今年の9月に交通事故にあいました。止まってたところへ追突されて、車はボロボロになってしまい、現在も修理中です。
問題は加害者が保険会社の代理店経営をしているとかで、どうしても人身事故にしないでほしいと頼まれました。物損扱いにした上で、自分が人身事故と同じ保証をするから。もし、自分の対応に不満があったらすぐに人身に切り替えてかまわない。という話でした。
ただ、最近は加害者から何の連絡もありません。
今のところは物損事故になってるのですが、もし、このまま放置されてしまうようなことになったら、人身事故に切り替えたいのですが、事故から3ヶ月以上たっても、切り替えることってできますか?
P.S.事故の時点で警察には届けてありますし、診断書ももらってあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

通院の慰謝料が一日5000円?多分そういう意味ではなくて、加害者が被害者に慰謝料を保険で出る分だけ支払うとして慰謝料を計算するときの基準です。

つまり今回の加害者は、保険で出る分以外びた一文あなたに金銭的お詫びの誠意をみせるつもりは、たとえ人身事故扱いにしていたところでなかったということが窺えます。むしろ人身扱いにしないでくれという要求をのんだことの代価として、相当額を保険外で支払う意思があったと解釈して具体的金額を交渉すべきです。実際たびたび呼びつければ、いい加減早くけりをつけたくなるのは、加害者サイドも同じです。
    • good
    • 0

どうやら間違いなく、敵は常套手段のうやむやモード作戦突入のようですな。

素人被害者の九割以上が、そうやって泣き寝入りしていくのです。時間が事故からいっぱいたって、記憶が薄れていく中でだんだん面倒くさくなっていくのです。実際それでもういいやとあなたが考えるなら、この件はこれでおしまいです。どうされますか?冗談じゃないと思うなら下記のことを検討してみてください。  先ず、示談のことで話し合いをしたいということで加害者本人に連絡してください。たぶんしめしめと思って、すぐやってくると思います。そこで今までの経緯を示し、いかに自分が今回の事故によって不愉快かつ理不尽な扱いを受けたかを時系列でくどくどと説明します。おそらくしらばっくれるだろうし、ディーラーのせいにするでしょう。そしたら「素人じゃ有るまいし、保険のプロの方がそれじゃあ話になりません。『ちゃんと対応するから、人身事故扱いにしないでほしい』と頼むから警察にも、物損事故扱いにしてもらったのに、誠意がなさすぎます。加害者も保険屋もあなたなのですよ。私が相手だとなめずにいられないのなら、私も気のきいた代理人にまかせたほうがいいのでしょうか。」とかませます。
 じゃあどうすればといいだしたら、私も相談できる人に相談しますので、今日のところは、お引き取りください一両日中にまた連絡しますといって追い返します。一両日後連絡をいれて、「あの後色々相談したり訴訟のこととかも考えたりしたけど、時間もとられるしとっとと決着もつけたいので、あなたが出そうが、ふざけたディーラーがだそうが、得意の保険から引っ張ろうが,かまわないので三〇万振り込んでください。そしたら、その金と自分のを足して、買い換ちゃってすべて終わりにしますのでそうしてください。すぐ示談に応じます。」とやってみてください。たぶん「10万で、」とか言い出すはずです。「じゃあ、なかとってもういいから20万で」と言うとゲットです。だめだったらまた、この欄にて対策をねりませう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも詳しくお返事ありがとうございます。
なるほど、そういうふうに話を持って行けばいいのですね。相手は何と言ってもその道のプロですから、うまくいいくるめられないように気をつけます。
そういえば、物損の慰謝料もだけど、人身部分の通院にたいしての慰謝料も請求しないとダメなんですよね。前にチラッと相手の人が言ってたんですけど、通院の慰謝料、1日5000円って本当ですか?どんな事故でも一律で決まってるんでしょうか。それと、ちゃんとした(?)人身事故の場合、私個人の保険からも通院費って出ますよねぇ。これも請求していいんでしょうか。。。
なんだかいろいろあってややこしいけど、なるべく相手の思うつぼにはまらないように、がんばってみます。
加害者と話したら、内容等報告します。

お礼日時:2001/01/14 01:43

最初のペ-ジが締め切られていたので、こちらに書いてみました。

一方的な事故の被害者側は、個人財産に明らかに損害を受けたのですから、加害者に対し賠償請求できます。先般20万位うんぬんとかいたのはそのことです。
 一般的に事故車が中古車市場で嫌われ、売りにくいとされているというのはご存知ですよね。つまり貴方の愛車は、貴方に何の落ち度もないのに、事故歴あり・傷物にされてしまったのです。では具体的にいくら請求できるでしょうか。それは、事故がなかったとした場合の状態の査定金額(想定基準)と現状の車との差額という事になります。事故歴車のマイナス査定額には、事故修理金額から算定する公式がちゃんと存在しています。多くの場合概ね修理金額の三分の一程度になる事が多いのです。ですから私は前述の数字を書いたのです。正確には査定協会という公的機関が、陸運局のそばに必ずあるので訪ねられてください。
 貴方の不幸は、加害者が保険代理店という事故のプロであるという事でしょう。人身を回避させられ、評価損はほっかむりされ、類推するに修理工場とのやりとりもどうもさじ加減が、加害者よりになっているような気がします。
 さて、貴方の車の価値がいくらか小生にはデ-タ不足でわかりませんが、保険会社から、62万円の修理代と修理期間の代車費用は、支払う事になっているわけです。つまりディ-ラ-にとってみればおいしいお仕事なのです。事故の時点で考えれば、その車を修理するということにして(実際には廃棄)62万プラス27万(3000×90日)=89万貰って別の事故歴なしの中古車に、すぐ乗ってお馬鹿なディ-ラ-と付き合わずに済むという選択肢もあったのです。貴方の車と同レベルの中古車が、それ以上するなら、再調達価額との差額は、加害者と交渉し、示談条件にいれることもできたのです。状況次第ではありますが、今からでも少しでも金銭的にゲットするべきだと思います。がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
以前の経験なのですが、(前にも同じようにおかまされて人身事故になったことがあるのです)その時はちゃんと保険会社が入っていて、示談の時に一応車の査定が下がる分については支払ってもらえないのか?と訪ねたのですが、保険会社の人は「それはできません」と一方的に言い切られ、さらに、「これ以上文句言うなら裁判に持ち込むこともできる」みたいなことを言われてしました。(実際にはもっと遠回しでしたが)なので、査定が下がる分については出ないものだとばかり思ってました。ということは、私は前回にもかなり損をしているということになるのでしょうね。
今言ったように、実はおかまされたのは2回目なのです。とうことは今回の事故が無くても、あの車の査定額はそれなりに落ちているわけで、それってどうなるんでしょう?影響ありますよね。
現在の状況は、ディーラーからは何の連絡もありません。(修理の際の損害賠償についての件です)車は今のところ雨漏りする様子は見られないので、こちらからディーラーに連絡することもなく乗ってます。なので、このままうやむやにされて終わってしまうような気が・・・
ちなみに、加害者からの連絡もありません。クリスマス前に一度連絡あったきりで、その時は「また1週間ぐらいしたら連絡します」って言ってたように思います。そのうち連絡が来るだろうと思ってますが、のんきすぎるのでしょうか。。。

お礼日時:2001/01/12 01:54

大変なことになっていますね


私も一度、人身に切り替えたことがあります。
相手方があまりにも頼むので物損にしてしまいました。
今からでも警察に行き、長々と、おこごと、質問が、
本当に長時間になりますが、警察の方に食い下がってください。
最近警察の方々も人間ですし、色々やられていますが、
がんばって下さい。
    • good
    • 0

人身事故か物損事故かという扱いは警察の事故届にどうかかれるかで決まるので、通常は警察も、被害者に怪我などがあり、でもそれが軽度のものなら「人身、物損どちらにしますか?」のようなことを聞いてくれます。

その場で判断がつかないときや、後遺症が出る可能性がありそうな微妙な場合は1~2週間程度は様子を見るということで待ってはくれます。
しかし3ヶ月もたってからというのは聞いたことがありません。もう警察だって事故の処理は物損事故ということで処理しているだろうし、今更人身事故にといっても、どうでしょう?難しいのでしょうか?こういう時のために保険会社では当事者同士の話し合いはやめてくれというようなことを言っているはずです。
あいてはいわば保険のプロですから、相手の手口にまんまと乗せられたってところでしょうか。そのときにそういう話し合いはするべきではなかったですね。
唯一救いはその時の診断書をとっているということですから、当時の担当の警察に事情を話してみて、人身に切り替えられるといわれれば、こころ強い後ろ盾なわけですから相手にはっきりした対応をせまるべきですね。
難しいとは思いますが、診断書がでるような症状だったのに人身にしなかったことが悔やまれますね。でも相手のことを思って情けでそうしたあなたの心情もお察しします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q追突事故の物損事故から人身事故への切り替えについて

以前、明らかに10対0の追突事故を起こした事があります。

その時は考えなかったのてすが、事故当時は追突箇所が良かったのか被害者が物損事故扱いにしてくれて車両の修理のみで示談が成立しました。

ですが、もし何日か経過してから「人身事故扱いにしたい」とか「診断書を提出したい」とか言われたらと思い想像してしまいました。

そこで質問なんですが、物損事故から人身事故への切り替えはいつまで可能でしょうか?

その場合、後々からの診断書の提出でも可能なのか知っておきたいと思います。勿論自分なら事故の軽微関係なく人身事故扱いにしますけど。

それと、この場合行政処分(減点)は事故を起こした時点で計算されるんでしょうね。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>物損事故から人身事故への切り替えはいつまで可能でしょうか?

人身事故扱いとするためには、警察提出用診断書が必要ですが、この診断書の作成日が事故後1週間程度までのものであれば、1カ月以上経過していても受理されます。

しかし、1カ月以上経過後に受理すると、被害者の容態は「重傷」(全治30日以上)ということになりますから、「加害者の刑事処罰、行政処分が重くなりますよ」とやんわり拒否しようとします。これはもちろん、統計上、重傷事故が増えるのを避けるためと、不起訴処分となる可能性の高い案件で刑事記録作成のための膨大な手間が惜しいからなのですが。

初診日が事故の2週間以上後である場合も、軽微な事故であれば、「事故との因果関係がはっきりしないから」と受理を拒もうとします。

また、人身への切り替えを示談交渉の材料に使う輩がいるということは警察もよくわかっていますから、診断書の提出が遅延するケースではなにかと理由を付けて受理を拒もうとします。

しかし、いずれにしても「交通事故により受傷」と医師が記載した診断書を被害者が提出すれば、警察はそれを拒むことはできません。「事故との因果関係がはっきりしない」のであれば、「嫌疑不十分」で不起訴とすればよいだけの話なのです。そしてそれは、警察の仕事ではなく、検察官の仕事なのですから。

>行政処分(減点)は事故を起こした時点で計算されるんでしょうね

例え、警察提出用診断書に「全治2週間」と書かれていても、それを1カ月後に提出すればまだ治っていないわけですから、全治1カ月以上と読み替えられます。
行政処分の付加点数は、15日、30日が一つの節目です。http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/gyousei/gyousei21.htm
診断書の提出が遅れると、加害運転者には不利になります。

ただ、被害者が意図的に遅らせた場合などでは、診断書通りの付加点数で処理してくれます。

>物損事故から人身事故への切り替えはいつまで可能でしょうか?

人身事故扱いとするためには、警察提出用診断書が必要ですが、この診断書の作成日が事故後1週間程度までのものであれば、1カ月以上経過していても受理されます。

しかし、1カ月以上経過後に受理すると、被害者の容態は「重傷」(全治30日以上)ということになりますから、「加害者の刑事処罰、行政処分が重くなりますよ」とやんわり拒否しようとします。これはもちろん、統計上、重傷事故が増えるのを避けるためと、不起訴処分となる可能性の高い...続きを読む

Q物損事故から人身事故への切り替えについて

先日おかまを掘られて事故当日は物損事故扱いにしたのですが、翌日背中が痛くなり病院に行き、人身事故扱いに変更したいと思っています。理由は相手に誠意が無いため制裁を加えたいのと、相手の保険会社からもそのようにしないと保険が出せないと言われたためです。そこで警察に問い合わせたところ、再度調書など取るため、相手方(加害者)に連絡し一緒に出頭して来るように言われました。この場合、相手側が拒否する、もしくは連絡がつかないなど、同伴できない場合、私1人が望んでも(警察へ出頭しても)人身事故へ切り替えることは無理なのでしょうか。もちろん診断書はあります。ご存知の方おられましたら宜しくお願い致します。(やはり双方の調書を取る必要があるので無理なのでしょうか)

Aベストアンサー

1.交通事故でも、被害者の症状が打撲程度の軽傷である場合、現場検証を行った警察は物損事故だけで当初、処理してくれることがあります。

 加害者にとって人身事故扱いとなることは、業務上過失傷害罪(刑法211条)で書類送検されることを意味し、刑事罰のおそれがあり、また、行政処分(=免停など)の可能性も高まり、次回からの保険料の値上げにもつながるので、できれば避けたいと願うこともあるようです。
 加害者からの申し出に対して、被害者が同意すれば物損事故のまま処理が完了してしまいますが、この場合には、治療費や慰謝料は全て加害者の自己負担となり、保険から支払われることはありません。

 しかし、治療費などの支払いを確実に行おうと考える加害者は、最終的には保険が適用できる人身事故扱いになることを選択するようです。このときには、加害者から被害者に連絡を取り、人身事故にしてもらうよう依頼します。
 被害者が単独で、警察署に医師の診断書を持参して被害届を提出すれば、人身事故扱いに切り替えてくれます。警察署によっても違いますが、概ね事故から1週間以内であれば、対応してくれると思います。

 また、加害者の支払い能力に疑問を抱く被害者が、保険が適用される人身事故扱いにしたいと思うケースもあると思います。このときには、加害者に連絡する義務は、被害者には全くありません。
 
2.なぜ、警察が「相手方(加害者)に連絡し一緒に出頭して来るように」と、被害者である質問者さんに言ったのでしょうか。

 たとえ、一緒に警察署へ行っても、供述調書は加害者、被害者それぞれ別室で作成します(=別室がなければ、それぞれ離れた場所に移動して調書を作成する)。
 被害者と加害者(=容疑者)が仲良く並んで事情徴収に応じることはありません。

 例えば、ひき逃げ事件の場合、被害者が単独で被害届がだせないとしたら、どうなるでしょうか。
 加害者(=容疑者)を呼び出して事情を聞くのは警察の仕事であり、被害者が加害者に連絡を取らないと警察の捜査が進まないということは常識的に考えられない話です。

 物損事故としたときに現場検証は終わっているはずですから、質問者さんが単独で、医師の診断書を持参して警察に被害届を提出すれば、人身事故扱いに切り替えてくれます。

 それでも、所轄の警察署が対応を渋るようなら、各県警に設置されている「警察相談センター」(=名称は県警によって異なる)に問い合わせてみて下さい。
 警察庁HPを下記に貼っておきますので、お住まいの県警本部を探して下さい。

参考URL:http://www.npa.go.jp/safetylife/soudan/madoguchi.htm

1.交通事故でも、被害者の症状が打撲程度の軽傷である場合、現場検証を行った警察は物損事故だけで当初、処理してくれることがあります。

 加害者にとって人身事故扱いとなることは、業務上過失傷害罪(刑法211条)で書類送検されることを意味し、刑事罰のおそれがあり、また、行政処分(=免停など)の可能性も高まり、次回からの保険料の値上げにもつながるので、できれば避けたいと願うこともあるようです。
 加害者からの申し出に対して、被害者が同意すれば物損事故のまま処理が完了してしまいま...続きを読む

Q交通事故での物損から人身事故の切り替えについて

交通事故で、事故当時は目立った外傷がないため、物損事故として処理されたのですが、事故から3週間過ぎに、相手から診断書が出され、人身事故扱いになるから警察から再度、実況見分に呼ばれているのですが、この事故は診断書が出されているので人身事故として確定しているのでしょうか?実況見分の後に確定するのでしょうか?相手は事故後、2週間の間は病院には行っていないとのことでした。こちらとしては事故の程度(自分=車、相手=バイク、車でバイクに10~15キロで追突)からみて事故と怪我の因果関係に非常に疑問があります。人身事故として確定していないのであれば、まった!をかけられるのでしょうか?

Aベストアンサー

>この事故は診断書が出されているので人身事故として確定しているのでしょうか?
 相手が交通事故により受傷した旨の診断書を取り付け、それを警察が正式に受理したのであれば、人身事故です。実況見分等は人身事故としての事故処理の一環です。

>2週間の間は病院には行っていないとのことでした。
 人身事故には「事故によって受傷した事実」があれば要件を満たします。その後の治療実績等は人身・物損の判断には関係ありません。後々両実績が無いのでしたら、それだけ負担する賠償金も少なくすむということです。

>事故と怪我の因果関係に非常に疑問があります。
 基本的には診断書が出ている以上、どうすることもできません。その診断書が偽装されているということを立証する事ができるでしょうか?今回逆の立場で、相手が診断書に疑念を抱いてきたらどう思われますか?それに例え擦り傷でも打撲でも事故によるものであれば「人身事故」です。

Q物損事故→人身事故の切り替えについて

先日、自動車で追突事故を起こしてしまったのですが
そのときは相手の方も大丈夫だといって物損事故として処理されました。
2週間ほどたったところ保険屋から電話がかかってきて
なにやら相手の方が病院に通っているとのことなのです。
警察に相談して物損事故を人身に切り替えないと保険がおりないとのことなのですが、
その場合、私は法的に裁きを受けなくてはならないのですか?

また、切り替えをしなくても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

相手の怪我の具合(複数人数の場合は全員分を合算)が「全治○日」という診断書に書かれた内容によって軽症、中傷、重症と分けられます。2週間以内ならば軽症です。
まず安全運転義務違反ということで免許の点数が減点されます。過去に累積が無くても一発で免許停止(30日)です。これは講習を受けることで1日に短縮できます(受講料が必要です)。これが行政処分です。
次に業務上過失致傷罪という刑事上の責任が発生します。これも相手の怪我の程度、事故の形態(横断歩道上で人をはねた、などは重い)により、またあなたの過去の前科前歴により、起訴されて罰金刑(重ければ禁固刑)になったり、初犯なら不起訴や起訴猶予になったりします。当然、起訴されれば裁判所から呼び出しがあり、裁判を受けて有罪になれば前記の罰則が、無罪なら放免となります。困るのは不起訴、起訴猶予の場合で、これは「あなたは不起訴になりました」というようなお知らせが来ません。半年たっても何にも言ってこなければ、お咎めなしでしょう。
3つめは民事上の責任です。これは治療費や修理代などを支払うということです。追突だと、多くの場合過失は100%あなた、ということになりそうですから、あなたの自賠責と任意保険で支払う(足りなければ自腹で)ということになります。
そういった民事上の責任をきちんと果たしている、ということが、万一裁判になった場合に有利になります。裁判所から呼ばれたら、弁護士に相談されることをお薦めします。

相手の怪我の具合(複数人数の場合は全員分を合算)が「全治○日」という診断書に書かれた内容によって軽症、中傷、重症と分けられます。2週間以内ならば軽症です。
まず安全運転義務違反ということで免許の点数が減点されます。過去に累積が無くても一発で免許停止(30日)です。これは講習を受けることで1日に短縮できます(受講料が必要です)。これが行政処分です。
次に業務上過失致傷罪という刑事上の責任が発生します。これも相手の怪我の程度、事故の形態(横断歩道上で人をはねた、などは重い)によ...続きを読む

Q物損事故から人身事故への切り替えについて。

はじめまして。よろしくお願いします。

先日友人が奈良県で車対車の事故を起こしてしまい、その時はお互いに物損で済まそうと思っていたらしいのですが、1週間経って相手が病院に行きたい。 二週間経って仕事ができないといったことを申し出てきているらしいです。

その事故から1ヶ月近く経つのですが、友人の方も同乗者も腰が痛いということで病院に通っていたのですが、この際面倒なので人身事故に切り替えたいといっているのですが、1ヶ月たっても人身に切り替えてもらえるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

良くあることですので、多分、大丈夫です。
(後で症状が出る時期として2週間目くらいがけっこう多いらしいです)
まず自分側の保険会社にそのむねを話して、相手側には保険会社から言ってもらいましょう。
それでお互いの合意が成立すれば、当時の事故処理の担当官に報告して診断書を提出となります。
ただ、人身に切りかえると、もう一度現場検証のやり直しをしなければならない場合があり(私の場合はそうでした)、もしそうなら警察は邪魔臭いのでイヤミのひとつも言われるかも知れません。
当然、人身扱いになると免停・罰金等の処分がありますのであらかじめ覚悟しておきましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報