はじめまして。自分は30歳になり現在、転職活動中です。マーケティング(特に交通広告や流通など)の仕事がしたいのですが、実務経験やパソコンスキルが浅く、専門卒(旅行系)の為にアルバイトで探すのも難しい状態です。やはり大卒でないと難しいのでしょうか。業界に詳しい方からのご返事待っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前、日本で指折りの広告代理店に勤めていた者ですが、この内容では詳細をつかみかねます。

マーケティングも結構広い分野でから、就職を目指す職種→マーケティング専門会社orメーカーor商社or広告代理店などを、明確にしてください。

とりあえず予想で・・
1.交通広告のマーケティング
 →A.広告掲出の効果測定は問い合わせや応募の件数で判断することが多い
   よって、旅行代理店や主催者へ就職します
  B.広告を見た?好感度は?などは、マーケティング会社です。
   広告を制作した会社の調査では、信用性に疑問が残ります。

2.流通のマーケティング
 →A.商品開発に伴う調査であれば、メーカーです。
   商社やマーケティング会社に依頼と言うこともありますが、結果が
   どう反映していくのかを見守るにはメーカーがベターでしょう。
  B.流通における販売促進であれば、流通各社か広告代理店でしょう。
   広告代理店は、時代のトレンド分析や売れ筋・話題性の傾向を
   販売店の担当部署(広報・販促部門)に提案して作業します。
   ただし、大きな催事(クリスマス・バレンタイン等)を除く通常催事の
   場合は、そのための調査は行われません。商品部・販促部からの
   数字をテーマにして仕事が進行する場合が殆どです。

マーケティングの会社は、交通量の調査やアンケート調査、試作品の試用調査など種類が豊富です。中には、テレビの視聴率などというのもこのカテゴリーに入ります。また、電話調査と称して、電話勧誘まで請け負っていることもありますので、就職に際しては見極めが必要になります。

パソコンのスキル自体は、それほど高いものではありませんが、出てきた結果を「読む」という能力は必要です。依頼された調査内容によっては、単に数字を返すことで完了する場合がありますが、エキスパートを目指すのであれば、必須の項目になります。(経済学関係の素養は独学でも欲しいかも)
この辺は、大学で教わることもありますが、現場経験と自分の感覚能力の向上が一番の課題となります。特に、種類の違うデータをつき合わせることで、全く違うモノが見えてくるのは良くあることです。
新卒であれば、大卒が有利には違いありませんが、交通量調査のカウンターから始めてステップアップできないことではありません。どの会社でも新入社員は現場教育から始まります。いきなり格好いいスーツ着て、パソコン片手にとはいきません。覚悟はあると思いますが・・・。

段階を踏んだら、会社を変わってステップアップというのも手です。現場調査員から監督になって・・・ズルズルと・・・というのは良くないパターンです。まぁ、これは先の話ですね。

熱意を持って粘り強く就職先をアタックしてみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。自分がやりたい職種は、回答を参考にしますと、マーケティング専門会社、広告代理店です。マーケティングといってもいろいろあるんですね。アルバイトでも、マーケティング関連に携わるのは、年齢、学歴、職務経験で難しいですね。自分のやりたい仕事を目標にして、進んでいきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/04 01:39

業界経験者ではありませんが、


元人材紹介会社営業として、
転職の観点からお話します。

あなたが、やりたいのですから、
否定はしませんが、
相当、難しいものとご認識ください。

というよりも、
マーケティングの仕事をするための
ステップになる仕事を探したほうが
良いと思います。

例えば、交通広告を扱っている代理店の
営業をするとか、
小売に就職して、営業をするとか。

そうやって、マーケの勘所のようなものを
身に付けないと、ほぼ無理です。

また、世間では、マーケの概念を知っている人よりも、
営業経験のあるマーケが好まれているという
事実もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やはりマーケティングに携わるのは難しいですね。アルバイトでも、書類選考や、応募の段階で断る会社もありました。関連する経験を積まないと難しいですね。参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/04 01:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマーケティングの仕事とは具体的に何か教えてください。

マーケティングの仕事とは具体的にどのようなものでしょうか?

新製品や新サービスを行う際の調査、ぐらいの認識で、
市場調査やヒヤリング調査などを行うということはわかります。
しかしヒヤリングした結果を回帰分析や重回帰分析などもするのもマーケティングの方の仕事でしょうか?
であれば、マーケティングを行うには統計学をばっちり勉強しておかなければならないのでしょうか?

それとも回帰分析、重回帰分析で決定係数の見方ぐらいわかっておけばよいのでしょうか?
マーケティングの仕事の具体的な日常業務、
またマーケティングの業務を行うのに必要な知識を詳しく
教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メーカーでマーケに関わっています。

マーケティングとは、簡単に言うと
「製品やサービスを売るための戦略立案、およびそれに基づいたアクティビティの展開・実施」
ということになるのですが、ご質問者様の仰る
>新製品や新サービスを行う際の調査
というのは、あらゆるマーケティング作業の一部でしかありません。
実際には、リサーチで得られた結果を分析し、ターゲットとすべきユーザの傾向と絞り込み、アタックの方法を検討し、
それらを基に販売戦略を検討、広告はどうするか、店頭はどうするか、他媒体の活用方法、等を考えた上で実行に移します。

>マーケティングを行うには統計学をばっちり勉強しておかなければならないのでしょうか?

調査結果の分析までは、外部の専門会社に委託しています。
その結果を見てそこから先にどう進めるのかを考えるのが、私の仕事です。

>マーケティングの仕事の具体的な日常業務、
またマーケティングの業務を行うのに必要な知識を詳しく
教えていただけると助かります。

日常業務…と言っても、抱えている仕事によってだいぶ違いはあります。
「マーケティング」と言うと、PCの前でひたすら数字を追うというイメージなのでしょうか。実際は違いますが。
もちろん、製品の売り上げをまとめることも仕事のうちですが、全国の販売店を回ったり、新聞や雑誌広告の撮影現場に立ち会いしたり、
カタログの文字校正をしたり、工場に行ったり…など、おそらくご想像よりももっと幅の広い仕事です。
合理的な考え方や柔軟なものの見方ができる上で、自分の頭で考え、自分の主張を持ち、
問題解決に向けて動けるといった実行力のある方なら、どなたでもできると思います。

メーカーでマーケに関わっています。

マーケティングとは、簡単に言うと
「製品やサービスを売るための戦略立案、およびそれに基づいたアクティビティの展開・実施」
ということになるのですが、ご質問者様の仰る
>新製品や新サービスを行う際の調査
というのは、あらゆるマーケティング作業の一部でしかありません。
実際には、リサーチで得られた結果を分析し、ターゲットとすべきユーザの傾向と絞り込み、アタックの方法を検討し、
それらを基に販売戦略を検討、広告はどうするか、店頭はどうするか、...続きを読む

Q証券会社に就職しようと思っていますどう思いますか?

今大学3年生で就活を控えています。私はファイナンスに大変興味があり、証券、銀行を希望しています。
特に今自分がトレーダーをしているのもあり、証券会社に就職したいです。毎日iモードを使って、相場の流れ、自分の買っている銘柄のチェック、チャートなんかを見ています。同期は皆証券会社に行くの辞めておけといいます。何と言っても、仕事がかなりきついみたいで、休みがないそうです。離職率も7割らしく、通年採用をしています。
自分は会社の花形でもある営業に大変興味があります。友達に聞いた話では100件電話して、1件話を聞いてもらえればいいとか・・・。私は何とかして、日本をアメリカのように直接金融型に移行させたい。日本人はどうも株を投機と思いがちである。
友達から、過労死するぞとか、辞めておけと言われます。皆さんは証券会社をどうご覧になりますか??

Aベストアンサー

興味のあることをやったらいいんじゃないでしょうか。

いまどきテレコールなんかガンガンやってる証券会社があるのかどうか知りませんが、営業で言うと100件電話するなんか全然大変じゃないですよ。ぼくは若いころ丸一日電話に齧りついてたときは300件以上は電話してましたけど、300件とか500件とか電話するのが大変なんじゃなくて、1件のお客さんと集中して話すことの方が100倍大変です。自分の声のトーンと相手の声から伝わってくる情報に全神経を集中して本気で電話してれば1件の電話でも疲れ果てることがあります。別に怒鳴るわけじゃないですよ。夜の10時まで飛び込みすることよりも昼の1時から3時までの2時間お客さんの事務所で喋ることの方が100倍大変。
営業は営業でまたそういう楽しみがあります。大変というのは裏返すとけっこう楽しいことでもあります。そしてたぶん相場を教えてくれるのはお客さんです。下手なお客さんだって実にいろんなことを教えてくれます。自分が学ぼうとしないとわからないことだと思いますけど。
最終的に面白くないなと思えばやめればいいじゃないですか。
ぼくは電話営業やってるときは実に面白くないと思ってましたけど、3年は必死になってやらないとモノも言えないと思って3年頑張りました。それでちゃんと数字叩きながら3年やって、面白くないからやめますといったら、面白い仕事やらせてくれましたよ。運が良かっただけかもしれないけど。
理屈だけ言っててもダメです。ちゃんと会社に収益を与えてあげた上でモノ言わないと、誰も耳貸さないですね。仕事するってそういうことだから。
失礼なことを書きますけど、海のものとも山のものともわからない大学ポッと出の小僧が何を言っても残念ながら誰も耳を貸しません。

楽な生活がしたいなら地方公務員になるのがいいと思います。仕事は安定しててそれ以外に楽しみを求めるという人生もいいものです。けっきょくは好き嫌いだと思います。
仕事がキツイったって、電通の営業だってトラックの運ちゃんだって一日14時間以上労働なんか実態で言うと実はごく普通。うちの顧問弁護士だって夜中の3時ごろに仕事のメール寄越してきたりします。国家公務員上級の金融庁とか財務省のキャリア組でも深夜12時とかまで仕事してたりしてます。残業代すごいでしょって聞いたら、予算があるから請求できないと言ってました。夜中に霞ヶ関の官庁街走ってみて下さい。けっこう電気ついてますから。役所といっても社会保険庁みたいなボケナスなことをしてるところばっかりじゃないんですね。
手塚治虫は一日平均睡眠時間3時間だったって言いました。イチロー選手なんかメンタルには朝起きた瞬間から試合の準備してるそうで、それどころか寝てるときに体の物理的なバランスが崩れないように定期的に寝返りをわざとうつそうですから、試合時間は知れてますけど24時間365日仕事してるようなもんです。
それでも人間そんなに簡単に過労死なんかするもんじゃありません。

ところで話は変わりますけど、証券会社に勤務してもたぶんトレーダーをしている自分にとってのイメージとは全く違う世界だと思います。証券会社の社員の99%ぐらいは、株のことはよく知っているかもしれませんが、残念ながらトレードのことは全然知りません。しかも自分が知らないということを知らない、という、きっとソクラテスに言わせると致命的なアホウばっかりです。でもお客さんに向かって実は相場はやったことがないから知らないんですとは言えませんし、そもそも本質的にブローカーというのは運用する側と利益相反の関係がありますから、構造的に仕方が無いことかもしれません。たくさん儲ける為には手数料はなるべく払わない方がいいですが手数料を払ってもらわないと証券会社は倒産します。トレードの手法を知っててお客さんに教えてあげても証券会社は儲からない。

そういうことはあるけど株が好きなら証券会社の内情も見ないより見てた方がいいと思います。何が見えるのかはあなたの問題で、目に映っていても見ようとしなければ脳が理解しませんから見たことにならない。
またなろうとしないものにはなれませんしやろうとしないことは実現しないものです。日本の金融システムを直接金融型に移行させたいといいますけど誰のためにまたは何のためにそうしたいんでしょうか。
「日本人は株は投機と思いがち」と書かれてますが、ぼくは投機の何が悪いのかという立場です。投機って丁半博打じゃないですよ。機会に投資する、いいじゃないですか。ベンチャーファンドなんかエンジェル投資なんて一生懸命体裁取り繕ってますけどバリバリコテコテの投機です。個人的にはもっと真剣に考えて投機すればいいと思う。
構造改革をやりたいならきっと金融庁に入庁するか政治家になった方が手っ取り早いと思いますけど。金融庁の役人とか政治家ってトレードなんてことが全くわからない人種の最右翼でしょうから、そんな人がいたら大好きになると思います。ぼくに好かれても仕方ないでしょうけど。

とりとめのないことばっかり書いてオチがありませんが、何かの参考になれば。

興味のあることをやったらいいんじゃないでしょうか。

いまどきテレコールなんかガンガンやってる証券会社があるのかどうか知りませんが、営業で言うと100件電話するなんか全然大変じゃないですよ。ぼくは若いころ丸一日電話に齧りついてたときは300件以上は電話してましたけど、300件とか500件とか電話するのが大変なんじゃなくて、1件のお客さんと集中して話すことの方が100倍大変です。自分の声のトーンと相手の声から伝わってくる情報に全神経を集中して本気で電話してれば1件の電話でも...続きを読む

Q東大や早慶でても大企業に就職するのは上位二割程度

って本当ですか?東大でても中小企業に就職したりするって本当ですか?逆にマーチとかで大企業に就職したりするというのも聞いたんですが本当なんでしょうか?何か質問ばっかりですいません。東大や早慶でたら人生安泰だとばかり思っていたので信じられなくて・・・・

Aベストアンサー

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きましたけどこういう人はけっこう多くいます。
早慶も同様です。
「絶対に就職」と思ってる人はそうそう多くないです。上位大学でも色んな人がいます。

次いで
1と関連するんですが、今って価値観は変わって来てる。
大企業や大金に対する嫌悪感の方が強い。正直、欧米の方がそうなってますね。
凄く優秀な人が国際公務員を蹴って小さい会社を立ち上げたり、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9
そこにゴールドマンサックス1年で辞めて蹴って入る人がいたり(わずか数人の会社ですよ)そういう感じです。
甘い部分もあるんですけど、NGOや中小などを最初から志望する優秀な人もけっこういます。


最後ですが、環境の変化が起こった、と言うこと。
前提として
1、大企業に入ること自体は難しくない。
大企業とは「300名以上」ですからここに入るの自体、偏差値60以上の大学生からすると、別に難しくない。東証一部上場企業も2000社もあるし、そんなに難しくない(その上、財務省やサントリーやゴールドマンサックスなど上位企業は上場してません)

2、上司は高卒
ギャグみたいな話ですが、いまの公務員人気はこの20年で起こったことで、それ以前はまるで人気がなかった。だから地方の市役所は京大なんかの帝大卒も多いですが4,50代なんかの上の世代は人気が無かったので4,50代はふつうに高卒です。いや本当に。どの企業もそういう部分ありますよ。

3、国力の低下
やっぱり1960-1990のわずか30年間だけど、日本国自体が右肩上がりだったし、人口比で見ても
大学生はエリートだったんだと思うんですよね。優秀だけども高卒や短大卒でって人も多かったし、彼らはその現実を受け入れるしかなかった。でも今は人口比で見ても、日本のエリートと呼ぶには届かなくなってると思います。供給量は拡大したのに、需要が減ってる。
そりゃあぶれる奴は出ますよ。

4、企業サイドの姿勢の変化
上記1,2,3を踏まえ企業はシビアになってる。
正直、海外営業なんて腐るほどいたし、売れるもんだから大量に営業を採った。営業もふつうにしてたら売れた。でも今は売れないわけで、システムを組み替えることと、あと根性系も残ってる。
で、理系(念のため行っておくと僕はド文系)、や専門職(医師や、弁護士や海外経験)の需要が高い。
JALのCAは契約社員で、三菱商事の一般職は派遣で、と労働者側から見ればキツイ、最悪な、株主や企業からすると利益を確保できる最高のシステムになってる。
こういう厳しい状況だから、過去の形式上新卒ののシュウカツはなくなって、欧米並みに難しくなってる。
欧米の場合は、あくまで専門性が重要で、「大学でどれぐらい勉強したかを発表する場」なんだから軸はカンタンなんだけど、日本はその辺が曖昧だから、じぶんの立ち位置に苦しむことが多い。

有名大を出てる=専門性があるわけじゃないってのは企業もわかってるし、その辺のギャップ(自己評価が高すぎる)と落ちる。
アマゾンでネット注文して3日で届く自体に、1つ1つの作業がのろい奴は落ちる(サービスを享受する時は安さやスピードを求めてるのに、自分がやる側になったらやりません、できません、っておかしいでしょ)。

東大早慶は、ある程度は受かりやすい。少なくとも書類とか、1次とかは受かりやすいと思う。
でも2次以降はふつうに落ちるし、「おれ○大だからさあ」みたいな奴は落ちる(こういう奴ってあんまり優秀じゃないことが多いし、そもそもキモい新人とわざわざ仕事しなきゃならんのだよ)。
あと中小やngoに「私は利益優先型に疑問があってこういう所に来ました」みたいなかわいこちゃんも落ちる。中小でも利益を必死になって生み出してるし、ngoでも鬼のような姿勢と行動力で寄付や政府系援助をぶんどってなんとかかんとかで運営してることが多い。

つまり『有利な面もあるが、それは”山本くん家は高校から歩いて5分”ぐらいのメリットであり、あまり深く捉えすぎると大やけどする。先輩の進路などを見てれば、ある程度自分のことは推測できるし、限られた環境でできることを楽しみながら1つずつ行う、それしかない』です。

あとは優先順位が違う気がする。
僕はバイト先で中小大の奴がバイトや恋愛やファッションに頑張ってるなあ、と感じたけど、
学内では海外留学やインターン、サークルを頑張ってる人が多かった。
メンタリティが違う部分があると思うし、大企業は後者のメンタリティを持ってる傾向にあるから後者が有効になりやすい気がする。

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きまし...続きを読む

Q社長面接での社長の呼び方

些細なことなのですが、面接時に社長の事は
なんと呼べば良いのでしょうか?

 1)「社長の話を聞き、..」
 2)「○○社長の話を聞き、..」
 3)「社長様(or社長さん)の話を聞き、..」

どれが良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社長が直に面接されている状況ですね。
そこに居るんですよね。

2)「○○社長の話を聞き・・・・」は、95点。

最低でも「○○社長の話を伺い・・・・」で98点

さらに「○○社長の話を承(うけたまわ)り・・・・」
なら100点

Q統計学(データ分析)を活かせる仕事

率直にいって統計学(データ分析)を活かせる仕事って何かあるでしょうか。よく「品質管理やマーケティングの分野で役立つことがある」みたいなことを聞きますが、具体的にどの程度のものか分かりません。

就職までまだ2年間の猶予がありますが就職関連のwebサイトを見ていると、統計学(データ分析)を活かせるような仕事は研究職(特に生物や医療関係)しかないような感じです。

研究職以外でデータ分析を使われているような仕事というか業種などを教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

大学で統計の勉強をされているという事でしょうか。

統計は様々な分野で活かされていますよ。
業種も様々なので、この分野です!というのは難しいですね。。。

統計学を学んだ私の仲間が就職しているのはこんな業界です↓

・大手ゲーム会社の商品企画(マーケティング)
・大手たばこ製造会社の品質管理(品質管理)

就職サイトで「品質管理・マーケティング・商品企画」等のキーワードで検索してみて下さい。
そのキーワードでヒットする会社は、統計学を活かせる職業だと思います。

因みに私もマーケティング会社へ勤めていますが、統計の知識が必要です。

Q興味ない業種の企業を、職種や条件だけで選ぶのはあり?

現在就職活動中ですが興味のある企業はほとんど落ちてしまったので、
今あまり関心のもてる企業がなくなってしまい、新たにエントリーが出来ていません。
興味のない業種にでも妥協しなければならない時期なのかなと思っています。

そこでタイトルにある質問なのですが、
興味のない業種でも、自分にあうと思う職種や労働条件だけで選んでしまっても大丈夫でしょうか。
そういう人ってどのくらいいるのでしょう。
例えば「接客がやりたいから金融業界に全く興味がないけど銀行で働こう」とか
「扱っている商品に関心はないけど会社の雰囲気はいいからここにしよう」とかいうことです。
できれば好きなことを仕事に出来ればいいですが、そうも言ってられないのは仕方ないと思います。
でも関心のない業種の仕事に就いた場合、果たして長続きするものか、やる気が出るのだろうかと不安になるのです。
全部が自分好みの企業に出会えるとは思ってませんが、どの程度妥協するべきなのでしょうか。

今就職活動中の方にも、働いている方にもお答え頂けたら嬉しいです。

Aベストアンサー

この間就職活動を終えた大学4年です。
アリだと思います。
というか、私はほぼそういった就活でした。
今決めた内定先も、就活を始めた当初は名前も知らなかったし、
どんなことをやってるか興味すらありませんでした。

私の場合は、希望の業種で、新卒を募集しているのが数社しかなくて、
募集人数も少なく、すぐ全滅しました。
なので、それに関わる職種(言ってみれば管理部門です)で、
会社の雰囲気や、
実際に話した社員の方のやっている仕事が、
私のやりたいことに結びつくと思ったこと、
1次から全て個人面接だったため、
私のことをじっくり見て、評価して採用してくれたんだ、と思ったことで、
今のところに決めました。

ただ、私の場合は管理部門の職種で絞って受けていたので、
会社で扱っているものはどうでもいいや、という感じでしたが、
営業・販売などだと、質問者さんのおっしゃる通り、
その扱うものに全く興味がなかったら、嫌になるかもしれませんよね。
逆にもともと好きでも、毎日同じものばかり見ていたら飽きるかもしれないですけど。

でも、それは質問者さんの価値観で、
たとえば休日は趣味に打ち込んで、公私はきっちり分けるつもりだから、
仕事で扱うものは何でもいい、とか、
休日が少なくても、とにかくたくさん稼げれば何でもいい、とか、
土日は休みたいからBtoC企業は無理、とか、
喋るの苦手だから営業はやだ、とか、
優先すべきものは何か?ということです。
「妥協」と言うか、
「これのためなら、それは仕方ない」
と割り切れるかどうかじゃないでしょうか?

そういった優先順位も、
説明会に行って話を聞いたりしなければつけることはできないので、
就職サイトでとりあえず気になった言葉で検索をかけてみて、
その中で自分が少しでも興味を持てればエントリーしてみるとかでいいのでは?
私はそういう感じで説明会に出席したら、
自社ビルが超キレイで虜になり(笑)、
さらに上に書いたような条件も揃って、内定もらえたので、
うれしかったです。

長々とごめんなさい。
質問者さんが、良い就職先に巡り会い、
満足して就活が終われるよう、応援しています。

この間就職活動を終えた大学4年です。
アリだと思います。
というか、私はほぼそういった就活でした。
今決めた内定先も、就活を始めた当初は名前も知らなかったし、
どんなことをやってるか興味すらありませんでした。

私の場合は、希望の業種で、新卒を募集しているのが数社しかなくて、
募集人数も少なく、すぐ全滅しました。
なので、それに関わる職種(言ってみれば管理部門です)で、
会社の雰囲気や、
実際に話した社員の方のやっている仕事が、
私のやりたいことに結びつくと思ったこと、
...続きを読む

Q働きながら転職活動をしています。面接の日程の調整で悩んでいます。助けてください。

こんばんは。

現在、転職活動を始めて3週間です。
某エージェントを利用しています。

11社に応募して、書類選考を5社通過しました。
うち1社は今週面接日が確定しています。
残りの6社は選考中で、面接に呼んでくれるかもしれません。

私は今仕事をしていますが、基本は土日が休みで、試験日はほぼすべて月~金曜となっています。

月に一日だけ平日に休みがありますが、それだけでは全く面接が受けられません。一日2社が限度です。(=月に2社しか受けられない)

私と同じ休日体系で、仕事をしながら転職活動をされていた方はどのようにこなしていらっしゃいましたか?

最近の私の悩みは試験を受けたくても休めず(年休なんて病気でも取るのが厳しい職場です)、なかなか転職活動が進めないというつらい気持ちが我慢できません。

でも仕事を辞めても受かる保証はないので、働きながらなんとか転職したいと思っています。

今の会社に働き続けるつもりはありません。早く辞めたいです。
(過労で体を壊しそうなので)

でも大事なことを焦って決めても失敗するかもしれないので、本当に精神的に追い詰められています。

何か裏技などあったりするのでしょうか(笑)?

経験者の方のアドバイスをお願いいたします。

こんばんは。

現在、転職活動を始めて3週間です。
某エージェントを利用しています。

11社に応募して、書類選考を5社通過しました。
うち1社は今週面接日が確定しています。
残りの6社は選考中で、面接に呼んでくれるかもしれません。

私は今仕事をしていますが、基本は土日が休みで、試験日はほぼすべて月~金曜となっています。

月に一日だけ平日に休みがありますが、それだけでは全く面接が受けられません。一日2社が限度です。(=月に2社しか受けられない)

私と同じ休日体系で、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。転職歴3回あります。
2回目の転職の際は、仕事をしながら転職活動をしていました。

>今の会社に働き続けるつもりはありません。早く辞めたいです。

何はともあれ、辞めたい一心で安易に転職先を決めないことです。
(妥協をしないこと!絶対に後悔しますから)

私の場合は、平日の夜間にも面接に行っていましたよ。
書類選考で通ったら、面接の日程調整に入りますが、平日でも遅い時間(定時後)に時間を作ってくれる企業は多数有ります。

私は現在、某企業の人事部勤務で、面接・採用にも携わっています。
どうしても面接をしたい人の要望は、こちらが残業になっても時間を作ります。
出会いはお互いにかけがえのないものですしね!

このご時世ですから、仕事をしながら転職活動を行っている人はたくさん居ます。
私も面接が忙しいときは帰宅時間が23時、22時過ぎることはしょっちゅうです。

仕事の都合でどうしても時間が取れない・・・と採用担当者に懇願するしかないかもしれませんね。


転職経験もあり、採用にも携わっていますが、ザンネンながら私は裏技と言える技は持っていません(汗)
多少の無理をしても・・・天職を見つけるためにも頑張ってください!
無理をしすぎは禁物ですが・・・。

こんにちは。転職歴3回あります。
2回目の転職の際は、仕事をしながら転職活動をしていました。

>今の会社に働き続けるつもりはありません。早く辞めたいです。

何はともあれ、辞めたい一心で安易に転職先を決めないことです。
(妥協をしないこと!絶対に後悔しますから)

私の場合は、平日の夜間にも面接に行っていましたよ。
書類選考で通ったら、面接の日程調整に入りますが、平日でも遅い時間(定時後)に時間を作ってくれる企業は多数有ります。

私は現在、某企業の人事部勤務で、面接・...続きを読む

Q「プロデューサー」と「ディレクター」の違いについて

 テリー伊藤氏の或る本を読んでいたら、次の一節が出てきました。
  「テレビ業界にも、ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀だという人たちが少なからずいる」
 これってどういう意味なんでしょうか?
 プロデューサーは「企画する人」、ディレクターは「指示を出す人」だというのはわかるんですが、プロデューサーは自分の頭の中に企画のイメージやアイデアがあるということで、ディレクターの代わりにディレクションをすることはないんでしょうか?
 また、「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)、その逆ってどうも今ひとつイメージできません。
 テレビ業界に限らず、映画・アニメ・音楽などの業界での話として、どなたか説明してくださる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、

>「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)

という認識が、理解を妨げている気がします^^;

ディレクターとは、No.3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。
演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

一方、「プロデューサー」が行なう事は、制作全般の運営・管理です。
企画立案、資金調達(企画売り込み営業等)、スタッフや出演者のキャスティング、スケジュール管理、予算管理、作品のクオリティー管理などなど。
従って、プロデューサーはこれら制作管理の立場から、場合によってはディレクションに口を出すこともあり、ポジションとしては紛れも無くディレクターの上司に当たります。

即ち、ディレクターは演出力のみ発揮すれば良いですが、
プロデューサーは制作の全責任を負う職務な訳です。
従って、これまで投稿された回答がプロデューサーを軽んじてるように思えるのが少し気になるところです。
とりわけ、企画を通す、とか予算を引っ張って来る、なんて事はどんな業務より困難なのは明らかですよね。

しかしながら、以上は理想であり建前です。
現状は演出力のないディレクターや何もやらないプロデューサーを大勢見てきました。
ですから、『プロデューサーは「企画する人」』というのは、本来は間違いではありませんが、自分で企画を起さない人も多数いますから、むしろプロデューサーに絶対必要な資質というわけではないのでしょう。
現にテリー氏の会社には構成作家を何人も抱えていて、プロデューサーが企画を立てたい時は彼等を自由に使える仕組みになっています。

「営業」も然りで、テレビ局等との関係によっては勝手に仕事が舞い込む場合もあったりして、自らの営業力を発揮しないプロデューサーも少なくありません。

では、テリー氏の言う優秀なプロデューサーとは何を指すのかと言うと、
『企画を“然るべき”作家に立てさせる』
『その企画を“然るべき”スポンサーやテレビ局に通して資金を調達する』
『企画を遂行できる“然るべき”スタッフや出演者をブッキングする』といった、
当該企画に必要な“然るべき”人物達を見極められるだけの十分な【人脈】と、
それらと折衝を行ない使いこなす【コミュニケーション能力】ではないでしょうか。

私が業界に入った当初、私の師匠から「ディレクターになれなくてもプロデューサーにはなれる」と教わりました。
その意図するところは、ADや制作進行、助監督など(現場によって呼び名や職務は様々ですが)下積み業務をこなしているうちに自ずと制作管理全般の知識は身に付き、加えて、多くの人々に出会い人脈も構築できる。だから仮に演出能力がない場合に備えて人望を磨いとけ、というものでした。
ちなみに、テリー氏と私の師匠は元同僚なので同じ教育を受けて同じ考えを持っていても不思議ではありませんし。

加えて、
他の方々も指摘してらっしゃる通り、ディレクター達は往々にしてコスト意識が薄く、
それに対してプロデューサーは「金がかかり過ぎ!」などと怒ったりぼやいたりするのが常ですが、ディレクターのアイデアが実現できるように立ち回りつつも、同等の効果が得られしかも安く上がるような提案を積極的に行なうようなアグレッシブな予算管理を行なう事なども良いプロデューサーの資質だと思います。
また、それをしないと商業映画のプロデューサーなら即失格でしょう。

それから、

>ディレクターとしてはダメだったけれどもプロデューサーとしては優秀

ご承知かも知れませんが、
プロデューサーになるには必ずディレクターを経るというわけではなく、ディレクターを目指して業界入りしても修行半ばでプロデューサーに目標を変える人や、最初からプロデューサーを目指して業界入りする人も大勢います。
要するに、ディレクターはプロデューサーへの通過点ではなく、
プロデューサーはディレクターの成り損ないでもないという事をご理解下さい。

こんばんは。

まず、

>「プロデューサーとしてはダメだったけれどもディレクターとしては優秀」というのならなんとなくわかるんですが(自分で企画を立てられるほど発想が豊かでない、アイデアマンではないけど、他人に指示を出すのはうまい)

という認識が、理解を妨げている気がします^^;

ディレクターとは、No.3の回答者さんが仰る通り、演出を行なう者の事です。
演出とは頭の中の考えを表現する事ですから、それこそ『発想が豊か』かつ『他人に指示を出すのがうまい』事が求められます。

一...続きを読む

Q「好きな仕事」か「安定した仕事」か

今までずっと好きな業界で仕事をしてきた30代前半未婚女性です。
好きな仕事なのでお給料が少なくても辛くても我慢出来ました。
(この業界はみんな給料安いしバイトか契約社員が多いです)
しかし、会社が経営難な上に給料が遅れ出したのでさすがに辞めました。

そんな折、知人の紹介である会社に誘われました。
今までとは全くの異業種で、正直興味もない業種ですが
お給料は良く、安定した会社です。
とりあえず試用期間という事で1ヶ月ほど仕事してますが「前の業界に戻りたい!」と思ってしまいます。
このまま行けばこの会社で社員にはなれそうなのですが正直辛いです。

もうちょっと若ければ迷わずやりたい業種にチャレンジするのですが、この年では採用される保障もありません。
年齢的には安定した会社で働いたほうがいいに決まってますが迷いがあります。
みなさんだったらどうしますか?

Aベストアンサー

「好きな仕事」か「安定した仕事」かというような問題はこれまで実際にどのような人生を歩んで来られたか、そしてこれからの人生をどのように歩んでいきたいかという人生観の問題でもあります。そして人生観については人それぞれですので簡単にこうであると答えることは難しいと思いますし、このような場で相談してもすっきりした答えが得られるとは思いません。まして未婚の女性ということですから結婚の可能性やその後も働き続けたいと思うかどうかなども考慮しなくてはなりませんので回答が難しくなるのはなおさらです。

では何故私がこのように答えているかという理由ですが、人生の先輩としてちょっぴりのアドバイスを差し上げたいからです。

まず、前の仕事をお辞めになった時の気持ちと今のお仕事についた時の気持ちを思いだしてください。おそらく、前の仕事の将来性に不安を感じ今の仕事に対する期待があったと思われます。ただ、一ヶ月間勤めてみて前の仕事との違いから「元に戻りたい」と思ってしまうのではないかと思います。ただ、ここにこのように相談するということは、前の仕事に戻ってもあまり良いことはないと漠然とながら感じておられるからではないでしょうか。

さて、ここで私はあと2ヶ月間今の仕事の良い所を探しながら積極的に勤めて見ることをお勧めいたします。3ヶ月勤めることができれば、一年続きますし、一年続けばその先も勤められます。逆にその2ヶ月の間に「どうしても嫌だ」という気持ちになるかもしれません。その時は自分の気持ちにすなおに従って元のお仕事(というかもとの業界)に戻ることにすればよろしいのです。

つきたい仕事や会社に「採用される保障」なんてどんな場合にでもありません。それを乗り切れるかどうかは「その人の熱意」と覚悟の問題だと私は考えています。ご質問者はまだその点に迷いがあるようですから、採用する側から言えば「熱意不足」と考えます。すぐに結論を出すと言うよりもあと二ヶ月間今の仕事をしながら考えて見て自分の決意が固まるのを待つ方が良いと思います。

「好きな仕事」か「安定した仕事」かというような問題はこれまで実際にどのような人生を歩んで来られたか、そしてこれからの人生をどのように歩んでいきたいかという人生観の問題でもあります。そして人生観については人それぞれですので簡単にこうであると答えることは難しいと思いますし、このような場で相談してもすっきりした答えが得られるとは思いません。まして未婚の女性ということですから結婚の可能性やその後も働き続けたいと思うかどうかなども考慮しなくてはなりませんので回答が難しくなるのはなお...続きを読む

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む


人気Q&Aランキング