最新閲覧日:

東大寺南大門金剛力士像は運慶と快慶の共作といわれていますが、どういう共作なのですか。たとえば、上半身は運慶、下半身は快慶とか、設計は運慶、工事は快慶とか、そういうことがわかりません。そもそも、この二人の関係はどういう関係なのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

当時は、平安時代末、鎌倉時代はじめの時代になりますが、


源平の戦いで、奈良の興福寺・東大寺が荒廃して、
その再建の過程で建物を建て直すだけでなく、
内部に収める仏像を数多く作り直す必要が生じている状況でした。
それまでの仏師の主流は貴族の好む京都仏師でしたが、
鎌倉武士は、より写実的な力強い作風の奈良仏師の方を好み、
彼らが脚光を浴びるようになりました。
寺院再建に伴う仏像需要もあって
奈良仏師の作品が数多くつくられました。
南大門の金剛力士像もその一つです。

さて、奈良仏師の直系に成朝という人がいましたが、
成朝と同時代で傍系に康慶という仏師がおり、
その息子が運慶になります。
成朝が途中で歴史から姿を消してしまうので、
以後は、康慶→運慶(息子)→湛慶(息子)が奈良仏師を受け継ぎます(慶派)。
快慶は康慶と血のつながりはないと思われますが、
康慶一門の中で運慶の兄弟弟子であると思われ傍系にあたります。

金剛力士像をつくる際に、
彼らが実際にどのような役割分担をしたかはわかりません。

よく言われていたのは、
よくまとまっている阿形に快慶の個性を、
躍動感のある吽形に運慶の個性を見る
という見方でした。

また近年、像内に収められた文書から、
阿形(口を開けている方)の大仏師は運慶と快慶、小仏師13人
吽形(口を閉じている方)の大仏師は定覚(運慶の兄弟弟子か)と湛慶、小仏師12人
ということが判明しました。

ただし、吽形の大仏師の方が経験が浅いため、
全体の総括者は運慶であり
吽形の監督・指導も随時運慶が行ったのではないか、
という見方は依然としてあるようです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

運慶は監督だったのですね。じょうかく、という人もいたのですね。そして、運慶、快慶には血縁は無い。とても勉強になりました。ありがとうございました。あー、うん。

お礼日時:2006/02/08 03:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報