「ブロック機能」のリニューアルについて

いまトリノオリンピックが熱いですが、見ていて疑問というかわからないことがあります。
スキーにはいくつか種目があって、ジャンプ(これはわかりますけど)だとかクロスカントリー、アルペン、ノルディック複合、と、色々あってどれがどれだかわかりません。
また、昨日やっていた「スノーボードクロス」がすごいなぁと思ったのですが、その前日に、似たような競技でスノーボードではなくスキーでやっていたのがありましたが、あれはなんと言う種目だったのでしょうか?

調べてもなかなかわからなかったので、こちらで質問させて頂きました。お恥ずかしい質問ですが、よろしくお願い致します。

教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

エキシビジョンは以前から体操(新体操・トランポリンも含む)やフィギアスケートでは放送されていました。


体操やフィギアのエキシビジョンはメダリストや、メダルは取れなかったが優秀な成績を収めた選手が演技します。
また、公開種目で行われている種目も競技の合間に放送されることが何度かありました。

だから、おそらくスキークロスが公開種目かエキシビジョンで行われたのでしょう。
今回からスノーボードクロスが行われるので、紹介の意味も込められて放送された可能性があります。

ちなみに、スキー競技を整理すると、
アルペン、ジャンプ、クロスカントリー、コンバイン(ノルディック複合)、フリースタイル、スノーボード
の6つになります。

アルペン:滑降、スーパー大回転、大回転、回転、複合(滑降+回転)
   単純に山の上から滑り降りてくる競技で、コース上に立てられた旗門(旗またはポール、二本一組)の間を滑り降りていくもの。
   普段レジャー目的で行うスキーは(旗門はないでしょうが)ほぼこれにあたります。
   上記の種目のうち、左に行く程スピードが、右に行く程回転(技術)が要求されます。

ジャンプ:ノーマルヒル(旧70m級)、ラージヒル(旧90m級)、フライング(日本、五輪には無い種目)、団体

クロスカントリー:スプリント、リレー、ダブルパシュート、個人
   スキーを履いて走り滑る競技です。
   走法の違いによってクラシカルとフリーの二種類があります。
   クラシカルは板を前後に出して走る走法、フリーどういう走り方をしてもいいのですが、スケートのような走り方を普通します。
   ダブルパシュードは前半はクラシカル、後半はフリーで行います。
   走法と走る距離で他にもいくつかの種目に分かれます。

コンバイン(ノルディック複合):スプリント、個人、団体
   「スキー複合」と表現される場合もありますが、アルペンにも複合があるので、「スキー複合」は正しい表現とはいえません。
   グンダーセン方式とマススタート方式の2つの方式があります。
   グンダーセン方式は始めにジャンプを行い、次にクロスカントリーを行います。マススタート方式はその逆になります。
   瞬発系のジャンプ、持久系のクロスカントリーを行うため、この競技の勝者は「King of Ski」と呼ばれます。
なお、ジャンプ・クロスカントリー・コンバインを合わせてノルディック競技(/種目)とも呼ばれます。

フリースタイル:モーグル、エアリアル、スキークロス、ハーフパイプ
   上記のスキー競技に比べ比較的新しい競技です。
   エアリアルは人口のジャンプ台を使いアクロバティックな演技を行います。
   モーグルとの違いはこぶによるターンがない、ほぼ真上に高くジャンプする、完全な採点種目であるという点です。
   スキークロス、ハーフパイプはスノーボートと同じです。

スノーボード:パラレル大回転、ハーフパイプ、スノーボードクロス等
   スノーボードもスキー競技に属します。
   トリノ五輪で行われているのは上記の3種目だけです。

参考HP
 全日本スキー連盟
  http://www.ski-japan.or.jp/official/saj/index.html
 競技別インデックス・トリノスペシャル(JOC HP内)
  http://www.joc.or.jp/torino/sports/index.html

ちなみに、スキーのクロスカントリーを行いつつ、射撃を行うバイアスロンという競技がありますが、スキー競技ではありません。
バイアスロンは2つを意味する接頭語尾bi-にathletic(競技)を合成した造語であり、本来は二種競技全体をさします。
しかし、一般にバイアスロンといえば、上記のものをさします。
成立の近いものとしてはトライ(tri-3つの接頭語尾)アスロン(三種競技)や近代五種競技があげられます。

以上、長くなりましたが参考までにどうぞ。

参考URL:http://www.ski-japan.or.jp/official/saj/index.html,http://www.joc.or.jp/torino/sports/index.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kuroneさん、ありがとうございます。
とても詳しく、わかりやすい説明をありがとうございました。
確かにフィギュアスケートのエキシビジョンはよくテレビでも見かけますが、もしかしたら私が見たのもおっしゃるとおりエキシビジョンだったのかも、、、という気がしてきました。

kuroneさんがご説明して下さった内容を前から知っていたら今回のオリンピックはもっと楽しめたのに、と思いました。

お礼日時:2006/02/19 21:16

No.6です。



ジャンプの説明のところで、「フライング」と書きましたが、「フライングヒル」の間違いでしたので、訂正いたします。

すみませんでした。
    • good
    • 0

【アルペンスキー・・・山から滑り降りるスキー】


スピード種目として
・滑降(ダウンヒル)
・スーパー大回転
技術系として
・大回転
・回転(スラローム)

【ノルディックスキー・・・丘や平地でのスキー】
ジャンプ種目として
・ノーマルヒル
・ラージヒル
クロスカントリー(距離)種目として
・クラシカル(スキーを揃えて滑る)
・フリー(スケーティング)
・バイアスロン(フリーと射撃の組み合わせ)

【フリースタイルスキー・・・演技を含めるスキー】
・モーグル
・エアリアル(モーグルの演技のみを抜粋した様な競技)

【複合もしくはコンバインド】
・アルペン複合(スピード系と技術系の両方を行う)
・ノルディック複合(ジャンプとクロスカントリーの両方を行う)

と、大まかにはこのような分け方になると思います。

【アルペン】とは、アルプス山脈を意味し、【ノルディック】とは、ノルウェーなど北極圏でのスキーを意味していたと思います。

個人的には、クロスカントリーのリレーが好きです。各国選手の駆け引きも面白いのですが、ラストスパートのデッドヒートは選手の必死さがダイレクトに伝わりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

RPT-MAさん、ありがとうございます。
詳しい説明で、こんなにも種類があるのを初めて知ることができました。さっきテレビでダウンヒルがやっていたようです。

とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/19 21:13

エキシビジョンのスキークロスではないでしょうか。



http://www.takkys.net/ski-cross.html

アルペンはアルプスが発祥の固定式ブーツのスピード系競技。ノルディックは北欧(ノルトラント)が発祥の生活に密着したスキーで、狩猟から派生したスキー射撃のバイアスロンというのもあります。
フリースタイルは60年代のアメリカが発祥。かつてはストックを使って宙返りするスキーダンスもありました。

この回答への補足

koboldsさん、ありがとうございます。
リンク先を見てみたところ、確かにこの写真と私がテレビで見たものはほぼ同じといってよさそうです。
ですが、エキシビジョンなんですか??エキシビジョンなのにテレビで放送するんですか??
知らないことばかりで見当違いのことを言っているかもしれませんが、どうでしょうか?

補足日時:2006/02/18 11:52
    • good
    • 0

No.2さんのおっしゃる通り、私もクロスカントリーだと思います。



>「アルペン」もよくわかりません。
アルペンとはスキーの種別です。
オリンピック競技のスキーの種別を大きくわけると
「アルペン」「ノルディック」「フリースタイル」の3種類となり、
アルペンの中の競技種目に、滑降、スーパー大回転、大回転、回転等が、
ノルディックの中の競技種目にジャンプ、クロスカントリー、等が、
フリースタイルの中の競技種目に、モーグル、エアリアルが有ります。

簡単な見分けは、かかとの浮くスキー板=ノルディック
それ以外の普通のゲレンデ板の種類=アルペン及びフリースタイルとなります。

ちなみに、オリンピック種目にはなっていませんが、
スノーボードクロスのスキー版「スキークロス」ってのも有りますよ。

この回答への補足

keikei1971さん、ありがとうございます。

スキーには種別があってその中でさらにいろいろな種目があるんですね、知りませんでした。
大回転というのは初めて聞きました。

また、簡単な見分け方も教えて頂いてありがとうございます。
私が見たのは、「スキークロス」のような気がしてきましたが、これは種目にはなっていないんですか??

補足日時:2006/02/18 11:49
    • good
    • 0

数名で競い合ってレースをするスキー競技は、クロスカントリーです。


おそらく前日に見た競技は、ノルディック複合の後半距離の競技と思います。後半の距離の競技は、クロスカントリーそのものですが、前半のジャンプでの飛距離の差をタイム差にし、そのタイム差を後半の距離で時間差をつけてスタートするものです。

参考URL:http://number.goo.ne.jp/torino/schedule/

この回答への補足

kirinkoさん、ありがとうございます。
参考URLを見てみたところ、私がテレビで例の競技を見たのは2/15ですが、2/15にはクロスカントリーはやっていなかったようです。

ノルディック複合の後半距離の競技とは、スノーボードクロスと似ているものですか?私が見たのは、スノーボードクロスのボードがスキー板になっただけであとはスノーボードクロスと同じだったのですが。。。

補足日時:2006/02/18 11:47
    • good
    • 0

こんにちは。



スキーの種目で出てない名前と言えば・・
フリースタイルですかね?モーグル??かな?
と思うのですが・・
アルペン程板は長くなく、ボードの様に短い板を
使うので。と思ったのですが?

この回答への補足

chibi4731さんありがとうございます。

当たり前すぎて忘れてましたが、モーグルは分かります。
里谷選手の金メダルをとったときの滑り、もう一度見てみたいですね。

で、おっしゃっている「アルペン」もよくわかりません。もう一度整理すると、スキー関係で、これはこの種目、と判断できるのは

・ジャンプ
・モーグル

この2つだけです。私がおととい見たのが昨日のスノーボードクロスに似ていたということは「クロスカントリー」だったんでしょうか??

補足日時:2006/02/17 14:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング