ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ふと疑問に思ったのですが、普通天使といえば、背中に羽根がありますよね。
これはいつからなのでしょう。天使といえばキリスト教(だと思うの)ですが、
キリスト教で「天使」という存在が現れたときからすでに羽根はあったのか、
それともちょっと後の時代の宗教画を書く人がイメージで付けたものなのか?
どなたかご存知の方、ぜひ教えてください。

A 回答 (3件)

 


  絵として描かれた「人の姿の御使い=天使」が翼を持つのは、旧版の『カトリック大辞典』の「天使」の項の説明では、紀元400年頃からです。しかし、天使の姿の「人の形」は、天使が人の前に出現する時、そういう姿を取るのだとも考えられます。
 
  天使とは何かというのは、偽ディオニュシオス・アレオパギテスの著作(後にカトリック天使論の規範となる「天上位階論」)で論じられていますが、初期教父たち(2,3世紀)も、色々に論じています。天使(新約聖書ギリシア語で、アンゲロス angelos、旧約聖書ヘブライ語で、マラク malach)は、より高次天的存在であるとされる、セラフィム(熾天使)、ケルビム(智天使)、オファニム(座天使に対応)などと共に論じられ、「天使とは何か」という概念把握が明確になって行きます。
  
  ケルビムなどは、起源的には、オリエントの「天の使いである精霊」であり、アッカドやアッスリヤの天使で、巨大な姿をした、人間と動物、牛や鷲などの合成された姿で、当然、「翼」を持っていました。
 
  具体的に、受胎告知の大天使ガブリエルの絵が、「翼」を持つのは何時頃かというのなら、最初に述べたように、それは400年頃以降、大体5世紀頃からで、著名な天使(アンゲロス)の絵は、翼を持ち、頭の上に輪光が付いて来ます。
 
  天使がそれまで、普通の人の姿で描かれていたのは、御使いが、普通の人の姿で、聖書の場面で出現したからで、セラフィムが、至高天的存在だという認識はあったのですし、セラフィムやケルビムが翼を持つことは、聖書に明確に記されています。
 
  質問に対する回答は、天使は、概念としては、元々翼があったのであるということになります。ザカリヤの前に現れた「御使い=天使」について、人々は、ザカリヤの様子を見て、ザカリヤが、「まぼろしを見たのだと悟った」とあります(「ルカ福音書」第一章22)。ここでは、天使は「幻視」であると記されています。本来、姿が見えないのです。
 
  画家が、イメージで、翼を付けたのではなく、最初は、ガブリエル、ミカエル、ラファエルなどについては、人の姿で幻視として出てきているので、素朴に人の姿で描いていたのが、「天使とは何か」という概念把握が進んで、人々が一般に、天使について、系統的なまとまった概念を構成するにつれ、「人の姿」は、まぼろしであって、本来「翼」が付いており、頭上の「輪光」も当然付いているとなって、絵に描き始めたのです(神学的には、天使は時と空間を超えて自由に動くので、その能力の象徴で「翼」があることになっていますが、この説明の前に、教父たちは、天使位階を論じ、天使についての『聖書』の記述に準拠した概念を築きます。その後で、この説明が出てきます)。
 
  なお、天使は元々、「人の姿の場合」、青年や、力強い若者の姿で現れているのですが(『聖書』の記述では、そうなっています)、それが子供の形や女性の姿になるのは、これはローマの通俗化された、愛神エロース(ラテン語では、クピードー Cupido →キューピッド)の姿や、勝利の女神ニーケー(ラテン語では、ウィクトリア)や、優雅の女神カリテスなどのイメージが混入したからです。
 
  (エロースやニーケーは、有翼で描かれたり、彫刻になっていますが、これは、オリエント宗教の影響で、キリスト教は、本来オリエント起源の宗教だということを考えると、絵画などの美術様式から言って、天使の翼の絵が、ギリシアやローマの影響に、一見思えても、実は、話がひっくり返っているのです)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

starfloraさんの回答はちょっと難しいけど、とても興味深い内容でした。ありがとうございました。

今回は「天使」に限定した質問でしたが、みなさんの回答を読んでいたら「翼のある人間(のような)姿」がいつ頃から想像されるようになった(あるいは大昔に存在した)のかということが気になってきました。こことは別に質問してみようと思いますので、よろしければまた教えてください。

みなさん、すてきなクリスマスをお過ごしください。

お礼日時:2001/12/24 09:54

momo306さん、こんばんは。



 下記のページによると「翼が芸術作品の中に定着し始めたのは四世紀に入ってからのことだった」そうで、特に「ギリシア、ローマ神話のイメージが天使に最大の影響を与えた」とありました。

参考URL:http://urawa.cool.ne.jp/seraph/figure.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

asadiさん、このホームページはとても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 09:30

うろ覚えでごめんなさい。

羽の理由は知りません。確か天使は男の子で、愛の神エロスの化身だったと思います。要は変身形です。そして女の子の耳元で愛をささやくのが仕事です。女の天使はいなかったと思います。あまり役に立っていませんね。ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

skyusagiさん、早速の回答ありがとうございます。
「天使」とひとことで言っても男の子、女の子、オトナなどなど、いろいろなんですね。

お礼日時:2001/12/24 09:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q昔のヨーロッパ人の身長

このカテゴリーの質問でいいのかどうか。
17世紀、18世紀頃のヨーロッパ人は、今から比べるとずっと身長が低かったようですね。
マリーアントワネットは何と150センチもなかったとか、モーツァルトも150センチ台、ベートーベンは高い方で160センチ台だったそうです。あるインターネットに、そんな情報が載っていました。
歴史上の人物は、つい立派な肖像画などを見て、自分勝手に想像してしまいがちでしょうが、今のヨーロッパ人と比べるとあまりにも低身長ではありませんか?
2,3世紀の間にそんなにヨーロッパ人は大きくなったのですか?
もっとも、日本人でも明治の頃は成人で150センチ台、今は170センチ程度の差があることぐらいはわかります。
でも、ドイツあたりを旅行しますと、雲を突く大男ばかりです。
とても、200年前、モーツァルトがウイーンの町をちょこちょこ歩いていたように思えないのですが。
情報の間違いでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 まんざら情報の間違いともいえないと思います。
 こんなことが考えられるからです。
 欧州の国々が殖民地を持つようになって、いままで自国(あるいは欧州内で)で自給していた食糧を、殖民地からも調達できるようになり、食材が増え、量も増えた結果、欧州人の体格がよくなった、と。
 もちろん殖民地の人々は、食料を搾取され、産業も自国のためではないような構造になってしまうため、貧困のスパイラルに陥ります。

 第2次大戦後、多くの殖民地が独立しますが、いまだに「20人は栄養がじゅうぶんではなく/1人は死にそうなほどです/でも15人は太り過ぎです」(『世界がもし100人の村だったら』より)という現状なのは、上記のような歴史的事情が大きいと思います。

 また、大雑把ないい方ですが、北の方は体格が大きく、南は小さい(もちろん南半球は逆)、純血は大きく、混血は小さい、蛋白源が動物性中心なのは大きく、植物性中心なのは小さい、と聞いたことがあります。

 余談ですが、革命前のフランスは、強い中央集権国家で、統制が厳しく、個々人の情報がよく残っていて、身長・体重・容姿の記録まであると聞いたことがあります。それをもとにこんな研究があります。
 アラン・コルパン『記録を残さなかった男の歴史』(藤原書店)。17世紀(だったと思う)のフランスの片田舎に実在した農夫が、日々何を見、なにを食べ、なにをして生きたかを究明しているのですが、その中で、彼の見ていた景色を考察する際に、彼の視点の高さを特定するために、上述の史料にある「身長」を利用しています(もっとも彼本人のは記載がなく、そのころのこの地方の成人男性の平均身長を援用していたと思いますが。景色の方は古地図で再現しています)。

 ご参考になれば。

 こんにちは。

 まんざら情報の間違いともいえないと思います。
 こんなことが考えられるからです。
 欧州の国々が殖民地を持つようになって、いままで自国(あるいは欧州内で)で自給していた食糧を、殖民地からも調達できるようになり、食材が増え、量も増えた結果、欧州人の体格がよくなった、と。
 もちろん殖民地の人々は、食料を搾取され、産業も自国のためではないような構造になってしまうため、貧困のスパイラルに陥ります。

 第2次大戦後、多くの殖民地が独立しますが、いまだに「20人...続きを読む

Qクリスチャンの方々へ:あなたの洗礼名は何ですか?

クリスチャンの方々へ:あなたの洗礼名は何ですか?

少しでも多くの情報を集めたいと思ってアンケート形式にしました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少しでも多くとのことですので、友人たちのものを羅列しておきます。
珍しい名前は本当に特殊なので、ちょっと本人の許可なく載せられないので、ポピュラーなものだけになりますが……。
ユリア、エステル、モニカ、エヴァ、イーヴァ(綴りはエヴァと同じですが、本人はイーヴァと発音していました)、アンジェラ、マリア、ハンナ、男性だとジョン、ペテロ、パウロ、マルコ、アリエル、レヴォなど。
基本的に聖人の名前から取りますから、かぶりやすい名前もけっこうありますね。
洗礼名とは別に堅信名というのもありますので、2つの名前をくっつけたような名前もあります。


人気Q&Aランキング