ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

1131年生まれで、清盛の異母弟。母は藤原宗兼の娘の宗子(池禅尼)。

先週の大河で重衡に南都行きをすすめていましたが、
この頼盛の一族はその後どうなったんですか?
栄えたんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ここ


http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/011/01105. …
によれば、それなりに分家などは存続していったみたいですね。まあ栄えたとまでは言えないでしょうが。
なお、頼盛は鹿ケ谷事件への関与も取りざたされていたり、助命嘆願の件など、かなり平氏一族でありながらむしろ「反・清盛」の活動をしていた形跡があり、またくだんの光盛の妻は、のちの鎌倉幕府創業の功臣のひとり大江広元の一族であったりします。
つまるところ源平合戦とかいいますが、実際は平氏のうちの清盛の一族と、関東・奥州などの反主流(というか主流になれずに地方で実力を持った一族。北条氏のように実は平氏(といっても清盛とは遠すぎて親戚とはいいがたい)もいましたし)の争いであったわけで、頼盛は清盛の異母弟ですが、子孫ではないのでまあ主流からはずれていたのでしょうか、この反・清盛の党派に内通していたようですね。
なお#2さんの仰る久我家は村上源氏で、いわゆる公家源氏の本流ですが(女優の久我美子さんはそこのお姫さまです)北条氏や平氏ともいろいろと縁を結んでおり、この「受け継いだ所領」とともに源氏長者になったと考えられています。
    • good
    • 1

平頼盛はその所領を安堵されて、頼盛自身は明確には御家人という行動はとってはいませんが、その所領を相続した子孫は幕府の御家人となって、鎌倉幕府の滅亡まで奉公を続けています。


ただ、頼盛の子のうちその所領の大半を相続した光盛は源実朝の暗殺現場に居合わせ、ほうほうのていで京都に逃げ帰ってしまい、その子供たちも出家するなどして鎌倉へ伺候することがなかったために、光盛家は史実上断絶して、その所領は頼盛の孫娘の婿となった公家の久我家にうけつがれました。
    • good
    • 1

母親の池禅尼が頼朝の命を助けた事で、平家滅亡後も一族は所領を安堵されていたはずです。


歴史上は名前が出てこないので、それなりだったのでは。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山手線を一周の所要時間を教えてください。

友人からの何気ない問いでしたが、気になっております。お分かりになりましたら、ご回答の方を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

山手線は
大崎駅~五反田駅=2分
五反田駅~目黒駅=2分
目黒駅~恵比寿駅=2分
恵比寿駅~渋谷駅=2分
渋谷駅~原宿駅=3分
原宿駅~代々木駅=2分
代々木駅~新宿駅=2分
新宿駅~新大久保駅=2分
新大久保駅~高田馬場駅3分
高田馬場駅~目白駅=2分
目白駅~池袋駅=2分
池袋駅~大塚駅=3分
大塚駅~巣鴨駅=2分
巣鴨駅~駒込駅=2分
駒込駅~田端駅=2分
田端駅~西日暮里駅=2分
西日暮里駅~日暮里駅=1分
日暮里駅~鴬谷駅=2分
鴬谷駅~上野駅=2分
上野駅~御徒町駅=2分
御徒町駅~秋葉原駅=3分
秋葉原駅~神田駅=2分
神田駅~東京駅=2分
東京駅~有楽町駅=2分
有楽町駅~新橋駅=2分
新橋駅~浜松町駅=2分
浜松町駅~田町駅=3分
田町駅~品川駅=3分
品川駅~大崎駅=3分
となり、一周するのに64分程かかります。また電車によって所要時間は若干変わって来るので、これは参考ということにしておいて下さい。

Q天皇家は渡来人だったという説の根拠を教えてください。

天皇家は渡来人だったという話を聞いたことがあるのですが
その説の根拠とはどういったものでしょうか。

ご存知の方、教えて下さい。

また、その説について意見があれば
それも教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

DNA鑑定でも日本人に朝鮮半島系の人が多いというのは立証されています。
渡来人はほとんどが朝鮮半島から渡ってきた人たちのようです。
中国から渡来したと自称している人もほとんどが朝鮮半島からの渡来人だったというのが歴史学者の見解です。
ちなみに15~20%という数字の根拠はわかりませんが、これも歴史学者の言葉です。
渡来人が日本創世のときに果たした役割はとても大きかったそうですよ。

日本書紀などにのるスサノオ伝説が天皇=渡来人であることを暗示しています。
スサノオは高天原を追放されて出雲に来ます。
高天原=朝鮮半島だと言われています。
「神武東征」は九州から奈良、近畿地方への遠征だと言われています。
天皇とその側近の貴族達は九州からきたと思われるのでそうであれば、ほぼまちがいなく渡来人の血はひいているでしょう。

Q紙のカット。真っ直ぐ、切り口を綺麗にしたい。

失礼します。

紙を綺麗に切りたく思っています。
例えるなら、1枚の紙に白黒2色がプリントされており、(境界面は直線とする)
それらを切った時に、黒側にも白側にも、互いの色が残ってないくらいです。

ハサミだと、真っ直ぐに切れませんでした。
定規を当ててカッターで切りましたが、切り口が荒れてる印象です。
なので、定規を当てて、ローラーカッターで切りました。
真っ直ぐ切れて、切り口もマシになりましたが、どうにも細かい荒れが見えます。

希望するのは、市販の紙製品並みに、裁断後の切り口の綺麗さ。
荒れが全然見当たらないような状態です。

裁断機も考えましたが、真っ直ぐ綺麗に切れても、精度がよくありません。
お手数ですが、ご意見。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

昔、印刷前の版下制作や切り貼り、紙商品のサンプル制作をしていた経験があります。たかが紙を切るだけのことで細かいですが、、、私は先輩からいつも叱られながらやっていたので、、、ご参考になれば幸いです。

何枚切るのか、紙の質や厚さはどれぐらいかがわからないのですが、基本的には「切り方」次第で変わります。

【道具】
一番キレイに切れるのは厚みや太さのないホルダーに入った、超シンプルな薄刃の折り刃式ステンレスカッターです。各社から出ていますが、どこでも売っている代表的なところで、オルファ社ですと「リミテッドSA」「シルバー」あたり、NTカッターですとプロシリーズの「A型」または「H型」あたりです。私の知る紙細工などをしている人は直線はこのカッターを使っています。折り刃式でポキポキと、常に新しい刃先で切り込みます。

いずれにしても職人ワザに近いのですが、いくつかのポイントに注意して切り方を習得すればとてもキレイに切れるようになります。
まず、裁断機、ハサミは正確に真っすぐ切るのは困難です。振り下ろすタイプの裁断機は重ねた紙の厚さを想定して刃を斜めにしていますから、枚数が違うと微妙に精度が落ちます。チャックのようにスライドするタイプの裁断機は刃先が変えにくく、荒れていることが多いです。はさみはストロークが短すぎるのと、切れ味も鈍いことが多く、挟まった部分が微妙に折れます。特殊なカッターや、ボディの太いカッター、斜めのデザインが入っているものなどは真っすぐ切りづらい原因になるので避けます。必然的に超シンプルな折り刃式カッターになります。


【ポイント】
(1)必ずカッターボードを使う。もちろん紙より大きいこと。凸凹のないもの、消しゴムのカスや汚れはキレイに取り除く。(手作業するデザイナーや漫画家はミツワのソルベントという揮発性のアルコールっぽい溶解液で拭くことが多い)

(2)定規は切る素材より長いモノで、絶対欠けていないものを使う。カッター用に金属製、または金属を噛ませているものなどがあるが、不透明な部分があるのは使いにくい。透明に下が見える普通のプラスティック定規の方が使いやすい。なるべく幅の広い定規が安定しやすい。

(3)カッターの刃を景気よくポキポキ折って常に新しい尖った刃先を使う。

(4)カッターの刃は基本、紙面に垂直に刃先を立てて定規に沿って最後まで同じ角度を保ち続けて切る。断面を斜めにしたいときはその斜め角度を保ち続けて切る。カッターの角度が裁断中に変わると紙のフチが乱れる。安定した姿勢で肩を支点に動かす。裁断中は手首や肘を動かさないように。刃を引いた時に、肘がカラダや椅子の背に当たらないよう、やや斜めに構える。私の場合は立って作業すると、腕の振り幅が安定し、目線が上から確認できるのでやりやすい。

(5)定規は切りたい部分にきっちり当て、しっかり抑える。これも力ではなく、体重をかける感じです。白黒などの境界線をキレイに切り分けたいときは、刃の入る位置を想定して定規を置く。右利きの場合、定規を境界線の0,1ミリくらい左にオフセットする。

(6)カッター側の手は余分な力を入れたりカット時に確実に切ろうとして余分な力をかけない。自然な手の重さをかける程度の感覚で。軽く、しかも安定して持つ(わかりづらいですか?余計な力を抜いてください)。軽く切ることでぶれないことが大事。(力を入れると必ず乱れる)刃先が新しければ厚紙でない限りきちんと切れる。切り残したら軽く同じ姿勢のまま同じ角度で入れた刃でそっとなぞれば、2度切りしても力を入れるより断裁面はキレイに切れる。

昔、印刷前の版下制作や切り貼り、紙商品のサンプル制作をしていた経験があります。たかが紙を切るだけのことで細かいですが、、、私は先輩からいつも叱られながらやっていたので、、、ご参考になれば幸いです。

何枚切るのか、紙の質や厚さはどれぐらいかがわからないのですが、基本的には「切り方」次第で変わります。

【道具】
一番キレイに切れるのは厚みや太さのないホルダーに入った、超シンプルな薄刃の折り刃式ステンレスカッターです。各社から出ていますが、どこでも売っている代表的なところで、オル...続きを読む

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q源氏と平家の違い

平氏は平清盛を中心に一族が強い結束で結ばれてた感があります
目立った身内同士の争いもありません(もちろん出世競争とかはあったでしょうが)

それに比べて源氏は身内同士で骨肉の争いをしています
(義経が義仲を討ったり 頼朝が義経・範頼を討ったりと)


この違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

清盛以前は別にして思うのは、まず平家一門はなんだかんだ言いながら幸せな家庭でともに育っていたため、都を追われるまでは、それほど大きな確執は生まれなかったからだと思います。
とは言え、清盛と重盛が亡くなったことで、嫡流と言っても維盛以下の小松の公達は、官位が高い割に実力が無く、一族から疎まれるようになり、都落ちに際しても、自分たちは同行したものの、妻子は都に残すなど、優柔不断な対応に批判が出て、主流から大きく外れてしまいました。
また、清盛の弟の中で、頼盛は母親が現役!?だったために他の弟たちより高位に置かれたことで、池殿の公達は、それ以前から一族の中で浮いていたのが、清盛の死によってそれが顕在化し、結局、都落ちにも加わらず、源氏に投降しました。
都落ち以降は、それら以外の平家は、危機的状況の中で、一族の結束は高まったものと思われます。

一方、源氏の場合は、頼朝の兄弟にしても、全く別々に、それぞれ苦労して育ったため、お互いへの愛情は非常に薄かったと思われます。まして、木曽義仲から見ると、頼朝は親の敵の息子ですし、新宮十郎などは、頼朝から見てあまりにも遠い血筋ですから、十郎が期待するほど重く見てはもらえず、確執の原因となりました。
ということで、頼朝にとっては実の弟よりも、妻の一族である北条一族のほうが信頼が置けましたし、しかも北条から見ると、自分を信頼しているのは頼朝だけでしたから、範頼、義経はもとより、自身の孫である頼家さえも、邪魔な存在でした。

清盛以前は別にして思うのは、まず平家一門はなんだかんだ言いながら幸せな家庭でともに育っていたため、都を追われるまでは、それほど大きな確執は生まれなかったからだと思います。
とは言え、清盛と重盛が亡くなったことで、嫡流と言っても維盛以下の小松の公達は、官位が高い割に実力が無く、一族から疎まれるようになり、都落ちに際しても、自分たちは同行したものの、妻子は都に残すなど、優柔不断な対応に批判が出て、主流から大きく外れてしまいました。
また、清盛の弟の中で、頼盛は母親が現役!?だっ...続きを読む


人気Q&Aランキング