最新閲覧日:

いろいろなHPで「支払督促申立書」の書き方を見つけたのですが、1枚目の「申立手続費用」の内訳欄を具体的にどの金額を書けばいいのか分かりません。

「申立手続費用」の内訳欄には、

 「申立手数料」
 「督促正本送達費用」
 「支払督促発付通知費用」
 「申立書書記料」
 「申立書提出費用」
 「資格証明手数料」

とあります。

最後の「資格証明手数料」は相手が法人なので商業登記簿謄本を取るのにかかった費用だろう、と思います。
「督促正本送達費用」と「支払督促発付通知費用」の違いはなんでしょうか。
「申立手数料」と「申立書提出費用」の違いはなんでしょうか。
「申立書書記料」というのは、司法書士などに頼んだ場合の費用でしょうか。だとすると、この欄は、個人で書いた場合は必要ないと言うことになりますか?

1枚目の最後に書く、支払督促申立にかかる費用(印紙と切手で収める費用)は、上のどれかの欄に含めるものなのでしょうか。

また、今回の申立で法務局や裁判所へ行くのにかかる交通費や、以前に内容証明郵便を送った際にかかった郵送料・交通費などは請求できるのでしょうか?

ご存知の方がいらしたら、是非教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

1 申立手数料


 支払督促申立書に貼用する収入印紙の額です。

2 支払督促正本送達費用
 郵券(=切手)により納付する、支払督促正本の送達費用の額です。いくらになるかは、申立先の簡易裁判所でお尋ねいただきたいのですが、一般には1050円程度です。
 債務者(相手方のことです。)への郵送費用とお考えになっていただければ結構です。

3 支払督促発付通知費用
 債権者(florenzさんのことです。)に支払督促の発付があった旨の通知をするための費用です。いくらになるかは、申立先の簡易裁判所でお尋ねいただきたいのですが、一般には80円程度です。

4 申立書書記料
 定型用紙1枚当たり75円(通常は3枚分の225円)とするのが通例のようです。ただし字数が著しく少ない場合は、減額されることがあります。

5 申立書提出費用
 第一種郵便物の最低料金+書留料(=500円)です。
 簡易裁判所や法務局との往復にかかる交通費等は含まれません。また、florenzさんが交渉段階で支出された交通費・通信費等や内容証明郵便の郵送料等も含まれません。

6 資格証明手数料
 お見込みのとおり、債務者の商業登記簿謄本の交付手数料として法務局に納付した額です。

7 その他のご質問
 支払督促正本送達費用と支払督促発付通知費用の違いは、上記2及び3をご参照ください。
 申立手数料と申立書提出費用の違いは、上記1及び5をご参照ください。
 支払督促申立にかかる費用をどの欄に含めるのかは、上記1ないし3をご参照ください。ただ、予納郵券全額が上記2及び3でカバーされるかどうかは、各庁によって扱いが異なるかもしれません(もっとも、余った郵券は返却されますので、どの庁に申し立てれば得をする、というようなことはありません。)。

 なお、申立書は鉛筆でご記入になり、申立先の簡易裁判所の窓口でチェックを受け、修正のうえOKが出た段階で、裁判所用及び債務者用のコピーをとって提出される(もとの鉛筆書きの原本は、florenzさん用の控えとする。)ことをお勧めします。

 以上、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明をどうもありがとうございました。
どの項目がどんな内容なのかがとてもよく分かりました。
参考にして記入したいと思います。
鉛筆で記入、というのもそうさせてもらいます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/20 14:12

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ