レポートで心原性心不全を述べるのですが、辞書で調べてもわかりません。どうか教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

心原性心不全とは心臓に基礎疾患があり、心不全に移行したもののことを言います。

心臓の疾患にはいろいろありますが、例えば僧帽弁狭窄症maitral stenosisでは心臓の拡張期に左心室に血液が十分に駆出できないために左心房圧が上昇し、肺に鬱血をきたし、ついで右心不全に移行します。このようなことを心原性心不全といいます。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 僧帽弁狭窄症<循環器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    僧帽弁狭窄症とはどんな病気か  僧帽弁が狭窄して十分に開かれなくなるために、左心房から左心室に血液が流れ込みにくくなってしまう病気です。 原因は何か  ほとんどがリウマチ熱の後遺症として、リウマチ熱に罹患後、少なくとも2年以上かけて発症します。すなわち、慢性的な炎症性の変化により、弁や弁の周囲組織の癒着(ゆちゃく)や肥厚、石灰化が起こって次第に弁口部の狭窄(きょうさく)が生じます。この結果、左心房には...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浮腫と心不全に対しては、利尿薬や強心薬ですが・・・

ディオバン、ノルバスク薬は、高血圧薬ですが、

強心薬と高血圧薬とは、どのように違うのでしょうか?

強心薬は心臓の収縮を強める働きがある。ポンプ機能を高めるということ。


高血圧薬は血管を弛緩するということのようですから、血管内を拡張して空間を広げて圧力を下げるということでしょう。

利尿剤と強心薬は、浮腫と心不全の症状でイメージとしてはリンクします。

しかし、高血圧薬は、浮腫と心不全にどうリンクするのでしょうか?

浮腫と高血圧薬、または心不全と高血圧薬の組み合わせってあるんでしょうか?

それぞれの場合の関係性も説明していただけたら大変ありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

下のリンクからは入れる心臓財団のサイトに高血圧と心不全の関係が分かりやすく説明されていますよ。

http://www.jhf.or.jp/heartnews/hn2004/no3/

更に、高血圧から心不全に至りますと、全身循環が不全になりますから浮腫が出現します(逆パターンもありで、重度腎不全により浮腫が出現し、心臓に負担がかかり続けた結果、左心室肥大→心不全に至ることもありますが)。

処方のことを言っていらっしゃるのでしたら、「浮腫と高血圧薬、または心不全と高血圧薬の組み合わせってあるんでしょうか?」の答えとしては、「あります」と言えます。

お役に立てば幸いです。

Q救急で入院した身内が左心不全とわかりました。 コレって、ある程度回復の見込みあるのでしょうか?

救急で入院した身内が左心不全とわかりました。
コレって、ある程度回復の見込みあるのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です

手術できそうな年齢ですね
容態が持ち直したらそのようになると思います

Q国土交通省ガイドライン

「国土交通省ガイドライン」の捉え方なんですが、ガイドライン自体には(法的な)強制力は無いとの事…、
なので、賃貸退去時の「原状回復および敷金」取扱は、貸主と借主の話合いに100%委ねられるモノであって、ガイドライン自体は「倫理的」なモノという事なのでしょうか?

ガイドラインの捉え方が良く分かりません。
ご教授下さいませ。。

Aベストアンサー

既に回答もありますが、「国土交通省ガイドライン」は、法令ではありませんから、法的拘束力はありません。
法的な紛争についての最終的な判断権は裁判所にありますから、裁判所が、ガイドラインに書いてあることと異なる判断をすることも可能と言えば可能です。
しかし、ガイドラインが1つの有力な解釈ではあることは否定できません。裁判所も(拘束はされませんが)、考慮要素の1つとして「参考」にはします。

例えば、

近時、原状回復特約(借主の原状回復義務を重くする)や敷引きなどについて、契約書に明確な規定があっても、無効とした裁判例が相次いでいます(※)。
これは、事業者・消費者間の契約で、民法などの規定よりも消費者の権利を制限したり、消費者の義務を重くする条項で、「民法第1条第2項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するもの」は無効とする、と定める消費者契約法10条によるものです。

この消費者契約法10条の規定にある、「民法第1条第2項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するもの」という要件は、漠然としていて、条文を見ただけでは判断できません。民法第1条第2項の「権利の行使及び義務の履行は、信義に従い誠実に行わなければならない」という規定も漠然としています。
ガイドラインは、このような漠然とした規定を具体化する際に参考にされる解釈としても、借家人保護に寄与する効果をもたらしています。

もちろん、借家関係のトラブルの中でも裁判にまで発展するものは必ずしも多くはありませんが、裁判外における紛争解決でも、通常、裁判になればどうなるかと言う点を踏まえた上で判断がなされますから、その事実上の影響力は大きいと思います。

(※)
質問者の方は「賃貸退去時の「原状回復および敷金」取扱」に関心があるようなので、参考までに、消費者契約法10条により原状回復特約を無効とした裁判例を挙げておくと、
・大阪高等裁判所平成16年12月17日判決
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/041217.html
・大阪高等裁判所平成17年1月28日判決
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/050128_02.html
・東京簡易裁判所平成17年11月29日判決
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=8952&hanreiKbn=03
などがあります。

既に回答もありますが、「国土交通省ガイドライン」は、法令ではありませんから、法的拘束力はありません。
法的な紛争についての最終的な判断権は裁判所にありますから、裁判所が、ガイドラインに書いてあることと異なる判断をすることも可能と言えば可能です。
しかし、ガイドラインが1つの有力な解釈ではあることは否定できません。裁判所も(拘束はされませんが)、考慮要素の1つとして「参考」にはします。

例えば、

近時、原状回復特約(借主の原状回復義務を重くする)や敷引きなどについて、契...続きを読む

Qうっ血性心不全を持つ姑85歳の透析について・・・。

姑、85歳7か月と同居している嫁です。

姑の持病は、慢性腎不全・・うっ血性心不全・・高血圧症・・高尿酸血症・・
貧血・・軽い糖尿病です。

姑は、去年の2月に突然呼吸苦を訴え、救急車で運ばれました。

そして、↑の病気が発見されました。

透析をいつでも行える様に、シャントの手術もされていますが、
透析する事無く、去年の4月に退院となり、今年まで自宅介護してました。

途中で、軽い痴呆になり、食事のコントロールができなく過食になりました。
24時何で、10食ほどペロッと食べてしまうので、夜中までは管理できませんでした。

今までは、主治医にフロセミドと言う利尿剤を処方されて何とか延命されてましたが、

過食により、案の定、4日前に突然呼吸苦を訴え、また救急車を呼びました。

診断結果は腎不全によるもので、心臓&肺に水が溜まった状態で呼吸苦と
なりました。

救急病院で、血管に直接利用剤を流し込みある程度の水は尿と一緒に抜いたものの
一昨日かかりつけ病院に転医院になり、昨日はじめて人工透析を行いました。

主治医からうっ血性心不全もあるし、高齢だから透析は極力避け方が良いと言われて
ましたが、もう、透析を行うしかなくなったんだと思います。

透析患者さま達にも、透析は逃げ出す人や途中で中断する人がいる位、かなり辛いと聞きました。

ですが、姑は透析後も元気はつらつで、食欲旺盛で食事をペロッと平らげました。
高齢&心不全を持つのに、透析後の食欲には、親族がビックリしていました。

初めてなので、初回は慣らしの為、通常4時間のとこ3時間でゆっくりやる形ですと言われました。

1・・透析後には、不均衡症候群も出ると言われています。 うっ血性心不全を持っている為、主治医が透析を、初めからやりたがらなかったと言う事は、合併症は、これから起きる可能性はあると思い
覚悟を決めていた方が良いのでしょうか?

2・・それとも、初回から不均衡がでない所か、透析後食事をペロッと平らげた位なのですから、
このまま、透析の回数こなす事によって数年間は延命されるのでしょうか?

3・・主治医がゆうように、うっ血性心不全を持っていると、心臓に負担が出て、現実そんなに延命はされないのでしょうか?

主治医に、問いかけてみても、『・・・様子を見ましょう・・・。』で、ハッキリ答えてくれません。

ご意見を聞かせて貰えたらと思っています。すみませんがよろしくお願いします。

姑、85歳7か月と同居している嫁です。

姑の持病は、慢性腎不全・・うっ血性心不全・・高血圧症・・高尿酸血症・・
貧血・・軽い糖尿病です。

姑は、去年の2月に突然呼吸苦を訴え、救急車で運ばれました。

そして、↑の病気が発見されました。

透析をいつでも行える様に、シャントの手術もされていますが、
透析する事無く、去年の4月に退院となり、今年まで自宅介護してました。

途中で、軽い痴呆になり、食事のコントロールができなく過食になりました。
24時何で、10食ほどペロッと食べてしまうの...続きを読む

Aベストアンサー

まず、”うっ血性心不全”との用語は特定の心臓病名ではありません
何かの不具合で血液循環が不十分になっている”結果的な状態名”です
心臓の筋肉が弱っているのか、弁が悪いのか、心臓そのものは年齢相応程度の弱りだが腎臓が悪く体の水はけが悪い+シャントによる心臓への負担で心臓に無理をかけているのか、などのどれか、
またはそれらが組み合わさっているのかなど区別がつかない用語です。
高血圧の程度や期間が重ければ、それによる心臓の筋肉の異常があるのかもしれません

透析によって体の水分量が変わりますが、心臓の機能に余裕が少ない方は血圧調節がしにくいことがあり、
少し脱水になるだけで極端に下がったりするかもしれません。
しかし水分過剰自体が心臓に大きく負担をかけますので
腎臓がかなり悪く水はけが悪くすでにシャントもあるのならば透析を行うのは自然なことでしょう

心臓の負担を少なくすることを優先し、認知症も無く自己管理ができる方ならば、
手のシャントを作らず腹膜透析(CAPD)の選択の可能性も考えるものですが、すでに過去の段階のことです。

Q標準看護計画

標準看護計画で、使われている言葉を教えて下さい。
看護問題で、O,T,E とはなんですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

観察(Object Plan)・援助(Treatment Plan)・教育(Education Plan)

参考URL:http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n1999dir/n2336dir/n2336_03.htm

Qお腹回りに付く脂肪の原因である食べ物は何ですか? タバコもお酒も一切しない人です。 腰の括れもないく

お腹回りに付く脂肪の原因である食べ物は何ですか?

タバコもお酒も一切しない人です。

腰の括れもないくらい脂肪が付いたらどんな事が原因と考えられますか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

炭水化物、揚げ物、
甘いものじゃないかな。

食べ過ぎ
運動不足だね。

Q心不全で2週間程の入院と診断され24時間の点滴治療をしてた所、突然苦しくなり心カテーテルをして手術が

心不全で2週間程の入院と診断され24時間の点滴治療をしてた所、突然苦しくなり心カテーテルをして手術が必要と言われました。入院しててなおかつ点滴治療までしててこんな事ってありますか?心不全ってこんな病気なんですか?

Aベストアンサー

充分あり得る話です
入院すれば全て解決するなんて方が不思議でしょ

心不全も色々あるはずだが、兎に角心臓の機能が低下しているのは確実なのだから
それが原因で、更なる心臓の不具合が誘発されるのも充分に考えられる

考えられるから、予防的措置を取っているが
だからといって100%防止できるという訳にはいかない

Q心不全におけるβ受容体作用薬について

心不全におけるβ受容体作用薬について

心不全において、β受容体を刺激する薬や遮断する薬を用いる場合があるみたいですが、どのように使い分けているものなのでしょうか?

Aベストアンサー

β遮断薬は軽症~重症までClass I(通常適応され,常に容認される)~Class II(容認されるが有用性はまだ不確実で異論もありえる)とACE阻害薬と並び基本的に使用が勧められるもので、生命予後の改善効果が見込まれます

β受容体刺激薬を含む経口強心薬は生命予後の改善効果は否定的ですから軽症の場合はClassIII(一般に適応とならない,あるいは禁忌である)で長期使用には向きません
重症で静注強心薬を使用しなければならなかった時に、その離脱のための継ぎなどの限定した場面で、短期使用されることがあります

参考URL:http://www.j-circ.or.jp/guideline/

Q心不全について

左心不全が起こると、それに引き続いて右心不全も起こり、両心不全になると思います。
しかし、この両心不全では、右心不全が起こると左心不全は改善されると聞きました。
これは本当でしょうか?また出来れば、その理由(メカニズム)も教えて頂ければと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

左心状態で、例えば肺動脈弁狭窄がおこると右心不全になり左心不全は改善されますが、臨床的にそのような状況は経験ありません。
左心不全を認めて治療せず放置して観察する事はないですし、心不全を肺炎と誤診した症例をみててもそのような状況は経験ありません。

Q原発性胆汁性肝硬変で腹水大量貯留により入院して腹水穿刺の処置を受けました。検査で特発性細菌性腹膜炎が

原発性胆汁性肝硬変で腹水大量貯留により入院して腹水穿刺の処置を受けました。検査で特発性細菌性腹膜炎が確認され五分五分と言われましたが抗生剤の投与により治癒しました。特発性細菌性は再発の可能性はあるのでしょうか?
現在は腹水、胸水ともに少量になっており外来通院してますが先日の血液検査でアンモニア数値が176でアンモニアを下げるためカロリールゼリーを一日二回処方され2日目には下痢便となりました。下痢症状はおさまっていたのですがそのことがアンモニア数値の上昇の原因とDr.から説明がありカロリールゼリーの処方となりましたのでDr.の意図通り下痢をしているということです。
退院前に意識障害があり肝性脳症の診断もされましたが、今は意識障害も異常行動もありません。カロリールゼリーを続けていればアンモニア数値は下がり安定していくのでしょうか?
そして、予後は?余命は?いかがでしょうか?

Aベストアンサー

原発性胆汁性肝硬変


私の母親は、7年でした・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報