12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

妹が突然亡くなりました。まだ、20代でした。
病気もせずとても健康的な妹でした。
朝、元気に出掛けて行ったのに、出先で突然
倒れそのまま意識が戻りませんでした。
家族皆、あっという間の別れに心の整理が
未だにつきません。
「いつまでもこんな気持ちでも妹の為にはならない、頑張ろう」
と前向きに思える時もあるのですが、
「仕事も充実していて明日も色々予定を
立てていたんだろう。。。
自分でも分からないうちに
亡くなってしまったんだろうか?」
と急に妹の事が可哀相でたまらなくなり
何も手につかなくなります。
方法等ないのかもしれませんが、
妹の死をどのようにして受け入れていけば良いのか
何かアドバイスを頂きたく投稿しました。
参考になる本、WEB等でも良いのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

大変でしたね。

そして、残念でした。本当にお辛いですね。

私は学生のとき、父が突然倒れて1時間もしないうちに亡くしてしまいました。病院で蘇生手当てをされる父を見ながら、「これ、ホント?」ていう感じで、現実の展開についていけませんでした。

父を亡くした直後は、今振り返るといろんな面で空回りしていました。しっかりしなきゃ、泣いてばかりじゃダメだ、と。お葬式で親戚・知人みんなに「お母さんを支えてあげてね」と口々に言われ、何ができるのかもわからないのに「私がなんとかしなきゃ」と意味のわからない使命感に燃えていました。
一方で、たくさんの後悔にかられました。父の抱える問題を、私が何かしていれば解決できていたのではないか。父の好物を見てはもう食べさせてあげられないんだ、何年も前に何かを誘われたのを断ったことを思い出しては悔やんだり。夜中に家中の引き出しを開けて父の写っている写真を探し、父の部屋から父の匂いが消えていくのがせつなくて泣きました。

無理に前向きになろうとしなくていいんです。頑張ろうという気持ちは、たくさん泣いて、いろんなことを後悔して、心の中で段段と整理がついて、初めて自然に湧き上がってくるものです。そのステップを踏まずに先に悲しい気持ちを無理に押し殺そうとすると、必ず後でひずみが出ます。返ってこじれて長引きます。私はいろんなことを気負いすぎて結局心身を壊し、返って家族に迷惑をかけてしまいました。ある日「ああ、私はパパが死んで悲しかったんだな」という単純なことにやっと気づくことができました。そして、この世でのお別れがあっても、私は父を愛していて、私も父に愛されているという事実は変わらない、今はそう思ってとても穏やかな気持ちでいます。

後悔、疑問、やりきれない、切ない気持ち、自責の念、心配、怒り、色んな感情や考えがぐるぐるになって一気に自分を襲いますが、その内悲しみだけになって、最後には愛情だけが残ります。私は残念ながら霊感は全く無いんですけど(^^; 亡くなった方はきっと、私たちのこと全部お見通しなんだと思ってます。あなたとご家族がいかに妹さんを愛していたか、大切に思っていたか。そしてあなたが今悲しんでいること、会いたくて会いたくて、せつなくて泣いていること、そして妹さんを亡くしても変わらず、いや今まで以上にやっぱり愛していること、みんなわかってくれてると思います。そして、あなたが考えてること全ては、妹さんも同じだと思います。こんなに早く別れるとは思わなかった、もっと伝えたいことたくさんあったのに。思うことはお互い同じです。だから心配はいらない。あなたが泣きたいときは十分泣けばいい。涙も悲しみも後悔も、全部妹さんは受け入れてくれています。

たくさん泣いてください。でも、自分を責めてはいけません。責めることは間違っています。そして、一人で考える時間も必要かもしれませんが、できればお友達、家族、妹さんのお友達とたくさん話をしてください。どんなことでもいいんです。一人で閉じこもっていてはいけません。どんな形でもいいから、必ず誰かとつながっていてください。今のあなたの気持ち、後悔、妹さんの思い出、家族みんながどう思っているか。泣いてもわめいても、みっともなくても後ろ向きでもいいんです。感じるまま、あるがままを受け入れてください。そうやって口に出していくと、いつしか心が整理されて、悲しみや後悔などのマイナスの感情だけが消化されてプラスの感情が育ちます。自然と立ち直るときが必ずきます。今は、無理して立ち上がって笑うときではありません。体と心にたまっているものを全部吐き出しましょう。「悲しみを乗り越える」というのは、乗り越えようと努力するのではなく、おのずと自分が成長して、振り返って初めて気づくものです。
この悲しみを忘れると妹さんまで忘れてしまいそうでイヤだ、そんな心配はしなくてもいいです。時がたっても忘れはしません。形が変わるだけです。深くて純粋な愛情だけがあなたの体の一部になります。私は父を亡くしてもう10年経ちましたが、今でも思い出すと時々涙がでます。でもそれは苦しい涙ではないです。父の話をするのは好きです。愛情しか残っていませんから。

長々と書きましたが、ほんの少しでも、参考になるところがあると幸いです。辛ければ、いつでもまたここで皆さんに相談してくださいね。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

mihosanさん、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
親身なアドバイスを頂き本当に有難うございます。


>無理に前向きになろうとしなくていいんです。頑張ろうという気持ちは、たくさん泣いて、いろんなことを後悔して、
>心の中で段段と整理がついて、初めて自然に湧き上がってくるものです。

そうですよね、無理に気持ちだけもって行っても必ず歪がでますよね。
mihosanさんにそう言って頂き焦るのは辞めよう・・そう思えるようになりました。

まだ妹が亡くなって日が浅い事もあり、1日の中でも
もう会えないんだ・・と悲しかったり、
なんで亡くなったんだろう??と疑問+怒りが湧いて来たり
ああ、妹はきっと私達のそばに居てくれてるんだ・・と何故か思えたり
と色々な感情が次から次へと湧いてくる状態です。
このままずっと私は不安定状態なんだろうか。。と不安でしたが
最後に愛情だけ残るという言葉にとても救われました。

私達の想いが妹には伝わっているんでしょうか。
お互いに想い合ってる事が分かればどれだけ安心するか・・・私も霊感はないので感ずる事は出来ません。
ただ、mihosanさんのおっしゃる事と似た事を考えたりもします。

一人で居たいと思う時もありますが、家族とお互いに想いを口に出す事をしていきたいと思います。
頭でウツウツ考えるよりも心の整理が出来そうです。

無理しないという事、これからの時間の流れ方等mihosanさんの言葉に教えてもらう事が出来ました。
お忙しいにも関わらず、たくさんの経験に基づくアドバイス頂き有難うございました。

mihosanさんのお父様のご冥福をお祈り致します。

お礼日時:2005/05/24 09:58

 こんにちは。


 私も、とても親しい友人(高齢)が亡くなって、しばらく悲しかったことがあります。数年前からいつ死ぬか分からない状況で、何度も家族が呼ばれての、後でした…死ぬとわかっていてもいざ亡くなるとポッカリ穴が空いたような気がします・・・いつか自分も同じ所に行って会えるのだ、しばしのお別れにすぎないんだ、ということを知っていてもです。
 また、急に心臓発作を起こした方がいて、「ついさっきまで、一緒に遊んでいた人が!?」と驚いたこともあります。そのとき、悲しいとか寂しいとかよりも、まずその知らせが信じられないんですよね。亡くなって、通夜も葬式もあって、やっとそのことに涙するくらい、衝撃から感覚が戻るまで時間がかかることもあります。しかし、そのご両親は「病床でずうっと苦しまずにすんで、よかった…」という感想を口にされてもいました。

 ただ、若いうちに、前途有るうちに死ぬなんて…というのは、ある種傲慢だと思います。自分自身いつまで生きられるのか分かりません。それどころか、明日がある、などと、誰も言うことはできない。もちろん、計画するのが馬鹿だ、将来を見据えて何かを行うのは無意味だ、というわけではありません。でも、私の場合、「もし、明日があるのなら、こうしよう、ああしよう」となり、一日が終わるとき「今日も無事に一日が終わることができた。色々困ったこともあったけど、とりあえず、今、自分の部屋に戻ってきていること、自分の布団が気持ちいいコト、温かいコーヒーを味わったり、静かに本を読んだりできる…」そういったことをじんわり楽しんでいます。若年寄かも(笑)。

 どうぞ、妹さんのことだけでなく、ご自分のことも含めて、考える機会のあるときに、色々思いを巡らせてください。妹さんのことだけでなく、これからもそういう思いを抱くことがあるこもしれませんから。
 

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/goo1639/c/b03291fd5b5144b3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chibanomariさん、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

今までは、自分にとって明日は必ずあるものだ思っていました。
でも、妹と会えなくなってからは
chibanomariさんのように今日一日無事に過ごす事が出来たことを感謝するようになりました。
今まで生きてきて考えた事無かった事を色々考えるようになりました。
思いを巡らせるようになりました。

教えて頂いたHP、参考にさせて頂きたいと思います。
お忙しいにも関わらずアドバイスを頂き有難うございました。

お礼日時:2005/06/01 11:16

 こんにちは。

受け入れるも何も、事実は事実です。
どういった病気だと診断されたのでしょうか。思い当たる点があれば、健康診断などされてください。
 妹さんがなくなって感傷に浸るのも、何もしてやれなかったと悔やむのもいいかもしれません。ご自分の力でなさってください。
 気晴らしに旅行でもされてはいかがでしょうか。または、ボランティアでもされて、他の酷い状況に置かれた人のために尽くすと、心安らぐことがあるかも知れません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

f_kogaさん、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

突然死の原因とされた器官について、私も検診したいと思い病院に行き相談しました。
検査も終わったら、少し旅行等他の事にも目を向けていきたいと思います。

お忙しいにも関わらずアドバイスを頂き有難うございました。

お礼日時:2005/06/01 11:07

とてもお気の毒に思います。



他の方が回答されているように、あまり頑張りすぎないで下さい。
あなたが少しでもラクになれるならばカウンセリング等受ける事もお勧めします。
人間が一番ストレスを受けるのは「近親者の死」次に「離婚」だそうです。それだけショックを受けるのは致し方ない事です。
私も身近な人を亡くしましたが、頭では亡くなったのはわかるんですが、ふと今もどこかで元気に暮らしているように思ってしまいます。その人の死が受け入れられずにいます。
とにかく時間が必要なんです、焦らないで下さい。

霊感が強く先祖供養を一生懸命している祖母に「人間はどうして生まれてくるの?」幼い私が聞きました。祖母は「この世が中心のように思えるけど、違うの。本来あの世が中心にできていて、人間は霊格(魂の位)をあげる為にこの世に修行に来ているんだよ。だから修行が終わった人はあの世に帰っていく。だから死ぬという事は寂しいけれど悲しい事ではないんだよ」と言いました。
その人がいなくなって悲しいのはわかりますが、小さい時から↑と言われていたのでそういうものだと思っています。
友達で霊感がものすごくてこの手の事をよく研究している人も同じ事を言っていました。(というか霊の声が聞こえる)
魂がきれいな人は修行の期間も少ないのだと。
最終的には観音様のもとに近づいていって修行も終えて、人間に生まれ変わる事もなくなるのだそうです。だから「いい人はすぐ死んでしまう」とか「憎まれっ子世にはばかる」とかいう言葉が存在するのだと思います。
幼くしてなくなる子はとても魂がきれいなのだそうです。
妹さんもきれいな魂の人だったのではないですか?
この世で修行を終えて、あの世では卒業証書とかもらっているかもしれません。
スピリチュアルな事ばかり書いてすいません。
でもきっと天国からあなたの事を見守っていてくれていると思います。
死んだら何もかも終わりだと考えたくないので、祖母や友達の話を信じています。

あと、その人の事を思い出してあげる事が一番の供養になるそうです。
しばらく姿を見ていない友達に実は自分の事を元気かどうか気にかけてくれているのを知ったらとってもうれしいですよね?
それと同じ事だと思います。
妹さんを忘れようとするのではなく、いつも思い出して(話しかけてあげるのもいいそうです)あげてください。きっとうれしいはずですよ。

あの世は時間という概念がなく、あるのはこの世だけです。だから残されたあなたにはやっぱり時間が必要なんです。
泣きたかったら泣いていいし、今は心を自然にまかせて悲しみを少しずつ癒していってください。
変な事を書いてしまって、何の慰めにもならないかもしれません。
でもいつか笑顔で妹さんの話をできる時がくればいいなと思って書いてしまいました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

shimamikecatさん、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

おばあ様の言葉にとても安心させられました。
最近私の読んだ本にもおばあ様のおっしゃるような言葉が書いてあり、ああ、そういう風に考える事もできるんだ。。と気持ちが楽になりました。
妹には、毎日話しかける時間を作って報告・時には愚痴も聞いてもらっています。
なんとなく、そばに居てくれている感じがするんです。

shimamikecatさんのアドバイスにとても救われました。
お忙しいにも関わらずご回答頂き本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/06/01 10:54

妹さんのご不幸、心よりお悔やみ申し上げます。



私は本当に小さいときに妹を亡くしました。当時の私は幼すぎて、「人の死」というものがまったく理解できず、お葬式の途中で飽きてしまって、公園に遊びに行ってしまったくらいです。
25年たった今、後悔して時たま涙を流すこともあります。
両親(特に母親)の落胆も相当ひどかったのですが、やはり幼すぎて気づいてあげることも、励ましてあげることも出来ませんでした。

気がついたのはなんとつい最近。
「お母さんは○○(妹)が亡くなってから、立ち直るのに10年かかったわよ」とのこと。
近所の美容院に行って、妹のことを聞かれるのがつらくて、家から離れた美容院に飛び込みで入るなどしていたそうです。

身近な人を亡くして思うことは「その人のことを忘れてはいけない」です。
悲しくてもつらくても、妹さんのことを思い出すのはとても大切なこと。
亡くなった事を無理に受け入れなくてもいいんです。心のどこかで「そのうちひょっこり帰ってくるんじゃないの?」って思い続けてもいいと思います。
時には大泣きするのもOK!それだけ妹さんのことを愛していた証拠ですから。
無理をする必要はありません。無気力になるのだって誰もせめたりしません。

今、妹さんは暖かくて明るいきれいなところからmurumuruさんとご家族のことを見守ってくれているはず。

いつかきっとおだやかな気持ちで妹さんのことを思い出せる日がきます。それまでご家族で支えあってください。
たいしたアドバイス出来なくて申し訳ありませんが、なんとか励ましたくて回答させていただきました。
長文、失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

masterPiyoさん、お礼が遅くなり大変申し訳ありません。
お忙しいにも関わらずアドバイスを頂き本当に有難うございます。

思い出すという事、時には心がザワザワして落ち着かずやはり辛いのですが
一方でとても心が温かくなる時もあります。
masterPiyoさんの温かい言葉に、励まされました。
大泣きする事もありますが、それでいいんですね。

妹が見守ってくれてると思って、生活していきたいと思います。
焦らずいきたいと思います。

masterPiyoさん、有難うございました。
妹様のご冥福をお祈り致します。

お礼日時:2005/06/01 10:45

妹様、お悔やみ申し上げます。



実は私もある日突然兄を亡くしてます。もう5年も前のことなんですけどね。事故でいきなり帰らぬ人となってしまいました。似たような経験をしたものとして書かせていただきますね。

私の場合、両親の落胆がかなりひどかったので自分のことは後回し、今でも両親にさびしい思いをさせないようにとそれだけを考え日々過ごしてまいりました。

はっきりいいますと私は今でも受け入れていないと思います。私が結婚して外に出て一緒には暮らしてなかったせいもありますが、どこかで一生懸命仕事をしているのかななんてふと思ったりすることもあります。でも実家に行くと仏壇や遺影があり、引き戻されてしまう。また自宅に戻ったらどこかで元気にしている・・・って感じの繰り返しです。

いきなり現実に引き戻されることもありますが、そのまま5年過ぎてしまいました。なんかそれでいいと思えるようになりました。無理に兄の死を受け止めることもない、実家に戻ったときは一生懸命供養をしてあげようとおもっています。こんなのでいいのかな・・・って思いますが私にはこれで精一杯です。

無理に受け入れないで。。。ご両親を大切にしてあげてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

minami_kさん、お礼が遅くなり申し訳ありません。

最近では、「きっと妹もどこかで忙しく仕事してるんだろう。頑張りすぎないでね。。」
と心の中で妹に語りかけるようになりました。
受け入れてる訳ではないのですがそう思えるようになりました。
minami_kさんの回答で、「ああ、そう思うものなんだ・・」とホッとしました。
無理に受け入れる事はないんだな・・と思えるようになりました。
私も両親を大切にし、そして妹の事も大切に想い続けていきたいと思います。

お忙しい所、アドバイス頂き本当に有難うございました。
minami_kさんのお兄様のご冥福をお祈り致します。

お礼日時:2005/05/30 23:57

「対象喪失ー悲しむということ」は中公新書です。



 旭屋のホームページからも入手できます。
    • good
    • 2

ご心中、お察しいたします。



小此木啓吾「対象喪失ー悲しむということ」をお読みになったらいかがでしょう。


精神分析学者である作者が、肉親の死というつらい現実の受け入れ方を記述しています。段階を踏んで受け入れていくようです。「喪の儀式」といって。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

amuruさん、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
本を紹介して頂き有難うございます。
図書館に通って死に関する本を借りてます。
なかなか本の中身が頭に入ってこないのですが、
部分部分により心に残る箇所もあります。
決して無駄にはならないと思いながら読み進めてます。
まだ、教えて頂いた本を見つけられないのですが
ぜひ読んでみます。
ご紹介頂き有難うございました。

お礼日時:2005/05/22 21:01

ぜひ妹さんに、感謝でも、なんでだ?と愚痴でも手紙を書いてあげてください。


そして、妹さんの気持ちになって、あなたの手紙の返事も書いてみてください。
(あなたへの感謝でも愚痴でもなんでも)
交換日記みたいな感じでもなんでもいいです。
いずれ自分なりの落ち着く答えが見つかると思います。

書いた手紙は、焼いて妹さんにも届けてあげましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

GoFさん、お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
妹はたくさん可愛らしい便箋を持っていたようで、
妹の部屋を整理してる時に見つけ私が貰いました。
その便箋で妹に今までの思い出、日々の報告等
書きたいと思います。
頭で色々考えるより書く事で冷静に見つめられる部分もあるかもしれませんよね。
お忙しいにも関わらずアドバイスを頂き本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/05/22 20:52

 心の混乱と悲しみとつらさをお察しいたします。



妹さんは、いまどうされているのでしょうか?霊界があるとおもいますか?どんなところでしょうか?

 私には、少し霊感があるので、ちょっぴりアドバイスできます。

 まず、一番妹さんのためになるのは、霊界で変わらず生き続け、進化、向上を目指しているであろう妹さんに、応援のエールを送ることです。

 つまり、いつも祈ってあげてください。
「今は、会えなくなってしまったけれど、いつもわすれずに、おうえんしているよ。私は、こっちの世界で頑張るから、あなたは、そっちで頑張って!そしていつも見守っていてね。」と励ましのメッセージを送ってあげて下さい。妹さんには必ず伝わります。そして、きっと喜んでくれますよ。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tokytimeさん、お礼が遅くなり大変申し訳ありません。
tokytimeさんのアドバイスを読ませて頂いた時、
なんだか心が温かくなりました。
今まで、霊界の存在とか全く考えた事なかったんですが
妹が亡くなってから霊界というかこの世とはまた違う世界があるような気がするんです。

祈るという事、そしてこちらの生活の報告等妹に語りかけたいと思います。

お忙しいにも関わらず回答を頂き本当に感謝しております。
温かいアドバイスにとても救われました。
有難うございました。

お礼日時:2005/05/21 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家族の死から立ち直れない。

私は現在27です。
弟が四年前に癌で亡くなりました。
まだ17でした。闘病期間は6ヶ月で、小児がんでした。
それから、祖父と祖母が老衰でこの四年の間に亡くなりました。
弟が亡くなったとき、私は大学院生で、研究に打ち込んでいましたが、
亡くなったことをきっかけに、私が軽度のうつ、適応障害という状態になり、
周囲から、大学院をサボっているようなことを言われて
どうしようも出来なくなり、中退しました。

それから、直ぐに奨学金の返済もあり、仕事につきました。

しかし、まだ弟のことをどうしても忘れることがた出来ず、
情緒的に不安定になり、自律神経もおかしくなっています。
仕事では、ストレスがたまったりすると、焦りや不安が押し寄せて
どうしようもなくなります。

1人暮らしをしなくてはいけない状況です。

今までの人生を振り返ると、私は何もかも成し遂げていない、中途半端者だと考えてしまい、
死んでしまいたくなります。
本当は、明るく真面目な性格でした。
しかし、仕事に行くとなると自信がなく休みがちになり、
また、自分で自分を責めてしまいます。

家族は思い思い、弟のことを乗り越えたわけではないですが、
上手く気持ちを前向きに切り換えることが出来ているようです。
けれど、私は3人姉弟の真ん中で弟とは、きょうだいでもあり、
母親であり、友達のような関係を築いていました。
弟が亡くなった事実は受け入れましたが、整理がつかないまま、社会人
になりました。

一番辛いのは、前向きに切り換える力が私になく、
不安と焦燥感と自責の念の良くない考えです。

長くこのような状況で、段々自分で自分が解らなくなってしまってます。

以前、心療内科でジェイゾロフトとドクマックを服用していましたが、
大学院生時代に先輩から、ヤク漬けだなと言われて、薬を二年前から飲むことに
罪悪感を抱き止めてしまいました。

姉弟の死からどのように立ち直ればよいでしょうか。
質問も支離滅裂でよく分からないと思いますが、どうか
皆さまのアドバイスを下さい。
よろしくお願いいたします。

私は現在27です。
弟が四年前に癌で亡くなりました。
まだ17でした。闘病期間は6ヶ月で、小児がんでした。
それから、祖父と祖母が老衰でこの四年の間に亡くなりました。
弟が亡くなったとき、私は大学院生で、研究に打ち込んでいましたが、
亡くなったことをきっかけに、私が軽度のうつ、適応障害という状態になり、
周囲から、大学院をサボっているようなことを言われて
どうしようも出来なくなり、中退しました。

それから、直ぐに奨学金の返済もあり、仕事につきました。

しかし、まだ弟のことをどうしても...続きを読む

Aベストアンサー

何もおかしなことないと思いますよ。
皆それぞれの家庭の事を知らずに言ってることですし、知ってて言ってるならそれはそれで、そんな事言ってる人こそ可哀想な事です。
家族を心底大事に思っていたからそこの想いだと思いますよ。
だから周りがどう言うかは気にしないでも良い。
けど、自分自身がこれから先も生きて行くには、立ち直る事は必要ですね。
でもそれは忘れる事ではないですし、弟の分まで生きる事です。
そして、自分の為にも生きなくてはいけない。
そうしているうちに、もしかしたら、いつかは、また別の自分が大事にしないといけない人や、守るべき人が出来て、結婚したり、子供が出来て、そうなった時にまた新たな形で弟を思えたりすると思います、、
そう言うのはそうなってみないと、わからない事なので、今は自分の趣味や自分のすべき事を見つけたり、していくのがいいと思います。
けど、焦る事はないと思います。

お薬は副作用もありますし、少しづつやめてみたらどうかなと思います。
病院に行くのなら、個人的にはカウンセリングに行かれてみてはどうかなと思います。

私も父と祖母と祖父を亡くし血縁者は母だけですが、訳あって遠く離れてますし、大事だった人をなくし、1人で生きていく不安や忘れれなくて辛くて色々上手くやれない自分が嫌で自分を傷付けてた時がありましたし、もっと酷い状態になった時もありましたが、今も生きてます。

大丈夫、ちゃんといつか立ち直れますよ。
多分あなたは人よりちょっと優しすぎるだけじゃないかなと思います。
いつか自信を持てる日がくるといいですね^^

何もおかしなことないと思いますよ。
皆それぞれの家庭の事を知らずに言ってることですし、知ってて言ってるならそれはそれで、そんな事言ってる人こそ可哀想な事です。
家族を心底大事に思っていたからそこの想いだと思いますよ。
だから周りがどう言うかは気にしないでも良い。
けど、自分自身がこれから先も生きて行くには、立ち直る事は必要ですね。
でもそれは忘れる事ではないですし、弟の分まで生きる事です。
そして、自分の為にも生きなくてはいけない。
そうしているうちに、もしかしたら、いつかは、ま...続きを読む

Q身内の死が受け入れられていない?

中1の時に、病気で姉を亡くしました。もう12年も前のことです。
その時は自分なりに姉の死を認め、受け止めていたつもりでした。

しかし、つい先日、職場の人たちと食事をした際、同僚が妹を連れてきており、とても仲良くしているのをみて、「私にもお姉ちゃんがいたのに。なんでいないの?」寂しさ・悲しさ・悔しさでいっぱいになり、涙がとまらなくなってしまいました。
今までは仲のいい姉妹を見ても、そういった感情が出てきたことはなかったので、自分の感情に対する驚きと負い目のようなものもあり、このまま消えてしまいたいとも思いました。

今後また姉妹を見たときに、同じような感情にとらわれないかと思うと、とても不安です。少し落ち着いたあとに考えたのですが、亡くなった人に対し「なぜいないのか」という気持ちが出てくることは、死を受け入れられていないことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

人間は、人の死を二つの形で受け入れます。
ひとつは、理性的に、ご臨終と火葬を経て、その肉体と魂がこの世になくなった事を認識
します。
もうひとつは、感情的に、お通夜、告別式、初七日、四十九日、一周忌・・そういう儀式
を経て、自分の心のなかに、すこしづづその死を定着させていきます。
(わたしの家は仏教なので仏教儀式のみあげました。他の宗教の方申し訳ありません。)

わたしも13年前、母をガンで亡くしました。

理性が母の死を受け入れるのは簡単なことでした。
骨壺に小さく収まった遺骨があまりにもリアルにそれを示してましたから。

しかし、感情が母の死を受け入れてくれるのは何年もかかりました。
わたしは実家を離れて暮らしているので、実家に帰ると母がいないことに気がついて
「お・・(母さんは?)」と口に出て、そして亡くなった事を思い返すのです。
夢も一ヶ月に一度はみました。朝方の起きる時の夢に母をみて、起きて母の死に気がつい
て、毎回泣いていました。
そんな事を繰返ながら段々と心の方にも母の死が落ち着く場所を見つけたようでした。

ところが、この頃、残された父が体が弱くなっていくのを見て、実家に度々帰るように
なったら、また心が乱れるのです。
父にお茶を出しながら、母が生きていたらこのお茶は母が入れてくれたのかもしれない。
そして、三人でにぎやかに話をしてたのかも知れない。
わたしがいない時でも、父と母二人でお茶を飲み昔を懐かしがっていたのかも知れない。
食事を作ってあげて父に出すにつけ、洗濯をするにつけ、そこに母の姿を見てしまうの
です。母が生きていたら、わたしじゃなくて母がしていたんだと。

質問者の方は、ふとしたきっかけで、わたしと同じ様に亡くなったお姉様の姿をそこに
見てしまったのだと思います。
しかし、それを「死をうけいれていない」と表現するかはまた別の問題だと思います。
亡くなった方を偲び悼むことは誰にでもある感情だと思います。ましてや血のつながった
姉妹であれば当然です。

では、どうすればいいか。わたしは自分の事を含めて「なすがまま」にしかできないと
思っています。
お姉様を偲び悼む気持ち、時には涙をながす時もある自分を、素直に無理をせず認めて
あげることしかないと思うのです。
それが今の自分の気持ちなんだと思って。
そのような感情を持つ事も、自分の今の姿なのだと思って。

なにか工夫してうまく回避する事ができるのかも知れません。だけどそれはなにか無理を
することに繋がるように思います。
例えば、自分の気持ちを拒んで「死をうけいれていない」と否定的に捉えるのも、逆に
受け入れて「まだ憶えているんだ」と肯定的に捉えるのもどちらも辛い事だと思います。
否定的に捉えればより辛くなり、無理して肯定的に捉えれば表面的な辛さは薄れますが、
心の奥底に辛さが隠れるだけです。

わたしは、「死をうけいれらない」とか「受け入れる」とかの選択の問題ではないと思い
ます。
自然に湧き出てきてしまう気持ちだったらそれをあるがままに認める、それが一番自分
らしく、亡くなった方を偲び悼む事になる。そのように思います。
そして、それを何回か繰り返していく中で、少しづつですが、自分の中で本当に自分らし
い気持ちとして落ち着いていくのではないかと思います。
そのようになった時には「死をうけいれらない」とか悩む事無く、お姉様を偲び悼む
気持ちだけが、そこにあると思います。

人間は、人の死を二つの形で受け入れます。
ひとつは、理性的に、ご臨終と火葬を経て、その肉体と魂がこの世になくなった事を認識
します。
もうひとつは、感情的に、お通夜、告別式、初七日、四十九日、一周忌・・そういう儀式
を経て、自分の心のなかに、すこしづづその死を定着させていきます。
(わたしの家は仏教なので仏教儀式のみあげました。他の宗教の方申し訳ありません。)

わたしも13年前、母をガンで亡くしました。

理性が母の死を受け入れるのは簡単なことでした。
骨壺に小さく収ま...続きを読む

Q兄弟の死をどう乗り越えたか

私は兄を1ヶ月前に失いました。
事故だったのですが、亡くなる3ヶ月前些細なことがきっかけで喧嘩しそれ以降口を合わせない状態でした。そんな中突然死んでしまい本当に後悔しています。
喧嘩したまま身内を失う。こんな事が本当にあるんだとビックリし毎日泣いています。
泣いても兄は帰ってこないのは分かっているんですが涙が出てきます。
このまま兄の死を乗り越えられる自信がありません。
皆さんの中で突然身内に不幸が起きた方達はどうその不幸を乗り越えましたか?

Aベストアンサー

先ずはお悔やみ申し上げます。

私は幼いころに弟妹をすべて失い、約4年前に相次いで両親[父が死んだ後、6か月後に母が死亡]を失いました。
ですから、『悲しいのはあなただけではない』とか『悔やんでもしたかない』なんて言葉に意味が無いことを私は知っております。


●弟妹
 最後の妹(生後10箇月)が死んだ時、私は小学校1年生と幼かったせいと、周りにイトコが沢山居たと言う事からか、強いショックは受けませんでした。
 それでも、やはり寂しいので、妹の身代わりとしなる人形を買ってもらいました。
  ⇒それから40年以上たちますが、未だに仏壇の横に座っております。

 さすがにお兄様の代わりとなる人形は無理だと思いますので、お兄様の位牌に無言で構いませんから語りかけてみてはどうでしょうか?

●両親(母死亡後)
 最初は誰か(親戚や友人など)と一緒でないと食事が喉を通りませんでしたし、何かにつけて後悔の念が湧いてきて叫びだしたかったです。
 父は入院中に死亡したのですが、母は私が就寝中に風呂に入ったら何かあったようで、『私が発見がもう少し早ければ』と今でも後悔しています。
 死んだはずの両親が元気な姿で帰宅する夢を何度も見て、目を覚ますたびにすごい寂寥感も経験しています。

 それでも多少は良くなってきたのは、やはり時間と周りからの慰めが解決してくれたからですね。
 ・食事は積極的に自炊を楽しんでみましたが効果なし。心因性の突発性難聴を発症し、医師から処方された薬を飲む必要に駆られて無理やり食べたら、普通に食事がて切るようになりました。
 ・母が存命中、毎週土曜は母を連れて近所のスーパーに買い物へ行っていたのですが、母死亡後にそのスーパーに買い物に行ったら、私たち親子を知っているお婆様(90歳代)が声を掛けてきました。母が死亡したことを話すと「あんたはようやった。チャンとお母さんの面倒を見ていた。私たちはそのことを知っている」と泣い気ながら私を慰めてくださり、周りの顔見知りの人に声を掛けて母への供え物を下さりました。それまでは日常的に塞ぎこんで突然悲しくなっておりましたが、その時から悲しみで潰れそうな心が軽くなってきました。
 ・今でも両親が帰ってくる夢は見ますが、夢の中で「もう死んでいるんだから、こっちに来なくてもいいよ」とか「何か用事が有るの?」と話しかけてからは寂寥感が段々と薄らいでいきました。



> 泣いても兄は帰ってこないのは分かっているんですが涙が出てきます。
> このまま兄の死を乗り越えられる自信がありません。
今は無理に乗り越えようとはせずに、泣けるだけ泣いた方が良いですよ。

あと、ご質問者様のご両親やご家族は存命なのでしょうか?後悔の念から自らを責めて病気になったりして、貴方が死亡してしまったら、今度はその方々が悲しみにとらわれてしまいますよ。それに・・・亡くなったお兄様がどう感じてしまうでしょうか?
余りご自分の事を責めてはダメです。


とりとめのない文章ですが、何かの役に立ったら幸いです。

先ずはお悔やみ申し上げます。

私は幼いころに弟妹をすべて失い、約4年前に相次いで両親[父が死んだ後、6か月後に母が死亡]を失いました。
ですから、『悲しいのはあなただけではない』とか『悔やんでもしたかない』なんて言葉に意味が無いことを私は知っております。


●弟妹
 最後の妹(生後10箇月)が死んだ時、私は小学校1年生と幼かったせいと、周りにイトコが沢山居たと言う事からか、強いショックは受けませんでした。
 それでも、やはり寂しいので、妹の身代わりとしなる人形を買ってもらいました。
...続きを読む

Q親がある日突然死んだショックを引きずっています

去年母を亡くしました。父はすでに死んでいるので私は一人暮らしになりました。
ある日突然死んだので、心の準備ができておらず、今でもつらいです。

母が入退院を繰り返すなどしてたら心の準備もでき、母の死を受け入れられ、悲しみや寂しさも時間とともにやわらいでくると思います。突然死だったから辛いのです。それまでふつうに暮らしてたのに
ある日突然倒れ、そのまま死んでしまいました。70代でした。

私は独身男性ですので「お嫁さんをさがしたら?」と言う人もいますが、そう簡単に結婚相手が見つかるものではありません。

今でも時々母を亡くした悲しみや寂しさに襲われ、胸が締め付けられるような辛さを感じたり、うつ状態になることもあり病院で相談して薬を出してもらっていますが、それでもどうしようもない辛さに襲われることがあります。

「予測できる死」と「突然死」では同じ死でも悲しみの度合は違うと思いますか?

親の突然死の悲しみをやわらげるいい方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

申し訳ないけど、悲しみをやわらげるいい方法は無いです。

私も19の時と22の時に両親を突然死で無くしました。どちらも60に満たなくて、突然死という割には若年齢でしたが、その後、若いからと人の足元みたような態度や発言をする大人と喧嘩したり、それこそクスリも飲みましたが結局何も変わらなかったし、自殺未遂も、彼女やその他のことでそれを相殺すればしようすればするほど、精神的に浮き沈みが激しかったし随分苦しみました。

「予測できる死」と「突然死」の悲しみの値について安直には計れないんじゃないかなと思います。それでも貴方が現在おいくつか分からないですが、少なくとも20代、30代で両親を亡くすというのは普通じゃないことですし、「予測できる死」と「突然死」という死の基準よりも、死という現実を受け入れる年齢が、「早いのか」、「遅いのか」ということ。

親が死ぬと言うことは誰でも経験することではありますが、実際若い身空で親の死を経てフラットになった時、何にもない自分に喪失感が出てくる気持ちは非常によく分かります。

結論からいいますと22歳の私はその踏ん切りつまり親の死を乗り越えたと、自分で思えたのは26の頃でした。質問者さんと同じく22ぐらいの時にはわかったような口を聞く大人に「はやく結婚すれば?」と言われました。結果、26で結婚しました。そのとき初めて肩の荷が降りる思いでした。

19の頃は絶望感ばかりがあり22の時にその加速度が増しました。大学もやめ、バイトをしながら親の貯金を食いつぶし、親が残した有り難くないコトを整理して俺が何をしたっていうんだよ!って毎日思ってました。23、4のとき就職をきっかけに地元を離れ違う土地へ行き、それこそ色んな年相応のことを経験してに両親のことに対して前向きな諦めをつけた瞬間に彼女が出来て、すぐに結婚~という流れになりました。ただし結婚して全てのことが払拭されたわけでもなく10年経っても未だ悩みはつきません。
だけど、自分の経験したことは確実に同世代にはない経験でしたし、自分の友人らにもし突然のことがおきても冷静に対応できるだけの能力は備わったと思っています。

できれば10年前の絶望感ばかりだった自分に今、まともに生きていることを教えてあげたい。

質問者様へも私自身、早く結婚しろとはいいませんが、今すべきこと、10年後のよりカッコいい自分を想像してみてはいかがでしょうか?そのために今自分がなにをすべきなのかが見えてくると思います。
それが答えです。

申し訳ないけど、悲しみをやわらげるいい方法は無いです。

私も19の時と22の時に両親を突然死で無くしました。どちらも60に満たなくて、突然死という割には若年齢でしたが、その後、若いからと人の足元みたような態度や発言をする大人と喧嘩したり、それこそクスリも飲みましたが結局何も変わらなかったし、自殺未遂も、彼女やその他のことでそれを相殺すればしようすればするほど、精神的に浮き沈みが激しかったし随分苦しみました。

「予測できる死」と「突然死」の悲しみの値について安直には計れないんじゃ...続きを読む

Q子供の死の乗り越え方

内容に不快感を持たれる方がいらっしゃいましたら、申しわけありません。予めお詫び致します。

私は今年の初めに娘を突然亡くしました。前日まで元気でした。
おっぱいをあげてから寝かしつけたのは私です。娘は寝かしつけた1,2時間後に亡くなったようです。深い眠りについてしまった私は、翌日起きるまで、娘の異変に気が付きませんでした。主人も良く眠っていると思ったようで、朝早く、起こさないようにそっと出勤したようです。

発見した時、助からないのは一目で分りました。
冷たく硬直した体を必死で温めて、人工呼吸や心臓マッサージをしたり、動かしたらいけないのは分ってるのに、救急車が来るまで、何かせずにはいられませんでした。目の前にあるのは絶望でした。

警察の現場検証と司法解剖の結果、「原因不詳の死」でした。私は半狂乱で警察の方に「娘は私が寝かしつけました。だから私が殺したのも一緒です。なぜ私は裁かれないのですか?」そんなことを言ったように思います。殺したのか?と聞かれれば決してそんな事していません。

警察関係者、家族、友人誰一人として私を非難する人はいませんでした。非難されれば、それは、とても辛いことなので、感謝しなくてはいけないと思いますし、周りの温かさに随分救われました。なぜ自分は自分を許せないのでしょうね。自分を責める事で自分を守っているのでしょうか。かわいそうと思ってもらいたい、同情して欲しい・・・心の中ではそんな気持ちもあるような気がします。情けないですね。

警察では「現代の医学では解明できない数十万人に一人の割合で起こる原因不詳の死。事故死でも窒息死でも無く、乳幼児突然死症候群とも分類しがたい。8ヶ月で亡くなってしまった事、それが娘さんの運命だったと思います。」そう言われました。

沢山笑ってくれるようになりました。とっても元気にバタバタ手足を動かして、お名前呼ぶと、にや~として。でも、もう何もしてあげられません・・・もう会えません。一緒に桜並木をお散歩するのが夢でした。温かくてふわふわしてたあの子はもういません。娘があまりにも大きな幸せをくれたので、失ったものの大きさに押しつぶされて、泣いてばかりです。小さな小さな体に全身メスを入れられ、本当に最後まで良く頑張ってくれました・・・・。そして最後にかわいそうな事をしてしまいました。

ちなみに、主人は決して、私の前では涙を見せません。一緒にいる時は一生懸命笑わせよう、楽しくしようとしてくれます。でも、私は泣いたり、時に酷い事を言ったり・・・悲しませてしまう。主人が泣いたのを見たのは2回だけです。

これから先、お迎えが来るまで私は悲しみを乗り越えて、生きて行かないといけません。私一人ではどうしても悪い方向に考えてしまいます。皆様の経験談や悲しみの乗り越え方のアドバイスをお待ちしております。どうぞ、宜しくお願いします。

次の子供を作ったらと母乳を止めるために行った病院でも、警察でも言われました。
本当に次に子供を授かる事が出来たら、乗り越えられますか?

私の願いは娘にただ会いたいということです。ママを事を許してくれる?パパとママの事好き?聞きたいことが、話したいことが沢山です。

長文にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。

内容に不快感を持たれる方がいらっしゃいましたら、申しわけありません。予めお詫び致します。

私は今年の初めに娘を突然亡くしました。前日まで元気でした。
おっぱいをあげてから寝かしつけたのは私です。娘は寝かしつけた1,2時間後に亡くなったようです。深い眠りについてしまった私は、翌日起きるまで、娘の異変に気が付きませんでした。主人も良く眠っていると思ったようで、朝早く、起こさないようにそっと出勤したようです。

発見した時、助からないのは一目で分りました。
冷たく硬直した体を必死で温...続きを読む

Aベストアンサー

お嬢様の、18ヶ月の人生はとても輝かしいものだった事と思います。
素敵なお母さんお父さんに愛されて、幸せな一生だったと思いますよ。

私は初めての子(長女)を生後2日で亡くしています。
お腹の中で原因不明の難病にかかり、肺が育たず、しかし体はどんどん浮腫み続け。
医師から、これ以上お腹にいさせたら浮腫みで死んでしまうと宣告されました。30週で帝王切開しました。
けれど肺も育っていないため、呼吸(ガス交換)が出来ず、生後2日目の夜に亡くなりました。

原因不明。お母さんのせいではない。周りからそう言ってもらえて、頭で理解出来ていても、何かに責任を見出そうとせずにはいられないんですよね。だから、自分が悪いのだ、周りもむしろ私を責めてくれた方が私自身も気持ちのやり場が出来るのに、と思ってしまう。
どうかご自分を情けないなんて思わないでください。
私も自分の妊娠中の生活のあらゆる些細なことを責めました。あの時食べたあれがまずかったんじゃないか、あの時自分がしたあの行動のせいだったんじゃないかと…
だけど、私が自分を責める事を亡くなった娘が望むのか?と考えるようになりました。
娘はあらゆる検査で異常を出しませんでした。医師は特発性と言っていました。私にはそれが、娘の優しさのように思えてきました。「誰のせいでもないんだよ、だからお母さん、自分を責めないで。」と言ってくれている気がしたんです。
医師から「手術室から(生きて)出られないかも知れない」と言われていた娘、生まれた姿は全身浮腫みでパンパンでした。でも3日間も生きてくれたんです。
おかげで出生届も出せた。生前の写真も撮れた。ありがとう。呼吸が苦しい中よく頑張ってくれたねと娘を誇りに思っています。

今はそうとは思えないかも知れませんが、質問主さまも、亡くなられたお嬢様に対し、心穏やかに感謝の気持ちを心に満たす事が出来る日が来ると思います。長い年月をかけるかも知れませんが、きっと訪れると思っています。

長女を亡くし2年経ち、次女が生まれ3ヶ月になる今、思い返してみると私は周りに恵まれたと思います。
私も、家族友人みな温かい言葉をかけてくれ、責める人は誰もいませんでした。
長女の死を受け入れられず、お骨箱を抱っこしたり、はだけたおっぱいをあてたり、外出に一緒に連れていった事もありました。そんな私を、周囲は温かく見守ってくれ、気の済むようにさせてくれました。
納骨しろと言う人もおらず、住職さんも「幼くして亡くなった子はまだまだ両親のそばにいさせてあげて良いのですよ」と言ってくれました。
とことん向き合ったおかげで、私は気持ちを押し込める事無く、整理をつける事が出来たと思っています。
質問者さまも、周りのかたの温かさに救われておられるとの事。
同じ立場の者として、本当に良かったと思いました。
どうかたくさん、たくさん泣いて下さい。
そしてどうか、ご主人も気持ちのままに、泣きたい時は泣いて欲しいと願っています。
私の夫は「男は妻を支えなければならないのだ」と過剰に思い込んでしまっており、自分もお骨箱を抱き締めて泣きたいのを押さえ込んでいた為ほとんど泣かず、最近になって堰を切ったように号泣していました。私は夫の状態に気付けなかった事を悔やみ、以後「子供の親である立場として、夫婦は対等な立場なんだよ」と言葉をかけています。夫婦で肩を抱き合って泣くという事が大事だと気付かされました。質問者さまのご主人が、「自分が妻を支える為にも泣いてはいけない」と思わないよう願っています。

亡くなった我が子に会いたいですよね。
ほんとに会いたいです。そして娘と話がしたい。たまにテレビで、第六感にすぐれている外国の方が出ていますが、もしあのように、亡くなった家族と話せる人がいたら、ぜひ我が家に来て欲しい。…なんてありもしない想像をしてしまいます。


>本当に次に子供を授かる事が出来たら、乗り越えられますか?

私自身、いまだに自分が「乗り越えた」状態であるとは思えません(どういう状態になれば「乗り越えた」になるのか定義も曖昧ですし)。
ただ、確かに次女を授かってからは、より自分の今の生活を思いやれるようになりました。
長女が亡くなって間もなくは、頭の中は長女の事ばかり。家の事は何も手につかず、起こった出来事すべてを長女に結びつけ涙してばかり。
だけど日々暮らしていくうちに、やらなければいけない事(買い物、振込み、冠婚葬祭)に少しずつ目を向けられるようになり、涙の量が減っていき、生活に支障はなくなり。
そうしていくうちに、今後の生活に目を向けられるようになり、感情をコントロールできるようになり(小さい子を見ても激しく落ち込んだりしなくなる)。
そして次女を妊娠すると、今まで長女一色だった頭は長女:次女=50:50になり、妊娠生活を健康に過ごすことに頭を使えるようになり。
次女が生まれ、初めての子育てで頭がいっぱいになっている今、長女の事は大切な大切な思い出となって私の心の中にあります。

この過程を経た今、私は確かに今の生活にしっかり目を向けて過ごす事が出来ている。という事だけははっきり申し上げられます。

子供を亡くしたとき、次の子を作る時期は早すぎないほうが良いと聞きます。
次の子に亡くなった我が子を重ねず次の子として捉えられる自信がついた時が、次の子を作る時期なのだとおもいます。


長くなってしまい申し訳ありません。

最後に、参考になるかは分かりませんが、風呂敷に包んだお骨箱を子供だと見抜いた方(お骨を抱えて行った沖縄旅行で出会った、初対面の方)から、後日に頂いた言葉を貼りますね。


「娘さんはとっても笑顔が素敵でした!
本当は産まれる前に寿命でしたが、
あなたの笑顔が見たくて、がんばって産まれてきたってよ。
でも、すぐ亡くなって、お母さんが毎日悲しんでるのを見て辛かったみたいです。

だから、その日はあなたに笑って欲しくて沖縄へ!
念願の誰からも「愛される娘を夢見たあなた」に娘からのプレゼントです!

願いを叶えたのは娘さん。
そしてママの笑顔をありがとう!
最高のプレゼントをありがとう!と
私に笑いかけてくれました。

わかりますか?娘さんはあなたの笑顔が望みなんです。
「産まれて愛される娘」が彼女の望みではないのです。
優しいあなたの笑顔が好きと言ってましたよ。

で、伝えて欲しいと言っていたのはもうひとつ。
「もうすぐ新しい命がやってくるから、心配しないで!その子の為に笑ってて、もう少し待っててね」ってさ。」

お嬢様の、18ヶ月の人生はとても輝かしいものだった事と思います。
素敵なお母さんお父さんに愛されて、幸せな一生だったと思いますよ。

私は初めての子(長女)を生後2日で亡くしています。
お腹の中で原因不明の難病にかかり、肺が育たず、しかし体はどんどん浮腫み続け。
医師から、これ以上お腹にいさせたら浮腫みで死んでしまうと宣告されました。30週で帝王切開しました。
けれど肺も育っていないため、呼吸(ガス交換)が出来ず、生後2日目の夜に亡くなりました。

原因不明。お母さんのせいではない。周り...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q友達の家族が死んだときなんて言えば・・

この前友達の親が死んでしまいました。
そのことを友達が言ったときなんていったらいいかわからず何もいうことができませんでした。
このような場合、なんていって慰めればいいのでしょうか?

「がんばって」っていうのも違う気がするし、「元気出してね」っていうのも元気が出るわけないのにそんなことをいってしまうと真剣に考えてくれてるのかな?とおもわれてしまいそうです。
「私にできることがあったら言ってね」というのもできることなんかないですし・・
このような時に励ましたり友達の心が少しでも慰められるような言葉を言ってあげたいのですがなんて言えばいいのでしょうか
また皆さんならなんと言って慰めますか?

Aベストアンサー

No.11/13の者です。
再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。

>うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか?
>(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。私のことだけしか考えてくれてないんだな)

あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。
実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、
残された家族は、慰めの言葉なんか耳に入らないほどショックを受けているものです。
訃報を電話で聞いた時に、すぐ体裁のいい慰めの言葉をかけられる方が
不自然な気がします。

お通夜は真っ黒な喪服で行ってはいけない、というのはご存知でしょうか。
訃報を知らされて、お葬式前に慌てて駆けつけるお通夜に喪服で行くという事は、
「相手の死を待っていた、いつ死んでもいいように準備していた」という事に
なってしまうんです。
だからお通夜は、喪章を付けただけの平服(とはいえ派手なのは不可ですが)を
着ていくものなんです。
それと同じで、うまい慰めの言葉をあらかじめ用意しておくなんて、不吉で
不自然な事だと思いませんか?

>私はAさんの家族にあった事がないのでAさんが可哀想っていうきもちなのですが・・これって親身になってませんか?

そんな事ないと思います。
あなたはAさんとお友達であるのですから、Aさんが可哀想っていう気持ちで
あるのはごもっともな事です。
一度でもお会いした事があれば「あんなにお元気そうだったのに・・・」とか
言えると思いますが、
お会いした事も無い友達の家族の死を悼む言葉がすっと出て来ないのは、
当然の事なんですよ。

何度も書きますが、あなたのできる事、あなたがすべき事は、この先Aさんの
お力になってあげられるように努力する事です。

>「私にできることがあったら言ってね」というのもできることなんかないですし・・

「できる事がない」なんて思わず、こういった言葉をかけてあげる事が、Aさんの
心の支えになると思いますよ。

ご参考になれば幸いです。

No.11/13の者です。
再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。

>うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか?
>(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。私のことだけしか考えてくれてないんだな)

あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。
実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、
残された家...続きを読む

Q家族の死を受け入れるには

家族が残り僅かな命を宣告されて、それを受け入れる事ができずに毎日泣いてばかり。
かなりの高齢、しかも寝たきりなのでそろそろ...とはわかっていたつもりでも、いざ直面するとその時が来るのが辛くてつらくて堪りません。

迎える死を受け入れる、気持ちの整理をつけるはどうしたらできるものでしょうか。

(いただいたご回答の返事は遅れるかもしれませんが何卒よろしくお願いします)

Aベストアンサー

私は両親をガンで看取りました。
だからあなたの辛さが痛いほどわかります。

何年たっても家族の死を受け止める事も出来ないし、ずっと無理だと思う。日常生活では「笑ったり、ご飯食べたり、普通に会話」もできます。でも、どこか心の中にいつも家族の死があります。心の闇というか、家族の死に関しては心が凍ったままです。

家族の死を受け入れるというよりも、余命宣告された家族へ今までの感謝の気持ちを込めて精一杯の笑顔でお見送りするしかありません。家族との一日一日を大切にし、旅立つ人が「この子は私が死んだらどうなるんだろう」とあなたを心配しないように泣き顔は見せない事です。

私の両親も娘の私を気遣い、辛い治療の泣き言は言いませんでした。末期の病気になっても娘を気遣う両親の気丈な姿を見て、愛しくて抱き締めたくて、一人になると泣いてました。私も辛かったけど、泣いてばかりだときっと両親は残された私の行く末を心配するだろうな…と泣いてる姿は見せないようにし、元気なふりして乗り切りました。旅立つ家族としては、自分の肉親が泣いてばかりだと「この子は自分が死んだあと一人で大丈夫だろうか?」ときっと心配したまま亡くなって、心残りになると思います。

私はガンと闘う毅然とした親の姿を見ていると、そんな親がとても誇らしく「自分も負けていられないな」と思うようになりました。その親の強い思いが、今の自分を支えているような気がします。ヘタレな私でしたが「親が子供にできる最後の教育」と思い、がん闘病中の親の姿が目に焼き付いて離れません。未だにその気丈な姿に勇気をもらってます。

私は、亡くなった人はきっと自分の生きざまを天国で見ていてくれる。あの世で再会したら「よく頑張ったね」と誉めてくれることを楽しみにして、毎日をすごしています。気持の整理なんて何年たってもできないけど、時々亡くなった人の気配を感じる時があります。だから「見守ってくれてるんだな…見ててね」と恥じない生き方をしようと思ってます。

受け入れる事はできないけど辛い記憶は時間が癒してくれます。ふと…思い出して涙する時もあるけど、きっとあの世で会えると…私は思うようにして毎日を生きてます。

私は両親をガンで看取りました。
だからあなたの辛さが痛いほどわかります。

何年たっても家族の死を受け止める事も出来ないし、ずっと無理だと思う。日常生活では「笑ったり、ご飯食べたり、普通に会話」もできます。でも、どこか心の中にいつも家族の死があります。心の闇というか、家族の死に関しては心が凍ったままです。

家族の死を受け入れるというよりも、余命宣告された家族へ今までの感謝の気持ちを込めて精一杯の笑顔でお見送りするしかありません。家族との一日一日を大切にし、旅立つ人が「この子は...続きを読む

Q家族の死をどう乗り越えたら?

2歳と生後6ヶ月の娘2人の母親です。

私33歳

三年前に、母親を末期癌で亡くしました。娘が産まれる半年前に
天国にいきました。

育児に追われる毎日の中、夜になると辛くなります。
抱かせてあげたかったなー
育児の相談したかったなー
子育てをする中で、さらに
親への感謝の気持が大きくなる中
親孝行できたのかな?なんて
思います。

まわりのママ友達が、産後実家に帰るーなんて話しを聞くと、羨ましく
思えたり、店で孫、おばあちゃん
娘さんと3人で買い物してる姿を目にすると、羨ましく思えたり。羨ましい気持ちを通りすぎ、悲しくなる事もあります。

旦那の親とは、あまり仲良くない為

やはり、お母さんがいたらなー
きっと、凄く孫を可愛がってくれたんだろーなと想像できます。

私は今の旦那と結婚するつもりだったので、末期癌と知って、旦那と話し、結婚式を早めて結婚式だけは
母親に見せてあげれました。
結婚式の10日後に天国にいきました。

今日6月11日、命日です。今日で
4年目に入ります。中々、今だに
受け入れれてないのか?

孫を抱かせてあげたかったなどと
叶わない事ばかりを思ってしまいます。

家族の死を経験した方、大切な人を亡くした方、どう乗り越えてきたか?アドバイスよろしくお願いします。

2歳と生後6ヶ月の娘2人の母親です。

私33歳

三年前に、母親を末期癌で亡くしました。娘が産まれる半年前に
天国にいきました。

育児に追われる毎日の中、夜になると辛くなります。
抱かせてあげたかったなー
育児の相談したかったなー
子育てをする中で、さらに
親への感謝の気持が大きくなる中
親孝行できたのかな?なんて
思います。

まわりのママ友達が、産後実家に帰るーなんて話しを聞くと、羨ましく
思えたり、店で孫、おばあちゃん
娘さんと3人で買い物してる姿を目にすると、羨まし...続きを読む

Aベストアンサー

私は今年33になりますが、数年前に父親を亡くしました。貴方のお気持ちがよくわかります。
私も折に触れあれをしてあげれば良かった、こんなことをしてあげれば良かったと思うことが多くあります。してもらうことばかりで何一つ親孝行らしきことは出来ませんでした。
独身ですので花嫁姿を見せてあげることも叶いませんでしたしね。
でも、亡くなる数週間前でしたでしょうか、世間話のような何でもない話を父としておりました時、何の脈絡もなく「私は、お父さんの娘に生まれて本当に幸せにおもっているのよ」と言いました。父も驚いておりましたが、(そんなことを言う娘ではなかったし、そういう場面でもなかったので)言った私が一番ビックリしました。驚いてはいたものの、あとから母が言うにはとても喜んでいたそうです。今でも父親を思いだし悲しくなる時には、それを心に浮かべ慰めにしております。
花嫁姿を見せて差し上げられたことは、何よりの親孝行だったと思いますよ。
年月が流れても悲しむ気持ちが消えるわけではないと思いますが、自分も年をとるわけで、悲しみも形を変えていくのではないでしょうか。
そして、自分が真っ当に人生を歩んでいくのが何よりの供養になるのではと思っております。
ご自分で築かれた家庭を大切になさることが、お母様もお喜びになることと思います。

私は今年33になりますが、数年前に父親を亡くしました。貴方のお気持ちがよくわかります。
私も折に触れあれをしてあげれば良かった、こんなことをしてあげれば良かったと思うことが多くあります。してもらうことばかりで何一つ親孝行らしきことは出来ませんでした。
独身ですので花嫁姿を見せてあげることも叶いませんでしたしね。
でも、亡くなる数週間前でしたでしょうか、世間話のような何でもない話を父としておりました時、何の脈絡もなく「私は、お父さんの娘に生まれて本当に幸せにおもっているのよ」...続きを読む

Q身近な人の死を体験した人の心理状態

親友が先月、母親を病気で亡くしました。

1ヶ月ほどたった昨日、突然メールが来て、「人は何のために死ぬんだろう?」と一言だけ書いてあり、私は「生命の重さと愛の深さを伝えるため」ということなどを含め、丁寧に返信してあげました。

すると、「ありがとう。救われた気がする」という返信は来たのですが、ちょうど私がメールを送信した頃に途中まで打っていたというメールを、あとで参考のために送信してきたのを見て、驚いてしまいました。

そこには、「母親の闘病生活の中で、医者から覚悟しておいたほうがいいと言われて、その時点で生命の重さは十分に分かったはずなのに、なぜ私だけがこんな目にあわなければいけないの?世の中にたくさんいる犯罪者や親不孝者が、なぜのうのうと生きているの?その人たちこそ悲しみを味わうべきよ!」という内容のことが書いてありました。

たまたま私が先に送ったメールで落ち着いたというものの、世間に対する恨みや怒りが湧き上がってくるのは、感情的になりすぎているような気がしました。
何より、自分だけが不幸だと思う感情にさいなまれている彼女がかわいそうでなりません。

世の中にはもっと不幸な人が大勢いるのに、自分だけが不幸に思えるようです。

大切な人を亡くしてしまうと、こういう心理状態になってしまうものなのでしょうか?
だとすれば、私にできることって何なんでしょう?

親友が先月、母親を病気で亡くしました。

1ヶ月ほどたった昨日、突然メールが来て、「人は何のために死ぬんだろう?」と一言だけ書いてあり、私は「生命の重さと愛の深さを伝えるため」ということなどを含め、丁寧に返信してあげました。

すると、「ありがとう。救われた気がする」という返信は来たのですが、ちょうど私がメールを送信した頃に途中まで打っていたというメールを、あとで参考のために送信してきたのを見て、驚いてしまいました。

そこには、「母親の闘病生活の中で、医者から覚悟してお...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
18歳の時に父親を亡くしました。(6年前)ですので、経験者として回答させていただきます。

さて、ご友人に対してpuentedecorazonさんがしてあげられることについてですが、ご友人の心の状態をしっかり見つめて支えていくことが今は大切なんじゃないんでしょうか?
できれば
>何より、自分だけが不幸だと思う感情にさいなまれている彼女がかわいそうでなりません。
>世の中にはもっと不幸な人が大勢いるのに、自分だけが不幸に思えるようです。
というような気持ちは押えて、彼女の不安定な感情を受け止めてあげてほしいな、と思います。

もしもpuentedecorazonさんが「世の中にはもっと不幸なひともいるんだよ?」とご友人に説明しても、「そうか、私はまだまだ幸せなほうなんだ。」とは思わないと思います。
むしろ「やっぱり私にしかこの気持ちは分からないんだ」と、心を閉ざしてしまう可能性もあります。
実際、私はそうでした。

私の父も9ヶ月の闘病生活の上で亡くなりました。心構えもしっかりできていたつもりです。
でも、父の心臓が止まった瞬間のことは未だに忘れられません。
足元が本当に崩れて、自分が砂になってボロボロこぼれてるような感覚でした。
悲しい、なんてものじゃ表現できないような感情なんです。
その時の感情は。。。やっぱり表現できませんね。不安や怒り、悲しみ、ものすごく辛い気分になったり、投げやりな気分になったり…とにかくいろんな感情が渦巻いていたような気がします。
私の弟は、父に対して怒りをぶつけていました。
感情をどう表現したらいいのか分からなかったのでしょう。「死にやがって!」と言いながら、よく壁を殴っていました。

>たまたま私が先に送ったメールで落ち着いたというものの、世間に対する恨みや怒りが湧き上がってくるのは、感情的になりすぎているような気がしました。
普段はそうでないご友人が、世間に対し恨みや怒りを抱いてしまうということは、それだけ悲しくて仕方がないのだ。とは思えませんか?
ご友人の話を心から聞いてあげてください。それがどんなに理不尽な事を言っていても、です。
私は、そうやって話を聞いてくれた友達のおかげで立ち直ることができました。

失礼な事も申し上げたかもしれません。お気を悪くなさらないでください。
参考にしていただけたら幸いです。
puentedecorazonさんも、ご友人のためにがんばってあげて下さい。

こんにちは。
18歳の時に父親を亡くしました。(6年前)ですので、経験者として回答させていただきます。

さて、ご友人に対してpuentedecorazonさんがしてあげられることについてですが、ご友人の心の状態をしっかり見つめて支えていくことが今は大切なんじゃないんでしょうか?
できれば
>何より、自分だけが不幸だと思う感情にさいなまれている彼女がかわいそうでなりません。
>世の中にはもっと不幸な人が大勢いるのに、自分だけが不幸に思えるようです。
というような気持ちは押えて、彼女の不安...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング