電子書籍の厳選無料作品が豊富!

表現を見た。なにがちがうの?

A 回答 (2件)

例えば、 xy平面上の領域D で定義された関数f(x,y) の積分は、


2次元の面素を ds として ∬[D] f(x,y) ds と書けます。これが重積分。
D が、xy 座標を使って a ≦ x ≦ b, u(x) ≦ y ≦ v(x) と書けたとしたら、
∬[D] f(x,y) ds = ∫[a,b] ∫[u(x),v(x)] f(x,y) dy dx になります。
こちらの右辺が 累次積分。
ds のことを dxdy と表記してしまうこともあるから
見た目がややこしいのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

ありがとうございます ;)
よかたらインスタ交換しませんか?

お礼日時:2024/05/30 10:34

重積分というのは、積分を受ける微小量や積分領域が


高次元であるような積分のこと。
それを「累次積分になおす」というのは、一次元の積分の
反復によって表示するという意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

なるほど?ありがとうございます☻ でも、
・高次元は3次元からですか?
・一次元の反復は具体的にないにをいみしてますか?
∫(∫dx)dyのようなことを想像してますか?

お礼日時:2024/05/29 20:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A