成22年7月1日に相続による所有権移転登記を済ませた。」

要するに、「相続又は遺贈により取得する」日にちというものは、何によって決まるのかがわかりません(死亡日? 遺産分割協議書作成日? 確定申告日? 所有権移転登記日? その他?)。 

#おそらく、死亡日だと思うので、改正前の内容が適用されると思うのですが自信がありません。。

よろしくお願いします。

平成22年税制改正により、相続税に関する小規模宅地等の特例が見直されました。

http://www.ht-tax.or.jp/taxtopics/2010/02/08.html

例えば上記URL等によれば、この改正が適用される時期について、「上記の改正は、平成22年4月1日以後の相続又は遺贈により取得する、小規模宅地等に係る相続税について適用されます。」とあります。

これについての質問です。

例えば、下記のケースでは、この改正後の内容が適用されることになるのでしょうか? それとも、改正前の内容が適用されることになるのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

相続財産の取得の日は、相続開始日(死亡日)にさかのぼりますので、改正前の規定が適用されます。

Q確定申告、修正申告期限過ぎての訂正でどんな罰則が

確定申告、修正申告期限過ぎての訂正でどんな罰則があるのでしょうか?
税務署の人によると、修正申告の期限を過ぎると重加算税、延滞料、などかかってくる言われました。さらに、悪質な場合、刑事罰もあると。
あまり詳しく聞けなかったので、税に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

>修正申告期限過ぎての訂正でどんな罰則…

修正申告の期限は、通常 5年で悪質と見なされた場合のみ 7年です。
これを過ぎてしまえば、時効といって罰則などありませんけど。

>税務署の人によると、修正申告の期限を過ぎると…

それは、修正申告の期限ではなく、「法定申告期限を過ぎると」でしょう。

・延滞税・・・本税の追納分に対して、年 14.6% の日割りというサラ金顔負けの高利
・過少申告加算税・・・本税の追納分に対して、10% が基準
・重加算税・・・よほど悪質と見なされない限り、なし

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q住宅取得資金1500万まで贈与税なし、はいつから有効ですか?

まだ正式に成立していないということですが、
2月の段階で住宅購入のため1000万円を超える資金を贈与されても
4月以降成立されれば年末の確定申告で贈与税なしになるのでしょうか?

それとも成立してからじゃないと510万を超える贈与は受けられないのでしょうか?

2月に頭金を用意する必要があるのですが、とりあえず510万までの贈与にしておいて、成立した後繰り上げ返済に充当するのは可能でしょうか?

そもそも繰り上げ返済に利用する分は、住宅取得資金として認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

現行は610万円まで非課税です。これが1610万円に改正されるとのことですが成立はまだ先でしょう。ただし、今まで閣議決定で決まったものがひっくり返ったことはありません。少なくとも自民党政権では!

通常、4月に成立しても1月1日に遡及して適用されます。
ほぼ、間違いないとは思いますがニュース等には注意しておいた方が
良いと思います。

Q「訂正」と「修正」の違いはなんでしょう?

今までよく考えもせずに、日常的に「訂正」や「修正」という言葉を使っていましたが、よく考えると違いがわかりません。
どちらも誤っているものを正しく変更することと思います。

どういう使い分けがよいのでしょうか?
よろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

#2の補足質問にお答えします。

典型的な具体例を考えてみます。出版社から依頼された原稿に文句が付いた場合。社の内規によって使用が禁じられている語を他の表現に置き換えるよう、編集者が求めてきたとします。

「いささか字句の修正を願いたいのですが…」ならOK。ここで訂正という語を使えば角が立ちます。訂正なら勝手にやれよ、と言いたくなる。でも修正と辞を低くして出てきたのでこっちはハイハイサヨウデスカ、と受けチョイチョイと直して「このように訂正いたしました。ご確認を願います」ならすんなり通る。もし修正と言えば編集者は「不服らしいな…」と思うでしょう。

もう一つ具体例。普段からあまり仲のよくない同僚が昼休みの雑談で妙なことを言い出した。私が領収書の改竄を常習的におこなっているなどと。実のところ一度だけ、煩雑な手続きを避けるためにそれに類したことはしているが、それはそれなりの必要があってのことで、まったくの濡れ衣。態度を改め詰め寄るその時に出るセリフは「一度だけ必要あってそうしたことはある。あるいは咎められて然るべきことかもしれん。だが、常習的とはどういうことだ。まったく身に憶えがない。証拠があるならあげてみろ。ないなら直ちに訂正しろ。どうなんだコラ」

ここで「修正しろ」とは絶対に言わんでしょう。

言葉の正誤というのはいろんなレベルがあります。およそその言語を用いるものなら万人が従わなくてはならぬ規則に関わるもの。換言すれば言語そのものが要請する規則。こういうものについては訂正が相応しいでしょう。

いっぽう言語外の要請によって生じる正と不正があります。例えばメクラという語の使用を禁じるのは言語の外にある規範です。それが言語の規範の上に立つと思うなら、誤りを正すときに訂正という語が出てくることはあるでしょう。でも普通は修正のほうを使うでしょう。それがまた、礼儀でもあるはずです。

訂正というのは言語の正誤に第一義的に関わるものなので、これは瞬間的に判断が付くものが大部分です。ミス入力なんかは誰でもすぐ分かる。文法の強制力の強さは大したもので、「書く」をラ変で活用させたら誰だって見過ごしにはしない。

でもメクラという語を使うな、というのは社会的要請です。これを正とするのは現在の社会で、過去はそうではなかったし、未来はどうなるか分からない。今だって実はよく分からない。

要するに言い間違いは誰にも直感的に分かる。そういうのは訂正。考える時間が必要で、こうだろうと片づけても片づけきれたかどうかよく分からないのが修正、そんなとこでしょう。

#2の補足質問にお答えします。

典型的な具体例を考えてみます。出版社から依頼された原稿に文句が付いた場合。社の内規によって使用が禁じられている語を他の表現に置き換えるよう、編集者が求めてきたとします。

「いささか字句の修正を願いたいのですが…」ならOK。ここで訂正という語を使えば角が立ちます。訂正なら勝手にやれよ、と言いたくなる。でも修正と辞を低くして出てきたのでこっちはハイハイサヨウデスカ、と受けチョイチョイと直して「このように訂正いたしました。ご確認を願います」ならす...続きを読む

Q平成17年度の定額減税について

すみません。漠然とした質問で。。。
主人から調べておいてと言われて、ネットで調べたのですが、全くわからなくて、、、なにかご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

おそらく定率減税の事ですよね。
いずれにしても、平成17年分についてはまだ決まっていません。
実際は、来年の3月末の国会で決まる事にはなると思います。
ただ、平成16年分の自民党の税制改正大綱でも、定率減税については、平成17年度及び平成18年度において縮減・廃止を行う旨の記述があり、平成17年度分については、段階的廃止に向けて、かなり少なくなるのでは、とは思います。
いずれにしても、12月ごろになれば、財務省や自民党の税制改正大綱が出てくると思いますので、その中で具体的な案がわかってくるものとは思います。
一応、最近の記事を貼り付けておきます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041114-00000013-san-bus_all

参考までに、平成16年分については、#1の方も書かれている通り、従来通り控除されます。

Q記入済VBAの訂正修正について教えてください。

記入済VBAの訂正修正について教えてください。

お世話になります。
VBA超初心者です。現在下記の命令文(記入文自体にインデントは設けておらず下記記載と同一となっています)で シ-ト F の100行から500行を非表示とさせています。(他にも会社資料のためパスワ-ド記入と印刷不可のコマンドを記入してあります-これらの部分でのエラ-は生じておりません。)

Private Sub Workbook_Open()
Worksheets("(1)").Activate

Worksheets("F").Rows("100:500").Hidden = True

Worksheets("K").Columns("D:E").Hidden = True

End Sub

この100という数値だけを200に書き替えて保存 「マクロ自体の保存+ブック全体(2007で作成です)の保存」 した後に再度ブックを立ち上げても シ-トFでの非表示部分は依然書き替え前の100行から500行となり、意図した200行からになっておりません。

VBAの修正は通常の関数修正と異なり関連する式全体を削除して再度記入するというのが原則なのでしょうか?
命令文自体はワ-ドに転写しておりますので当該ワ-ド文書上で修正し、既存記入分全部を削除した後に、転写すれば宜しいかもしれないのですが、VBA命令文の修正訂正の原則的処理方法(半角全角使用方法も含めて)を教えていただければ今後の作業を安心して実行できますので、御教授いただければ幸甚でございます。

記入済VBAの訂正修正について教えてください。

お世話になります。
VBA超初心者です。現在下記の命令文(記入文自体にインデントは設けておらず下記記載と同一となっています)で シ-ト F の100行から500行を非表示とさせています。(他にも会社資料のためパスワ-ド記入と印刷不可のコマンドを記入してあります-これらの部分でのエラ-は生じておりません。)

Private Sub Workbook_Open()
Worksheets("(1)").Activate

Worksheets("F").Rows("100:500").Hidden = True

Worksheets("K...続きを読む

Aベストアンサー

コードの処理方法が理解出来ていないようですね。
どんなプログラムを組んでも処理方法を理解していないと正しい処理になりません。

非表示にするマクロの範囲で実行されるマクロを何度実行しても、シートの状態が変化することはありません。
シートの状態を元に戻す(非表示範囲を表示する)処理をしてから、非表示に設定しないとシートの状態は変わりません。


Rows("100:500").Hidden = True
Rows("200:400").Hidden = True
Rows("150:200").Hidden = True
と、何度実行しても、非表示エリア(100:500)には変化が無いのです。

非表示範囲を変化させるなら、
Rows("100:500").Hidden = False
と、再度表示してから
Rows("200:400").Hidden = True
を実行する必要があります。

Q平成20年度の源泉徴収票

3月に退職し、夫の扶養に入る手続きをしたいです。
課税非課税証明はまだ19年度分しか取れません。
源泉徴収票も19年度までしか手元にありません。
職安の離職票は通勤手当がわからないのでだめだそうです。 
新たに何か請求しなければならないのでしょうか。
今手が不自由で乱文失礼します。

Aベストアンサー

>3月に退職し、夫の扶養に入る手続きをしたいです。
健康保険の扶養に入る手続きですよね。
貴方のご主人の会社の健康保険は、会社独自の〇〇健康保険組合(主に大企業の場合)ですね。
保険証の「保険者」のところを見ればわかります。

政府管掌健康保険(10月から全国健康保険協会に変わりました)の場合は、扶養に入る時点で年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)が見こまれないのであれば、扶養に入れます。
ですので、仕事をやめた翌月から扶養に入れます。
過去の収入は関係ありません。
健保組合もこれに準じていますが、組合によって130万円の考え方に違いが有り、貴方のご主人の会社のように過去の収入が130万円を越えると扶養に入れないというところもあるようです。

>職安の離職票は通勤手当がわからないのでだめだそうです。 
なかなか厳しいことを言う組合ですね。
普通そこまで言いませんよ。
通勤手当までというと、源泉徴収票でもだめですし、もちろん役所の課税証明でもだめです。
通勤手当(非課税分)は、収入として記載されていません。
何を請求してもそれを証明できるものはありません。
貴方のやめた会社が貴方に支払ったすべての金額(非課税分の通勤手当も含め)の証明書を、年ごとに特別に発行してくれるというのなら別ですが…。

非課税分の通勤手当までわかるものといえば、給料明細しかありません。
それを出せばいいでしょう。
でも、ほんとうにご主人の会社(健康保険組合)が通勤手当のことまで言うんですか。
一度、会社ではなく健康保険組合の事務局に確認してみたらどうでしょうか。

>3月に退職し、夫の扶養に入る手続きをしたいです。
健康保険の扶養に入る手続きですよね。
貴方のご主人の会社の健康保険は、会社独自の〇〇健康保険組合(主に大企業の場合)ですね。
保険証の「保険者」のところを見ればわかります。

政府管掌健康保険(10月から全国健康保険協会に変わりました)の場合は、扶養に入る時点で年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)が見こまれないのであれば、扶養に入れます。
ですので、仕事をやめた翌月から扶養に入れます。
過去の収入...続きを読む

Q期限後の確定申告に対する修正申告書の提出の意味

簡単な質問ですいません。税金にはまったく無知なものでしてお願いします。

質問(1)私の友人が確定申告をしなければいけないと思いつつ2年も過ぎて
     大変困っています。税務署から来署依頼の用紙が送られて
     来ているそうです。内容は あなたの平成11年12年分の所得税
     (消費税)のことについて、ご面談したいことがありますので、
     ○月○日○時頃に当署までおいでくださるようにとのことでした。
     そして 当日ご持参いただきたい書類等は
     □本書及び印章
     □平成11年12年分の社会保険料・生命保険料・損害保険料の
      払込領収書又は支払い証明書
     □平成11年12年分の所得計算書(収入、経費の明細書及び関係帳簿
      ・書類等)
     □平成11年12年分の源泉徴収票(給与所得・公的年金)
     
     そして ◎ご面談したい内容等
     事業所得、給与所得の申告が必要と思われます・・・・・とのこと
     どうしたらいいのでしょうか?
 
質問(2)本人は税金をちゃんと払いたいそうなんですが。
     建設関係の仕事で個人事業を営んでいるそうです、従業員は
     5人ほどでなるべく自分で申告したいが確定申告を2年分できるのか?
     それとも期限後であるから確定申告にはならないのか?
     修正申告になるのか?申告もしていないのに修正申告になるのか?
     確定の意味は?修正の意味は?
     国税通則法をみてもあまり理解できないのです。
     だれか わかり易く教えてくださいませんでしょうか?
     お願いします。    

簡単な質問ですいません。税金にはまったく無知なものでしてお願いします。

質問(1)私の友人が確定申告をしなければいけないと思いつつ2年も過ぎて
     大変困っています。税務署から来署依頼の用紙が送られて
     来ているそうです。内容は あなたの平成11年12年分の所得税
     (消費税)のことについて、ご面談したいことがありますので、
     ○月○日○時頃に当署までおいでくださるようにとのことでした。
     そして 当日ご持参いただきたい書類等は
   ...続きを読む

Aベストアンサー

1.呼び出しがあった場合は、指定の日時に、指定された書類を持って行くことです。
そこで、2年分の事業所得の確定申告をすることになります。

2.この場合は、2年分を期限後の確定申告をすることになります。
また、期限までに確定申告をしていないので、無申告加算金を課される場合があります。
更に、情状よって、過少申告加算税も課される場合もあります。

確定申告とは、1月1日から12月31日までの事業の成果を、事業者自らが確定した業績をもとに計算し、翌年2月16日から3月15日までの間に、申告する制度を「確定申告」といいます。

修正申告とは、先の確定申告が間違っていて、税額を少なく申告したものを、訂正するための申告を「修正申告」と云います。
逆に、税額を多く申告した場合は、更正の請求をすることになります。

また、税務署が調査の結果、税額が少なかった場合に差額を納付させることを「更正決定」と云います。

Q平成19年度の「給与所得者の配偶者特別控除申告書」について

平成19年度に配偶者名義の株を売却し(源泉なしの口座)、利益が100万円以上出たため、年末調整の書類への記載と、確定申告をしないといけないと思いますが、その書き方についてご教授ください。

◆給与所得者の配偶者特別控除申告書◆
(1)所得の種類は「雑所得」でしょうか?それとも「配当所得」に
 なりますでしょうか?
(2)その際の収入金額は、「売却額」でしょうか?それとも「売却額
 から株購入価格価格をひいた額」でしょうか?
(3)必要経費等とは、売却時に証券会社に支払った手数料でしょうか?

◆給与所得者の扶養控除等申告書
(1)配偶者の”年間所得の見積額”は「給与所得者の配偶者特別控除
 申告書」の合計額を記載すればよいでしょうか?
 ※その他の配偶者収入なし

全くの無知で、源泉なしの口座のまま売却してしまいました。
恐れ入りますが、よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

平成19年度の「給与所得者の配偶者特別控除申告書」には
(1)(1)~(6)以外の所得(譲渡所得)に分類されます。
(2)収入金額等は、売却額です。
(3)必要経費等とは、取得費や証券会社に支払った委託手数料などです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm

給与所得者の扶養控除等申告書は、恐らく平成20年のものと思われます。
平成20年に収入の見込みがないのであれば、年間所得の見積額は、
0円としておいて良いです。


人気Q&Aランキング