自分のお店を開く時の心構えとは? >>

先日、私あてに社会保険料(国民年金保険料)控除証明書というハガキが届きました。

17年に3ヶ月支払いをして 納付済み保険料¥40740となってます。

私は16年の12月で退職をしてから 専業主婦です。 現在は主人の扶養になってます。

この社会保険料控除とは何なのですか?
調べたのですが、難しくてよくわからないので、簡単に説明していただきたいです。
確定申告をする基準みたいなものもあるのですか?
確定申告したら お金がもどってくるってことですか? 実際いくらくらいなのでしょう?

質問だらけ わからないことだらけで すみません。回答お願いします☆

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんにちは。



 ANo.1さんが詳しく説明されていますので、補足の必要はないかと思いますが、簡略化して書いてみたいと思います。

・社会保険料(国民年金保険料)控除証明書
 これは、国民年金を支払ったという証明で、貴方の場合、多分、雇用保険(失業手当)をもらっておられる間はご主人の扶養家族に成れなかったため、国民年金の掛け金を支払われていたのだと想像します。

・社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の使い道
 所得税の確定の際に社会保険料は課税所得から控除してもらえますから、その証明に使います。

・確定申告について
 そろそろ確定申告の時期ですが、これは17年1月から12月の所得に対するものです。あなたの所得は失業手当だけだと思いますが、そうですか? でしたら、失業手当は非課税ですから、あなたの課税所得は0円になりますから、所得税がかからないはずです。

・結論
 課税所得がないと、所得控除することができませんから(0円からいくら引いても0円と言うことです)、その証明は使い道がありません。
 失業手当以外に、103万円以上の収入があれば、その証明で確定申告されれば、所得税の還付があります。

(例)課税所得が200万円あった場合

 200万円でしたら10%の税率ですから、所得税は20万円
 確定申告すれば (200万円-40740円)×10%=約19.6万円 の所得税に減額
 還付金は、20万円-19.6=4千円

 単純に書けば、こういう計算になります。

・おまけ
 サラリーマンでしたら、保険料控除は会社に書類を提出されれば、会社が年末調整してくれますから、今回戸惑われているんだと思いますが、ご主人の扶養になられていると思いますから、今後は保険料の支払いが(今の法律では)不要ですから、来年からは来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました!どうもありがとうございます☆
おっしゃる通り!失業手当しか収入なかったので、申告は必要なしですね。

お礼日時:2006/02/06 13:08

既に、#1さんが詳細に書かれている通りですが、少し補足的に書き込んでみます。



社会保険料控除は、ご本人又はご本人と生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合に受けられる所得控除ですので、もし仮に、その保険料をご質問者様でなく、ご主人が実際に支払っているという事であれば、ご主人の方で控除されるべきものとなります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1130.htm

ですから、ご質問者様の方であれば、おそらく昨年は所得も源泉徴収税額もなかったでしょうから、何も還付はありませんが、ご主人の方であれば、年末調整に間に合えば、その際に控除できますが、それは間に合わないでしょうから、確定申告されれば、その分の所得税は還付されるものと思います。

実際に、ご主人の扶養に入られている事ですし、現実にはご主人が支払っていた、という事は十分ありえますし、そういうケースは多いと思います。
(それについて、特に証明するような書類も必要ありません)

ご主人の方で支払われていた前提で確定申告するとして、いくら還付されるかという事ですが、ご主人の所得にもよりますので、税率区分10%の所得の方であれば、還付金の目安は、40,740円×10%×80%(定率減税20%控除)という計算により、約3千円となり、税率区分20%の方であれば、40,740円×20%×80%、という計算により6千円余りという事になります。
(もちろん、源泉徴収税額が原資となりますので、住宅ローン控除等により、0円となっていれば還付はありませんが、住民税を考えれば申告された方が良いとは思います。)

ご主人が確定申告される場合に必要なものは、源泉徴収票、社会保険料控除証明書、認め印、還付口座となる預金通帳です。
既に還付のための確定申告は始まっていますので、早めに行かれた方が混まなくて良いとは思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました☆

お礼日時:2006/02/06 13:10

社会保険料(国民年金保険料)控除証明書というのは、kayooさんが、去年1年間に支払った国民年金の金額を証明してくれるものです。


去年支払った国民年金があれば誰にでも送られてくるものです。
去年まではこの様なはがきは無かったのですが、確定申告の際に国民年金を支払っていないのに支払った事にして税金をごまかしていた人がいるのが発覚したので、国民年金も支払った事を証明する書類が必要になったために社会保険事務所から証明書を郵送する事になりました。

>この社会保険料控除とは何なのですか?
社会保険料控除というのは、厚生年金・国民年金・健康保険・雇用保険などで、支払った金額だけ所得税を計算するときに収入から差し引いてもらえる(税金が安くなる)金額です。

>確定申告をする基準みたいなものもあるのですか?
給与の1年間の収入の総額が103万円以下だと所得税がかかりません(所得税0円)ので確定申告の必要はありません。

>確定申告したら お金がもどってくるってことですか?
先に書きましたように、年収が103万円以下だと元々支払っている所得税がありませんので、確定申告しても税金は戻ってきません。
逆に103万円以下でも所得税を支払っているようなら確定申告で支払いすぎた所得税を還付してもらえます。
kayooさんの年収や所得税は、お手元の源泉徴収票で確認できます。

>実際いくらくらいなのでしょう?
ケースバイケースで人によって金額が違いますので何とも言えませんが、単純計算で所得税率10%の方なら4千円くらいは還付になります。
詳しくお知りになりたければ、国税庁のホームページの確定申告書作成コーナーで試算だけされてみてはいかがでしょうか、。
https://www.keisan.nta.go.jp/h17/ta_top.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます☆
とってもよくわかりました。 年収0の専業主婦なので関係ナシですね。

お礼日時:2006/02/06 13:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険料控除等の金額とは?

独身OL女性です。

私は毎月、
健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税が引かれています。

給与所得の源泉徴収票の項目で
社会保険料控除等の金額 368,241円と記載されているのですが、
これは、1年間の健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税の合計額でしょうか?

それとも住民税・所得税を抜いた合計額でしょうか?

Aベストアンサー

>1年間の健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税の合計額でしょうか?それとも住民税・所得税を抜いた合計額でしょうか?

「健康保険、厚生年金、雇用保険」の(自己負担分の)合計額です。

-------
○「所得税」は以下のように求めます。

所得税=(給与支払額-「各種控除」)×税率 (-税額控除)

「各種控除」の内訳は以下のようになります。

・「給与所得 控除」
・「社会保険料控除」…上記の保険料の合計
・自己申告した「所得控除」

○「住民税」は前年および前々年の所得に対してかかったものです。

平成24年の6月~平成25年5月に給与から引き去り:平成23年の所得に対する「住民税」

(参考)

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『国民年金と厚生年金の比較(違い)』
http://www.kokumin-nenkin.com/knowledge/kouseinenkin-hikaku.html

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://tsundere-server.net/tax.php
『給与所得 控除とは』
http://tt110.net/22syoto-zei/T-kyuyo-koujyo.htm
『所得控除とは』
http://tt110.net/22syoto-zei/T-syotokukoujyo-toha.htm
※所得控除が増えても「(給与)所得金額」そのものは変わりません。

『源泉徴収とは?支払者が所得税を納付』
http://allabout.co.jp/gm/gc/12014/
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/
『和歌山県情報館|個人住民税「特別徴収」に係る Q&A』
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/010500/tokucho/.tokuchoqa.html

『[PDF]平成23年版 給与所得者と年末調整(リーフレット)(平成23年10月)』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/leaflet2011.pdf
『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm
※住民税は【お住まいの】市区町村役場(役所)です。

>1年間の健康保険、厚生年金、雇用保険、所得税、住民税の合計額でしょうか?それとも住民税・所得税を抜いた合計額でしょうか?

「健康保険、厚生年金、雇用保険」の(自己負担分の)合計額です。

-------
○「所得税」は以下のように求めます。

所得税=(給与支払額-「各種控除」)×税率 (-税額控除)

「各種控除」の内訳は以下のようになります。

・「給与所得 控除」
・「社会保険料控除」…上記の保険料の合計
・自己申告した「所得控除」

○「住民税」は前年および前々年の所得に対してかかったもの...続きを読む

Q国民年金の控除額について教えてください!

納付した「国民年金保険料の納付額を証明する書類」が来ましたが・・。
適用を受ける場合には、確定申告(還付申告ですが)
この控除証明書を申告書に添付しますよね?

納付した金額が約10万円以上いっているのですが・・。

証明書の控除額の部分だったか・・忘れてしまいましたが・・。
その部分には・・米印 「※※※・・・・」となっていて

その下の部分に・・約5万円くらいの金額が書かれてありました。
いつもは・・毎月支払っている金額×12ヶ月?・・の金額を記入しますが・・。

この場合はこの金額を・・という事だったのですが・・。

このようなパターンになる事はあるのでしょうか?
支払い方などが違った場合・・

たとえば12ヶ月分一回で支払った・・とか
半期分を一回で支払った・・とか?

このあたりが不明なのですがアドバイスお願いいたします!

Aベストアンサー

日本年金機構の【社会保険料(国民年金保険量)控除証明書(控)】のことの質問ですか、または、確定申告の生命保険料控除の「5万円」のことの質問ですか。

質問の趣旨がはっきりしないので、私なりに推測したので、質問とは違った解答をしているかもしれません。
回答が違っていたなら、無視して下さい。

>納付した金額が約10万円以上いっているのですが・・。

【社会保険料(国民年金保険料)控除証明書(控)】のことですね。
丸1の数字欄、平成22年9月30日現在の「納付済保険料の額」を、そのまま、確定申告書の社会保険料欄の国民年金保険料として記入します。



>その部分には・・米印 「※※※・・・・」となっていて

【社会保険料(国民年金保険料)控除証明書(控)】のことですね。
丸2の数字欄、見込額10月1日から12月31日の金額が*印、丸3数字欄の「納付済+見込額」も*印といあことですね。
*印は、記入できませんので、丸1欄の9月末までの金額数字を、確定申告書の社会保険料控除欄へ記入すればいいのです。


>その下の部分に・・約5万円くらいの金額が書かれてありました。
>いつもは・・毎月支払っている金額×12ヶ月?・・の金額を記入しますが・・。
>この場合はこの金額を・・という事だったのですが・・。

これは、確定申告書の「生命保険料控除欄」の記入で、合計控除金額「5万円まで」とのことですね。
● 【国民年金】と、【国民健康保険】と、【生命保険料<一般用>】と、【生命保険料<個人年金用>】との文言の意味を間違えていないですよね?

「5万円」の意味ですが、生命保険料<一般用>の合計がくが5万円までと、生命保険料<個人年金用>の合計額が、最高5万円までが控除するという意味です。
つまり、合計が5万円以上になれば、保険契約を何本も記入しても無駄です。記入欄が数個しかありませんので,金額が多い順に、合計が5万円を少し上回る保険を2~3本選んで記入して下さい。

zaq0001 さんが給与所得者(つまり会社員)なら(または、去年退職したなら)、源泉徴収票が会社から出ます。
その源泉徴収票の「社会保険料」の貴君額を、確定申告書の社会保険料欄の中へ、項目をを国民年金を作って金額を記入しましょう。
(会社で去年に年末調整していれば、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」「生命保険料の控除額」等々の複数欄に金額が記載あるので、この金額を確定申告欄に記入(無ければ、質問の様に自分で計算する)


zaq0001 さんが会社員でないなら、源泉徴収票がありませんので、社会保険料(つまり国民健康保険等)の支払金額を計算して、確定申告書の社会保険料欄の中へそれぞれの項目を作って<それぞれの金額を記入です。
(私の健康保険は、組合健保なので、国民健康保険の証明書・計算方法はわかりません。「X12ヶ月」は国民健康保険の計算か?)


それから、私も生命保険の計算をしていますが、「毎月支払っている金額×12ヶ月?・・の金額」は、生命保険料の計算だと思いますが・・・・・
これも、各社のヶ生命保険料のうち、『一般用』の控除額の合計は、最高5万円までですね。
また、各社のヶ生命保険料のうち、『個人年金用』の控除額の合計は、最高5万円までですね。
つまり、『一般用』の5万円までと、『個人年金用』の5万までと、別々に生命保険料の控除です。

日本年金機構の【社会保険料(国民年金保険量)控除証明書(控)】のことの質問ですか、または、確定申告の生命保険料控除の「5万円」のことの質問ですか。

質問の趣旨がはっきりしないので、私なりに推測したので、質問とは違った解答をしているかもしれません。
回答が違っていたなら、無視して下さい。

>納付した金額が約10万円以上いっているのですが・・。

【社会保険料(国民年金保険料)控除証明書(控)】のことですね。
丸1の数字欄、平成22年9月30日現在の「納付済保険料の額」を、そのま...続きを読む

Q妻の国民年金は、妻が確定申告?夫が年末調整で申告?

妻の国民年金支払い分については、妻本人が申告しても夫の年末調整で申告しても良いそうですが、夫と妻では所得が全然違いますよね。所得の少ない妻が確定申告した方が還付率が大きいのでしょうか?
どちらにしても妻は仕事を中途退職しましたので確定申告はしなければならないのですが。

Aベストアンサー

国民年金を始めとする社会保険料控除については、夫婦どちらでも控除していいという訳ではなく、それを実際に支払った人でしか控除できません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/1130.htm

ですから、ご主人が実際に支払われているのであれば、ご主人の年末調整で控除すべき事となり、奥様本人が支払われているのであれば、奥様の確定申告の際に控除すべき事となります。

実際に支払った方で控除するとの前提で、所得税は超過累進課税ですので、所得が高いほど税率が高くなりますので、国民年金等の所得控除がある場合は、一般的には所得が高い方が還付率自体は大きい可能性が高いとは思います。

それと、今年から改正により、国民年金については、控除証明書の添付が要件となりましたので、おそらく今月上旬ぐらいに証明書が送られてきますので、年末調整又は確定申告の際にはそれを提出すべき事となります。

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q夫の扶養に入っているが、確定申告と年末調整、どちらをすればいい?

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の健康保険に切り替え、扶養に入りました。

もうすぐ年末調整の時期ということで、派遣会社から源泉徴収票を取り寄せ確認したところ、1月~退職日までの収入金額が約113万円でした。

ここでお聞きしたいのが、
1)夫の扶養家族として、夫の会社から渡される年末調整の申請書に必要事項を記載すればきちんと処理されるのか?
それとも私の分だけ来年になってから確定申告をするのか?
どちらがよろしい(正しい)のでしょうか?
(無知すぎて質問自体がおかしいかも知れません‥)
2)また、もし私が確定申告をするのであれば、夫の会社から渡される年末調整の用紙には、扶養であっても私の事は一切、何もかかずに提出していいのか?

よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

本当に無知すぎてお恥ずかしいのですが、毎年、年末調整やら確定申告のことになると頭を悩ませています‥。
それに今年は途中で仕事をやめたり、夫の会社の健康保険に入ったりと色々あり、どうしたらいいのかと色々調べている次第です。
詳しい方がいましたら、どうか教えていただければ‥と思います。

よろしくお願い致します。

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず給与所得の収入金額等の欄に1130000と書きます、その横に650000とすでに印刷されていますね、1130000からその650000を引いた金額480000をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄がありますね、そこにその480000を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表がありますね、左側のA欄の金額で先ほどの480000は「450000円から499999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が310000円となっています、この31万の31をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。
これが一応の手順です、これで夫は31万の配偶者特別控除が受けられます。

>(2)

繰り返しになりますが質問者の方の確定申告は妻側の税金の処理、夫の会社から渡される年末調整の用紙は妻の収入は書きますがあくまでも年末調整という夫側の税金の処理ですから混同しないように。
それぞれ別々の処理ですから、どちらか一方をやればもう一方はやらなくてもよいということはありません、どちらも処理もそれぞれ必要です。

>よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

103万を超えているいないにかかわらず所得税が天引きされていれば、確定申告をすることによって例えわずかでも還付がありますのでやったほうがいいと思いますが。

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず...続きを読む

Q控除の意味がわかりません。

控除を辞書で調べると、差し引くと書いてあったのですがよく分かりません。

例えば(ありえない話ですが)、
「年100万円稼いでいる人がいます。10万円の控除を受けました」
この場合税金はどうなるのですか?
90万円に所得税がかかるという答えで合っていますか?
差し引いた10万円は誰のものになるのですか?

Aベストアンサー

控除とは、一般的には「引く」です。「足す」の反対です。
上の例から、10万円の控除というのは、
税金の計算上、100万円から10万円を引いてから計算しますよ
ということです。
控除の額は、必要とする経費でその部分にまで税金を掛けたら酷だろ
とされている部分です。
税金は、単純にいって
所得(総収入-控除額)×税率
です。年によっては、特別減税があり、上で計算された金額より
一定額が差し引かれます。
差し引いた10万円部分には税金の対象にならないだけで、
べつに誰のものというわけでもありません。

Q確定申告書の「続柄」欄について

 私ghq7xyは来年の春、確定申告(還付)をする予定でいます。
 さて、確定申告書の本人氏名を書く欄の下には、「世帯主の氏名」と「世帯主との続柄」を書く欄がありますね。私の家の世帯主は私の父ですが、父から見て私は長男です。
 そこで、こういう場合、「世帯主との続柄」欄には、私を基準として「父」と書くべきなのか、それとも世帯主である父の立場を基準として見た「長男」と書くべきなのか、どちらでしょうか?
 確定申告はまだ先のことですが、気になりました。国税庁のHPで確定申告書の見本をプリントしてみたので、気になった次第です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「世帯主との続柄」というのは、「世帯主からみたあなたの続柄」なので、
世帯主がお父様であれば、「お父様からみたあなたの続柄」です。
なので、この場合は「子」または「長男」です。

世帯主があなたであれば「本人」です。

#1の方と回答がことなりましたが、下記のHPを参考にしてみてください。

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/zokugara2.html

Q社会保険料控除に妻の国民年金保険料を含めることは出来ますか?

表題のとおりです。

但し、今回含めようとしているのは過去に未払いだった私と妻の分を
今年支払いましたので、来年3月の確定申告にて、社会保険料控除へ
含めることが出来るかどうかです。

私の分は含めても問題ないと思いますが、妻の分はどうなのでしょうか?
ご存知の方お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>過去に未払いだった私と妻の分を今年支払いましたので…

それは誰が払ったのですか。
そもそも、社保控除に限らずどんな所得控除も、実際に支払った人が控除を受ける権利を持っているだけです。
夫が妻の分も払ったのなら、夫の申告要素です。
妻が払ったなら、夫が申告することは原則としてできません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

ただ、現金で払っている場合は、お札に名前が書いてあるわけではありませんから、「生計を一」にする家族が代わりに払ったと主張することもできます。
妻の預金から振り替えられているような場合は、夫にはまったく関係ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q住民税は控除対象にならないのですか?

住民税は控除対象にならないのですか?

無知ですいません。
社会保険料や雇用保険は控除され所得税などの課税対象外になってるかと思いますが、
住民税は所得税や次年度の住民税の課税対象になってしますのでしょうか?
今派遣で働いており、住民税は普通徴収になっています。

Aベストアンサー

控除対象と課税対象はまったく違うものです。

まず控除対象と課税対象の違いから、
控除対象とは所得税の計算上控除できるもので、
社会保険料や雇用保険料などお金を支払うものがこの分類に入ります。
課税対象とは所得税の元となる収入で、
給料や年金などお金を受け取るものがこの分類に入ります。

ですから控除対象=課税対象外ではありません。
社会保険料は控除対象ですが課税対象外ではありません
所得税の計算上控除できるものです。

そして住民税はお金を受け取るものではなく支払うものなので
課税されるかどうかという話にはなりません。
課税対象か対象外か?という問題ではありません。
所得税の計算上、控除できるかどうかという問題です。

結論ですが住民税は、消費税やたばこ税など他の税金と同じように、
所得税の計算上、控除できません。
控除の対象になりません。

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報