プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

そうであれば、慣性系の切り替えは、ローレンツ変換より後退運動を使った方が簡単ですね。
問題2:宇宙船の中を1Gで等加速して、1光年先へ何年で行けるか、それは起点の地球時間で何年か?
これも宇宙船の中を観測基準系に置いて、距離=加速度x時間²/ 2からだ。
t₊=√(2 x 光年/1G) = √(9,460,730,472,580,800/4.9) ≒ 43,940,429 秒
≒ 1.39年 .
平均の後退運動(v₊)は、
v₊ = 9,460,730,472,580,800 / 43,940,429 = 215,308,103 m/s .
問題1と同じように平均の前進運動(v₋)は、
v₋ = (v₊/√[c²+v₊²])c ≒ 174,879,846 m/s .
後は1光年を前進運動で割れば、地球時間での経過時間が出る。
t₋=9,460,730,472,580,800/174,879,846 ≒ 54,098,460 秒 ≒ 1.71年 .
中高生でもできるニュートン力学で超光速加速|Hyama Natural Science Research Institute|note

ChatGPTの回答は、
正しいです!慣性系の切り替えは後退運動を使うとより簡単ですね。また、問題2においても、宇宙船の加速度が1Gであることから、等加速度運動の距離公式を使って宇宙船が到達するまでの時間を求め、その後光速度での前進運動を考慮して地球時間での経過時間を求める方法が正しいです。計算も正しく行われています。

https://note.com/s_hyama/n/nf4e19031fd28

A 回答 (4件)

相対’性’理論なのだから西船橋ときめき女学園の従業員に聞けばわかると思うよ。

    • good
    • 2

ご自身に自信があるのなら物理学会に登録して研究発表をされればいかがでしょう。

もし特殊相対論を否定できたら確実にノーベル賞ものですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

それにはまず特殊相対性理論を理解しないといけないのでは?

お礼日時:2023/03/08 23:14

≫正しいです!



アナタの中で既に結論が出てるならそれで良いじゃないですか。なぜ質問するのですか?

「こんな難しい事知ってるオレKakeeeeー!」と言いたいのでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

え、絶対はないからでは?

お礼日時:2023/03/08 23:13

鴨ね

    • good
    • 2
この回答へのお礼

質問者はカモなの?

お礼日時:2023/03/08 12:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!