治療をすれば完治するのに、本人が治療を拒否をして死亡した場合。
死亡時の保険は(家族などへ)もらえるのでしょうか?

治療の拒否とは?
輸血の拒否(宗教とは関係なし)
脳や心臓、脊椎など重要部分への手術の拒否
苦痛を和らげるわずかな処置は受け入れる。

完治するとは?
「完治するだろう」ということで、絶対に完治するとは限らないことを含む。

注意:自殺未遂による、ケガや病気のことを言っているわけではありません。(^_^;)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 詳細の規定は、契約している保険会社の判断によりますが、生命保険は「死亡」という事実に対して保険金の給付がなされますので、治療を拒否した場合でも保険金の給付はなされると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/21 18:45

自殺でも支払われる死亡保険金ですから、間違いなくもらえると思います。




参考までに一般的(どこの商品も同じはずです)に主契約で死亡保険金をもらえない
ケースは以下の3点しかありません。

1.責任開始日からその日を含めて1年以内に自殺したとき。
2.保険契約者、または死亡受取人が、故意に被保険者を死亡させたとき。
3.戦争、その他変乱によるとき。

勿論、告知義務違反がないことが前提ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2002/01/21 19:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父死亡で死亡保険金での相続税

父が不慮の事故で死亡し生命保険の死亡保険金2000万円下りる予定です。
契約者=父、被保険者=父、死亡保険金受取人=母(10割)
4人家族で父と母の間に2人の子供(成人で質問者です)がいます。
この場合は相続税が発生するのでしょうか?

生命保険金の控除は 500万円×法定相続人
とありますが、生命保険金を受取をするのは母のみですが
2人分の子供も法定相続人として控除が1500万になるのでしょうか?
あと、土地や建物・株・現金の資産はございません。

また、死亡保険金を分割で受取したほうが税金が安くなるのでしょうか?
基礎控除(5000万円+1000万円×法定相続人)
と生命保険の控除のかねあいがわかりません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
>基礎控除(5000万円+1000万円×法定相続人)
まで把握なさってるのなら、死亡保険金2000万円では相続税は発生しません。

死亡保険金の受取人が、「法定相続人」ならお母様と2人の子供が受取人になりますが、受取人がお母様に指定されているので、お母様一人について考えればいい訳です。

>生命保険金の控除は 500万円×法定相続人
とありますが、これは控除ではなく「非課税対象額」です。

控除は先の基礎控除になります。

と言う事で、お母様お一人について
500万円の非課税対象額を引いた1500万円が課税対象額になります。

しかし、基礎控除(5000万円+1000万円)の6000万円がありますから、2000万円の死亡保険金では相続税は掛からないと言う結論になります。

Q離婚後に死亡した元夫の死亡保険金

5年前に離婚した元夫が昨年死亡しました。元夫は生命保険の受取人の名義を変えるのを忘れていたため 2000万円の死亡保険金が入りました。この場合の税金はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。

確定申告は、毎年2/16~3/15です。
曜日により、多少前後します。
今年は2/18~でした。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

還付金がある場合は、遅くなっても問題ありませんが、こちらが追加して支払う場合は遅くなると延滞金が加算されます。

申告時に税務署でボランティアの方が、記入や計算について、指導してくれますので、税務署に行けば教えてくれます。
保険会社からは支払いの調書が届いていますね?
保管しておいてください。

Q死亡保険金受取人が死亡の場合

義母(78歳)の養老保険が来年満期になり500万円下りる予定です。

契約者は義母で、満期受取人も義母なので、これは問題がないのですが・・・。
もし、この1年以内に義母が亡くなった場合の死亡保険の受取人が、すでに亡くなっている義父のままなのです。

このような場合、保険金を受け取れるのは、一人息子の主人で間違いないでしょうか?

今のうちに受取人変更の手続きをすればよいのでしょうが、後一年になって、[お母さんが死んだ場合・・・」等の話を持ち出す勇気がありません。

提出書類が1枚か2枚増える程度で、特に問題がないのであれば、このままにしておきたいと思っています。
(何事もなければそれに越した事はないので・・・)

どうか、ご存知の方宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>提出書類が1枚か2枚増える程度で、特に問題がないのであれば、このままにしておきたいと思っています。
お書きの通りです。
一人息子、なんですよね。ご主人に兄弟姉妹はいないとの前提です。
死亡保険金の受取人が死亡している場合
受取人は法定相続人に切り替えられます。
この法定相続人は例えば、両親死亡、子供3人の場合
子供3人を指すことになりますので、
死亡保険金をどのように受け取りかの3人の意思を確認できる
書類が必要となります。
けれども、ご相談のケースの場合、一人息子、ということですので
義父が死亡していることを証明できる書類
通常、戸籍謄本、の提出が必要、で
あとの手続きは変わらないでしょう。

本来は、義父がお亡くなりになった時点で変更しておかなければならないことですので
建前的には、ちゃんと受取人変更の届をしてください、というのが
正しい答えです。が、
一人息子さんということなので、そんなに問題はないかと思います。

Q受取人死亡時の死亡保険金の相続人の範囲は?

先日、母の妹が死亡しました。20年前に加入した生命保険の死亡保険金の受取人は、18年前に亡くなった母の父のままになっていたようです。母の母は25年前に亡くなっています。この場合母の父の法定相続人は、子である母を含めた母の兄弟姉妹なのでしょうが、この18年の間に、母の兄もなくなっています。すると、母の兄の配偶者や子も、母の妹の死亡保険金の法定相続人になるのでしょうか?ちなみに、母の妹には配偶者、子はおりません。

そうなるとなにか、手続きが非常に煩わしく思え、死亡保険金の請求もやめようか、という気にさえなりそうです。

Aベストアンサー

minigesoさんのおっしゃる通り、おば様のご両親が他界されている今、受取人がおじい様に指定してあっても、保険金を受取れるのは(法定相続人)、minigesoさんのお母様とそのお兄様です。
お母様のお兄様(おじ様)が他界されているのですから、代襲相続により、おじ様のお子様に相続権が発生します。(おじ様の配偶者にはありません)
従って、minigesoさんのお母様とおじ様のお子さんで分けることとなります。

Q普通死亡死亡保障、戦争その他の変乱の変乱に地震も含まれると言われショックです!

普通死亡保障について、地震による死亡でも出るのか、大丈夫だとは思いつつ念のため加入中の某大手保険会社に問い合わせたところ、ショックな回答が返ってきました。

免責事項に、「戦争その他の変乱」とはあったものの、災害死亡とは違い、「地震、噴火、津波による死亡」は書かれていなかった為、大丈夫かと思いましたが、

コールセンターの代表者の回答は「戦争その他の変乱の変乱に地震も含まれる!災害死亡であえて地震を書いているのは、災害死亡保障なのであえて詳しく書いているだけ!なので普通死亡での契約でも場合によっては支払われなかったり、削減される可能性はある!ただ、東日本の時も削減せずお支払いはしたので、絶対という事ではありません。
他社の解釈は知りませんが、弊社の変乱の解釈には地震も含まれるので、この回答に間違えはないです」との事でした。

いろいなネットでの専門家さんの回答も見て、
てっきり普通死亡は地震でも出ると思っていたので大変ショックでしたが、
何を言っても、「うちの解釈はそうなので」の一点張りでした。


とても納得いきません。

保険に詳しい方、これは泣き寝入りするしかないのでしょうか?とても憤りを感じております。

どうか教えてください。

ちなみに今現在、身内などが地震で死亡して困っている訳ではありません。

普通死亡保障について、地震による死亡でも出るのか、大丈夫だとは思いつつ念のため加入中の某大手保険会社に問い合わせたところ、ショックな回答が返ってきました。

免責事項に、「戦争その他の変乱」とはあったものの、災害死亡とは違い、「地震、噴火、津波による死亡」は書かれていなかった為、大丈夫かと思いましたが、

コールセンターの代表者の回答は「戦争その他の変乱の変乱に地震も含まれる!災害死亡であえて地震を書いているのは、災害死亡保障なのであえて詳しく書いているだけ!なので普通死...続きを読む

Aベストアンサー

コールセンターの受付担当者の説明が稚拙に思えますが、言っている事は正しく聞こえます。

変乱とは、戦争やそれに類似する争い、あるいは、天変地異と呼ばれる自然現象にて
世の中の秩序が乱れる状況の事ですから、地震なども含まれると考えるのが妥当でしょう。

災害保険には記載があるのに普通保険にはないと思えるのは
普通保険の守備範囲が広いため細かく説明してないからだと思います。

変乱の意味を調べると主に戦争行為を説明していますが、
天変地異での発生についても説明するものもあり、地異とはつまり地震の事ですから。

現実的にも数十万が死亡するような巨大災害や大戦争が発生した場合、
保険会社にそれへの補償ができるような金銭はありません。
もちろん保険会社もそのための保険に入っているのですが
そんな極端な状況下では、そもそもオカネの価値がなくなります。

未曽有の大災害となった先の大震災ですが、それでも国家は機能し
問題はあってもいろんな災害対応もなされた。
そして保険金も支払われたわけですから、
この程度であれば出る可能性があると認識するしかないと思います。

でも、先の大戦での敗戦みたいな状況になれば、支払われないし
仮に支払われてもそのオカネは紙くずです。
そのあたりは割り切りしないとやっていけないと思いますよ。

コールセンターの受付担当者の説明が稚拙に思えますが、言っている事は正しく聞こえます。

変乱とは、戦争やそれに類似する争い、あるいは、天変地異と呼ばれる自然現象にて
世の中の秩序が乱れる状況の事ですから、地震なども含まれると考えるのが妥当でしょう。

災害保険には記載があるのに普通保険にはないと思えるのは
普通保険の守備範囲が広いため細かく説明してないからだと思います。

変乱の意味を調べると主に戦争行為を説明していますが、
天変地異での発生についても説明するものもあり、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報