新たな就職先が雇用保険に加入できる会社であれば、今自分の持っている雇用保険被保険者証を会社に提出しますよね。そこには雇用保険に加入していた1番最近の会社名・加入日が記載されているわけですから、1番最近の会社名と加入日などはすぐ見ればわかりますよね。そこでなのですが、手続きによって<1番最近の会社での加入期間>や<今までの雇用保険加入歴>などは会社のほうに判明するのでしょうか。社会保険・厚生年金の手続きでは加入期間・会社名等は判明しないそうなのですが、雇用保険ではどうなのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

雇用保険者被保険者証は退職時に受け取る書類です。


雇用保険へ加入していたという実績を証明する用紙で、失業保険の受給手続きや再就職に必要になるようですね。

キャリアパーク!雇用保険者被保険者証とは?新卒でも知っておくべき重要性
https://careerpark.jp/41804

A 回答 (5件)

はじめまして。


すでに他の方の回答がズバリなのですが、
社会保険事務所と職業安定所からは、
ご自身の経歴を伝えることが出来ません。
万が一、役所の担当者が、ご自身の会社の事務員に
もらすようなことがあれば、「守秘義務違反」となり、
損害をこうむることがあれば、損害賠償請求の可能性もあります。
(請求しても通らないこともある)

万が一のことも思うなら、雇用保険被保険者証を
事業所に提出しなければいいわけですので、
(被保険者番号はメモしておくこと)
なんとか乗り切れると思います。
    • good
    • 51

私が会社で3年前に担当していた頃は、雇用保険被保険者証を紛失した人が入社した場合は、前の会社の名前も聞かないで新規で手続をし、職安からは、「既に資格を取得していますから」とい連絡があっただけで、新しい雇用保険被保険者証が送られて来ました。


従って、前勤務先の名前も加入期間も判りませんでした。

ただ、#2の回答を読むと、職安の担当者によっては、余計なことを話す場合もあるようですね。
    • good
    • 33

 社会保険事務所やハローワークは、全国オンラインでつながっていますので、過去の加入履歴は電算処理により、すぐにわかります。

ただ、その内容は個人情報ですので守られるべきなのですが、先の方の回答にもありますように、いらぬおせっかいをしてくれる場合もありますし、会社の担当者が手続きに行った場合にも聞いてもいない情報を知らせる場合もあります。したがって、意に反して会社にわかってしまう場合も、無いとは言い切れません。

 そのことによって、会社に提出した履歴書を確認するようなことは無いとは思いますが・・・。

 頼んで教えてもらえるのは、本人の依頼か、役所の国民年金担当課からの社会保険加入履歴照会を職権で行う場合に限られるでしょう。
    • good
    • 17

専門家ではないのですが、つい最近経験した事をお話しします。

新たな従業員を雇い入れ、職安に手続きに行った際の事です。その人が結構職を転々としていたようで(実際に会社に出した履歴書と違っていた)ご親切にも頼んだわけでもないのに前の職歴を教えてくれました。番号からプリントアウトすると全て出るようです。何かこっそりという感じで教えてくれましたし、いけない事ではないかと思いました。頼めば教えてくれるものなのか、本当は違法なのか、これは専門家の方のご意見をお聞きしないとわかりませんが、窓口の担当によっては教える人もいるという事をお伝えしたくて回答いたしました。通常の手続き上では雇用主に過去を教えることはないと思います。
    • good
    • 39

雇用保険被保険者証には、勤務先の会社名と資格取得日が記載されていますから、これを提出すれば、直近の勤務先の会社名と勤続期間が判ります。


それ以前の分については、新たな勤務先の会社では判ることは有りません。

どうしても知られたくない場合は、紛失したことにして提出しないことです。
そうすれば、会社ではそのまま新規で手続をしますが、職安には記録が残っていますから、氏名と生年月日で確認して、雇用保険の加入期間は継続されます。、

又、厚生年金手帳には、下記の勤務先を記載する欄が有りますから、会社できちんと記載していれば、過去の職歴が判る場合があります。

この場合も、年金手帳を紛失した事にして、ご自分で社会保険事務所に再発行の手続をすれば、過去の職歴が記載されずに再発行されます。
ただし、再発行の申請書に過去の職歴を記入する必要が有りますから、再発行の手続を会社に依頼すると職歴が会社に判ります。

この回答への補足

<どうしても知られたくない場合は、紛失したことにして提出しないことです。
そうすれば、会社ではそのまま新規で手続をしますが、職安には記録が残っていますから、氏名と生年月日で確認して、雇用保険の加入期間は継続されます。>
 
紛失したことにした場合、新たな会社には直近の会社名なども言いますよね。それを会社の人が職安で手続きした場合には直近の会社の勤務期間はわかるのですか。紛失した→雇用保険被保険者証がない→会社名は聞いているのでわかるが、加入日は聞いていないし被保険者証もないのでわからない→つまり、紛失したことにすれば直近の会社名しか判明しないのでしょうか。実際に手続きをする職安の人しか加入期間はわかりませんか。

補足日時:2001/12/20 13:55
    • good
    • 34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。 それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約

65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。
それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約はできないと、言う事でしょうか?

Aベストアンサー

>65歳以上の人間は週20時間以上の契約は
>できないと、言う事でしょうか?
そういうわけではありません。
週20時間以上の雇用契約はできるし、
働けます。

いったん退職されてしまうと、
雇用保険に加入できず、
基本手当は受給できなくなるし、
高年齢求職者給付も受けられなくなる
ということです。

ベースにあるのは年金との関係だと
思います。
年金が受給できるので、失業しても
失業給付の受給はない。
ということでしょう。

Q社会保険加入、雇用保険未加入?

昨日限りで会社を退職したのですが、社会保険は加入していて雇用保険未加入だと、ハローワークに行って知りました。なので離職票が出せないといわれました。雇用保険に加入させるのは会社の義務ですよね?それを怠った訳だから会社に罰則を加えることって出来ますか?詳しい方教えてください。因みに正社員雇用でした。

Aベストアンサー

雇用保険などを含めて社会保険と言われることがありますが、厳密には、社会保険の健康保険と厚生年金、雇用保険では、加入要件が異なります。ですので、どちらか一方の未加入という可能性はあるかもしれませんが、通常の雇用状況で考えれば、社会保険加入の要件を満たす雇用であれば、雇用保険の加入要件を満たすこととなるはずです。特に正社員という言葉は法令上の規定が明確ではありませんが、社会保険加入となる正社員と一般に言われる雇用形態で雇用保険未加入自体おかしいことでしょう。

まずは確認ではありますが、給与明細などで雇用保険料の天引きを受けているかを確認しましょう。保険料徴収をされていれば、勤務先での手続き漏れかもしれません。
雇用保険料は、加入単位である従業員ごとに会社に請求が来るわけではなく、年1回の申告により雇用保険料を納めております。ですので、未手続きによる未加入状態でも保険料を納めている場合もあるのです。
そのような状態であれば、勤務先伝えることで訴求して加入手続きをしてもらえば済む話でしょう。

雇用保険料の天引きがない場合で勤務先であった会社などの担当者が対応をしてくれないような場合には、労働基準監督署やハローワークによく相談のうえで、勤務先であった会社に行政指導をしてもらって手続を進めるべきことだと思います。この時に給与明細や雇用契約書(労働条件通知書などを含む)、明細などがなければ、振込などの確認できる通帳なども用意の上で、相談されることをおすすめします。

雇用保険は国の運営する保険であり、雇用主に要件を満たす雇用をした際に義務付けされているものです。そして、従業員や従業員であった者は、会社に比べて弱い立場であるため、未手続き等による未加入について、さかのぼって加入手続きを行わせる場合もありますし、非協力的な会社であれば、ハローワークなどの職権で離職票に準ずる手続きを進めることも可能だと思いますね。

質問の内容に疑義があります。

>社会保険は加入していて雇用保険未加入だと、ハローワークに行って知りました。

ハローワークでわかるのは、雇用保険の加入状況のみで、社会保険の加入状況はわかりません。また、雇用保険の加入等の確認の際には、会社を特定し、あなた個人を特定する必要があります。
会社を特定する場合には、会社として加入する際に人事管理をしている場所などいろいろな加入の仕方があるものです。間違って確認すれば、あなたの加入を見つけられません。本社一括などとされていると、営業所や支店などでいくら探しても分かりませんからね。
また、会社があなたを雇用保険に加入させていても、あなたの名前や生年月日などを誤って登録している場合も見つからないなどということもあり得ます。

>なので離職票が出せないといわれました。

離職票は、勤務先がハローワークの手続きを行って初めて作成されるものであり、ハローワークが直接発行するわけではありません。当然従業員側から申し出て作成されるべきものでもないことでしょう。ですので、話が矛盾しているように見受けられます。

ハローワークによく相談し、状況把握や方法などを確認されるべきだと思います。
役人には、聞かれたことしか答えない人も多いです。素人が聞いても要領を得ない場合が多く、質問として扱われずにアドバイスもないこともあります。
必要に応じて労働基準監督署にも相談されるべきです。ハローワークで会社が特定できていれば、管轄の労働基準監督署も教えてもらえることでしょう。

最後になぜ昨日退職ですでにハローワークにいかれているのかもわかりません。
勤務先があなたの退職手続きを行えるのは、退職日以降です。退職日までの給与計算を行いつつ、かんっ計画書の手続きの書類作成なども必要ですし、窓口などへ行くことも必要です。退職日の翌日には、ほとんどの場合書類がそろっていないはずです。
不安があって調べるためにいかれたというのであればわかりますが、まずは勤務先に相談すべき段階ではないですかね。

雇用保険などを含めて社会保険と言われることがありますが、厳密には、社会保険の健康保険と厚生年金、雇用保険では、加入要件が異なります。ですので、どちらか一方の未加入という可能性はあるかもしれませんが、通常の雇用状況で考えれば、社会保険加入の要件を満たす雇用であれば、雇用保険の加入要件を満たすこととなるはずです。特に正社員という言葉は法令上の規定が明確ではありませんが、社会保険加入となる正社員と一般に言われる雇用形態で雇用保険未加入自体おかしいことでしょう。

まずは確認ではあ...続きを読む

Q65歳以上の退職の場合の雇用保険について

老齢厚生年金を受給しながら、62歳11ヵ月から再就職し
雇用保険に加入しています。
65歳に達しても、再就職先があれば働きたいと思っていますが
65歳以上の退職者には高年齢求職者給付金が受給でき、
かつ老齢年金を受給していても両方同時に受給できるとありますが
間違いないでしょうか。
例えば、
(1)65歳1ヶ月で退職した場合、(給与は19万円)
(a)過去6ヶ月の平均給与で計算された基本手当が50日分一括支給
(b)65歳に達して1ヶ月なので、加入期間は1年未満となり30日分が一括支給
(c)65歳以上は雇用保険は加入できないので、1ヶ月は未加入と
なるので(a)(b)以外の計算方法?

(2)65歳を過ぎても同会社に勤めていた場合、雇用保険は未加入
となりますが、退職が67歳となっても受け取れますか。
有効期限のようなものはないですか。

(3)65歳に到達する年度に雇用保険解約されるという規則は
本当でしょうか。会社の都合だけでしょうか。

込み入った質問で恐縮ですが、よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)、
すなわち、65歳の誕生日の1日前以降に離職したときは、
基本手当ではなく、一時金(1回かぎりの支給)としての
高年齢求職者給付金を受けられる。
年金との間の併給調整は行なわれないことになっているため、
老齢年金(老齢厚生年金、老齢基礎年金)と
高年齢求職者給付金は、どちらとも受けることができる。

このとき、2に該当する人を「高年齢継続被保険者」といいます。
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)よりも前から
事業主に雇用されており、かつ、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)以降の日についても、
引き続きその事業主に雇用され続ける人をさします。
つまり、このような方が65歳に達した日以降に離職した場合に
高年齢求職者給付金が支給されることとなります。
支給額は「離職前の“被保険者であった期間”」に応じて、
基本手当の日額の、30日分又は50日分に相当する額となります。
以下のすべての要件を満たすことが前提です。

イ.
離職により、受給資格の確認を受けた。
ロ.
労働の意志・能力はあるが、職業に就くことができない状態。
ハ.
算定対象期間(原則、離職前1年間)のうちに
被保険者期間が通算して6か月以上ある。

以上のことから、ご質問の例の場合には「ハ」に相当し、
通算の被保険者期間が「1年以上」となると思われることから、
基本手当日額の50日分に相当する高年齢求職者給付金を
受けることができます。
すなわち、ご質問の(1)は(a)となります。
(注:「1年未満」であれば、30日分です)

計算方法は、基本手当と同様です。
すなわち、被保険者期間としてカウントされる月のうち、
離職前6か月間に支払われた賃金の額をもとに計算されます。
(注:カウント ‥‥ 賃金支払の基礎となった日数が11日以上の月)

なお、基本手当同様、待期(7日)や給付制限期間があります。
自己都合退職のときは、待期に引き続いて3か月の給付制限期間を経ないと
高年齢求職者給付金を受けることができません。
また、高年齢求職者給付金では受給期間延長手続が認められないため、
病気やケガで引き続き30日以上職業に就けなかったとしても、
受給期間の延長(受給開始の先延ばし)はできません。

基本手当(A)、高年齢求職者給付金(B)ともに、
離職日から1年を経過してしまうと、以後、受ける権利は失われます。
すなわち、A・Bのいずれであっても、
離職日から1年以内に請求を済ませなければなりません。
ご質問の(2)の答えの1つです。

> 退職が67歳となっても受け取れますか。

高年齢求職者給付金であれば、受け取れます。

65歳以降であっても、65歳前から雇用されており、
かつ、引き続き65歳以降も雇用される場合に限っては、
雇用保険法第6条第1項(適用除外)の定めにより、
適用除外から除かれるためです。
ご質問の(2)および(3)の答えとなります。
(つまり、引き続き雇用保険の被保険者となります)

雇用保険法第6条第1項
次に掲げる者については、この法律は、適用しない。
一 六十五歳に達した日以後に雇用される者
(同一の事業主の適用事業に同日の前日から引き続いて
六十五歳に達した日以後の日において雇用されている者‥‥を除く。)

65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)までに離職したとき、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)に再就職した場合でも、
雇用保険の被保険者とはなれません。
これが、ご質問の(3)の答えで、つまり「ほんとう」です。
雇用保険法第6条第1項による定めです。

言い替えますと、既に説明させていただいたとおり、
65歳に達したとしても離職せず、
引き続き同一事業主に雇用され続ける、ということが必要です。
そうすれば、65歳以降の離職であっても、
少なくとも、基本手当に相当する高年齢求職者給付金を受けられます。

誤りのないように十分留意しながら記したつもりではありますが、
詳細については、必ず、ハローワークにお問い合わせ下さい。
 

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕...続きを読む

Q雇用保険のみ加入で社会保険未加入で職員を雇いたい場合124時間(124

雇用保険のみ加入で社会保険未加入で職員を雇いたい場合124時間(124時間÷30日×7日)=28.9333となり30時間未満でその条件に当てはまりますでしょうか
128時間は当てはまりますでしょうか?お願いします

Aベストアンサー

社会保険の加入要件は「常用的な雇用関係がある」ことです。
これを判断する「目安」が「"おおむね"正社員の3/4以上の労働時間と日数」なのです。正社員の実労働が7.5時間×5日=週37.5時間の場合、その3/4なら28時間以上勤務していれば、社会保険加入となります。

ですから、たとえ労働時間が週30時間で16日以上になっていなくても、「常用的に雇用されている」と判断されれば社会保険へ加入しなければならない場合が多々あります。

Q65歳以上の雇用保険加入について

社員から役員(登記簿記載)になり雇用保険加入をやめた者が、66歳で役員を降りたのですが、再び加入することはできますか?

原則65歳以上での新規加入はできないことになっていますが、「65歳以前から雇用されていて65歳以後も引き続き雇用されているもの」は加入できるみたいですが、今回のケースはこれにあてはまりますか?登記簿上の役員は「雇用されているもの」ではないので該当しないのでしょうか。勤務形態は、65歳以前も以後も(役員の間も)フルタイムの社員です。

Aベストアンサー

結論
無理です。

理由
1 法第6条第1項本文により、65歳以上の者は「一般被保険者」にはなれない。 
2 お尋ねの『65歳以前から雇用されていて65歳以後も・・』は、法第6条第1項但し書きの一部分ですが、これは「高年齢継続被保険者」になるための部分。そして、『65歳以前から』とは「過去に被保険者であったもの」では無く、「65歳到達の前日に於いて雇用保険被保険者であった者」の事なので、今回の方には但し書きのこの部分は適用されない。
3 法第6条第1項但し書きには、上記以外にも書いてあるが、ご質問文には、『勤務形態は、65歳以前も以後も(役員の間も)フルタイムの社員です。』とあるので、日雇い労働被保険者(法第42条~)や短期雇用特例被保険者(法第38条~)に該当しない
4 よって、被保険者適用の余地が無い。

今後の対策
内規で、株主総会開催日から1年以内に65歳の誕生日を迎える者は、役員を自主的に退任する事とするとよい。当然に、役員退任後は労働者としての雇用実績は必要です。

尚、↓に書くような認定ケースも無いとは言い切れないので、納得できないのであれば、職安窓口と交渉してください。
◎非常にイレギュラーなケース
登記上は役員だか、実態としては経営者や役付き役員の管理下で労働をしており、労働者としての面しか持たない「平取締役」であり、役員報酬も貰っていないのであれば、職安に届ける事で被保険者資格を最長2年前に遡って認めてもらえる事もある。
その場合には、法第6条第1項但し書きの適用の余地はある。

結論
無理です。

理由
1 法第6条第1項本文により、65歳以上の者は「一般被保険者」にはなれない。 
2 お尋ねの『65歳以前から雇用されていて65歳以後も・・』は、法第6条第1項但し書きの一部分ですが、これは「高年齢継続被保険者」になるための部分。そして、『65歳以前から』とは「過去に被保険者であったもの」では無く、「65歳到達の前日に於いて雇用保険被保険者であった者」の事なので、今回の方には但し書きのこの部分は適用されない。
3 法第6条第1項但し書きには、上記以外にも...続きを読む

Q雇用保険受給手続き後の待機期間中にバイトする事は違反でしょうか?

雇用保険受給手続き後の待機期間中にバイトする事は違反でしょうか?
これは仕事が見つかった状態となるのですか?
バイトしてその後雇用保険受給は可能ですか?

Aベストアンサー

1 バイトをすることは違法ではありません。
 バイトを禁止したら、失業給付を受けるまでに必要な生活費を蓄えていない人に対して「食べずに生きろ」と要求するようなものです。
2 バイトをすることが必ずしも「仕事が見つかった」状態とはなりません。
 例えば3箇月限定の仕事を見つけたとしても、それは一時的な労働であり、常態として働き口が確保されていません。
3 待機中及び受給中でのバイトをしても、受給は可能です。
  尚、失業⇒短期間のバイト⇒雇用保険の求職者給付を受ける手続き と言う事でしたら、期限(時効)を良く考えないと、受給権が消滅いたします。

http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/06/dl/h0625-1a.pdf

Q65歳以上70歳未満の医療費窓口負担

こんにちは。65歳以上74歳未満の方を前期高齢者と呼ぶそうですが、
これらの年齢の方々のうち、65歳以上70歳未満の方々の医療費窓口負担はどれぐれいでしょうか?

たしか2002年から70歳以上が一割負担、それ以下は三割負担
だったと思います。現在、後期高齢者制度のもと、75歳上が
1割、70歳以上74歳未満の方は2010年3月まで一割負担と聞きました。

65歳から70歳未満の方は3割ですか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

65歳以上70歳未満の方の窓口負担は3割です。

70歳以上になると保険証とは別に高齢受給者証というのが渡され、負担割合はそこに書かれています。
現役並みの収入がある方は3割負担、それ以外の方は1割負担(2010年4月以降は2割になる予定)です。

Q雇用保険適用事業者の雇用保険加入義務の根拠は?

現在、労働紛争を争っています。現在の状況は、賃金未払いや交通費等の未払い、雇用保険未加入、そして不当解雇の4つで争っている最中です。

労働審判手続きにて裁判所へ申し立てるために書類を作っているのですが、どなたか法律に詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

現在争っているPW社【雇用保険適用事業者】に正社員で入社したにもかかわらず、私の分の雇用保険が加入されていないことが後に発覚しました。

労働審判申立ての争いにも、当然この件は主張していこうと思っていますが、雇用保険適用事業者が雇用保険に加入させなければならないという根拠となる法律の条文はどこにあるのでしょうか?

雇用保険法は見てみましたが、加入の義務のような条文はなかったように見受けられます。

非常に悪質な会社ですので何とかして勝ちたいです。

※単発の質問になってしまい申し訳ありません。

Aベストアンサー

労働審判を申し立てるについて、労働局などに相談はされてないのでしょうか。聞けば教えてくれると思いますよ。

ご覧になったようですが、見落としがあったようですね。雇用保険法に以下の規定があります。

(適用事業)
第五条  この法律においては、労働者が雇用される事業を適用事業とする。
2  適用事業についての保険関係の成立及び消滅については、労働保険の保険料の徴収等に関する法律 (昭和四十四年法律第八十四号。以下「徴収法」という。)の定めるところによる。

そして、徴収法に以下の規定があります。

第四条  雇用保険法第五条第一項の適用事業の事業主については、その事業が開始された日に、その事業につき雇用保険に係る保険関係が成立する。

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q会社が厚生年金や雇用保険に加入してくれません

社員数名の小さな有限会社に勤めています。

私の会社では厚生年金、社会保険、雇用保険などに加入していません。
国民年金と国民健康保険に自分で加入している状態です。

会社にはどうにか加入してほしいと思っているのですが、どうしても加入してくれません。

社長に言っても「まあ、そのうち。」「売り上げ悪くてね。」
みたいな感じでいつもはぐらかされてしまいます。
「加入は会社としての義務じゃないんですか?」と言ってみると、
「いや、税理士に確認してあってね、加入してなくても大丈夫なんだよ。」
と言われてしまいます。

私がそんなことを言うので、最近少し社長にも煙たがられている感じがあります。
それを理由にってことは無いでしょうが、何かのきっかけで解雇になったりしたら雇用保険に入っていないのでそれこそ大変なことになります。
今の感じだと退職金も出ないでしょうし。
他の社員(といっても数名ですが)はおとなしい人達で、相談してもあまりこのことには触れたくない様子です。

かなり特殊な業種で仕事自体は大好きなので、できればこの職場を辞めたくはありません。
同じ業種で別の会社に転職するのはかなり難しいです。

将来や万が一の時がとても不安です。
どうしたら会社が加入する方向に持っていけるでしょうか。
アドバイスお願いします。

社員数名の小さな有限会社に勤めています。

私の会社では厚生年金、社会保険、雇用保険などに加入していません。
国民年金と国民健康保険に自分で加入している状態です。

会社にはどうにか加入してほしいと思っているのですが、どうしても加入してくれません。

社長に言っても「まあ、そのうち。」「売り上げ悪くてね。」
みたいな感じでいつもはぐらかされてしまいます。
「加入は会社としての義務じゃないんですか?」と言ってみると、
「いや、税理士に確認してあってね、加入してなくても大丈夫...続きを読む

Aベストアンサー

雇用保険に加入していないと失業保険も貰えないし、離職票も貰えないので、失業時や次にちゃんとした所へ就職する際にメチャクチャ不利です。
社会保険に加入していないので、アルバイト扱いではないでしょうか?
所得税や住民税は差し引かれていますか?
所得税が10%だったらアルバイト扱いだと思います。
特殊な業種で仕事が大好きとの事ですが、ご自分で会社を立ち上げて、そこから仕事を請負う契約にしたら良いのでは?
もしかしたら、特殊な業種なので別のお客様から仕事が入って来る可能性もあります。
そうすればご自分で社会保険に入れます。(経営者は雇用保険に入れませんが)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報