東大寺南大門金剛力士像は運慶と快慶の共作といわれていますが、どういう共作なのですか。たとえば、上半身は運慶、下半身は快慶とか、設計は運慶、工事は快慶とか、そういうことがわかりません。そもそも、この二人の関係はどういう関係なのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

当時は、平安時代末、鎌倉時代はじめの時代になりますが、


源平の戦いで、奈良の興福寺・東大寺が荒廃して、
その再建の過程で建物を建て直すだけでなく、
内部に収める仏像を数多く作り直す必要が生じている状況でした。
それまでの仏師の主流は貴族の好む京都仏師でしたが、
鎌倉武士は、より写実的な力強い作風の奈良仏師の方を好み、
彼らが脚光を浴びるようになりました。
寺院再建に伴う仏像需要もあって
奈良仏師の作品が数多くつくられました。
南大門の金剛力士像もその一つです。

さて、奈良仏師の直系に成朝という人がいましたが、
成朝と同時代で傍系に康慶という仏師がおり、
その息子が運慶になります。
成朝が途中で歴史から姿を消してしまうので、
以後は、康慶→運慶(息子)→湛慶(息子)が奈良仏師を受け継ぎます(慶派)。
快慶は康慶と血のつながりはないと思われますが、
康慶一門の中で運慶の兄弟弟子であると思われ傍系にあたります。

金剛力士像をつくる際に、
彼らが実際にどのような役割分担をしたかはわかりません。

よく言われていたのは、
よくまとまっている阿形に快慶の個性を、
躍動感のある吽形に運慶の個性を見る
という見方でした。

また近年、像内に収められた文書から、
阿形(口を開けている方)の大仏師は運慶と快慶、小仏師13人
吽形(口を閉じている方)の大仏師は定覚(運慶の兄弟弟子か)と湛慶、小仏師12人
ということが判明しました。

ただし、吽形の大仏師の方が経験が浅いため、
全体の総括者は運慶であり
吽形の監督・指導も随時運慶が行ったのではないか、
という見方は依然としてあるようです。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

運慶は監督だったのですね。じょうかく、という人もいたのですね。そして、運慶、快慶には血縁は無い。とても勉強になりました。ありがとうございました。あー、うん。

お礼日時:2006/02/08 03:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

寺院 奈良」に関するQ&A: 御詠歌とは

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運慶と快慶

東大寺南大門金剛力士像は運慶と快慶の共作といわれていますが、どういう共作なのですか。たとえば、上半身は運慶、下半身は快慶とか、設計は運慶、工事は快慶とか、そういうことがわかりません。そもそも、この二人の関係はどういう関係なのですか。

Aベストアンサー

当時は、平安時代末、鎌倉時代はじめの時代になりますが、
源平の戦いで、奈良の興福寺・東大寺が荒廃して、
その再建の過程で建物を建て直すだけでなく、
内部に収める仏像を数多く作り直す必要が生じている状況でした。
それまでの仏師の主流は貴族の好む京都仏師でしたが、
鎌倉武士は、より写実的な力強い作風の奈良仏師の方を好み、
彼らが脚光を浴びるようになりました。
寺院再建に伴う仏像需要もあって
奈良仏師の作品が数多くつくられました。
南大門の金剛力士像もその一つです。

さて、奈良仏師の直系に成朝という人がいましたが、
成朝と同時代で傍系に康慶という仏師がおり、
その息子が運慶になります。
成朝が途中で歴史から姿を消してしまうので、
以後は、康慶→運慶(息子)→湛慶(息子)が奈良仏師を受け継ぎます(慶派)。
快慶は康慶と血のつながりはないと思われますが、
康慶一門の中で運慶の兄弟弟子であると思われ傍系にあたります。

金剛力士像をつくる際に、
彼らが実際にどのような役割分担をしたかはわかりません。

よく言われていたのは、
よくまとまっている阿形に快慶の個性を、
躍動感のある吽形に運慶の個性を見る
という見方でした。

また近年、像内に収められた文書から、
阿形(口を開けている方)の大仏師は運慶と快慶、小仏師13人
吽形(口を閉じている方)の大仏師は定覚(運慶の兄弟弟子か)と湛慶、小仏師12人
ということが判明しました。

ただし、吽形の大仏師の方が経験が浅いため、
全体の総括者は運慶であり
吽形の監督・指導も随時運慶が行ったのではないか、
という見方は依然としてあるようです。

当時は、平安時代末、鎌倉時代はじめの時代になりますが、
源平の戦いで、奈良の興福寺・東大寺が荒廃して、
その再建の過程で建物を建て直すだけでなく、
内部に収める仏像を数多く作り直す必要が生じている状況でした。
それまでの仏師の主流は貴族の好む京都仏師でしたが、
鎌倉武士は、より写実的な力強い作風の奈良仏師の方を好み、
彼らが脚光を浴びるようになりました。
寺院再建に伴う仏像需要もあって
奈良仏師の作品が数多くつくられました。
南大門の金剛力士像もその一つです。

さて、奈...続きを読む

Q奈良・東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について。

奈良・東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について調べていますが詳しい資料が見つかりません。

ググってみたところ

(1)昭和12年2月12日に盗難にあった。(お水取りのとき、というので旧暦だと思われる)
(2)お水取りのどさくさに紛れて泥棒が空羂索観音にはしごをかけて
宝石をとった。(盗難にあったのは宝冠そのものだったのでは?)
(3)古物商の機転で宝冠は三月堂に戻された。
(4)宝冠に大きな緑色のルビー(ルビーは赤ではなかったか?)がついていたが紛失していた。

などの記事が見つかりました。
しかし、括弧内に記したような疑問点もあります。

東大寺三月堂の不空羂索観音宝冠盗難事件について、詳細をご存知の方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

また詳しく説明されたサイトなどがありましたら紹介していただきたいです。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは

参考になる本のことが書いてありますが
http://blog.goo.ne.jp/narasannjou/m/200612

http://www.bunkaken.net/index.files/raisan/shodana/shodana95.htm

Q江戸時代の法印快慶について詳しい方お教えください

快慶について歴史を調べています。

1600~1700年間に権大僧都法印快慶が存在してますが

活躍状況等ご存知の方お教え下さい。

Aベストアンサー

アッチャ~見事に本命も大穴もハズしてしまいましたかぁ(TT)

ならば切り札の「第三の男」の御登場を…と思ったのですが、
補足の御様子から「高野山」確定のお話とすれば
またまた無駄なカキコミ必至ですが、これも何かの縁^^
今暫く御容赦下さいm(_"_)m

宝永7(1710)年6月まで御存命って事でしたら、「第三の男」は
「元禄年間(1688~1704)の頃、御存命」の「快慶法印」までは当て嵌まりますが…
高野山ではなく「武蔵國馬込村」に登場します。
(寺自体、当初は真言宗醍醐派で、現在は真言宗智山派の様子)

◆『新編武蔵風土記稿[第7冊]/内務省地理局/明治17.6』
「巻之四十六目録 荏原郡之八 馬込領(馬込村・桐ヶ谷村・中延村・碑文谷村)」
(馬込村・2~3葉)右頁最後4行~左頁最初2行<86/109>
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/763981/86
<一部抜粋>
別當長遠寺
除地六畝社地ノ北ニ隣レリ新義眞言宗 山城國醍醐三寶(?實?)院ノ末海岳山大乘院ト號ス
村ノ舊記ニ定海ト云僧當寺ヲ草創シテ後元弘二年ニ寂セリト見ユサレハ此人開山ナルヘシ
今寺ニテ開山トスルハ定尊法印ナリ此法印其事歴寂年ヲ傳ヘサレハ
何ノ頃トモ云カタケレト思フニ中興ノ僧ナルニヤ後元祿ノ頃快慶法印ト云
僧ノ住シ時當寺ヲ興起シテ檀林寺格トセシニヨリ今ハ此法印ヲ中興開基トス…

◆東京南部智山青年会>教区寺院>05長遠寺
http://tokyonanbu.web.fc2.com/temple-05.htm
「元禄年間に快慶が住持した時、当寺を再興して、檀林寺格としたので、この人を中興開基としている。」

なお、残念ながら今回はヒットしませんでしたが、色々お調べでしたら、
…同名異人(「快慶」「快傳→頼玄」など)は存在しますが…
『日本仏家人名辞書 増訂再版/鷲尾順敬著/光融館/1911』などが有効な場合もございます。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/990760/1

以上

アッチャ~見事に本命も大穴もハズしてしまいましたかぁ(TT)

ならば切り札の「第三の男」の御登場を…と思ったのですが、
補足の御様子から「高野山」確定のお話とすれば
またまた無駄なカキコミ必至ですが、これも何かの縁^^
今暫く御容赦下さいm(_"_)m

宝永7(1710)年6月まで御存命って事でしたら、「第三の男」は
「元禄年間(1688~1704)の頃、御存命」の「快慶法印」までは当て嵌まりますが…
高野山ではなく「武蔵國馬込村」に登場します。
(寺自体、当初は真言宗醍醐派で、現在は真言宗智山派の様子)

◆...続きを読む

Q【なぜ港湾都市の港湾機能が不要になったんですか?】 船で運ぶより飛行機で物を運ぶようになったから?

【なぜ港湾都市の港湾機能が不要になったんですか?】

船で運ぶより飛行機で物を運ぶようになったから?

それとも全国に道路が出来て車で運ぶようになったから?

物が溢れる時代になったのに港湾機能が衰退化していく理由はなんですか?

なぜ水揚げ量がどんどん減っていってるんですか?

消費社会になってるはずなのに。

港湾都市の港湾がそれほど必要でなくなったので埋め立てて埋め立て地を作るのが港湾都市の再開発のトレンドとなった。そして現在に至る。

なぜ消費社会で港湾都市の港湾機能が衰退化していったのか教えてください。

まあ港湾都市の港湾すらキャパが余っての埋立地再開発事業なので埋め立て地再開発で再開発事業が成功している港湾都市はないですよね。

空き地ばかり。
だって港湾都市で港湾が不要になって人がいないんだから再開発で埋め立て地を作っても誰も人がいないから集まるわけがない。

港湾都市の埋め立て再開発は事業をする前から失敗は見えていた。

けど再開発しないとどの道衰退していた。

どっちに転んでも港湾都市は衰退する運命しかない。

Aベストアンサー

参考までに。
http://www.geocities.jp/jpkksl/7y063t8k.html

Q鎌倉彫のルーツは奈良仏師なのですか?

JRのCMに惹かれて奈良に行こうと思っています。ある人が、
「源頼朝は平氏に重宝された京都仏師を遠ざけて、当時マイナーだった奈良仏師の運慶や快慶に東大寺南大門の金剛力士像をつくらせた。そして、これらの仏師を鎌倉に呼び寄せ、これが鎌倉彫の始まりだ」と言っていました。
本当ですか?何かワクワクする話です。
だとしたら、奈良に行く前に鎌倉のどのお店を見て勉強したら良いですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

鎌倉武士が、京都仏師を遠ざけて
奈良仏師を鎌倉に招いて仏像をつくらせたのは事実です。

頼朝自身は、奈良仏師直系の成朝を呼んで勝長寿院の造仏を行わせました。
また、有名な運慶(成朝の傍系である康慶の息子:康慶に連なる奈良仏師を「慶派」と呼ぶ)は、
北条時政の依頼で願成就院(伊豆の国市)の造仏を行い、
有力御家人の和田義盛の依頼で浄楽寺(横須賀市)の造仏を行っています。
このうち願成就院、浄楽寺の仏像は未だ健在です。
あらかじめ見ておくのもいいかもしれません。
(ただし浄楽寺は3/3,10/19のみ)
また、鎌倉国宝館にも慶派の仏像が展示してあります。
円応寺の初江王なんてなかなか立派なものです。
ただし、時代は鎌倉時代の半ば以降という感じです。

http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kokuhoukan/index.htm

なお、東大寺の再建は頼朝がさせたものではなく、
俊乗房重源という中国帰りの坊さんがプロデューサーとなって
再建事業を行ったものを頼朝が支援したという形になります。
また、時系列的には、金剛力士像をつくったのは先ほどの造仏の後になります。

鎌倉彫の来歴としては質問にあるような来歴はあるようですが、
創始の次期は、鎌倉時代後期と思われます。
先ほどの鎌倉国宝館及び鎌倉彫資料館に
古い作品も含めていろいろとあるようです。

http://www.kamakuraborikaikan.jp/siryokan.html

鎌倉武士が、京都仏師を遠ざけて
奈良仏師を鎌倉に招いて仏像をつくらせたのは事実です。

頼朝自身は、奈良仏師直系の成朝を呼んで勝長寿院の造仏を行わせました。
また、有名な運慶(成朝の傍系である康慶の息子:康慶に連なる奈良仏師を「慶派」と呼ぶ)は、
北条時政の依頼で願成就院(伊豆の国市)の造仏を行い、
有力御家人の和田義盛の依頼で浄楽寺(横須賀市)の造仏を行っています。
このうち願成就院、浄楽寺の仏像は未だ健在です。
あらかじめ見ておくのもいいかもしれません。
(ただし浄楽...続きを読む

Q鑑真は東大寺を追われましたか?

下記サイトによれば、鑑真は東大寺を追われ、唐招提寺も私寺だったとされています。
http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/haka-topic25.html
758年、鑑真は大僧都を解任され東大寺を追われた。
「鑑真は私寺となる『唐招提寺』を開き戒壇を造る。
「この非公式な戒壇で授戒を受けても、国からは正規の僧とは見なされなかった

これは本当のことでしょうか?
鑑真は朝廷からけむたがられていたのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鑑真が、東大寺を追放になったのは事実です。
当時、民は重税に苦しんでいました。
ところが、僧侶は「税金免除」となるため誰もが税金逃れのために「僧侶」となったのです。
当然、彼らは「名ばかりの僧侶」。修行した事もなく教養・知識もありませんでした。
政府は「税収減」と「偽物僧侶の増大」を危惧し、僧侶の資格を「国家管理」する事を考えました。
朝廷が認めた者だけを「僧侶」としたのです。
ところが、鑑真は「僧侶育成よりも仏法を広める」事に重点を置いていました。
当然、朝廷側と対立が起き、「国立東大寺」を追放(解雇)となりました。
しかし、鑑真を慕う人達の援助を得て「私立唐招提寺」を設立します。

>国からは正規の僧とは見なされなかった

その通りで、唐招提寺で授戒を受けても、国からは僧侶と認識されませんでした。
公認僧侶と非公認僧侶が、存在する事になります。

Q夏目漱石の夢十夜の第六夜について

夏目漱石の夢十夜を読んでいるのですが、第六夜で、なぜ運慶が明治時代に出てきたのかがよくわかりません。あと、「鎌倉時代と思われる」というところは、運慶が鎌倉時代のひとだからでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
 運慶は、平安末期から鎌倉の仏師といわれていますね。
夢の中とはいえ、鎌倉の仏師である運慶が明治時代にでてきたということは、運慶を日本文化の一つの象徴として漱石がとらえているということでしょう。
 つまり、明治時代には文明開化として外国の文化が選別される事なくどんどんはいってきました。それは逆にもともとの日本文化の衰退を意味し、そういった状況を当時の文化人(漱石もそのひとり)はとても嘆いていました。
 運慶は無心に日本の文化を深めていったが、その精神、おおもとが、時代とともに失われ、それが明治時代でいよいよ終焉にちかづいてきた(ように感じた)。本来なら、運慶の次の世代の名人が輩出され、いよいよ文化を深め、時代を次々支えてくるはずだったが、そうならなかったため運慶(の精神が)がこの時代に至るまで生き残らざるをえなかった・・・
 (本当の日本の精神は一番この時代のものに残っているということ)
 もちろん漱石の夢のなかでの空想でしょうすが、間違いでは決して無いことは、明治→大正→昭和→平成と日本の文化がどんどん衰退した事をみても明白な事実だと思いませんか。

こんにちは
 運慶は、平安末期から鎌倉の仏師といわれていますね。
夢の中とはいえ、鎌倉の仏師である運慶が明治時代にでてきたということは、運慶を日本文化の一つの象徴として漱石がとらえているということでしょう。
 つまり、明治時代には文明開化として外国の文化が選別される事なくどんどんはいってきました。それは逆にもともとの日本文化の衰退を意味し、そういった状況を当時の文化人(漱石もそのひとり)はとても嘆いていました。
 運慶は無心に日本の文化を深めていったが、その精神、おおもと...続きを読む

Q世界最古の会社は?金剛組?

世界最古の会社は日本にあり、それは西暦587年創業で1400年の歴史を誇る金剛組という話がありますが、
奈良時代の宮大工がどうして会社なのでしょうか?
会社(カンパニー)になったのは明治になってからだと思います。
真の最古の会社はどこでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「会社」とは何か
Goo辞書↓
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B2%F1%BC%D2&kind=jn&mode=0&kwassist=0
(2)同じ志をもって物事を行う集団。結社。仲間。〔明治初期に用いられた語。(1)の原義〕

と、ありますので、広義に解釈すれば、仕事を請け負う仲間集団→○○組 のようなものも含められるかも。

金剛組が世界最古?
世界最古と言ったもの勝ち(笑)。

日本では坂本龍馬の海援隊の前身の亀山社中が、日本最初の商社であり、株式会社であるという説があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%80%E5%B1%B1%E7%A4%BE%E4%B8%AD

Q夢中夜=第六夜=について

「さすがは運慶だな。眼中に我々なしだ。天下の英雄はただ仁王と我れと
                         
あるのみと云う態度だ。天晴れだ」と云って賞め出した。
                                         
 自分はこの言葉を面白いと思った。


という文があるのですが、何故漱石は「面白い」と思ったのですか?

よろしくおねがいします;

Aベストアンサー

「ただ仁王と我れとあるのみと云う態度」は、一般的には見物人を無視していることになります。
通常であれば不満を感じるはずですが、この男は「見物人である自分たちなんか無視して当然なのだ、芸術のためなのだから」という意味で運慶をむしろ「天晴れ」であると誉めています。
野次馬のような見物人の中からこうした論理的で冷静な見解が出たことを漱石は興味深く感じた、ということなのでしょう。
「面白い」は#1さんご指摘のように、fun というより interesting と解釈するほうが自然です。
  
  

Q東大寺のお水取り、人や建物に危険は無いの?

素朴な疑問です。

東大寺のお水取り、あんなに火を振り回して、人や建物に危険はないんですか?

やってる人達は修行なので構わないのかもしれませんが、建物があっという間に火事になりそうで怖いです・・・。

まあ・・・火事にならないから続けているんでしょうけど、何か秘密があるのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

実際に火事になったこともあるそうです。
http://odekake.jalan.net/reporter/burarifurarihyokkorimattari/kuchikomi/0000018122

上記によれば、寛文7年(1667年)のお水取理が原因で
二月堂は焼失したとあります。
現在の二月堂はその後に再建されたものだとか。

二月堂のお松明は少し離れた三月堂あたりでしか見たことがありませんが
真下で見たらかなり火の子をかぶるのでは。
護摩供などでも火の粉で服に穴があいた人の姿をみかけます。

薬師寺の修二会では松明のすぐ下で見学しましたが
頭の上から火の塊が落ちてきてあやうく
火傷するところでした。
見学するときは注意した方がいいですね~。

火の粉が落ちたところは、すぐさま僧侶がバケツに汲みためた水をかけて
消火しているようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング