現在、堂々と、躊躇いも無く脳死移植が行なわれていますが、脳死は、人の「死」なのでしょうか?
 人が死んでもいないのなら、臓器を取ってしまって死に至らしめることは、殺人とならないのでしょうか?
 人命尊重という観点から矛盾していないのでしょうか?
 移植されて、助かれば、他の犠牲はどうでもいいのでしょうか?
 誰も、移植されて、その臓器提供者に感謝されている様子が見受けられないのですが、手術した医者には感謝して、なぜ犠牲者・提供者に追善回向されないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

 「脳死」は、判定が正確に行われていれば、間違いなく回復することはありえませんので、「生物学的な死」です。



 臓器移植者にへの情報が限定されるのは、医療上の「守秘義務」が絡んでいるからです。

この回答への補足

 私は、「脳死」を直ちには人の死だとは思いません。
 というのは、「脳死」を人の死だと認める理由としては、脳死状態から回復する人がいない、ということが最大の理由だと思います。脳死状態から回復した人がいなくて、脳死になれば必ず死亡に至る、ということで、脳死の段階で、死亡ということにしてしまうのですが、しかし、その時点で死亡しているわけではないと思います。現実に、その人の身体の各器官は、まだ活動しているわけですから。
 とくに仏法においては、我々の生命の中に、 「八葉の白蓮華」がある、と説かれた文や、あるいは、「九識心王真如(くしきしんのうしんにょ)の都」という、日蓮大聖人のお言葉があります。
 これは、いろいろな経典・経文から推して見ていけば、八葉の白蓮華が心中にあるというふうに云われているのは、具体的に何をさしているかというと、心臓のことなんですね。その心臓のところに、我々の命を司っている大きな力があることを、八葉の白蓮華があるとか、九識心王真如の都といわれているわけです。
 たしかに「脳」は大切なもので、その人間の個性・人格を決めているものですが、人間が生存して活動していくのを支えている大きな力は、心臓にもあるわけです。
 そうやって考えてみた時に、脳死状態になっていても、心臓が活動している以上、その人が完全に死亡したと断定することは、私は、仏法上できないと思います。
 脳死になれば、必ず死亡する、回復はしない、という事実は、認めなければいけないと思います。しかし、脳死になった時点で、もう死亡してしまった、としてしまうことは、少し危険が過ぎることだと思うのです。
 それからもう一つ、仏法においては、人が息を引き取った後、要するに心臓が止まって、脈拍も停止した時、死んでから数刻は、その人の生命は、そこに留まっているということが云われています。したがって、亡くなってから数刻の間は、周囲の話し声が聞こえている場合があるし、それから、亡くなった側の意識としては、神経がものすごく過敏な状態になって、皮膚の上の方まで神経が集まってきている、だから、小さなものを、遺体の上に落としただけでも、重い石をドスンと落とされたような苦しみを感じるので、息を引き取った後も、遺体にはむやみにさわってはいけない、ということが云われているのです。
 心臓が停止したという場合でも、なお仏法においては、その人の意識がそこに留まっている、ということを尊重して、単なる物として扱わないように、と云っているわけです。
 そこまで考えますと、やはり、脳死をもって死亡と扱ってしまうことは、危険なことだと思います。
 それから、現実に臨死体験をした人がいます。臨死体験をして、いったん呼吸や脈拍が停止した状態から生き返ってきた人達がいます。脳死になって生き返ってきた人がいないといっても、それは近年の限られた実験の中での話であって、現実に、死亡して脈も止まって、丸一日たってから生き返ってきた、などという人も、過去の歴史の中ではいるわけです。
 その人が脳死状態であったかどうかは分かりませんが、いったん、死亡だと認定されていて、それから何時間後とか、一日後とかに蘇生してきた人達が現実に世の中にたくさんいて、その人達が語っているところでは、死亡宣告をされた後も、どうやら、本当に意識が残っているようです。自分が死んだ後、周りの人達が嘆き悲しんでいる声がはっきり聞こえていただとか、解剖しようという話が聞こえてきたとか、恐ろしい話があります。
 こうしたことから考えても、仏法で云われているように、死亡してから数刻の間は、意識がまだ留まっている、ということは、本当のことであります。
 だとすれば、医学的に、これが死亡だと思えても、本人の意識が、まだそこに留まっている時に、目を切り取りましょうか、肝臓を取り出しましょうか、というのは、きわめて残酷な話ではないかと思います。ただ、本人が希望して、自分の臓器を提供したい、というのなら話は別ですが。
 でも、こういうことを知らないために承諾している人もいるのではないでしょうか。

補足日時:2002/02/01 22:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難う御座いました。

お礼日時:2002/02/01 22:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳死について

脳死についてレポートを書かないといけないのですが、疑問に思ったことがあるので質問しました。脳死は臓器移植の際に脳死と認められると聞きました。つまり、脳死状態に陥った人が臓器提供を望み、家族がそれに同意する場合は脳死と認められるということでいいんでしょうか?また脳死状態に陥っても臓器移植を望まない、あるいは家族が同意しない場合は脳死とは認められないのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の場合、「心臓死(心停止)」をもって「人の死」とします。臓器移植を前提とした場合にのみ、「脳死」を「人の死」とすると法律で定められています。
脳死判定には無呼吸試験などの、なかなか現場では行い難い検査が必要となりますので、一般の臓器移植を前提としない場合は「臨床的脳死」や「脳死状態」と呼ばれる診断になります。脳死として認めてよい、あるいは脳死に準じた状態ですが、「人の死」としては認められません。あくまでも臓器移植が前提です。

Q臨床的に診た脳死と臓器移植の際の脳死判断について

臓器移植の際の脳死の判定と、臓器移植はしないのだが臨床医がこの患者さんは脳死状態だなと判断する場合には、違いがあるのでしょうか?また、「脳死」と「植物状態」の具体的な違いがよくわかりません。解説して頂けないでしょうか?また、参考文献、URLなどございましたら教えて下さい

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「「臓器の移植に関する法律」の運用に関する指針(ガイドライン)」
◎http://www.naika.or.jp/bigbang/content/17/17.html
(脳死と臓器移植)
●http://www.medi-net.or.jp/tcnet/navi/card/qa.html
(臓器提供Q&A:「脳死」ってどんな状態ですか?)
◎http://www.medi-net.or.jp/tcnet/navi/001.html
(臓器移植についてもっと詳しく知りたい)

ご参考まで。

参考URL:http://www.medi-net.or.jp/tcnet/DATA/guide.html

Q脳死の人の心臓を止めたら?

臓器移植法改正でA案が可決されましたが、これによって脳死は人の死とみなされるわけです。
しかし脳死の人でも心臓が動き続けている場合があるので脳死は人の死とするのには異論もあるようです。
そこでふと疑問に思ったのですが、心臓が動き続けている脳死の人の心臓を意図的に止めたら
殺人罪になるのでしょうか?それとも死体損壊になるのでしょうか?

Aベストアンサー

今回の改正は刑事法とは無関係です。
よって、設例には、現状では殺人罪が適用されます。

「現状では」と留保をつけたのは、脳死に至らしめることが殺人罪の構成要件にあたるかは、刑法に定義規定がない以上、No1さんが回答されているように、社会通念で決まるからです。
社会通念の明白な変化あるいは定義規定の追加があれば、死体損壊罪が適用される時代が到来します。

Q不特定への臓器提供と身内への臓器提供

臓器提供の意思を保険証に記入しようとしています。
記入したあとに身内への臓器提供が有ればその身内が生き残れる事態が発生した場合はもし私が死んだ場合は身内への臓器提供はできなくなるのでしょうか?
それとも何か条件付けで意思カードに記入できるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご家族が病気にかかり、臓器移植が治療の際に必要となった。ですがあなたは意志表示欄に臓器を一切提供しないと記入しており、その後、あなたが死亡した場合にも遺族への臓器提供がなされないのではないか。
って感じのご質問だとおもっていいでしょうか?

答えはYESです。当人の意志を尊重するため残された人は勝手な判断で遺体を切る事はできません。一応備考を記入する欄があるため、「家族への移植は行う」とでも書いておけばいいかも知れませんが、法律の実施からまだ日が浅く、備考欄がどこまで尊重されるかは実例がありません。
多少ずるいやり方ですが、そういった事態になったら保険証をなくしたことにして再交付して貰い、記載内容を変えてしまうという方法もありだと思います。
日頃は目隠しシールをしてると思うのでこっそり書き換えても誰もわかりませんでしょうしね

Q脳死を「人の死」とする範囲は?

脳死を「人の死」とする範囲は?

臓器移植法案の改正案が施行されて、家族の同意による移植が増えてますが…。
この「脳死=人の死」という基準はどこまで適用されるのですか?

脳死状態だと生きた死体だから…
Q1.健康保険の適用はなくなるの?
Q2.栄養点滴せずに衰弱死しても保護者責任遺棄とか
   延命装置を停止させても殺人とかの犯罪には該当しなくなったの?
と疑問になりました。

それとも…

「脳死判定を受けて“脳死”と確定した」場合のみ「死亡」している。
 → 延命装置の停止などは罪にならない。
   相続もこの判定時に開始する。

「脳死判定を受けていない」場合には脳死状態だけど「脳死=死亡」と確定しない。
 → 従来の三兆候死が訪れるまで「生存」しているものとして
   延命装置の停止などは罪になる。

という、条件分岐のようなものがあるんでしょうか。
「脳死判定」の有無によって、死亡の時期が異なるとしたら面倒だと思ったので。

ご存知の方がおられましたらお教えいただけると幸いです。

Aベストアンサー

簡単に言うと、死亡とは3兆候がある場合に限っているけども、
臓器移植法という特別法によって「3兆候が無くても脳死を死亡扱いにします」という事です。
このような条件分岐になっていますから、
質問者さんが「それとも…」以降で述べている考え方で間違いないです。

Q臓器移植って脳死のみが出来るんですか?

家族で時折 話していたのですが
生体からの移植以外で提供できる臓器以外 心臓とかって
脳死だけが移植できるんですか?(年齢制限を外したとして)

低レベルな知識では 考えようにも
軽はずみなつもりはなく この機会に
万が一 患者やドナーどちらの立場になったら どう考えるか
話してたんです 分からなくなったんですが

「自分は もういい歳だから もし脳死になったら
試しに数(日)週間生かしてみて ダメそうだったら もう誰かにあげてよ」と言えたものの

「脳死じゃなくて、事故とかでも脳死以外で死んで
他の臓器は使えそうなんですって事ないの?」

「仮に 脳死以外で我が子が確実に 死んだ時 臓器あげられはしないのかな?」
その時に 誰かが助かれば 何か報われるかな?自信ないけど・・。

逆の立場だったら くださいって言えるのか?
どこまで自分の気持ちが整理出来るかも分からないのに
軽薄ですが それでも疑問が次々と・・・

TVや漫画で
亡くなった人から 臓器をもらったとかで その後のお話が展開されますが
アレは 全部脳死限定?などと揉めました
すみませんが教えてください。

家族で時折 話していたのですが
生体からの移植以外で提供できる臓器以外 心臓とかって
脳死だけが移植できるんですか?(年齢制限を外したとして)

低レベルな知識では 考えようにも
軽はずみなつもりはなく この機会に
万が一 患者やドナーどちらの立場になったら どう考えるか
話してたんです 分からなくなったんですが

「自分は もういい歳だから もし脳死になったら
試しに数(日)週間生かしてみて ダメそうだったら もう誰かにあげてよ」と言えたものの

「脳死じゃなくて、事故...続きを読む

Aベストアンサー

肝臓、腎臓、などは、心停止直後に保存液(無毒な不凍液?)を注入して取り出せば可能です。逆に言うと、臓器摘出の準備を万端整えて、心停止を待つことになります。とはいえもちろん生きているうちに取り出したほうが、成功率は高いです。

肺、腸等は現実的には心停止後は限りなく難しいです。
基本的に外部と接触している臓器なので、感染症(ばい菌が入る)を起こしやすいので、心臓が生きているまだピチピチの状態が望まれます。

心臓は止まったらもう無理です。

「脳死じゃなくて、事故とかでも脳死以外で死んで
他の臓器は使えそうなんですって事ないの?」
もちろんそういったケースはありえます。とはいえ角膜等は可能性がありますが、腎臓肝臓はそう多いケースではないでしょう。というのも臓器移植は手術でも極めて難しい部類に入り、名を馳せた名医が優秀なチームを率いてやるような手術です。事故でたまたま担ぎこまれた病院が、移植チームを緊急に準備できるケースは、あまりおおくありません。ついでに言うとどちらも大量の血が流れる臓器なので、死亡事故となると同時に損傷を受けるケースも多いです。臓器の状態がよくて、ある程度心臓が持ちこたえてから徐々にというケースが大半でしょうね。

肝臓、腎臓、などは、心停止直後に保存液(無毒な不凍液?)を注入して取り出せば可能です。逆に言うと、臓器摘出の準備を万端整えて、心停止を待つことになります。とはいえもちろん生きているうちに取り出したほうが、成功率は高いです。

肺、腸等は現実的には心停止後は限りなく難しいです。
基本的に外部と接触している臓器なので、感染症(ばい菌が入る)を起こしやすいので、心臓が生きているまだピチピチの状態が望まれます。

心臓は止まったらもう無理です。

「脳死じゃなくて、事故とかでも脳...続きを読む

Q脳死というものができた背景(なぜ脳死ができたのか)を教えてください。

脳死というものができた背景(なぜ脳死ができたのか)を教えてください。

Aベストアンサー

 「脳死」は、ごく当たり前のことと受けとめてしまっており、その「背景」を考えたことは私もなく、興味があったので少々調べてみました。

 「脳と神経」という専門雑誌の54巻(2002年)7号のP557に竹内一夫先生が以下のような文章を書かれています。
 以下、引用です。

 近代医学の落し児ともいわれる脳死の状態は,すでに19世紀半ば頃から記載されはじめている。そして19世紀末から20世紀の初頭にかけてHors1ey,Duckworth,Cushingらの先達によって,いっそう詳細に観察されている。しかし医学的にも,また社会的にもひろく注目されはじめたのは,1967年のBarnardによる最初の心臓移植以後である。そして翌年には今日まで米国のみならず各国の脳死の判定基準の基本とされているHarvard基準が発表された。わが国でも同じ年に日本脳波学会の委員会が脳死の定義を発表し,1974年には脳死の判定基準も作られた。その後早くも1975年には脳死研究の草分けとも言えるWalkerは,脳死の自然歴(natural history)については,これ以上検討の会地はないと述べている。臨床経験の豊富な神経系の専門医であれば,この見解は当然理解できることである。
 新しい免疫抑制剤が導入され,臓器移植が再び盛んになりはじめた1980年代になると,各国からヒトの死とか脳死状態に対する公的な見解や法律が発表されるようになった。なかでも米国大統領委員会による「死の判定ガイドライン」や,英国医師会による「脳幹死のABC」はもっとも有名である。わが国では少し遅れて1985年に厚生省研究班により脳死の判定基準(いわゆる竹内基準)が作られた。その後約10年間,紆余曲折を経て1997年に漸く「臓器の移植に関する法律(平成9年法律第104号)」が成立した。そしてこの法律の施行規則(厚生省令第78号)にも,脳死の判定はこの基準に沿って規定されている。


 以上、引用終了。
 やはり、臓器移植と深く関わっているようですね。

 「脳死」は、ごく当たり前のことと受けとめてしまっており、その「背景」を考えたことは私もなく、興味があったので少々調べてみました。

 「脳と神経」という専門雑誌の54巻(2002年)7号のP557に竹内一夫先生が以下のような文章を書かれています。
 以下、引用です。

 近代医学の落し児ともいわれる脳死の状態は,すでに19世紀半ば頃から記載されはじめている。そして19世紀末から20世紀の初頭にかけてHors1ey,Duckworth,Cushingらの先達によって,いっそう詳細に観察されている。しかし医...続きを読む

Q脳死・臓器移植について

脳死・臓器移植に対する意見が知りたいので、聞かせてもらえないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

梅原猛さんは確か「自然死より脳死の方が良いという直接的根拠が無い」という理由で反対してました(他にも理由は述べてましたが)。確かに死ぬ本人の為に、という事ではなく、臓器移植だけの目的で、死の定義を変えてしまうのは、ちょっとな・・という気もします。本来は臓器移植と死というのは分けて考えなければいけないのに。

また、倫理を無視して政治的に次々と代えられてしまうことにも危惧しています。最近では厚生省研究班で、「脳死を一律人の死とする」「本人が心臓死の意思表示をしてない場合は脳死とする」「15歳未満からでも移植可能」と法律内容を変更しようという動きが出てるという事を聞くと、恐れさえ感じます。

ただ、「じゃあ、人の脳死によってお前や(僕や)お前の子供が助かるとしたら?」と聞かれれば、考えてしまいます。矛盾してますね。

Q脳死及び死亡について

医学の専門家の方に教えていただきたいと思います。
質問1.「脳死」であるということが完全に明確に判断できる基準は存在するのでしょうか?
質問2.「脳死」から「脳死でない」状態に復活した事例、もしくは「脳死」から「生還した」事例はあるのでしょうか?(宗教的、噂の域をでないものは除き、あくまでしっかりとしたデータが確認できた事例の範囲でお願いします)
質問3.(質問1・2の回答で「脳死」→100%「死亡」に至るとの前提ですが)世間で脳死を死亡と認めない医療専門家(年配の東大系列に多い?)は何故認めないのでしょうか?

Aベストアンサー

質問1.
脳(中枢神経系)には、大脳、小脳、中脳、橋、延髄、脊髄という部分があります。このうち、中脳、橋、延髄を脳幹といい、呼吸、循環などの生命に直結する機能の司令塔となっています。脳幹の機能が失われると、生命維持に欠かせない呼吸が止まってしまい、生命活動がとまってしますということになります。 
ところが、人工呼吸器(レスピレータ)によって、脳幹機能がなくなり、自発呼吸が停止した人に、人工的に呼吸させることができるようになりました。
人工呼吸器で呼吸を維持すれば、脳幹機能が廃絶していても、心臓は動き続け、その結果呼吸と循環は一定期間維持していける状態が生まれました。これが脳死です。
厚生省脳死判定基準は「前提条件」、「除外例」および「判定基準(判定のための諸検査)」で構成されます。

「前提条件」と「除外例」

脳死診断を行う患者の前提条件は、
    1.器質的に脳が障害されている
    2.深昏睡・無呼吸である
    3.脳障害の原因が確実に診断されている
    4.適切な治療を行っても回復不能である
の4点ですが、6歳未満の小児、薬物中毒、32℃以下の低体温、代謝・内分泌疾患患者さんのケースは脳死の診断から除外します。。

「判定基準(判定のための諸検査)」

 「前提条件」を完全に満たし、「除外例」を除外した上で、以下の諸検査を行います。
    1.痛み刺激にも反応しない深昏睡。
    2.脳幹の機能を反映する自発呼吸が、完全に停止しているかどうか。これを調べるためには、人工呼吸器をはずして、自発呼吸が出てくるかどうかを確認します。
    3.瞳孔が固定していること。以前は瞳孔が「散大・固定」と表現したが、現在では、瞳孔が直径4mm以上で、特に散大がなくても、固定して光に対して反応しないということが必須条件となっている。
    4.すべての脳幹の反応が消失している。
    5.脳波が平坦である。植物状態では、正常とは異なりますが、脳波の波形は見られます。一方、脳死(全脳死)では波形はまったく見られなくなります。感度を最大に上げて測定しても波は平坦になります。脳死の判定では、最低30分間脳波をとります。

質問2.
脳死は生命活動を司る脳が機能不可能になったということです。心臓の筋細胞と脳神経細胞は一度死んでしまうと、再生されません。深い昏睡から覚醒したということは聞きますが、それはあくまでも「深い昏睡」であって、一見「脳死」と混同されがちですが、きちんと脳幹は機能しているので、「脳死」ではありません。

質問3.
約半数の脳死者は2~3日で心停止に至ります。また、通常は1週間でほぼ70~80%が心停止に至ります。しかし、脳死が死であるという意味は、一定期間後に心臓が止まるからではありません。脳幹を含む全脳の血流が止まってしまい、脳自身が融解して壊死するからです。「人間は考える葦である」という言葉のとおり、人間の生命活動の中心は心臓ではなく、脳です。
「脳死」と「心臓死」の定義をはっきり理解しておくことが必要と思われます。

回答らしい回答ではありませんが、お役に立てればと思います。

質問1.
脳(中枢神経系)には、大脳、小脳、中脳、橋、延髄、脊髄という部分があります。このうち、中脳、橋、延髄を脳幹といい、呼吸、循環などの生命に直結する機能の司令塔となっています。脳幹の機能が失われると、生命維持に欠かせない呼吸が止まってしまい、生命活動がとまってしますということになります。 
ところが、人工呼吸器(レスピレータ)によって、脳幹機能がなくなり、自発呼吸が停止した人に、人工的に呼吸させることができるようになりました。
人工呼吸器で呼吸を維持すれば、脳幹機能...続きを読む

Q脳死の臓器提供についてですが、

脳死の臓器提供についてですが、
自分や家族の場合を考えいろいろ調べたところ
ちょっと怖い内容を目にして混乱しています。

出来れば移植の実際の様子をご存じの医師の方にお聞きしたいです。
下記のようなことは事実なのでしょうか?デマなのでしょうか?

1)脳死になるだろうと予測できる状態の患者がいた場合
 脳死判定がきちんと行われて脳死が確定する前に
 治療のための措置ではなく、臓器移植に備えた処置が行われる。

2)脳死判定が出て、脳死という宣告を家族が受けて、
 臓器提供について悩んでいる間に、すでに治療から
 臓器移植に備えた処置に切り替わっている。

3)脳死判定に必要な「無呼吸テスト」を実施したために
 脳死になってしまう症例がある。

4)脳死状態の患者の臓器を取り出すときは暴れたり血圧が上がったりするので
 モルヒネを打つことがある。


素人の自分としては上記のようなことは行われていないと思いますが、
自分の意思を登録する前にハッキリさせておきたくて質問しました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 臓器移植に関わる脳死判定はかなりきちんと行われていると思いますよ。

 臓器移植の実績をつくるために医者が脳死判定の際に不正を行っているのではないか、とか、移植を行いたいがために本来行うべき治療をきちんとやっていないのではないか、といった疑いを持つ方も時々いるようです。しかし、実際に脳死判定を行っている我々脳神経外科医や救急医からしてみれば、脳死判定やその後の臓器移植を行ったからといって、自分の医師としてのキャリア面でのメリットは殆どありません。したがって質問者さんの疑問も含めた脳死移植に対する一般の方々のそういった捉え方は、我々からしてみると、「ひねくれた意見」に見えてしまいます。

1)脳死が確定する前に、臓器移植のための処置を開始することはありません。しかし、脳死を正確に判定するために、脳の機能を抑制するような鎮静剤の使用を中止することはあると思います。また、脳死移植ではなく、亡くなった方から腎臓を取り出して移植する死体腎移植では、取り出す腎臓を保護するために、患者さんが亡くなる前に腎臓を保護する灌流液を流すことはあります。

2)脳死判定は臓器提供を希望される患者さんにのみ行うものです。ご家族が迷っている時点では、患者さんはまだ亡くなったと判定されていませんから、通常の治療が続けられていると思います。

3)無呼吸テストの方法は、ただ人工呼吸器を外して様子をみる、というものではありません。人工呼吸器を外す前に予め十分体の中に酸素を送り込んでおき、人工呼吸器を外しても患者さんが低酸素状態に陥らないようにしてから行います。人工呼吸器を外すことで血中の二酸化炭素濃度を上昇させて、通常であれば自発呼吸が出てくるような状況つくり、そこで実際に自発呼吸が出現するかどうかを調べます。

4)血圧が上昇したりするのであれば降圧剤を使用することはあるかも知れません。しかしモルヒネを使う意義はあまり無いように思えます(モルヒネは鎮痛剤ですから必要であれば使っても良いとは思いますが)。

 臓器移植に関わる脳死判定はかなりきちんと行われていると思いますよ。

 臓器移植の実績をつくるために医者が脳死判定の際に不正を行っているのではないか、とか、移植を行いたいがために本来行うべき治療をきちんとやっていないのではないか、といった疑いを持つ方も時々いるようです。しかし、実際に脳死判定を行っている我々脳神経外科医や救急医からしてみれば、脳死判定やその後の臓器移植を行ったからといって、自分の医師としてのキャリア面でのメリットは殆どありません。したがって質問者さんの疑問...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報