大阪城の黄金野茶室の画像?がまず欲しいんですよ~。誰かSOS!!!
いい情報なんかがありましたらお教えください。

A 回答 (2件)

meronnkeki59 さん、こんにちは~☆♪



黄金の茶室の写真で良ければ、下記のURLは如何でしょうか。

http://www.inpaku.go.jp/iwate/html/japan/j06.html

http://www.osaka-cpa.or.jp/osaka-jin/naiyou/osak …


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 教えてくれて有り難うございます。おかげで、助かりました。

お礼日時:2001/11/03 13:05

http://www.momoyamajo.com/golden_tearoom.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~murata35/kansaitan …
こちらにもありますね。写真は小さいですけど・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えてくれて有り難うございます。助かりました。

お礼日時:2001/11/03 13:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「巌流島の武蔵と小次郎について」誰かっ!!

 中1の女子です。
私の学校には、「海峡学」という他の学校にはない、この学校独特の授業があります。
「海峡学」でえ何をするのかというと、自分たちなりに下関の疑問について挙げてみて、それにつういて調べ レポートにし、発表するというものです。

 そこでいま私は、グループ調べで「巌流島について」しらべています。
そのなかでも、私の担当は「武蔵と小次郎の巌流島での戦いまでの関係」について調べています。

 明日提出なのになかなか良いサイトがなくとても困っています。
「武蔵と小次郎の巌流島までの戦いまでの関係」についてくわしく述べている良いサイトがあればあしえていただけないでしょうか?

 不十分な点もあると思いますが、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

海峡学。。。。なんだか素敵な学校ですね。

まずこちら。巌流島決闘は実はよくわからない。というもの。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~tetsu2003/ganryujima01.htm

ここはそこそこ詳しそう。
http://homepage3.nifty.com/ganryu/

経緯についてはこちら。
http://homepage3.nifty.com/ganryu/numata.htm

Q昔はどのようにして、情報交換していたのか!?!?

今現在では、教えて!gooとかで、情報交換を全国からできますよね?
でもパソコンが無かった時代、どのようにして、昔の人は自分がわからないことを解決していたんでしょうか??たとえば僕の趣味の格闘技だったら、○○っていう技どうやってするの?って聞こうとしても、周りに格闘技の道場がなかったり、身近に格闘技経験者などがいなかった場合、それと、格闘技協会みたいな総合的な場所のところも自分の周りにそれを知っている人がいなかったりした場合などです。もう一度質問繰り返します。どうやって昔の人は解決したんでしょうか?
そういう歴史に詳しい方教えてください!!!

Aベストアンサー

パソコンはもちろんなく、テレビ・ラジオもなく、郵便もない時代、例えば江戸時代としましょうか。そして質問者さんが、大名などのようなエライ人ではなく、普通の家の若者だったとします。
 普通の若者の情報伝達や情報交換は99%口(くち)です。
 残りの1%は、文字が読める人であれば手紙です。これも今のような郵便ではなく、誰かに頼んで手紙を渡してもらうわけです。近所の人に頼む場合もあれば、遠方であれば飛脚という商売の人にお金を払って依頼しました。
 以下は架空の話です。江戸時代に総合格闘技はなかったので、剣術であったとしましょう。

 質問者さんは剣術を独学で勉強していました。最初の手ほどきはお父さんにしてもらいました。お父さんは現在遠方に長期出張中です。
 ある技について疑問を持ち、誰かに聞きたいと思いましたが、お父さんは遠方ですので聞くわけにはいきません、困りました。
 そこでお母さんに相談したら、お父さんは500メートル先の家のAさんと剣術仲間であったことがわかりました。
 質問者さんはAさんの家までテクテク歩いていって、Aさんに技について聞きました。ところがAさんの腕前は大したことはなく、その技についてロクに知りませんでした。
 しかし、Aさんは親切な人で、○○(お父さんのこと)の息子ならば、剣術の大家のB先生に紹介状を書いてやろうといって、書いて渡してくれました。
 そして質問者さんは翌日、紹介状と握り飯の弁当をを持って、8キロ先のB先生のところまでテクテク歩いていって、B先生の教えを受けました。
 
(1)今と違って地方の人間は、日本で最新、最高の知識をすぐに得ることは出来ない。B先生も大した先生ではないかも知れないが、それでがまんするより仕方がない。

(2)今と違って情報の入手は、他人の口コミが頼り。従って人付き合いは今よりずっと大事。お父さんはAさんとの付き合い方が良かったので、紹介状を書いてくれ、質問者さんの目的が達せられた。

(3)今と違って、一つの情報を得るのは物凄く大変。時間もテクテク歩きの労力もかかる。情報の洪水のような今の時代と大違い。

パソコンはもちろんなく、テレビ・ラジオもなく、郵便もない時代、例えば江戸時代としましょうか。そして質問者さんが、大名などのようなエライ人ではなく、普通の家の若者だったとします。
 普通の若者の情報伝達や情報交換は99%口(くち)です。
 残りの1%は、文字が読める人であれば手紙です。これも今のような郵便ではなく、誰かに頼んで手紙を渡してもらうわけです。近所の人に頼む場合もあれば、遠方であれば飛脚という商売の人にお金を払って依頼しました。
 以下は架空の話です。江戸時代に総...続きを読む

Q大阪城砲撃について

大坂の陣での徳川方大砲による砲撃で腰元が玉に当たって死亡し、淀君がその威力に驚いて講和条件を飲むに至ったとの話は本当でしょうか?
疑問は当時の大砲を使い城外からの砲撃で天守閣の一部に正確に命中したのかという事です。相当近くから砲撃できたのでしょうか。なお砲撃したと思われる場所と天守閣までの距離など分かりましたらありがたいのですが。

Aベストアンサー

その後調べた所幾つか新事実がありましたので補足します。

大阪方はフランキを使用したようですがこれは前にも書きましたように
暴発の危険性もあり操作が難しいものでした。 またガス漏れのため射程もみじかかったようです。

徳川方は輸入のカルバリン砲という鉄製の前装式大砲で14キロの鉄丸を4~5千mとばせたようです。
従って大阪城本丸に十分届く性能でした。

両者の砲撃戦で大阪方の決定的な不利は火薬の不足にあったようで、十分な反撃ができず、徳川方から一方的砲撃を受けたようです。

Q大阪城について

外国人に大阪城のことについて紹介するとき、どのようなことを書いたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

http://en.wikipedia.org/wiki/Osaka_Castle
こんなんでいいんじゃないの?

Q江戸城と大阪城

大阪城は大阪の陣で実戦に使われましたが、江戸城はそうでありません。純軍事的に見た場合、江戸城と大阪城(秀吉が作成したもの)はどちらが優れているのですか?
また幕末で江戸城が無血開城されず戦争に用いられたら、落城したのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、その攻防戦がいつの時代を想定しているかによります。
ご存知かもしれませんが、江戸城は天守閣がいわゆる振袖火事で焼失しており、その後再建されていません。たかが天守閣ひとつで勝敗が分かれるものでもないですが、違いはあるでしょう。

大阪城は一向門徒の本山兼基地として、信長と十年戦争をしながら遂に直接落城することはなく、さらにそれを基にして小田原城も参考にしつつ築城の天才秀吉が心血を注いで作ったものです。戦国時代の戦争なら、かなり優れていたと思います。
一方江戸城は元々が前線基地的な平城で、政治首都としての機能を優先させた街づくりとなっています。小田原城などの城塞都市は市街の周囲を掘などで囲ったのですが、江戸城はそれをしていません。東京って想像より起伏があるので案外に登ったり降りたりなんですけど(皇居の北側と南側じゃかなり高低差があります)、そうはいっても平地に建てられた城だし、大阪城のように淀川みたいな川を利用したものでもありません。

しかしいくら大阪城といっても大砲が発達した幕末の頃ではもう時代遅れのものになっていました。その頃は五稜郭みたいな星形の城が最もなうだったのです。でも大阪にしろ江戸にしろそんなものを作れる土地はもうありませんでした。

戊辰戦争での江戸無血開城ですが、あれは勝海舟の功績ですよ。戦ったところで幕府軍が勝つ可能性がゼロだったからこそ海舟は開城に応じたのです。
そのため残った(新政府軍が江戸に迫っていたころは幕府軍は事実上敗残兵の集まりでした)幕軍の中で最も過激派で手が付けられなかった新撰組の連中を甲府に派兵してまんまと片づけるのに成功しています。
元々江戸城では防御力が少ないことは江戸幕府は分かっていて、そのため有事の際は将軍は甲州街道を通って周囲が山に囲まれている甲州(甲府)へ逃れることとなっていました。ゆえに、甲州街道に近い大久保には鉄砲衆が住み、甲州街道と南北(神奈川と川越などの埼玉)の要になる八王子(現代でもトラック走行が多い国道16号と甲州街道(国道20号)が交差しています)に旗本(親衛隊)を千人住ませています。

元新撰組なきあと、幕府軍に残っていた士気の高い部隊は彰義隊くらいでしたが、その彰義隊も大村益次郎の名作戦があったとはいえたった一日で片づけられてしまいました。勝海舟は自分の手元にある駒はその程度のものであると見抜いていたのではないかと思いますよ。

まず、その攻防戦がいつの時代を想定しているかによります。
ご存知かもしれませんが、江戸城は天守閣がいわゆる振袖火事で焼失しており、その後再建されていません。たかが天守閣ひとつで勝敗が分かれるものでもないですが、違いはあるでしょう。

大阪城は一向門徒の本山兼基地として、信長と十年戦争をしながら遂に直接落城することはなく、さらにそれを基にして小田原城も参考にしつつ築城の天才秀吉が心血を注いで作ったものです。戦国時代の戦争なら、かなり優れていたと思います。
一方江戸城は元々が前線...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報