本法、施行令、施行規則及び附則の違いについて
ご教示下さい。

 改正はどこの位置(国会、閣議等)でやるのか等・・・
素人です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

既に回答されている通りですので,少しだけ補足しておきます。



法令の種類としては,north073さんの回答にあるように「法律」-「政令」-「省令」となり,そのうちある特定の法律の施行に関わる細則を定めた政令の名称が「○○法施行令」で,同じく省令が「○○法施行規則」となります。

内容的な違いとして,政令は法律の委任がない限り罰則を設けてはいけないことになっています(憲法第73条6号)。
委任とは,○○法の中に「……した者は,これを罰する。罰則の内容は政令で定める。」のように書かれていれば可能ということです(ただ実例は見たことがありません。あったとしても稀でしょう)。
たとえば,道路交通法の場合,信号機の意味などいろいろと細かい規定は施行令や施行規則に委ねていますが,罰則規定は「何円以下の罰金」とか「何年以下の懲役」などの量刑を含めて,すべて本法で定めています。
刑罰規定は国民の権利を制限するものなので,国会の審議を経たほうがよいという考えなのでしょう。

憲法の条文には,省令についての規定はないのですが,政令でもダメなのだから,おのずと省令でも許されないものと一般には考えられています。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。
自分で勉強したらいいのですが、なかなか時間がなくて・・・

意味はとてもわかり易かったですありがとうございます。

お礼日時:2001/09/24 03:01

法律は国会が、施行令(政令)は内閣が、施行規則(省令)は各省大臣が、それぞれ制定・改正します。


(改正というのも、「○○法の一部を改正する法律」「○○法施行規則の一部を改正する省令」を制定するということですから)

附則とは、法律、政令、省令のいずれにも付けられるもので、その法令の施行日、施行にあたっての経過措置、その法令に関連する他の法令の改正等を定めるものです。
この制定・改正も、普通の法律、政令、省令と同様の手続で行われます。

なお、「本法」というのは、関連法律や施行令、施行規則との関係で元になる法律を指して使われる言葉ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2001/09/24 02:56

本法


⇒法律のため国会で制定
 改正は国会で決定される

施行令
⇒政令のため政府で制定
 改正は閣議で決定される

施行規則
⇒省令のため各省庁で制定
 改正は…わかりません^^;
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
もう少し自分でも調べてみます。

お礼日時:2001/09/24 02:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q規定、規則、細則

会社の規定を作成しておりまして指摘をうけたのですが会社の規定で
私は
規定-規則-細則 と思っていたのですが
規則-規定-細則 という声がありました
正式にはどうなのでしょうか?
何か法的に決まってますか?
いろいろ調べてみたのですが確証がないのでどなたかご教授下さい
出来れば参考になるHP等あれば幸いです
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

NO.1です。
まず、「規定」と「規則」は、基本的に同じものの「言葉違い」と考えても良いと思います。
社内の制度上の「決まり」「ルール」・・・条項単位であらわされた「考え方」を「規定」あるいは「規則」と呼びます。

これをひとつの制度に係る「規定条項」を体系付けて文書としてまとめたものが、○○制度の規定の「本則」あるいは「準則」、「細則」と呼ばれます。
「本則」は総括的な条項をまとめた文書で、本則の中の特定の章や条項の内容を詳しく規定した文書が「準則」、さらに準則の中の章や条項の運用の仕方等の細目を定めた文書が「細則」です。

ただし、社内で使う時は、○○制度の「本則」とか「準則」とかいう呼称では使いにくいので、それぞれの会社ごとに「規定管理」に関する規定を定めて、
例えば、本則については○○「規程」、準則については○○「規則」、細則二ついては○○「要領」というように、文書の呼称のルールを決めて運用しているということです。

例えば、人事制度に関する社内規定を事例に説明すると・・・、
人事管理に関する本則を「人事管理規程」とし、
人事管理規程の中の人事評価に関する条項の詳細を準則としてまとめて「人事評価規則」とし、
人事評価規則の中の実施細目を細則としてまとめて「人事評価実施要領」とする、というようなことです。

そこで、御社の場合、「規則」の呼称の方が「規程」よりも上位概念にあるという意見が強いのであれば、
「規則」を本則とし、「規程」を準則としても良いということです。

NO.1です。
まず、「規定」と「規則」は、基本的に同じものの「言葉違い」と考えても良いと思います。
社内の制度上の「決まり」「ルール」・・・条項単位であらわされた「考え方」を「規定」あるいは「規則」と呼びます。

これをひとつの制度に係る「規定条項」を体系付けて文書としてまとめたものが、○○制度の規定の「本則」あるいは「準則」、「細則」と呼ばれます。
「本則」は総括的な条項をまとめた文書で、本則の中の特定の章や条項の内容を詳しく規定した文書が「準則」、さらに準則の中の章や条項...続きを読む

Q法、施行令、施行規則、附則の読み方を教えてください。

法、施行令、施行規則、附則の読み方を教えてください。
仕事で法律を読む必要があるときがあります。
しかし、知りたいポイントを探しても、何々第何条の定めるところ等のように別のもの(施行令?、施行規則?、附則?)を読む必要があることが多く、それがうまく探せず、結局分からずじまいということがあります。
法律を読む際のポイントなどを教えてください!

Aベストアンサー

>法、施行令、施行規則、附則の読み方を教えてください。

 一般的には(施行)令は政令(内閣が閣議決定で制定する。)、(施行)規則は、その法律を主管する省庁の大臣が定める命令(省令)であることが多いです。例えば、不動産登記法(国会で制定した法律)に関して言えば、不動産登記令が政令、不動産登記規則が省令(法務省令)になります。
 また、附則は、法律にも政令にも省令にもあり得ますが、適用に関する経過措置が規定されていることが多いです。(特に法改正がある場合、改正後の法令が適用されるのか、それても従前の法令が適用されるのか附則で定めるのが通例です。)
 以上がおおざっぱな説明ですが、条文を一から読むより、その分野の法律に関する専門書や専門誌をお読みになられた方がよいです。通常、参照すべき条文が書いてありますから、それから六法を引いた方が早いと思います。
 また、民法や商法等といった一般的な法律ではなく、ある特定の分野の法律(特に行政法規)であるのであれば、一般的な六法全書ではなく、「登記六法」、「環境六法」、「建設六法」といった特定の分野の六法全書の方が関連する条文を探しやすいでしょう。

>法、施行令、施行規則、附則の読み方を教えてください。

 一般的には(施行)令は政令(内閣が閣議決定で制定する。)、(施行)規則は、その法律を主管する省庁の大臣が定める命令(省令)であることが多いです。例えば、不動産登記法(国会で制定した法律)に関して言えば、不動産登記令が政令、不動産登記規則が省令(法務省令)になります。
 また、附則は、法律にも政令にも省令にもあり得ますが、適用に関する経過措置が規定されていることが多いです。(特に法改正がある場合、改正後の法令が適用されるのか、それて...続きを読む

Q規則、規程、規定、準則、何か違いや順番があるのですか。

社内規則を策定中です。
規則、規程、規定、準則、何か違いや順番があるのですか。教えてください。

Aベストアンサー

規則=(従業員が)守らなければならないこと
 例:従業員規則 兼業禁止、秘密保持義務など規則に違反した場合は減給や免職などのペナルティが課せられる場合がある。

準則=行動の規範(規則の下位概念)

 例:総務課被服準則 男子職員は背広に白色ワイシャツとし、ネクタイを着用すること。 女子職員は・・・など、違反しても直ちにペナルティは課せられないが、従業員としてあるべき姿を示すルール。

規定、規程=計算等の基準となるルール
 例:退職金(通勤手当、弔慰金)支給規程など

規定と規程は同義に用いられることもあるが、併用する場合には規定が一般的なルールを示す上位概念で、規程がより細かく具体的なルールを示す下位概念とされることが多い。

例:退職金支給規定:勤務年数が○年以上の者が定年退職または勧奨退職するときは、勤務年数に応じた退職金を支給する。

例:退職金規程:採用時に30才を超えていた場合で、前職の経験年数が○年以上ある者は、その○○パーセントを当社における勤務年数として算出する。

といった感じでしょうか。

Q施行令、施行規則、通達の効力発生までの流れ

施行令、施行規則、通達について、

これらの案から効力発生までの具体的な流れを教えてください。

また、これらはいつでも発せられることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

>これらはいつでも発せられることができるのでしょうか?
法令の改正の都度、その都度改正します。「○○年○月○日から施行する」と定めて公布します。

と書きましたが、「或いは、与えられた権限内で必要に応じて」が抜けました。失礼しました。

施行令、施行規則の改正案は、社会情勢の変化と共に国民の国に対する要望・期待或いは品質の向上・環境基準等の厳格化に伴い各種の規格の数字を緩和或いは厳格化する必要に応じて検討・作成します。

その際よく委員会や審議会を通して案を練り、方針が決まったらそれを実現するため施行令や施行規則にして1に書いたようにして施行します

Qギリシア語の固有名を、英語のスペルで発音するときのアクセントの規則を教

ギリシア語の固有名を、英語のスペルで発音するときのアクセントの規則を教えてください。

お世話になっています。

今、アエネーイスの英語訳を読んでいるのですが、
音読すると、ギリシア語原典から来る固有名の発音でひっかかってしまいます。

アクセントをどこに置くかは、おそらく、ギリシア語の発音規則にしたがっているのだと推測します。

ギリシア語の発音の規則と関連して、英語になおされた固有名の発音規則があったら、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

ギリシャ・ローマ人名辞典の類いを見れば英語でのアクセントの位置は書いてあります。古典語を学ぶという目的でなければこれで十分です。
http://www.ancientlibrary.com/smith-bio/0039.html

アエネーイスのRobert Fagles訳(Penguin Classics)には巻末に膨大な人名リスト(アクセント位置付き!)が付いています。英語圏の人も苦労するみたいです。

さて、英語での古代人名のアクセントはラテン語のアクセント位置の規則に従います。
http://www.kitashirakawa.jp/taro/latin20.html

ここで問題になるのがラテン語で「後ろから二番目の音節が長いか短いかをどうやって見分けるか」ということですが、結局のところラテン語の辞書を引くというのがその答えです。

ラテン語は母音の長短を区別する言語です。ギリシャ語も母音の長短は区別されます。そしてギリシャ系人名の場合ラテン語で書かれたものでもギリシャ語での母音の長短が保たれます。その場合残るのは「母音の長短」であってギリシャ語でのアクセント位置は考慮されません。ギリシャ語ではアクセント規則は複雑で多くの単語がその語固有のアクセント位置を持っています。

ギリシャ語では、文学ジャンルによっては韻律の都合(metri gratia)で長短が違ってくるということがままあります。叙事詩だとΑινειαs(アイネイアースAineias)なのに演劇だと同じ人物がΑινεαs(アイネアース)と呼ばれます。ヒッポリュトス(叙事詩):ヒッポリュートス(劇)などの例は少なくありません。それぞれそのままラテン語化するとAeneas(アエネーアース アクセントは第一音節)/Aeneas(アエネアース アクセントは第二音節)、 Hippolytus (ヒッポリュトゥス アクセントはポ)/Hippolytus(ヒッポリュートゥス アクセントは「リュー」)ということになります。さて問題。これらをそれぞれ英語式に発音したらどうなるでしょう。

叙事詩の韻律が音楽に例えるとマーチであるのに対し、演劇の俳優のセリフはワルツです。だからこんなことが起きるのです。

英語として発音する限り、人名辞典に載っているアクセント位置でまず問題ないと思います。ただし辞書と違うアクセントを見聞きすることはあると思います。間違い、勘違いのこともありますが、発音規則が一筋縄でいかない背景に上記のことがあるのを知っていただければ幸いです。

ギリシャ・ローマ人名辞典の類いを見れば英語でのアクセントの位置は書いてあります。古典語を学ぶという目的でなければこれで十分です。
http://www.ancientlibrary.com/smith-bio/0039.html

アエネーイスのRobert Fagles訳(Penguin Classics)には巻末に膨大な人名リスト(アクセント位置付き!)が付いています。英語圏の人も苦労するみたいです。

さて、英語での古代人名のアクセントはラテン語のアクセント位置の規則に従います。
http://www.kitashirakawa.jp/taro/latin20.html

ここで問題になるのがラ...続きを読む

Q施行令と施行規則

法律は専門外なのですが、仕事の関係上、法令要覧等を読んでいると、法律に合わせて施行令、施行規則なるものが記載されています。施行令、施行規則とは何なんでしょうか。何となくは解るのですが、はっきり定義できません。識者の方々、ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 法律は、国会で制定されるものですが、法律をうまく機能させるためや、法律で規定しきれなかった細かい事柄を明らかにするために、内閣(政府)が出す命令を政令といい、この政令のことを、施行令といいます。
 また、同様に、各省庁の大臣が出す命令(省令)が施行規則です。
 法律は、国会で制定されるものですから、たとえほんの少しでも改正するためには、国会の審議を経て、可決される必要があります。そこで、しょっちゅう変更することが必要な毎年かわる数値などや、非常に細かい事柄は、施行令や施行規則にしてしまうことによって、内閣や大臣の判断で改正できますから、煩雑な手続きが不要となるという利点があります。
 しかし、勝手に施行令や施行規則が作られては困りますから、これらは必ず、法に基づいて制定されなければならないことになっています。

Q就業規則・社内規定について

正社員約50名パート約250名の会社です。有限会社から株式会社に10年ほど前になりそのときに作成した就業規則を見直し作成することになりました。また合わせて社内規定も作成することになりこちらは全くありません。イチから作成しなければなりません。
社内規定はどこから?どの部分から作成すればよいの
でしょうか?社内に詳しいというか作成したことのあるひとが居ない為分かりません。
また管理職などはタイムカードは使っておらず規定をを作成するとしたら
そういったことも規定に盛り込まなければならないと思うのですが何規定
に盛り込めばよいのでしょうか?管理職のタイムカードを使用していない場合の参考文章などを教えて頂きたいです。
そして就業規則は古いものですがあるので今度新たに見直す場合は改定(10月1日に改定)という様な文面で良いのでしょうか?
社内規定はイチから作成するために制定で良いのでしょうか?
ご回お待ちしております。

Aベストアンサー

下記のサイトなど参考になるのではないでしょうか。

http://www.rakucyaku.com/Koujien/F

参考URL:http://www.rakucyaku.com/Koujien/F

Q施行令や施行規則とは?

廃棄物処理法を調べていたら、
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
ずらずらと関連法令が出てきました。
このHP上で施行令や施行規則というのは、どういう扱いなのでしょうか?
ともに国会で決めずに、省庁で決めたことでしょうか?
廃棄物処理法を調べる(どういったモノが産廃になるかなどを調べる)場合はどの法律・施行令を見たらよいのでしょうか?専門家ではないので、さっぱりわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まず,全体的な話から…

◇法令
・「法令」という言葉を聞かれたことがあると思いますが,これは「法律」と「命令」を合わせた言葉です。
 「法律」+「命令」=「法令」という訳です。

・次に,「命令」は二つに分かれます。「政令」と「省令」です。
 この「政令」が「…法施行令」,「省令」が「…法施行規則」と呼ばれているものです。

◇「法律」と「命令」の関係
・簡単に書きますと,「法律」の内容を少し詳しく決めたものが「命令」です。

・「命令」は制定にあたり,国会での議決が必要ありません。
 「政令」は内閣の総理大臣,「省令」は所管大臣の権限で制定できます。

・つまり,ある法律にとって基本的な内容はなく,ころころ変わるような事は国会の議決が不要な「命令」で決めて,ある程度,柔軟に法律が運用できるようにしている訳です。

----------------
 以上から,ご質問についてですが,

>このHP上で施行令や施行規則というのは、どういう扱いなのでしょうか?
ともに国会で決めずに、省庁で決めたことでしょうか?

・上記のとおりです。

>廃棄物処理法を調べる(どういったモノが産廃になるかなどを調べる)場合はどの法律・施行令を見たらよいのでしょうか?

・産業廃棄物とは,「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第2条第4項に定められている,次に掲げる廃棄物をいいます。
1. 事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物
2. 輸入された廃棄物(船舶及び航空機の航行に伴い生ずる廃棄物(政令で定めるものに限る。「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」第15条の4の3第1項において「航行廃棄物」という。)並びに本邦に入国する者が携帯する廃棄物(政令で定めるものに限る。同項において「携帯廃棄物」という。)を除く。)

・上記「1」の政令とは「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」のことで,その第2条に産業廃棄物を次のとおり定めています。

(産業廃棄物)
第2条 法第2条第4項第1号の政令で定める廃棄物は、次のとおりとする。
1.紙くず(建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴つて生じたものに限る。)、パルプ、紙又は紙加工品の製造業、新聞業(新聞巻取紙を使用して印刷発行を行うものに限る。)、出版業(印刷出版を行うものに限る。)、製本業及び印刷物加工業に係るもの並びにポリ塩化ビフェニルが塗布され、又は染み込んだものに限る。)
2.木くず(建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴つて生じたものに限る。)、木材又は木製品の製造業(家具の製造業を含む。)、パルプ製造業、輸入木材の卸売業及び物品賃貸業に係るもの、貨物の流通のために使用したパレット(パレットへの貨物の積付けのために使用したこん包用の木材を含む。)に係るもの並びにポリ塩化ビフェニルが染み込んだものに限る。)
3.繊維くず(建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去に伴つて生じたものに限る。)、繊維工業(衣服その他の繊維製品製造業を除く。)に係るもの及びポリ塩化ビフェニルが染み込んだものに限る。)
4.食料品製造業、医薬品製造業又は香料製造業において原料として使用した動物又は植物に係る固形状の不要物
4の2.と畜場法(昭和28年法律第114号)第3条第2項に規定すると畜場においてとさつし、又は解体した同条第1項に規定する獣畜及び食鳥処理の事業の規制及び食鳥検査に関する法律(平成2年法律第70号)第2条第6号に規定する食鳥処理場において食鳥処理をした同条第1号に規定する食鳥に係る固形状の不要物
5.ゴムくず
6.金属くず
7.ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴つて生じたものを除く。)及び陶磁器くず
8.鉱さい
9.工作物の新築、改築又は除去に伴つて生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物
10.動物のふん尿(畜産農業に係るものに限る。)
11.動物の死体(畜産農業に係るものに限る。)
12.大気汚染防止法(昭和43年法律第97号)第2条第2項に規定するばい煙発生施設、ダイオキシン類対策特別措置法第2条第2項に規定する特定施設(ダイオキシン類(同条第1項に規定するダイオキシン類をいう。以下同じ。)を発生し、及び大気中に排出するものに限る。)又は次に掲げる廃棄物の焼却施設において発生するばいじんであつて、集じん施設によつて集められたもの
イ 燃え殻(事業活動に伴つて生じたものに限る。第2条の4第7号及び第10号、第3条第3号ヲ並びに別表第1を除き、以下同じ。)
ロ 汚泥(事業活動に伴つて生じたものに限る。第2条の4第5号ロ(1)、第8号及び第11号、第3条第2号ホ、第3号ヘ及び第4号イ並びに別表第1を除き、以下同じ。)
ハ 廃油(事業活動に伴つて生じたものに限る。第24条第2号ハ及び別表第5を除き、以下同じ。)
ニ 廃酸(事業活動に伴つて生じたものに限る。第24条第2号ハを除き、以下同じ。)
ホ 廃アルカリ(事業活動に伴つて生じたものに限る。第24条第2号ハを除き、以下同じ。)
ヘ 廃プラスチック類(事業活動に伴つて生じたものに限る。第2条の4第5号ロ(5)を除き、以下同じ。)
ト 前各号に掲げる廃棄物(第1号から第3号まで及び第5号から第9号までに掲げる廃棄物にあつては、事業活動に伴つて生じたものに限る。)
13.燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、前各号に掲げる廃棄物(第1号から第3号まで、第5号から第9号まで及び前号に掲げる廃棄物にあつては、事業活動に伴つて生じたものに限る。)又は法第2条第4項第2号に掲げる廃棄物を処分するために処理したものであつて、これらの廃棄物に該当しないもの

http://www.houko.com/00/02/S46/300.HTM

参考URL:http://www.houko.com/00/02/S46/300.HTM

 こんにちは。

 まず,全体的な話から…

◇法令
・「法令」という言葉を聞かれたことがあると思いますが,これは「法律」と「命令」を合わせた言葉です。
 「法律」+「命令」=「法令」という訳です。

・次に,「命令」は二つに分かれます。「政令」と「省令」です。
 この「政令」が「…法施行令」,「省令」が「…法施行規則」と呼ばれているものです。

◇「法律」と「命令」の関係
・簡単に書きますと,「法律」の内容を少し詳しく決めたものが「命令」です。

・「命令」は制定にあたり,国会...続きを読む

Q就業規則の転勤規定

転勤の内示を断ったため減給されます。
いろいろ調べていくうちに、就業規則に転勤を命じる旨の記述がなければ無効にできるかもと思い至りました。
当社の就業規則には一般的な「業務上の理由により配置転換を命じる」などという記述ではなく、
以下の「転勤に関する規定」というものが存在しています。

転勤に関する規定
第1条 (目的)本規定は社員の転勤に関する事項について定めるものとする。
第2条 (転勤)社命により採用事業所から通勤不可能な他事業所への勤務地移動を転勤という。
    採用事業所からの転勤を赴任といい、その逆を帰任という。
第3条 (休暇)転勤時に次の特別休暇を与える。この休暇は着任日をはさんで前後15日以内に分割しても可。
(後略)

これも労基法上有効な「転勤を命じる規定」になるのでしょうか?
元々後輩が転勤を打診段階で拒否して私に回ってきた話で、後輩はお咎めなし、私は減給という会社の仕打ちに憤慨しています。

就業規則の「懲戒」の欄には
・会社の経営方針に反する行為をし、または会社に不利益の行為があったとき
・職務上の義務に背きまた職務を怠ったとき
(中略)
・その他、就業規則に違反したるとき

とあるので、抗議するだけ無駄かとは思うのですが、でも……。

転勤の内示を断ったため減給されます。
いろいろ調べていくうちに、就業規則に転勤を命じる旨の記述がなければ無効にできるかもと思い至りました。
当社の就業規則には一般的な「業務上の理由により配置転換を命じる」などという記述ではなく、
以下の「転勤に関する規定」というものが存在しています。

転勤に関する規定
第1条 (目的)本規定は社員の転勤に関する事項について定めるものとする。
第2条 (転勤)社命により採用事業所から通勤不可能な他事業所への勤務地移動を転勤という。
    ...続きを読む

Aベストアンサー

「私には単身赴任を言い渡しました。私は年老いた母と二人暮らしで、母の世話をするため単身赴任はできません。」

 という事情ですから、減給処分が違法となる可能性が十分にあります。転勤命令自体は一般論として会社の裁量としても、労働者側に応じられない正当な理由がある場合は、転勤命令は権利の濫用となり、処分は違法となります。

Q施行令と施行規則

お世話になります。

法律に付随して、「~施行令」「~施行規則」があると思いますが、
それぞれの内容の違いについて教えてください。
・・・といったものは施行令に挙げる、
・・・といったものは施行規則に挙げる
など、どちらに属するかの判断基準のようなものはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

とても難しい問題ですが、あえて単純に。
法律であまりに細かいことを決めてしまうと法律改正が必要なので大変です。
そこで政令に委任しておきます。
経済状況や社会情勢が変わったときに臨機応変に対応できるようにです。
その政令自体がいつから効力を発生させるかも大きな点です。
それを規則で決めたりしてます。

法律で政令に委任する。
委任された政令君は、じゃこういうことでと規定する。
その政令君の言った事がいつから効力を発生するかを規則で決める。
「そんなに単純に説明したらあかん。違うぞ」という意見があると思いますが、こんな感じで把握されたらどうかなという意見としてです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング