糖尿病の叔母に紅茶をプレゼントしたいのですが
「アップルティー」「キャラメルティー」
「ピーチティー」などのフレーバーティーには
糖分や糖質は含まれているのでしょうか?
成分を見ても「茶葉、香料」としか書いてなかったので。

叔母は大の紅茶好きなので・・・。

糖尿病に詳しい方、紅茶に詳しい方
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

色々なフレーバーティーがありますネ。


お茶の葉(緑茶もウーロン茶も紅茶も元は同じ葉ですネ)は香りを吸着する力が強いものです。
そこで、フレーバーティーには2つの製法があります。
一つはジャスミンティーと同じように茶葉と香りをつけたい物とを交互に重ねて放置して香りだけを茶葉に移す方法。
もう一つは香りや味を付けたいもののエキスを茶葉にかけて乾燥させる方法です。
前者の場合は茶葉だけですから、糖尿病の方であっても問題がないことは分りますよネ。
しかし、後者の場合は果実に含まれる果糖が茶葉にも含まれてしまうということになります。
では、果糖を摂り過ぎることで糖尿病患者に弊害が起こるでしょうか?
糖尿病患者が一切の果物を食べてはいけないのかというと、そんなことはありませんネ。
果糖の摂取過多となる程の量の果物を食べる方は普通では考えられませんので、その点についてはご心配無用と言ってよいでしょう。
フレーバーティーにしても一日に何十リッターも飲むものではありませんので、milktea-iさんの叔母様の好みのフレーバーを捜してプレゼントしてあげてくださいネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。
フレーバーティー大丈夫なんですね!
このお話も叔母にしてあげようと思います。
早速、今から買いに行って叔母にプレゼントしよう。

お礼日時:2001/11/04 10:29

 kawakawaさんの回答の通りです。

少し補足します。
 紅茶などの茶葉に含まれる程度では、糖分があろうがなかろうが量が少ないので問題になりません。自動販売機などの缶紅茶のように、すぐ飲める形にしたものには糖分が入っていることはご存じの通りです。
 しかし、糖尿病だからといって、糖分を全く摂取してはいけないのではありません(何十年も昔はそう言われましたが)。少量ならかまいません。
 小腸から吸収されて糖分になる栄養素としては、砂糖(ブドウ糖と果糖になります)やデンプン質(ブドウ糖になります)です。糖尿病はブドウ糖をうまく利用できない病態であり、その結果血液中にブドウ糖が過剰に増加します。単純に考えると「だからブドウ糖になる成分はいけない」となりがちですが、脳や心筋はブドウ糖なしには生きてゆけません。だから、糖尿病の薬が効きすぎて低血糖を起こすことは危険なことです。運動や食事療法を行いながら、このへんのバランスをとって生活することが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
専門家の方にアドバイスいただけるなんて
心強いです。
また何かあったら、相談させてくださいね。

お礼日時:2001/11/06 10:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖質制限の一日の献立を探してます。

糖質制限の一日の献立を探してます。
1食単位の献立例は種々は紹介されてますが1日あるいは1週間日々の献立紹介が見つかりません。
MSN相談で第一三共(株)の「体にe食事くじ」を紹介いただき大変参考になりましたが、ヘルシーレシビとなってまして糖質制限ではありませんでした。
担当医師に糖質制限を勧められています。
糖質制限献立紹介サイトをご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

>>担当医師に糖質制限を勧められています。

であれば、その担当医師に栄養指導やレシピもお願いすべきです。

日本では糖質制限はダイエットや健康法の一つの方法のような感じで、素人が断片的な知識で行います。でも米国では糖質制限は食餌療法、つまり医師の指導のもとで行います。

誤った知識のもとで行う糖質制限は危険ですよ。もしその担当医師に栄養指導やレシピの紹介をする知識がないのなら、その担当医師自身がそもそも誤った知識の持ち主ということになりますから、糖質制限を勧めたこと自体を疑うべきです。

その場合は、別の医者に相談した方がいいです。

Q糖尿神経障害について。糖尿歴三年。31才です。今日病院行ったら神経障害が、かなり進んでると言われまし

糖尿神経障害について。糖尿歴三年。31才です。今日病院行ったら神経障害が、かなり進んでると言われました。今痛くて仕方ありません。リリカ飲んだけど効きません。あと、重た、だるい痛いとゆう症状です。教育入院して血糖値は170くらいです。空腹時が。

Aベストアンサー

https://medicalnote.jp/contents/151125-000049-YKVZYI

こちらのサイトをご覧ください。
自覚症状はないので、定期検査での尿検査でしか判断できません。

Q一歳児が一日あたり必要とする糖質の量を教えてください。

こんにちわ、一歳半の娘のママです。
娘はある野菜ジュースが大好きで、とても飲みたがります。
そのジュースには砂糖や食塩は含まれていないのですが、果汁も多く入っており糖質の過剰摂取が心配です。

一歳児に必要な糖質は一日あたりどのくらいでしょうか?
お詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前、乳幼児の栄養指導に携わっていた管理栄養士です。
前に方が書かれているように糖質など糖分は炭水化物に含まれます。

幼児期は、個人差が大きい時期なので個々の配慮が必要で、現在の食事摂取基準では、基準体重、身長から摂取エネルギーを算出します。
保育所給食などでは基準値を出していますが、基礎代謝基準値からみても1歳半の女の子の場合、1日のエネルギー推奨量は、おおよそ800~900kcalくらいが目安になると思います。
エネルギーの50%~70%を炭水化物から摂取しますので、400~630kcalは炭水化物からの摂取エネルギーです。炭水化物のほとんどは主食になるご飯やパンなどの穀類やいも類からの摂取になります。砂糖の使用は、4~5g。

1歳を過ぎると自我が芽生え、好き嫌いも出てきて味覚も発達してきます。私も娘がいますが、大変な時期ですよね。
甘味は、どんどんエスカレートしてより甘いものを求めるようになるので、野菜ジュースなどは、おやつの時に与えるようにして、水分を欲しがる時は水やお茶など甘味のないもの与えるように習慣づけたいですね。
甘味のあるものは、カロリーもありますが、次の食事の時にお腹がすかない、食事がきちんと摂れないなどの悪循環になります。
野菜ジュースのボトルに栄養表示があると思いますが、ほとんどは糖質なのでカップあたり、100mlあたりどれくらいのエネルギー(kcal)になるか目安になると思います。

厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」にも解説がありますが、果汁を離乳初期にすすめられなくなったのは、アレルギー性ではなく、果汁を与えることで母乳やミルクを飲まなくなり、栄養低下や発育障害の報告があったからです。

以前、乳幼児の栄養指導に携わっていた管理栄養士です。
前に方が書かれているように糖質など糖分は炭水化物に含まれます。

幼児期は、個人差が大きい時期なので個々の配慮が必要で、現在の食事摂取基準では、基準体重、身長から摂取エネルギーを算出します。
保育所給食などでは基準値を出していますが、基礎代謝基準値からみても1歳半の女の子の場合、1日のエネルギー推奨量は、おおよそ800~900kcalくらいが目安になると思います。
エネルギーの50%~70%を炭水化物から摂取しますので、400~630kcal...続きを読む

Q糖質(炭水化物、主食)を制限すると糖尿になる?

糖尿病の食事制限と言えば、伝統的にはカロリー制限でしたが、最近は(それでもまだ異端なのかもしれませんが)糖質制限=主食や糖質の多い食材を極力食べないという考え方があり、そういう治療を行っている病院や書籍もよく見かけるようになりました。

素人考えでは、血糖値を大きく上げるものを食べなければいいという方法なので、最初に聞いたときは妙に納得したものですが、その後どこかで、糖質を抜くと逆に糖尿病になる危険があるという説明をしているサイトを見て、それはそれで科学的に説明のされているものでした。が、その後いくら探してもそのサイトが見当たらないのですが、どなたか、そのメカニズムが分かる方がいらっしゃれば教えていただけませんでしょうか。

よくよく考えると、糖尿だから糖質を抜けばいいというだけのことなら、昔からそういう方法になっていたはずのような気もします。(ちなみに、糖質制限による糖尿病治療を推進している人々は、「ブドウ糖が不足して脳に栄養がいかない」といった反論も論破しているようですし、肉食のみで生活しているイヌイットなどの例も挙げているようです。)

話が錯綜するといけないので、ここでは糖質抜き治療の是非はともかくとして、「糖質を抜くと糖尿になる危険がある」というメカニズムがお分かりになる方がいらっしゃれば、回答をいただければと思います。

よろしくお願いします。

糖尿病の食事制限と言えば、伝統的にはカロリー制限でしたが、最近は(それでもまだ異端なのかもしれませんが)糖質制限=主食や糖質の多い食材を極力食べないという考え方があり、そういう治療を行っている病院や書籍もよく見かけるようになりました。

素人考えでは、血糖値を大きく上げるものを食べなければいいという方法なので、最初に聞いたときは妙に納得したものですが、その後どこかで、糖質を抜くと逆に糖尿病になる危険があるという説明をしているサイトを見て、それはそれで科学的に説明のされてい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

あまり制限すると運動量によっては体に負担になる場合もあります
なのであくまでもその方の体力、年令、インスリンの出方を調べてもらって
医者との2人3脚で聞いて指導してもらうのが一番ですよ

糖質を制限すると反対に悪化することもあります

Q糖質ダイエット、一日一食

はじめまして。
一日一食、糖質ダイエットをしている20代の女です。
まず、私の一日の摂取カロリーは800カロリーで糖質25g~30g(多くて)です。
お仕事の都合上どうしても一日一食、多くても二食しか食べれない生活をしていてカロリーからみても
もっととらなきゃって感じてはいるんですが、仕事中に食べるわけにもいかずどうしようもない状態です。
でも、やっぱりどうしてもお休みの週2日は食べてしまい、たまにはストレス解消(我慢できず)にと思っているのですが、反動ってやっぱりすごいのでしょうか?
質問で何度か人間は500g以上脂肪を蓄えられない、太らないと書いてあるのをみたのですが、反動で1~2キロ増えるってことはないですか?
代謝も下がっていそうですし、心配です。
普通の人より脂肪を溜め込むようにできてて500g以上増えるとかだったらかなり怖いです。
ちなみに、ここ二日で体重が2キロも増えました・・・3~5日で戻るって言いますが、水分が抜けたら戻るでしょうか?
あと、普段便秘で便通がないのですが、お休みの日たくさん食べると便通があります。
カロリーと関係してるんでしょうか?
800カロリーでも薬を使わずなんとか便通をよくしたいです。
ちなみに。800カロリー以上色々(お肉食べたり、魚)がんばってみましたが、胸焼けと飽きがきて無理でした。糖質制限をしながらカロリーを一食で取れる方法はないでしょうか?
それとも、もう無理せずそのままの方が(800カロリー)いいでしょうか?
長くなりましたが、回答よろしくお願いします。

はじめまして。
一日一食、糖質ダイエットをしている20代の女です。
まず、私の一日の摂取カロリーは800カロリーで糖質25g~30g(多くて)です。
お仕事の都合上どうしても一日一食、多くても二食しか食べれない生活をしていてカロリーからみても
もっととらなきゃって感じてはいるんですが、仕事中に食べるわけにもいかずどうしようもない状態です。
でも、やっぱりどうしてもお休みの週2日は食べてしまい、たまにはストレス解消(我慢できず)にと思っているのですが、反動ってやっぱりすごい...続きを読む

Aベストアンサー

20代の女性なら平均の基礎代謝(何もしなくても消費するエネルギー)はおよそ1200Kcal。
仕事をして動いているならば当然ながらもっと消費エネルギーはあります。

最低でも基礎代謝分は栄養を摂取しないと体は飢餓状態に陥ります。
人間は飢餓状態になると、脳を守るために他の機能を停止していきます。
筋肉はあるだけでエネルギーを消費してしまうので、まずは筋肉を減らします。
その分それを脳の生命維持活動に必要なブドウ糖や、備蓄栄養として脂肪に変えます。
筋肉が減れば代謝が落ちるので、体はどんどん低燃費になっていきます。
筋肉だけでは足らないと、脳は今度は内臓にまで手を出すのですよ。
胃腸の働きは悪くなり、食事の消化吸収に支障が出てしまうという悪循環が始まります。
脳自身に影響のないものから動くものを止めていくのです。
拒食症の人が多臓器不全を起こし死亡に至るのは、これが原因。

800Kcalしか摂取してないあなたの場合は、おそらく代謝が落ちて既に低燃費状態にはなっているとは思います。
つまり、食事の量を増やせばエネルギーを消費しきれないので当然ながら太ります。
しかしだからといって今のままを続けたら、痩せるどころではなく、やせ衰えて20代にしておばあちゃんの様のような体になっていきます。


仕事が忙しいならば、バナナやカロリーメイトなど手軽に摂れ、満足感の得られる糖質のものを用意して、1日1食の生活からまずは抜け出すことが先決です。
全体のカロリーを一度に増やすことが不安なら、1回の食事量を減らして、3回に分けることです。
そして、休みの日はどか食いをしないように注意する。
体重が落ちても、しわしわのガサガサの洗濯板のような体は嫌ですよね?

脳に必要な栄養は糖質です。
つまり、糖質を抜く食事は、脳にとっては大ダメージ以外に他なりません。
脳にダメージを与えてるダイエットは間違いです。

20代の女性なら平均の基礎代謝(何もしなくても消費するエネルギー)はおよそ1200Kcal。
仕事をして動いているならば当然ながらもっと消費エネルギーはあります。

最低でも基礎代謝分は栄養を摂取しないと体は飢餓状態に陥ります。
人間は飢餓状態になると、脳を守るために他の機能を停止していきます。
筋肉はあるだけでエネルギーを消費してしまうので、まずは筋肉を減らします。
その分それを脳の生命維持活動に必要なブドウ糖や、備蓄栄養として脂肪に変えます。
筋肉が減れば代謝が落ちるので、体は...続きを読む

Q糖尿持ちです。皮膚が全体真っ赤になってます。日焼けしたような。糖尿病で皮膚が赤くなることありますか?

糖尿持ちです。皮膚が全体真っ赤になってます。日焼けしたような。糖尿病で皮膚が赤くなることありますか?痒みはないです。後、便秘になったり下痢になったりします

Aベストアンサー

トヨ太郎は糖尿病の事をなにもわかちゃいませんね
太ってたら足が壊死するとかどこからそんな根拠ある発言ができるのか?
やせてても、足が壊死する人はします。
糖尿病の合併症は、ヘモグロビンa1cの値が高い状態が長く続いた場合に
合併症として出る病気です。
なので、太ってる、痩せてるは関係ありません。
しかも、ドレッシングは酢を使えと?
酢は確かに体にはいいけど、糖尿病になんの効果も期待できませんよ。
私も実際に糖尿病だし、糖尿病とは付き合いも長いので、栄養士さんの方とか糖尿病の先生方からたくさんのアドバイスをもらっているので
よく知ってるわけです。
糖尿病じゃない人があれが悪い、これが悪いは単なる浅知恵です。
あなたの場合は、a1cの値が高いので、インスリン注射ですかね?
あと運動療法、食事制限、インスリンを正しく使用すれば、健康な人と同じように生活できますので
糖尿病は恐れる病気ではありません。
とにかく今は、ちゃんと治療に専念して、a1cの値を6%台まで下げましょう。
ここまで下がれば合併症の心配はなくなります。
私も糖尿病と言われた時は、a1cの値が11%ほどあって、今は6%台キープしています。
最初は食事制限とかで辛かったけど、今はなんでも食べてますね。
血糖コントロールだけしっかりできていれば食べられない物はなにもないです。
だからと言って食べすぎはよくないのでほどほどにして
糖尿病の人はなるべく野菜は取らなければいけません。
あと、食べ物の事もある程度は詳しくならないといけません。
食べる順番は、野菜から最初に食べます。
こうする事で糖の吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑える事が出来るからです。
ジュースとかパンなど、吸収しやすい飲料や食べ物は血糖が一気にドーンと上がるのでよくありません。
なのでよく噛んで時間をかけてゆっくり食べるほうが血糖上昇を抑えられるので
a1cが下がるまではなるべく意識してゆっくり食べてください。
ドレッシングに酢をかけろと言ってる人いますけどそんな事はしなくてもいいので
カロリーの低いドレッシングを使えばいいのです。(栄養士の方のアドバイスです)

中途半端な知識での回答はしない方がいいと思いますけどね。

トヨ太郎は糖尿病の事をなにもわかちゃいませんね
太ってたら足が壊死するとかどこからそんな根拠ある発言ができるのか?
やせてても、足が壊死する人はします。
糖尿病の合併症は、ヘモグロビンa1cの値が高い状態が長く続いた場合に
合併症として出る病気です。
なので、太ってる、痩せてるは関係ありません。
しかも、ドレッシングは酢を使えと?
酢は確かに体にはいいけど、糖尿病になんの効果も期待できませんよ。
私も実際に糖尿病だし、糖尿病とは付き合いも長いので、栄養士さんの方とか糖尿病の先生方からた...続きを読む

Q最近すぐに下っ腹が出で来るので一日20kを目安にウォーキングやヒトカラ

最近すぐに下っ腹が出で来るので一日20kを目安にウォーキングやヒトカラに行ってるのですが、もっと効率のいい方法があれば教えて下さい!!お願いします

Aベストアンサー

 こんにちは。

 一日20kmとはちょっと無理して膝や足首などを痛める恐れがあります。「ヒトカラ」とは一人カラオケの略でしょうか?

>もっと効率のいい方法があれば教えて下さい!!お願いします
 一つの方法として、自転車に乗ることです。一回30分くらい、スピードを出さなくても普通に走る事で大丈夫です。
 
 これを週に2~3日を続ければ、無理せずに体重を10kg以上落とすことも可能です。

 私が良く自転車に乗っていた頃は、身長170cmで体重は55kgくらいでした。その時には食事はかなりの大食いでしたが、消費するカロリーも多かったのでほとんど太らず、太ももがかなり太く硬くなって筋肉が付いていました。

Q糖尿病とは筋肉の血液中糖分の吸収力低下によって起こる病気?

患者側の人間ですが、以下のようなプロセスで起こるのが糖尿病でしょうか?

炭水化物を食べると血液中に糖分となって、これが増える
 ↓
運動をすると筋肉中の糖分を消費するが、運動をしないと筋肉中に糖分が蓄積されるため、筋肉中に糖分が一杯になると、筋肉が血管中の糖分を吸収しようとしなくなる。
 ↓
筋肉の糖分吸収力が低下するため、炭水化物をたくさん食べると血液中の糖分は筋肉に吸収されない。
 ↓
糖分は血液中に残り、尿と一緒にでるようになる。
 ↓
糖尿病となる。

もし、これが正しいとしたら、糖尿病の原因の内、何%ぐらいをしめますか?

 以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

おっしゃる機構ですと、運動さえすれば糖尿病が解消してしまうことになりますが、実際はそうではありません。

最近、糖尿病は I 型と II 型という分かち方をします。

血中のグルコースをエネルギー源として全身の細胞に取り込むために働く物質のひとつが、インシュリンです。

I 型の人はインシュリンを作れないので、食べ物をいくら食べても、インシュリンを外部から投与せずに運動だけしていれば、血糖値はどんどん上がるのに、やせ衰えて死んでしまいます。したがって、インシュリンの注射をします。

II 型の人はインシュリンが抵抗性になっているかそれ自体の分泌が鈍いので、高血糖が長時間続くことを防ぐため、グルコースの元になる炭水化物の摂取量を注意深く制御したり、運動したり、グルコースへの転化を遅らせる薬などを飲んだりして、高血糖時間を少しでも短くします。

血糖値が極端に上がると、尿に糖があふれ出し、日本語の「糖尿」の語源状態になります。しかし、尿に糖があふれ出ることなんて、本来本質でもなんでもなく、どうでもよいことです。問題は血中に高濃度の糖が長時間とどまることです。これが悲惨な合併症をもたらします。

おっしゃる機構ですと、運動さえすれば糖尿病が解消してしまうことになりますが、実際はそうではありません。

最近、糖尿病は I 型と II 型という分かち方をします。

血中のグルコースをエネルギー源として全身の細胞に取り込むために働く物質のひとつが、インシュリンです。

I 型の人はインシュリンを作れないので、食べ物をいくら食べても、インシュリンを外部から投与せずに運動だけしていれば、血糖値はどんどん上がるのに、やせ衰えて死んでしまいます。したがって、インシュリンの注射をします。
...続きを読む

Q一日の移動距離の目安は?

今夏、レンタカーで北海道旅行を計画しています。無理なく一日に移動できる距離はどのくらいが限度か知りたいのですが。

Aベストアンサー

観光のみ 100キロ未満
移動と観光 2~300キロ
移動日 400キロ
朝から晩まで走り通し。トイレと給油と食事以外、止まらない。600キロ以上

基本的に、本州の道よりは長い移動ができます。

Q糖尿病ってやせていても、糖分を取りすぎたらなりますか?

糖尿病ってやせていても、糖分を取りすぎたらなりますか?

自分は男で、太りたいため毎日糖分を多くとるようにしています。
BMI指数では「やせ」です。
BMI指数「普通」になるぐらいまで、糖分を多くとろうと思っています。
毎日ウェイトアッププロテインを飲んでいます。

何か気をつけることや、問題点はありますか?

Aベストアンサー

糖尿病が太っている、或いは太る為に糖が必要だと思っているならそれは間違いです。
糖と言っても摂取する糖分の代表はショ糖(甘いもの)や果糖ではありませんか?
むしろ、痩せていながら糖尿病になる場合も少なくないのです。

栄養をどんなに取っていても、それがきちんと身体に取り込まれる仕組み(代謝)が働いていなくては口から肛門に流れるだけです。
代謝を正常にするためには、まず何を食べるかではなくバランスよく食べる事が一番です。

次に栄養を使い老廃物を出す動きを活発化させる為に、有酸素運動を行なう事。これを20分以上続ける必要があります。

そして、代謝する場所を多くすること。これは筋肉を作ること、つまり無酸素運動です。これは短くても充分。でも激しすぎると疲労で障害を起こすので注意しましょう。

「あれ?痩せるのと同じメニューじゃん」と思いましたか?
これは「適正な体型」にするメニューなので、肥満の人は痩せ、痩せすぎの人は太ります。
脂肪も身体を保つ為には必要な組織です。何事も「適正」が大切なのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報