会員登録で5000円分が当たります

設計書で18Nのコンクリートを使用するように書かれていましたので、温度補正を行い+3で21Nのコンクリートを打設しようと思っているのですが、これで施工した場合28日後には18Nの強度が出るということになるのでしょうか?もし18Nが得られたとして、その後は21Nまで強度が出るのでしょうか?
教えてください。

A 回答 (4件)

28日圧縮強度を18としたいのですが、コンクリートは気温により強度の発現が変わります。



横軸に時間、縦軸に強度の図を書くと、勾配が温度により変わります。
温度補正が必要な冬期(低温)では、強度の発現が遅れ、勾配が緩やかになり、4週では強度が発現していないことがあります。

そこで、4週強度が定められた強度をになるように、勾配が急な材料を用います。これが温度補正です。

コンクリートは最初の数日で急激に強度が発現し、その後緩やかに増していき、それは4週後も続きますので、最終的には調合の強度に達します。

但し、養生などその他の施工上の問題により、強度が十分発生しないこともあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最終的には21が出るという事で安心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/17 16:58

設計図書18Nで温度補正3Nだと、打設するコンクリートは供試体との誤差補正3Nを加えて24Nになりますよ。


それとも、共通仕様書は適用外ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仕様書にのっとって18+3(温度補正)+3(割り増し強度)=24
で施工する事にしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/17 17:14

 冬季におけるコンクリート工事においては気温により定められている温度補正を行うことはご承知のとおりです。



 さて、ご質問の件についてですがNo.2様が詳細な回答をしておりますから、経験的な事を述べさせて頂き
ます。

 温度補正したコンクリートを4週後に試験してみると解りますが、その数値はいづれも温度補正した以上の数値を示すはずです。(JIS工場出荷品での話です。それ以外については解りません。)従って4週で21Nということになります。
 そのような意味では温度補正が必要なくなりますが、温度補正をしない場合においても、4週の試験結果は指定強度を超えた値を示すはずです。
 つまり、工場が指定された強度を確保するため配合に余裕をもっていると言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

工場の方で余裕を見ているんですね。
今回は18+3(温度補正)+3(割り増し強度)=24
と言う事になりました。工場の方で余裕を見ているとなると、もっと強度が出ると言うことですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/12/17 17:00

コンクリート打設後(特に直後)の外気温によりますが、たいていの場合は28日も立たないうちに18Nは出ます。


また、最終的には21Nを越える強度になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
最終的に21が出るという事を聞いて安心しました。

お礼日時:2005/12/17 16:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教えて下さい。基礎、生コン温度補正とは

基礎コンクリートはN27と言われました。

内容。

図面には基礎コンクリートはFC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正となっていましたので聞きましたら
温度補正をプラス3にしましたのでN27ですと言われました。

温度補正をプラス3にすると強度N27になるのでしょうか。

ご教授下さい。

Aベストアンサー

No3回答者です
下から7行目に誤記がありました、訂正して、お詫びします。
「21日」は誤りで、正しくは「28日」でした。

Qコンクリート温度補正について

コンクリートの温度補正について質問です。温度補正は必ずしなければならないことで、しなければ違法になるのでしょうか?

Aベストアンサー

コンクリートの呼び強度のことでしょうか?
コンクリートは通常材齢28日の圧縮強度で管理しますが
この間の外気温が低いと28日目に所定の強度が発現しないことがあります。
この為構造体のコンクリートは
この期間中の平均温度から不足分の強度を割り増しした
呼び強度で発注されています。
この期間の温度が変化しない現場造成杭は温度補正しませんし、
強度管理材齢を延長した場合や、
裁暖によってコンクリート温度履歴を高くすれば補正をなくすことができます。
しかし裁暖する場合は灯油や人件費などの費用もかかりますし、
管理材齢を延長した場合、工期も必要以上に掛かりますので
温度補正した方がコストが低い、工期も伸びないという考えです。
温度補正を必ずしなければならないということではなく
強度管理材齢で設計基準強度が発現しなければならないということです。

気温による強度補正の上限は6N/mm2なので寒中コンクリートは
原則として積算温度方式で管理され、養生、保温を行います。

Qコンクリート 温度補正

コンクリートの温度補正について教えて下さい。
防火水槽の工事をするのですが、図面上では24-18-25と記載されています。
建築工事の場合温度補正を行うと思うのですが、土木工事の場合は温度補正は行わないとプラントに言われました。
そもそも防火水槽とは建築or土木?
温度補正を行う場合はどのようにするのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 防火水槽は土木工事でしょうね。それと土木工事の場合でも温度補正はありますよ。温度補正しないのではなく、冬季であっても地域的に必要のない地域ではないでしょうか。

 たぶん公共事業であると想定しますが、土木工事においても比較的寒い地域であるなら土木設計マニュアルや積算資料等に温度補正が掲載されているはずです。通常はそれに従い温度補正を行いますので、プラントが・・・ではありません。

 また、配合を見る限り土木工事の配合ではないですよね。建築屋さんが防火水槽を設計したような印象を受けます。とは言え、設計強度に対し、その地域が温度補正の必要な地域なのかを確認する必要があります。現場監督は設計者ではありませんから、遠慮なく発注者、あるいは設計者に温度補正の有無について尋ねてみてはいかがでしょうか。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


人気Q&Aランキング