ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

会議室用のイスとして、16脚 @62000円
全く同じイスを購入しました。

会議机はすでに持っていて、16人がぐるっと周りを囲めるような感じですが、机は8つに分割して使用することもできるので、少人数の会議から発表会、役員会など多様なレイアウトに使える机です。これは、開業当初に購入した物なので、費用とせずに資産計上されていました。たぶん、開業当時は少しでも利益が出るように資産計上したのだと思います。
このイスは、経費として落とせるでしょうか?
ちなみに請求書には、会議用イス と印字されています。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

#2の追加です。



セットで使うものの場合、同時に購入した場合はセットとして判断されますが、ある程度時期がずれて購入した場合はセットとして見なされませんから、ご質問の場合は大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
これで安心して経費処理できます。

貴重なお時間を私のために割いていただきまして誠にありがとうございました(^^)
またよろしくお願いいたします!!

お礼日時:2005/04/13 22:20

購入価格が1ケ当り10万円未満のものは、購入時の経費として処理できます。


通常は「消耗品費」で処理をします。

16脚 @62000円なら、経費として処理できます。

参考までに。
10万円を超えて20万円未満の場合は、固定資産として「一括償却資産」に計上して、3年間で均等償却が出来ます。
この場合、期中の購入でも月割り計算の必要がなく、残存価格も0円です。

仕訳は下記のとおりです。
購入時
一括償却資産  / 普通預金又は現金
決算時
減価償却費 /一括償却資産

20万円を超えるものは固定資産として「備品」に計上して、法定の耐用年数で減価償却をすることになります。

なお、資本金が1億円以下の法人や自営業で、青色申告をしている場合は、要件を満たせば、30万円以下の固定資産は、固定資産(備品)に計上しますが、一括償却が出来ます。
なお、この30万円未満の一括償却の特例は、15年4月1日から平成18年3月31日までの取得分となっています。
詳細は、下記のページをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/sonota/houz …

この回答への補足

回答ありがとうございます。
今回、私が気になっている点としましては、会議用のイスを経費で落とした場合に、

○会議机とセットで使うから、16脚を一式として税務否認されるのでは。。

と言う点です。もちろんイスなので、単体としての機能はありますが、そこが心配です。

問題なくクリアできるでしょうか?

補足日時:2005/04/13 09:38
    • good
    • 0

一度資産計上した資産は法定の期間で減価償却することになります。

途中で経費として落とすことはできません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
開業当初から持っている会議机は、資産計上したままで、今回購入したイスは、経費で落としたいのですが。
いかがでしょうか?

補足日時:2005/04/13 09:36
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10万円以下の物を複数買い10万を超えた時の資産計上はする?しない?

例えば1つ1万の椅子を10脚買った場合、一つ一つと個別のものとみて消耗
品費で計上するのでしょうか?それとも10脚すべてを1つの資産をして資産
計上するのでしょうか?

もし資産計上するのなら、その理由も教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

しません。
一つずつ使用できる物であれば、まとめて購入しても資産計上しません。
逆にセットでしか使用できない物は、まとめての金額になります。

例えば、パソコン本体とモニターを新規で購入した場合、別々に買っても合計で計上します。本体だけではパソコンは使えませんからw

Q事務机の10台(90万円)の償却について

各部の事務机を一括10台90万円で購入しました。

償却は、各部ごとの資産計上で、9万円ですので、
発生しないと理解していたのですが、・・・

一括購入の場合、発生するのでしょうか?

各部ごと請求書を提出してもらい、支払いにすると
償却はどのようになりますか?

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

小額資産かどうかの判定は通常一単位として使われるものの価格です。
机と椅子、一セットで10万円未満なら小額資産として消耗品処理して大丈夫です。
国税庁の見解として出されています。

(少額の減価償却資産又は一括償却資産の取得価額の判定)7 -1-11 

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/houjin/07/07_01_02.htm

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Qプロジェクター購入における減価償却年数について

プロジェクターを会社にて購入しようと考えていますが、償却年数は何年で処理すればよろしいでしょうか?
私自身も勉強不足なところがありまして、仕訳の起こし方など何かアドバイスあれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には#1の方が掲げられている、「家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品(他の項に掲げるものを除く)」の「ラジオ、テレビジョン、テープレコーダーその他の音響機器」の5年に該当します。

但し、パソコンと一体となって初めて機能するというような限られた場合については、#3の方が書かれている4年になります。
(テレビ、ビデオから出力するケースもありますので)

なお、青色申告である中小企業者等であれば、取得価額30万円未満のものについては、一定の要件のもとに取得時に全額を損金に算入する事ができます。
下記サイトを参考にされて下さい。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/5408.htm

Qブラインドの耐用年数について

ブラインドの耐用年数について質問があります。

ブラインドは、(1)ブラインドは建具に類するものであるから、建物に含めて建物の耐用年数を適用する(2)ブラインドは建物を使用するため建物本体に設置したものであるから、建物付属設備としてその耐用年数を適用する(3)ブラインドの効用はカーテンと同様であることから、器具及び備品としてその耐用年数を適用するのいずれも公正妥当な会計処理として認められるとなっています。

(3)の器具及び備品として捉える場合は、耐用年数は「器具及び備品」の「1.家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品」の「その他のもの」の8年を適用するとなっておりますが、(2)の建物付付属設備として捕らえた時は、耐用年数は何年になるのでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

maikさんが書いている通り、御社の経理処理に準じた扱いをすることになります。
そして、建物附属設備として捉えるとするなら「前掲のもの以外のもの及び前掲の区分によらないもの」の主として金属製のもの18年となりましょう。
http://kaikeiinfo.com/taiyo/fuzok.html

なお、#1さんが3年と書いているカーテンは「カーテン、座ぶとん、寝具、丹前その他これらに類する繊維製品」の3年であって、一般的な金属製のブラインドはmaikさんが理解している通り8年です。

Q【固定資産】 LANケーブルを計上する場合

LANケーブルを、会社に引いて総額100万円(税抜き)かかったとします。この場合もちろん固定資産に計上するともうのですが、国税のホームページ(下記)を見るとLAN設備の耐用年数が【廃止】されたとのっています。一体どの耐用年数を適用すればよいのでしょうか? また、

【廃止】になった下記文章の内容がいまいち理解できません。簡単に解説して頂けないでしょうか?



【廃止】 (LAN設備の耐用年数)
2 -7-6の2 法人が、いわゆるLAN設備について、同時に一括して取得及び更新が行われるものとして、これを構成する個々の減価償却資産の全体を一の減価償却資産として6年の耐用年数により償却費の計算を行っている場合には、これを認める。



http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/020215/01.htm#a-02

Aベストアンサー

以前はLAN設備について、設備全体を耐用年数6年の一つの資産として処理することができる(もちろん個別でも可)とされていましたが、それを廃止して、LAN設備を構成する個々のパーツごとに耐用年数を適用するようにした(個別でなければダメ)、というものです。ただしこの通達は13年4月から適用されるものなので、それ以前に取得して「全体で耐用年数6年の一つの資産」として計上していた場合には、あえてそれを分解しなくてもいい、となっています。当然、14年4月以後取得するLAN設備については全体で一つの資産とすることはできず、別々に耐用年数を見る必要があります。なお、仮にひとつひとつのパーツは10万円未満だとしても、全体として一体として使用されるものであることから、全体で10万円以上であれば消耗品として処理することはできません。
したがって、質問の通達によって、LANケーブルの敷設は「ツイストペアケーブル、同軸ケーブル」として「建物附属設備」の「前掲のもの以外のもの及び前掲の区分によらないもの」「主として金属製のもの」 、すなわち耐用年数18年の資産になるということです。構内LANケーブルの敷設の際にはハブやルーターも一緒に設置されると思いますが、ハブやルーターはLANケーブルとは異なり「器具及び備品」の「電話設備その他の通信機器」の「その他のもの」として耐用年数10年になります。
なお、個人的には、LANケーブルの敷設もハブやルーターなどと一括して10年と判断するほうが正しいと思うのですが、当局の見解に対して訴訟を提起してまで争おうとまでは思っていません。

以前はLAN設備について、設備全体を耐用年数6年の一つの資産として処理することができる(もちろん個別でも可)とされていましたが、それを廃止して、LAN設備を構成する個々のパーツごとに耐用年数を適用するようにした(個別でなければダメ)、というものです。ただしこの通達は13年4月から適用されるものなので、それ以前に取得して「全体で耐用年数6年の一つの資産」として計上していた場合には、あえてそれを分解しなくてもいい、となっています。当然、14年4月以後取得するLAN設備については全体で一...続きを読む

Q機械装置の据付費に含まれるもの

新しい設備の購入にあたり、その場所確保のため既存設備を工場内の他の場所に移設しました。
既存設備の移設費用は修繕費で処理できると思うのですが、移設費用に含まれる据付費に、移設先での配管工事や電源工事も含めて良いのか、建物付属設備として資本的支出とすべきなのかを教えていただけないでしょうか。

「据付費」には、機械装置が稼動できる状態にする(配管工事や電源工事も含む)までを含むのか、配管・電源工事は据付費には含まず建物付属設備と考え、修理ではないので資本的支出と考えるのか、判断に迷っています。

また、今回のように新しい設備購入に伴う移設の場合と、単なるレイアウト変更(集中生産には該当しない)での移設の場合とで、処理が異なることはあるでしょうか。
今回の移設の請求は、配管工事と電源工事が機械装置自体の移設費用(設備の取外し・移動等)とは別になっていて、それぞれ200万円と150万円です。

Aベストアンサー

機械の据え付け工事費は、機械の購入額に合算して資産計上します。
修繕費では、処理できません。
機械に係る電気及び各種配管設備費は、付帯設備として各々資産計上します。
機械と実際の耐久力が違う為、「建物付属設備」と同じ耐用年数で会計します。
機械購入費に合算する物として、或いは同じ耐用年数で個別に資産計上する物としては以下の通り
機械本体以外
基礎工事費
基礎地盤調査費
機械据付工事費
です。
各々個別項目として会計すれば分かりやすいでしょう。
ご参考まで

Q8万の机と4万の椅子をセットで買えば一括償却出来ないのか?

たとえば8万の机と4万の椅子で12万の物を購入すれば
領収書は8万と4万に分けて貰わなければ一括償却出来ないのでしょうか?

12万の領収書で内訳で8万の机と4万の椅子と書いてもらえれば
OKなんでしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

8万の机と4万の椅子をセットで買えば一括償却出来ないのか?

平成20念3月31日までに取得した
30万円未満の備品等であれば
一括で償却は可能です
ただし、一括で償却したいのなら
少額減価償却資産の取得価額に関する明細書
(別表十六(六))を添付して申告することが必要です。

一部の回答者様から何もしなくても
損金でOKのようにきさいされてていましたが
完全に誤りなので注意してください

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5408.htm

Q建物か建物付属設備か修繕費か

製造工場の床面改修工事で樹脂製の床材を張り替えました。
費用は税込みで約230万程度、使い方にもよるらしいのですが7~8年はもつだろうということです。この場合の会計処理ですが、建物なのか建物付属設備なのか修繕費で落とせるのか教えていただきたいのですが…。

Aベストアンサー

現状復帰であれば損益取引で「修繕費」、機能追加等であれば資本取引で「建物」です。金額の多寡には関係ないので、その工事によってどのような状態になったかで判断してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング