税効果会計を導入してなにかメリットはあったのでしょうか?
不良債権処理を進めるためにも税効果会計導入が必要だといわれてきましたが、
本当に不良債権処理は進んでいるのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

税効果会計については既にご存知かも知れませんが、思いきり単純化したものを念の為。



前提
貸倒引当前の税引前利益:250億円
貸倒引当したい額:200億円(但し、税務上は損金計上不可)
法人税実効税率:40%

税効果会計が無かった場合の税引後当期利益(損失)
不良債権処理前税引前250億円-貸倒引当200億円-法人税250億円×40%=▲50億円

税効果会計を適用した場合の税引後当期利益
上記の▲50億円+税効果200億円×40%=+30億円
(この場合の、税効果とは、実際に本当に貸倒になった場合に法人税が減る分を、先に計上しておくものです。)

上記の例でおわかり頂けると思いますが、貸倒引当をしたくても税務上は費用と認められない不良債権がある場合、税効果会計のあるなしで、当期利益の額が変ってきます。銀行は、公式には「必要な貸倒引当はすべてやっている」と言うでしょうが、当期利益の額はできるだけ大きくしたい(当期損失の額は小さくしたい)、あるいは赤字決算はしたくない、というバイアスがかかっている事は十分想像できるので、税効果会計導入により、不良債権処理がやりやすくなったのは事実だろうし、実際にも効果はあったのだろう、と推測します。

しかし、不良債権の額自体は、毎年続けて多額の処理をしているにも関わらず、むしろ増えています。全体としては、「不良債権処理が進んでいる」とは言えません。最大の理由は、「景気がますます悪くなっている」事だと、私は思いますが、御質問の趣旨からはずれると思うので、これ以上はふれません。そちらの方にもご興味があれば、参考URL(政府の分析、というか説明というか)をご覧ください。(後のURLは、不良債権の推移のグラフです。)

参考URL:http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je01/wp-je01-002 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧に答えてくださって、わかりやすかったです。
URLもさんこうになりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/31 15:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不良債権処理における税効果会計の影響って?

不良債権処理における税効果会計の影響って?

 昔(10年ほど前)のビジネス書を読んでたら、「税効果会計が導入されたら、不良債権処理が進む」って書いてありました。どういうことですか?税効果会計って、利益と課税所得のズレを修正する手続きのことですよね?会計知識・理解が浅く、よく意味がわかりません…。

 詳しい方、解説のほど、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

言葉だけの説明では、意を尽くせないので設例を書いてみました。

[設例]
税引前当期利益 1,000
不良債権 800 (税務上損金にならない)
税率 40%

ケース1.不良債権を処理しない場合
税引前当期利益 1,000
法人税等      400
税引後当期利益  600

ケース2.不良債権を処理し、税効果会計を適用しない場合
税引前当期利益 200 (1000-不良債権処理800)
法人税等      400
税引後当期利益  -200
この場合は、税引前当期利益が黒字なのに、税引後当期利益がマイナスとなる。これは、不良債権処理が損金とならないために、法人税等は1,000に対して課税されるからである。

ケース3.不良債権を処理し、税効果会計を適用した場合
税引前当期利益 200
法人税等      400
法人税等調整額 320 (不良債権処理800×40%)
差引調整後の法人税等 80
税引後当期利益    120
税効果会計により、法人税等調整額が計上される結果、税引前当期利益200と税引後当期利益120が対応したものとなる。

税効果会計の制度がなければ、ケース2.のように税引前当期利益が黒字なのに、税引後当期利益がマイナスのような決算しかできませんでした。これでは配当もできません。そこで税効果会計の制度化によりケース3.のような決算ができるようになったということです。

「税効果会計が導入されたら、不良債権処理が進む」とは、このような意味だと思います。

言葉だけの説明では、意を尽くせないので設例を書いてみました。

[設例]
税引前当期利益 1,000
不良債権 800 (税務上損金にならない)
税率 40%

ケース1.不良債権を処理しない場合
税引前当期利益 1,000
法人税等      400
税引後当期利益  600

ケース2.不良債権を処理し、税効果会計を適用しない場合
税引前当期利益 200 (1000-不良債権処理800)
法人税等      400
税引後当期利益  -200
この場合は、税引前当期利益が黒字なのに、税引後当期利益がマイナスとなる。これは、不良債...続きを読む


人気Q&Aランキング