「半角の公式」は有りますよね。それの1/3版についてです。

「1/3倍角の公式って有りますか?」
と教師に質問したところ、「聞いたこと無い。」
と言われました。少し、調べましてみましたが、やはり見つかりませんでした。

存在するんでしょうか。

存在するのであれば、計算式が知りたいです。(サイトでも良いです。。)

存在しないというのであれば、
(a+bi)^(1/3) を A + Bi という形に変形する事から導き出せそうですが、
無理なのでしょうか。

高校生にも分かるように書いて頂けると嬉しいです。
(カルダノの解法は分かります。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.1チョンボです。


X=((c-√[c^2-1])^(1/3)+(c+√[c^2-1])^(1/3))/2
だけが実解じゃないですね。残りの2つの解も必要です。

X=((i√3-1)(c-√[c^2-1])^(1/3)-(i√3+1)(c+√[c^2-1])^(1/3))/4
X=((i√3-1)(c+√[c^2-1])^(1/3)-(i√3+1)(c-√[c^2-1])^(1/3))/4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい。有り難う御座います。
しかし、
解が3つとなると、sin(θ/3)の解はどれであるかを
どうやって判断すればいいのでしょうか。
(お礼が質問に成ってしまった。)

お礼日時:2002/01/12 22:00

siegmund です.



> 解が3つとなると、sin(θ/3)の解はどれであるかを
> どうやって判断すればいいのでしょうか。

θに関する他の情報があれば,それとつじつまが合うように選ぶほかありません.
情報がなければ,判断はできません.
x^2 = 1 のとき,x = +1,-1,のどちらか判断するのと同じようなことです.

前の話の繰り返しみたいなことになりますが,
例えば,θ= 3φ としましょう.
φ(1) = π/12 すると,θ(1) = π/4
φ(2) = φ(1) + (2/3)π = (3/4)π とすると θ(2) = (π/4) + 2π
φ(3) = φ(1) + (4/3)π = (17/12)π とすると θ(3) = (π/4) + 4π

明らかに,
sinθ(1) = sinθ(2) = sinθ(3) です.
つまり,基本周期の 0≦φ≦2π の間の (2/3)πずつずれた3つのφの値に対して
sin(3φ) は同じ値になってしまうわけです.

前にも書きましたが,半角公式でも
sin(θ/2) = ±√{(1-cosθ)/2}
で,同じような事情(頭の複号)がありますので,ご注意下さい.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりました。
はい。僕の何でもない勘違いでした。
二次方程式の場合は正か負のどちらかで、判別は簡単だけど、
三次方程式の場合、ややこしいかな?と思ったんですが、
なんでもありません。

本当にありがとう御座いました。

お礼日時:2002/02/02 15:14

さて、ご質問の主旨からはいささか外れそうだけれど、どうも中途半端ですのでご参考までに。



●高校では習わないかも知れないけれど重要な公式に
exp(iθ) = cosθ + i sinθ (オイラーの公式)
というのがあります。(exp(x)とはe^xのことです。)
これを使うといとも簡単です。
exp(-iθ) = cos(-θ) + i sin(-θ)= cos(θ) - i sin(θ)
だから
cosθ = (exp(iθ)+exp(-iθ))/2
よって、
cos(aθ) = (exp(iaθ)+exp(-iaθ))/2
= ((exp(iθ))^a+(exp(-iθ))^a)/2
= ((cosθ + i sinθ)^a+(cos(θ) - i sin(θ))^a)/2
また、
i sinθ = (exp(iθ)-exp(-iθ))/2
よって
sin(aθ) = ((cosθ + i sinθ)^a-(cos(θ) - i sin(θ))^a)/(2i)
です。

●さてこの式が実際の計算の役に立つのかどうか、ということになりますと、
「複素数のa乗ってどうやって計算するんでしょう?」
という所が大問題ですね。これはaが小さい自然数nの場合やa=1/(2^n)の場合には
(cos(x)+i sin(x))(cos(x)-i sin(x))=1
が効いて計算できそうな式にまとまりますけど、一般にはそうは行かず、
(cosθ + i sinθ)^a = exp(iaθ) = cos(aθ) + i sin(aθ)
と変形して計算する。なんだ、これじゃ元の黙阿弥です。

という訳で、一般の「a倍角公式」ってのは実用性には欠けている。単にcos(aθ), sin(aθ)をcosθ,sinθを使って表した、という以上の意味を持っていないから、「公式」とは呼ばないのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>という訳で、一般の「a倍角公式」ってのは実用性には欠けている。
>単にcos(aθ), sin(aθ)をcosθ,sinθを使って表した、という以上の意味を持っ
>ていないから、「公式」とは呼ばないのでしょう。
はい。僕もそう思います。オイラーの公式も知っています。
ただ、「1/3倍角公式」は根号で表せる(という事が分かった)ので、例えば、sin5度の値がルートを使った式で表せるという事で、そういう意味で数学的に価値があるのではないでしょうか。
何はともあれ、
たびたび、有り難う御座います。

お礼日時:2002/01/12 22:14

stomachman さん,ちょっと手がすべったようです.



実係数三次方程式
(1)  t^3 +3pt +q = 0
の判別式 D は
(2)  D = -(q^2 + 4p^3)
で,
D>0 なら相異なる3実根,
D=0 なら重根があり全部実根,
D<0 なら1実根と2虚根
です.
(3)  4X^3-3X-c = 0
と比べると,p=-1/4,q=-c/4 ですから
(4)  D = (1/16)(1-c^2)≧0
となり,重根も含めることにして3実根があります.

これは三角関数の周期性と関係があります.
例えば,sinθ=1 としたとき,θは
(a)  θ(1)=π/2,(π/2)±6π,(π/2)±12π,(π/2)±18π,......
(b)  θ(2)=(π/2) + 2π,(π/2)+ 2π±6π,(π/2)+ 2π±12π,...
(c)  θ(3)=(π/2) + 4π,(π/2)+ 4π±6π,(π/2)+ 4π±12π,...
の可能性があります.
つまり
(a)  θ(1)/3=π/6,(π/6)±2π,(π/2)±4π,(π/2)±6π,......
(b)  θ(2)/3=(5/6)π,(5/6)π±2π,(5/6)π±4π,.....
(c)  θ(3)/3=(3/2)π,(3/2)π±2π,(3/2)π±4π,.....
で,
sinθ(1) = 1/2
sinθ(2) = 1/2
sinθ(3) = -1
になります.
sinθ(1)=sinθ(2) になっているのは sinθ=1,すなわち c=1 としたので,
判別式が D=0 になっていることと符合します.

このような話を逆に使って,3次方程式(3)の3実根を三角関数で表す方法も知られています.

似たような話は半角公式でもあるわけで,
例えば
sin(θ/2) = ±√{(1-cosθ)/2}
で,複号はθがどの象限にあるかによって適切に選ばないといけません.
今の場合はこの事情が多少複雑になったのです.

今アップしようとしたら stomachman さんご自身の訂正が出ていました.
書いちゃったので,そのままアップします.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に有り難う御座います。
しかし、
stomachman にも聞きましたが、符号・・・というか3つのうちどの解を選べばよいのでしょうか?

お礼日時:2002/01/12 22:04

(sinθ)^3 = (-sin3θ+3sinθ)/4


(cosθ)^3 = (cos3θ+3cosθ)/4
だから、x=3θと書けば
(sin(x/3))^3 = (-sin(x)+3sin(x/3))/4
(cos(x/3))^3 = (cos(x)+3cos(x/3))/4
です。

sineの方は、X= sin(x/3), c=-sinxとおく。
同様にcosineの方も、X= cos(x/3), c=cos(x)とおく。するとどちらも同じ方程式
4X^3-3X-c = 0
で表せます。この三次方程式は
X=((c-√[c^2-1])^(1/3)+(c+√[c^2-1])^(1/3))/2
という実解および二つの複素数解を持ちます。
これが(1/3)倍角公式ってことです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1/3型CCDと1/4型CCDの違いって何ですか?

1/3型CCDと1/4型CCDの違いって何ですか?

対角6mm (1/3型)
http://www.aitendo.co.jp/product/1692

対角4.5mm (1/4型)
http://www.aitendo.co.jp/product/1691

この2種類は出力される画像にどのような違いが現れますか?
それと、焦点3.6mmと焦点6mmのレンズの違いも分かれば教えて頂きたいのです。

Aベストアンサー

>この2種類は出力される画像にどのような違いが現れますか?

簡単に言うと、撮像画面サイズの違いと出力される信号のS/N比の違いです。
すなわち、1/3型の方が、質の良い画像が得られると言うことです。

そもそも、TV・VTRカメラは撮像管(真空管の一種)からスタートしたので、CCD素子になっても撮像画面のサイズは、管径で表すのが慣わしになっています。
ですから、1/3型とか1/4型と言うのは、撮像管の管径が1/3インチとか1/4インチの撮像管に相当する画面サイズを表す規格です。
実際の撮像画面の対角線長は、管径より二回りほど小さくなります。当然に1/3型と1/4型では、1/3型の方が、撮像画面が大きくなります。

>それと、焦点3.6mmと焦点6mmのレンズの違いも分かれば教えて頂きたいのです。

CCDセンサーに付けるレンズの焦点距離です。
焦点距離が長くなると、画角(写る範囲)は狭くなります。要するに望遠レンズと言う訳です。
また、焦点距離が同じなら、撮像画面の大きい方が、画角が広くなるので、広角レンズと言う訳です。

Qf(a+√b)=c+√b f(a-√b)=c-√b f(a+bi)=c+dif(a-bi)=c-di

f(a+√b)=c+√b
ならば
f(a-√b)=c-√b
は成り立ちますか。
√の中は変わらないので計算後も√bのままでいいでしょうか。

f(a+bi)=c+di
ならば
f(a-bi)=c-di
は成り立ちますか。
前回の質問が締め切られてしまいました。
前回回答いただきましたTacosanさま、かなり考えましたがヒントに最後まで答えることが出来ず、申し訳ありませんでした。一定の条件がわかりませんでした。こちらにも是非回答お願いいたします。詳しい回答本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

反例:
xの一次式
f(x) = x ・(1-√2) + √2

f(1+√2) = (1+√2)・(1-√2) + √2
=1-2 + √2
=-1+ √2

f(1-√2) = (1-√2)・(1-√2) + √2
= 1 -2√2 + 2 + √2
= 3 - √2 ≠ - 1 - √2

---
f(x) = g(a,|x-a|) + (x - a)
と表せるなら
 f(a+√b) = g(a,|√b|) + √b = g(a,√b) + √b
 f(a-√b) = g(a,|-√b|) + (-√b) = g(a,√b) - √b
c = g(a,√b) とすれば
 f(a+√b) = c + √b
 f(a-√b) = c - √b
です。
ですが、 c + √b という形を見ただけでは、√b が「 + (x-a) 」に由来するものなのか、g(a,|x-a|)の|x-a|に由来するものなのか、g()に由来する xに依存しない定数√b なのか、判断できません。

Qarctan(1/2) + arctan(1/3)

「arctan(1/2) + arctan(1/3) = π/4 になることを示せ」

tan(x+y)を利用する解法の他に、添付画像のような方法が紹介されていました。

これは、何をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

 1辺が1の正方形が6個描いてあります。図の右下のカドをA, 左上のカドをBとしますと、
⊿PAQの∠APQ = α について
 tan α = 1/2 だから α=arctan(1/2)
⊿PBRの∠BPR = θ について、
 tanθ = 1/3 だから θ=arctan(1/3)
⊿PQRについて、
 図から、辺PQを90度回転させれば辺QRと平行になるとわかります。つまり、∠PQRは直角であり、⊿PQRは直角三角形。辺の長さを見ると |PQ|=|QR| だから、⊿PQRは直角二等辺三角形。(|PQ|=|QR|=√5, |PR|=√10 ですから、ピタゴラスの定理が成立つということからも直角三角形であることが確かめられます。)
 直角二等辺三角形なんだから、∠RPQは45度(=π/4)です。そして、Pのところを見ると、
  ∠RPQ + (α+θ) = π/2
である。なので、
   α+θ = π/4
です。面白いですね。

Qa_1/a_2 + a_2/a_3 + a_3/…

文字は正とする。nは自然数とする。
a_1/a_2 + a_2/a_3 + a_3/a_4 + … + a_n/a_1≧n
の証明をどうか教えていただけますようお願いいたします。

Aベストアンサー

相加平均・相乗平均

Q1/3÷1/3=1ですが

1/3÷1/3=x

両辺を3倍して
3(1/3÷1/3)=3x

(3/3÷3/3)=3x

(1÷1)=3x

1=3x

x=1/3

xが1になりませんが
この計算はどこが間違っているのですか?

3(1/3÷1/3)=3x
ここでカッコの中を計算してから3を掛ければ
答えが1になるのは解かるのですが、

何を勘違いしているか説明していただければ
うれしいです。

Aベストアンサー

3(1/3÷1/3)=3x

(3/3÷3/3)=3x

この間が間違っています。正しくは
(3/3÷1/3)=3x
でしょう。両辺にわざわざ3をかける必要があるかどうかは別として・・・。

Qa+b+c=(1/a)+(1/b)+(1/c)=(1/ab)+(1/bc)+(1/ca)

a+b+c=(1/a)+(1/b)+(1/c)=(1/ab)+(1/bc)+(1/ca)
が成立するとき、a,b,cのいずれかは1に等しいことを証明する問題です。
上記の式から、abc=1, a+b+c=ab+bc+caがいえると思うので
(x-a)(x-b)(x-c)=0を考えて、
x^3-(a+b+c)x^2+(ab+bc+ca)x-abc=0
すなわち x^3-(a+b+c)x^2+( a+b+c)x-1=0
この式はx=1で成立するので、(x-a)(x-b)(x-c)=0に
x=1を代入して
(1-a)(1-b)(1-c)=0
この式が成立するためには、a,b,cのいずれかが1に等しくなければならない、と解きました。この解きかたでよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

blackleonさん、こんにちは。

a+b+c=(1/a)+(1/b)+(1/c)=(1/ab)+(1/bc)+(1/ca)
>上記の式から、abc=1, a+b+c=ab+bc+caがいえると思うので

ということですが、ちょっと変形してみると

a+b+c=(1/a)+(1/b)+(1/c)=(1/ab)+(1/bc)+(1/ca)
a+b+c=(bc+ca+ab)/abc=(a+b+c)/abc・・・(★)

というところから、
a+b+c=(a+b+c)/abc
(a+b+c){1-(1/abc)}=0
ゆえに、
a+b+c=0または1-(1/abc)=0すなわちabc=1
と出てくるんじゃないでしょうか。

a+b+c=0またはabc=1のいずれかがいえるので、場合わけしないといけないのではないでしょうか。

さて、1,/a,1/b,1/cなどが実数として存在するので
a≠0,b≠0,c≠0はいえるのかなと思います。
そうすると

(1)a+b+c=0のとき(★)は

(ab+bc+ca)/abc=0
ab+bc+ca=0

ところで、a+b+c=0より、c=-(a+b)ですのでこれを代入すると
ab+bc+ca=ab+(a+b)c=ab-(a+b)^2=0
a^2+ab+b^2=0
となりますが、これをaについての2次方程式だとみて判別式をとると
D=b^2-4b^2=-3b^2
これが0以上であるためには、b=0でなければならないが
1/bが存在するためにはb≠0であったから、(1)の場合は不適。

よって
(2)abc=1
の場合だけを考えればいいことになると思います。

blackleonさんの解き方いいと思いますが、文字を消去して
式変形で無理やり持っていってもいいかも。

a+b+c=ab+bc+caを変形。
abc=1より、c=1/abを代入(a≠0,b≠0)

1/a+1/b+1/c=1/ab+1/bc+1/caに代入

1/a+1/b+ab=1/ab+(a+b)/abc
{b+a+(ab)^2}/ab={1+ab(a+b)}/ab
両辺ab倍して
(a+b)+(ab)^2=1+ab(a+b)
(a+b){1-ab}+(ab-1)(ab+1)
=(1-ab){(a+b)-(ab+1)}=0
ゆえに、ab=1またはa+b-ab-1=0

ab=1のとき、abc=1とあわせて、c=1となって
少なくとも一つ1であるを満たす。

a+b-ab-1=0のとき、
(a-1)(b-1)=0と同じであるから、a=1またはb=1

となって、a,b,cいずれかは1である。
・・・と無理やり持っていきましたが、いつも素晴らしい解法が見つかるわけではないので
文字を消去していくのは確実ですよ。

blackleonさん、こんにちは。

a+b+c=(1/a)+(1/b)+(1/c)=(1/ab)+(1/bc)+(1/ca)
>上記の式から、abc=1, a+b+c=ab+bc+caがいえると思うので

ということですが、ちょっと変形してみると

a+b+c=(1/a)+(1/b)+(1/c)=(1/ab)+(1/bc)+(1/ca)
a+b+c=(bc+ca+ab)/abc=(a+b+c)/abc・・・(★)

というところから、
a+b+c=(a+b+c)/abc
(a+b+c){1-(1/abc)}=0
ゆえに、
a+b+c=0または1-(1/abc)=0すなわちabc=1
と出てくるんじゃないでしょうか。

a+b+c=0またはabc=1のいずれかがいえるので、場合わけしない...続きを読む

Q中学数学 a※b=1/3(a+b)とするとき3※x=5となる xを求めよ。の解き方がわかりません。

中学数学を勉強中です。
下記の問題の解き方が、解説を見てもわかりません。
(PCなので、3分の1を1/3と表現しています。)

【問題】a※b=1/3(a+b)とするとき3※x=5となる
    xを求めよ。
【解説】3※x=1/3(3+x) ←なぜこの式が出てきたのかがわかりません。
    1/3(3+x)=5
    3+x=15
【答え】x=12

3※x=1/3(3+x)の式があれば、x=12なのはわかるのですが、
どこから3※x=1/3(3+x)の式が出てきたのでしょうか。

「a※b=1/3(a+b)とするとき3※x=5」この2つの式に共通する部分が見つけられず、
なぜ2つの式が3※x=1/3(3+x)になるのかわかりません。

また、※=掛け算のことだと思うのですが、そもそもここが間違いなのでしょうか。
問題集に※を使った問題がこれ以外に見つからず、解き方が全く想像できません。
数学が苦手なので、小学生でもわかるくらい易しく教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の画像をご覧下さい.

Q(a+1)(a+2)の計算方法は、 (a+1)(a+2)=a+a+1+2 =2a+3 であっています

(a+1)(a+2)の計算方法は、

(a+1)(a+2)=a+a+1+2
     =2a+3

であっていますか?

Aベストアンサー

式が(a+1)+(a+2)なら、
=a+a+1+2=2a+3で合ってるが、

(a+1)(a+2)なら、(a+1)×(a+2)です。従って
=a*a+1a+2a+1*2
=a二乗+3a+2となります。

Qx-1/2-x+1/3=1が解けません。

情けないですがx-1/2-x+1/3=1が解けません。
x-1/2-x+1/3=1の解は11となるのですが、私が解くと
x-1/2-x+1/3=1
3x-3-2x-2=1
x-5=1
x=1+5
x=6
となります。
親切な方、どうぞ訂正をお願い致します。

Aベストアンサー

2行目で、左辺に×6したのに、右辺側が1のままだからです。

Q1/(b+c) + 1/(c+a) + 1/(a…

文字は正とする。  
1/(b+c) + 1/(c+a) + 1/(a+b)≧9/2(a+b+c)
の証明をどうか教えていただけますようお願いいたします。

Aベストアンサー

相加平均・相乗平均の問題ばかりで、飽きてくる。

b+c=α、c+a=β、a+b=γ とすると、a+b+c=(α+β+γ)/2

1/α+1/β+1/γ≧9/(α+β+γ)を証明するだけ。
分母>0から払うと (α+β+γ)*(αβ+βγ+γα)≧9αβγ を示すと良い。

相加平均、相乗平均より α+β+γ≧3(3)√(αβγ)、αβ+βγ+γα≧3(3)√(αβγ)^2.
この2つの不等式を掛けると、(α+β+γ)*(αβ+βγ+γα)≧9αβγ 等号はα=β=γの時。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報