Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

日銀の植田総裁は、金利をどこまで上げてもいいと、思っているんでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 残高の全てに、利上げの増分が等しくかかるわけではないんじゃないですか?それでも利払い費がかなり増えることに、さほど変わりないでしょうが。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2023/11/27 13:11

A 回答 (3件)

国債は、償還額よりも更に発行している国債額の方が多い


つまり国が自転車操業しています
長期国債でも10年です

金利ゼロの今でさえ雪だるま式に増えているのに
更に金利が加算されれば・・・恐ろしい

北海道の夕張市は12年前に破綻しました
農家など土地を使う人はは逃れれませんが
市外に仕事が有る人は夕張市を離れました
人口が減っているのに国から借りた借金は減りません

日本も海外で仕事ができる人は逃げるでしょうね

日本は国ですから破綻はしませんが
国民が頑張って利息や元金を払わなければなりません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しく教えていただき、お二方とも、ありがとうございました!

お礼日時:2023/12/04 18:56

金利はそのときどきの経済情勢に応じて調節されるものですので。

植田総裁の最新の発言が「思っていること」です。
    • good
    • 0

1%以下でしょうね



国債残高1300兆円の利息1%で13兆円
消費税1%が3兆円だとすると消費税4%強が国債残高の利息で消えます
2年後には消費税は15%にする必要があります

大阪万博や減税でせっかく集めた税金をばら撒きますので
どのタイミングで何を増税するか岸田総理は
ハッキリさせていませんが、間違いなく増税は必須です
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A