【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

大学の教職の授業で、教育に関する本を読んでレポートを書かなくてはならないのですが、読みやすく、レポートの書きやすいおすすめの本を教えてください。これは小説でもいいということなので、おすすめの小説も教えて下さい!よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私もNo.2の方がおすすめする、


灰谷健次郎さんの「天の瞳」や「兎の目」が、
読みやすく、内容も深いのでいいと思います。

小学校の先生のころの体験を下に、
"子ども"について書いてあるものが多く、
教育という観点からだけでなく、人生そのものについて、
深く学べるものがあります。

私は、灰谷健次郎さん最後の作品である「天の瞳」の方が好きです。

参考URL:http://book.togenoko.com/2007/04/_1_1.php
    • good
    • 0

教育関係の本は科学的根拠にもとづかないで、熱い思いを語っている本が多いですね。


科学に基づいた本で平易なのは、

勉強法が変わる本 : 心理学からのアドバイス (155)
市川伸一著 -- 岩波書店, 2000.6, xii, 198p. -- (岩波ジュニア新書 ; 350)

心理学から学習をみなおす (95)
市川伸一著 -- 岩波書店, 1998.4, x, 120p. -- (岩波高校生セミナー ; 2)

新・コンピュータと教育 (430)
佐伯胖著 -- 岩波書店, 1997.5, iii, 199p. -- (岩波新書 ; 新赤版 508)

読書の発達心理学 : 子どもの発達と読書環境 (127)
秋田喜代美著 -- 国土社, 1998.3, 199p.

あたりでしょうか。
    • good
    • 0

小説なら灰谷健次郎さんの作品でしょう。

「兎の目」とか「天の瞳」シリーズとか。
ご自身が小学校の先生をされていたこともあり、小学生ぐらいの子が主人公のものが多いですが、教育的な内容が多々含まれています。
    • good
    • 0

初めまして、大学院で教育学を専攻しています。


教育に関する本なんて、沢山あります。
素直に、自分の興味・関心があるものを読まれたらいかがでしょうか。
教職を取ってるのなら、どの種類の教員免許を取得予定なのか、また、その対象となる年代はいくつなのか。
例えば、中学社会の免許でしたら、中学校の歴史教科書問題を扱った本など、沢山出ています。
それらの中で、自分が面白そうだと思った本を見つける努力を、図書館やネットを駆使してしてください。

あえて、助言を言うなら、読みやすい=レポートが書きやすい、というのは、難しい問題です。
読みやすいものでしたら、岩波新書、中公新書などの新書の類は専門書ではないので、それでいいでしょう。ただ、それで、レポートを書く、ということになると別問題の難しさが存在します。

さらに、小説になると、それこそ、なんでもあり、でしょう。「教育」という事象は、社会の隅々にまで、張り巡らされているからです。一時期、教育=学校教育と捉える向きが多かったですが、現在では、企業内での社員教育や、公民館などの社会教育も広く教育に含まれる事象として研究の対象になっています。ですので、適切な小説を教えるなどは不可能です。それでも、あえて言うのであれば、

橋本治著『勉強ができなくても恥ずかしくない (1)』ちくまプリマー新書
これは、シリーズとして3冊出ていますが、1冊でも充分でしょう。

吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』岩波文庫

などが、僕のオススメになります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教育問題に関する本を知りたいです。

私は現在教員志望です。
勉強も大変なのですがやっぱり息抜きには読書が一番だと思っています。
そこで、本を読むのが好きなのですがどうせ本を読むのなら教育に関わる本を読もうと思っています。
しかしながら余りそういう関係の本を読んだことがないのでどういう本がよいものなのかが分かりません。
教員を目指すならこういう本を読むといいよというものを教えてください。
いじめ、不登校、LD、ADHD、自閉症、差別問題、学級崩壊、etc・・・
希望したいことは回答者様が「おもしろい」(不謹慎かな?)「興味深い」と思ったものでお願いします。
(教育の本と呼んでいいかどうかは分かりませんが夜回り先生やヤンキー先生の本などくらいは読んだことがあります。)
それでは解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 先ほどはややシリアスな本ばかりでしたが、少し前向きな本を紹介しましょうね。
●「学校崩壊なんてさせてたまるか」小川義男著 致知出版社
●「親と教師が少し楽になる本」 佐々木賢 北斗出版
●「やる気を引き出す教師の力量」 松田壮吉著 一光社

 さきほどの参考URL間違っていました。失礼しました。 


 

参考URL:http://www.geocities.jp/ijimedayo/

Qバイト先に用があって電話するときの出だしの挨拶

バイト先になにか用があって電話するときの出だしの挨拶はなんていったらいいですか?
いろいろな人の意見をください

Aベストアンサー

既に回答出てますが。。。

「お疲れ様です」
ですかね。

もちろん、ちゃんと自分の名前は名乗りましょうね-w-

「お疲れ様です。バイトのjisaku_xpです。」とか。
もちろん、バイト先で電話に出る人が不特定多数で、上記の一言だけでは「うちでバイトしている人か」と分からない場合はもう一言ぐらい付け加えて言うほうが親切だと思いますけどね。


まぁ、社会に出てからも大体は「お疲れ様です。」なので(もちろん、取引先~にそんなこと言ったら何だこいつは。と思われますが。
覚えておいて損はないと思いますよ-w-

Q教師や学校がテーマの小説

一年ほど前にも同じような質問がされていましたが、今回は内容を絞って質問させていただきます。また、この間に新しい本も発行されていることを期待しています。

タイトルの通り、教師や生徒が主人公で、学校を舞台とするような小説を探しています。今まで読んだものは、
・「スキップ」 北村薫 (新潮社)
・「学校のセンセイ」 飛鳥井千砂 (ポプラ社)
・「ガッコの先生」 小松江里奈 (角川文庫)
・「けっぱり先生」 山口瞳 (新潮社)
・「5年3組リョウタ組」 石田衣良 (角川文庫)
・「鈴木先生」 武富健治 (双葉社) ←(漫画ですが)
このくらいです。
検索して調べてみると、教師と生徒の恋愛ものやライトノベルの作品は多数ヒットするのですが、私が探しているのは純粋に普通な学校風景を描いた作品です。こういうと、読んでいるものは問題だらけの教室じゃないかと突っ込まれそうです。しかし、教師が学校で起こる問題に対してどのように内緒していくか、というのは普段普通に起きていることだと思います。

さて以上のように、恋愛ものとライトノベルを除いて、学校や教師をキーワードとした小説で皆様のおすすめをご紹介していただきたいです。

一年ほど前にも同じような質問がされていましたが、今回は内容を絞って質問させていただきます。また、この間に新しい本も発行されていることを期待しています。

タイトルの通り、教師や生徒が主人公で、学校を舞台とするような小説を探しています。今まで読んだものは、
・「スキップ」 北村薫 (新潮社)
・「学校のセンセイ」 飛鳥井千砂 (ポプラ社)
・「ガッコの先生」 小松江里奈 (角川文庫)
・「けっぱり先生」 山口瞳 (新潮社)
・「5年3組リョウタ組」 石田衣良 (角川文庫)
・「鈴木先...続きを読む

Aベストアンサー

ご希望に添う内容ではないかもしれませんが、
以下学校が舞台になっている作品です。

井上荒野 「学園のパーシモン」

出版社 / 著者からの内容紹介
学園は倦怠と優雅な退屈に充ちている
パーシモンの手紙は選ばれた徴──裕福な子弟が通う私立T学園。薔薇の香に彩られた5月、ふたりの女生徒に赤い封筒が届く
内容(「BOOK」データベースより)
赤い手紙がうちの学園で流行っているんだ。届くと別世界へいけるというんだけど―。真衣・木綿子・恭・磯貝―三人の生徒とひとりの教師。彼らは、倦怠し、愛し合い、傷つけあう。

瀬尾まいこ 「温室ディズ」

出版社/著者からの内容紹介
今最注目の作家が贈る、痛くて沁みる極上青春小説。
トイレでタバコが発見される。遅刻の人数が増える。これらの始まりの合図に教師たちはまだ気づかない。私たちの学校が崩壊しつつあることを。

「図書館の神様」

内容(「BOOK」データベースより)
思い描いていた未来をあきらめて赴任した高校で、驚いたことに“私”は文芸部の顧問になった。…「垣内君って、どうして文芸部なの?」「文学が好きだからです」「まさか」!…清く正しくまっすぐな青春を送ってきた“私”には、思いがけないことばかり。不思議な出会いから、傷ついた心を回復していく再生の物語。
内容(「MARC」データベースより)
アクシデントで夢をあきらめ、傷ついた心を抱え、国語教師としてある高校に赴任したヒロイン清(きよ)。彼女が学校の図書館で出会ったひとりの男の子、垣内君。どこからでも海の見える明るい高校で、瑞々しい物語が始まる…。


宮下奈都  「よろこびの歌」

内容(「BOOK」データベースより)
御木元玲は著名なヴァイオリニストを母に持ち、声楽を志していたが、受かると思い込んでいた音大附属高校の受験に失敗、新設女子高の普通科に進む。挫折感から同級生との交わりを拒み、母親へのコンプレックスからも抜け出せない玲。しかし、校内合唱コンクールを機に、頑なだった玲の心に変化が生まれる…。あきらめ、孤独、嫉妬…見えない未来に惑う少女たちの願いが重なりあったとき、希望の調べが高らかに奏でられる―

ご希望に添う内容ではないかもしれませんが、
以下学校が舞台になっている作品です。

井上荒野 「学園のパーシモン」

出版社 / 著者からの内容紹介
学園は倦怠と優雅な退屈に充ちている
パーシモンの手紙は選ばれた徴──裕福な子弟が通う私立T学園。薔薇の香に彩られた5月、ふたりの女生徒に赤い封筒が届く
内容(「BOOK」データベースより)
赤い手紙がうちの学園で流行っているんだ。届くと別世界へいけるというんだけど―。真衣・木綿子・恭・磯貝―三人の生徒とひとりの教師。彼らは、倦怠し、愛し合い、傷...続きを読む


人気Q&Aランキング