Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

23歳の女性です。
私は、生保レディを1ヶ月でやめてしまったことがあります。
当時は、「この仕事は強靭なメンタルと体力とコミュ力がないとやっていけない、
そして自分にはそれらが著しく欠けている」と思い、退職代行まで使い、逃げるようにして研修中だというのに入社してわずか1ヶ月で退職をしてしまいました。
車の運転が苦手な私が、運転しながら外回りに行くのが怖かったのも、早期退職及び生保レディが
向いていないと思った理由のひとつです。
しかし今振り返るとその判断が正しかったのかどうか自信がありません。
生保レディは、「自分の持っている人脈を全てお金に変える、そしてそれに罪悪感を抱かない」ことが必須だと研修で学び、人脈のない私にこの仕事はあまり向いていないと思いました。
また、数少ない人脈を契約に繋げる自信も私にはありませんでした。
彼らはすでに生命保険に入っているわけで、
「(私の契約のために)自社の生命保険に乗り換えて下さい」と頭を下げる勇気も私にはありませんでした。
そもそも、いくら契約のためといえども、もともと入っている生命保険を乗り換えさせてまで、
自社の生命保険に加入させることに対して気がひけるというのもありました。
しかし、上司や先輩たちはとても優しく、私のことを可愛がってくれました。
今では先輩や上司に対して悪いことをしたなと少し思っています。
親は「あなたはそもそも営業に向いていないんだから、営業の中でもかなりきつい生保営業は早々に辞めてよかった」と言っています。
「生保レディは図太くないとできない仕事なのだから、あなた(私)には向いてない。だから、辞めてよかった」と親は言います。
皆さんはどう思いますか?
親と同意見ですか?
生保レディを辞めたこと、正解だと思いますか?

A 回答 (4件)

正解です。


断られてはじまる、営業の世界、
貴方には無理です。
事務か工場、ノルマない仕事です。

私は売らせる事を仕事としてました

支店割り当て、予算、粗利、
自分が売るのではなく

営業社員さまに保険なり金融デリバティブなり
モノを売っていただく仕事です
    • good
    • 0

正解にきまってる。



生保レディなんてのは、無資格☓一女の行く末である。
 飛び込みで顧客が取れるはずもなく、まずは身内から営業かける。
 軌道に乗って身内以外からも契約が取れるようになるのは一握り。
 ほとんどが契約とれずに辞めていくが、最初に取れた身内の保険料は会社へ振り込まれ続ける。
  会社は大儲けである。

 これは不動産業も同じなのだ。
 不動産就職するとまず外回りの営業となる。
 飛び込みで、地主から土地を売ってもらえるはずもなく、お爺さん達身内の地主へ営業かける。
 身内の土地を買い付ける。
 その後土地の買収が出来ない社員は辞めていく。
 辞めた社員が身内から手にいれた土地を利用すれば不動産会社は儲かる仕組みだ。
 生保営業なんてネズミ講と同じなのだ。
    • good
    • 0

終わったこと考えても仕方ないよ。


その場で判断して逃げたことが正解だよ。

生保レデイは親戚めぼしいとこ入れたらもう使い捨て。みたいなイメージです。しらんけど。
    • good
    • 1

結果一ヶ月働いて仕事を一つも取れなかったんでしょ。

それで給料貰って辞めたんでしょ。履歴書書いて働かせてと頼んだのはなぜ?誰かが無理やり働かせたの?内容見ないで志望動機を書いたの?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A